「峠の湯」は群馬で人気の日帰り温泉!露天風呂からコテージ泊まで魅力を紹介!

この記事では、「峠の湯」の魅力を紹介しています。峠の湯は、群馬県で人気の高い日帰り温泉です。今回は、そんな峠の湯が人気な理由、おすすめのお風呂、料金設定などをわかりやすく説明します。これを読めば、峠の湯の情報がよく分かるので、ぜひご覧ください。

「峠の湯」は群馬で人気の日帰り温泉!露天風呂からコテージ泊まで魅力を紹介!のイメージ

目次

  1. 1「峠の湯」の魅力をわかりやすく紹介!
  2. 2群馬の人気日帰り温泉「峠の湯」とは?
  3. 3「峠の湯」が人気の理由
  4. 4「峠の湯」のおすすめ温泉
  5. 5「峠の湯」の食事もおすすめ
  6. 6「峠の湯」の料金
  7. 7「峠の湯」の基本情報とアクセス
  8. 8人気の群馬の「峠の湯」へ行ってみよう!

「峠の湯」の魅力をわかりやすく紹介!

この記事では、群馬県の安中市にある「峠の湯」の魅力をまとめています。峠の湯は、群馬県で人気の高い日帰り温泉です。そこで今回は、峠の湯が人気な理由を始め、おすすめのお風呂3種、料金設定などをわかりやすく説明します。これを読めば、峠の湯のことがばっちり理解できます。峠の湯の温泉に浸かりたい人は、ぜひ見てみてください。

群馬の人気日帰り温泉「峠の湯」とは?

まずはじめに「峠の湯」がどんな場所なのかお話しします。峠の湯は、群馬県の安中市にある日帰り温泉施設です。

日帰り温泉施設なため、峠の湯の温泉には宿泊せずとも入浴することができます。そんな峠の湯は、群馬県の日帰り温泉施設の中でも人気が高いことで知られています。

峠の湯に大勢の人が訪れるのは、天然温泉に浸かれたり、温泉に浸かりながら大自然を眺望できるからです。詳しいことは、この調子で記事を読み進めていただければ分かります。

「峠の湯」が人気の理由

群馬県の安中市にある「峠の湯」がどんな日帰り温泉施設か大体わかったところで、次の話題に移ります。続いては、峠の湯が人気な理由についてお話しします。

ズバリ言いますと、峠の湯が日帰り温泉施設で人気が高いのには、次の2つの理由が関係しています。1つは温泉。峠の湯の温泉は、肌に優しい天然温泉なんです。

そしてもう1つは立地の良さ。峠の湯は、ハイキング客が訪れやすい場所にあり、ハイキングの帰りに利用する人が大勢います。

人気の理由(1) 肌に優しい天然温泉

群馬県の安中市にあるおすすめ日帰り温泉施設「峠の湯」が人気な理由、1つ目は、肌に優しい天然温泉に入れることです。

峠の湯の温泉は、弱アルカリ性の天然温泉です。弱アルカリ性なため、肌への刺激が少なく、リラックス度の高い温泉となっております。

リラックス度が高いと言えば、峠の湯の温泉から見える景色も最高です。峠の湯の温泉からは、群馬の大自然が眺められますので、より一層リラックスできます。

人気の理由(2) ハイキングの帰りに利用できる

群馬県の安中市にあるおすすめ日帰り温泉施設「峠の湯」が人気な理由、2つ目は、ハイキングの帰りに利用しやすいことです。

峠の湯は、ここ安中市のハイキングコースを利用しやすい場所にあります。第二駐車場に車を停めれば、そこから「アプトの道」というハイキングコースにすぐ出発できます。

そしてハイキングから帰ってきたら、待っているのが峠の湯の温泉です。ハイキングの疲れた体に温泉は最高です。素敵な休日となること間違いなしです。

「峠の湯」のおすすめ温泉

こちらでは、群馬県の安中市にある人気日帰り温泉施設「峠の湯」のおすすめ温泉をまとめました。峠の湯は温泉がメインの施設なので、お風呂の種類はいくつかあります。

ここで紹介するのは、峠の湯に訪れた時にぜひ浸かってみてほしいお風呂です。次の3つのお風呂に浸かれば、日頃の疲れが癒され、極上のひと時を過ごせること間違いなし。

峠の湯のおすすめお風呂は、次の3つです。「洋風大浴場」「和風大浴場」「家族風呂」です。先に言っておきますと、洋風と和風の大浴場は誰でも自由に入浴できますが、家族風呂は予約が必至なタイプのお風呂となっております。

おすすめ温泉(1) 洋風大浴場

群馬県の安中市にある人気日帰り温泉施設「峠の湯」のおすすめ温泉、1つ目は「洋風大浴場」です。洋風なだけあって、浴槽が石造りとなっております。

峠の湯の洋風大浴場は、洋風チックに円形の形をしています。石造りの円形の浴槽なので、まるで海外旅行に来たかのような気分に浸れます。

そんな洋風大浴場には、大きなお風呂だけでなく、壺風呂や高温サウナなども揃っています。また、屋外にもお風呂が用意されており、夜に入れば満点の星空を眺めながらお風呂に浸かれます。まさに最高のひと時でしょう。

おすすめ温泉(2) 和風大浴場

群馬県の安中市にある人気日帰り温泉施設「峠の湯」のおすすめ温泉、2つ目は「和風大浴場」です。和風大浴場は、洋風大浴場とはまた違った品が感じられる大浴場です。

温泉に浸かるだけでなく、香りも楽しめるのが、和風大浴場の特徴です。和風大浴場の壁材にはヒノキが使われており、ヒノキ独特の香りが楽しめます。ヒノキのおかげで、より一層リラックスできるはずです。

和風大浴場では、屋内外問わず、群馬の大自然を眺望できます。自然豊かな環境にある温泉施設ほど、心安らぐ空間はありません。

おすすめ温泉(3) 家族風呂

群馬県の安中市にある人気日帰り温泉施設「峠の湯」のおすすめ温泉、3つ目は「家族風呂」です。上の項目でもお話ししたとおり、家族風呂は予約必須のお風呂です。

家族風呂は、その名前の通り、家族で気兼ねなく楽しめるお風呂のこと。洋風の家族風呂と和風の家族風呂が用意されており、好きな方を予約できます。

お風呂だけでなく、休憩施設が付いているのも、峠の湯の家族風呂の良いところです。1回予約すると3時間利用できますので、お風呂に入って休憩室でのんびり過ごせます。なお、家族風呂の利用は、3時間3500円となっていました。

「峠の湯」の食事もおすすめ

「峠の湯」と聞くと、素敵な日帰り温泉に浸かれるだけの施設と思われがちですが、この施設の魅力は温泉だけではありません。というのも、群馬県の安中市にある日帰り温泉施設・峠の湯では、温泉だけでなく、美味しい食事も堪能できるんです。

峠の湯は、お客さんにくつろげる空間を提供する目的で営業していますので、レストランやお休み処が施設内にあります。

1階にはレストランの「麺処・霧積」が、2階にはお休み処の「やすらぎの場」「くつろぎの場」があり、それぞれで違ったメニューがあります。

どちらの食事処でも、旬の食材を使った料理を提供していますので、温泉とセットで充実したひと時を過ごせること間違いなしです。レストランとお休み処、それぞれのおすすめメニューについては、次の項目で分かりやすくお話しします。

峠の釜めしなどを堪能できる

群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉施設「峠の湯」には、レストランとお休み処があり、2ヶ所の施設で食事を堪能できます。まずは、1階にあるレストラン「麺処・霧積」のおすすめメニューから見ていきましょう。

麺処・霧積は、麵処と店名にあるだけあって、メニューは基本的に麺料理が中心となっていました。ラーメン、うどん、そば、3種類の麺料理を提供していますので、麺好きな人なら満足の行く食事ができるはずです。

そんな麺処・霧積のおすすめメニューは「碓氷」です。群馬県で人気な駅弁「峠の釜めし」におそばが付いたセットメニューで、大変美味しくいただけます。

峠の湯の2階にある「やすらぎの場」「くつろぎの場」では、お休み処である「霧積亭」のお食事メニューを堪能できます。こちらは麺料理だけでなく、ごはん系のメニューも充実していますので、メニューの種類は豊かです。

お休み処の霧積亭で特におすすめなのは、「峠の釜めし・海鮮小鉢セット」です。人気の駅弁である峠の釜めしに、お味噌汁や海鮮小鉢がプラスされたメニューで、品のある料理となっております。峠の湯に来たのなら、峠の釜めしは食べてみてほしいです。

「峠の湯」の料金

ここまでの間で、群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉施設「峠の湯」の魅力は大体わかりました。ここからは、峠の湯の基本的な情報を紹介していきます。

まずは、峠の湯の料金設定からお話しします。先に言っておきますと、峠の湯では入館する際に料金が発生するようになっていました。そのため、入浴料金は無料です。

調べてみたところ、峠の湯の入浴料金は中学生以上・未満によって変動します。4歳以上~中学生未満の料金設定の場合は、3時間の利用で400円、6時間で800円、終日1200円と判明しました。3時間400円はとても安いので、家族連れの方におすすめです。

一方で、中学生以上の料金設定の場合は、3時間の利用で600円、6時間で1100円、終日1800円と設定されていました。4歳以上~中学生未満より若干高めに料金が設定されています。

ちなみに、峠の湯では、4歳未満の子どもは入館料金が無料となっております。小さな子どもなら無料で温泉に浸かれるので、尚のこと、峠の湯は家族連れのお客さんにぴったりの日帰り温泉施設であることが分かります。

「峠の湯」の基本情報とアクセス

最後に、群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉「峠の湯」の営業時間やアクセス方法などを説明して終わりにします。いくら峠の湯のおすすめ温泉や料理を知っていても、肝心の行き方を知らなければ本末転倒です。

この項目をチェックして、峠の湯の基本情報をばっちり把握しておきましょう。こちらでは、峠の湯の次のような基本情報を説明しています。峠の湯の営業時間、休館日、電車でのアクセス方法、バスでのアクセス方法、車でのアクセス方法、駐車場の有無について。

これら6つの情報を分かりやすくお話ししますので、実際に峠の湯へ行かれる人は見てみて損はありません。それではまず、峠の湯の営業時間と休館日からご覧ください。具体的なアクセスルートについては、その後の項目でお話しします。

基本情報

まずは、群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉施設「峠の湯」の営業時間・定休日から見ていきましょう。先に言うと、峠の湯は、午前中から夜遅くまで割と長めに営業していました。そのため、比較的訪れやすい日帰り温泉施設でしょう。

峠の湯の営業時間は、10時から21時までと判明しました。合計11時間が峠の湯の営業時間となります。10時から営業開始なので、朝風呂として利用するのは少し難しいです。

しかし、その分21時までと遅めに営業していますので、夜の風景を眺めながら最高のひと時を温泉で過ごすことができます。なお、入館は20時30分までなので注意です。

そして峠の湯の休館日を調べてみたところ、お休みはあまり多くありませんでした。峠の湯の休館日は、毎月第2火曜日と第4火曜日の2つです。毎週何曜日が休みといった頻繫なお休みがなく、ほぼ毎日営業していますので、アクセスしやすいです。

電車でのアクセス

群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉施設「峠の湯」へのアクセス方法、1つ目は電車を利用して行く方法です。初めに言いますと、峠の湯へは電車を利用して行くことができます。できるんですが、少しだけ面倒です。

峠の湯に電車でアクセスする場合、まずは電車に乗って「JR横川駅」を目指しましょう。JR横川駅で下りれば、峠の湯の割と近い場所になります。

とは言え、JR横川駅から峠の湯まで歩いて行くのは、少しばかり大変です。そのため、電車でJR横川駅に下りたら、タクシーに乗り換えることをおすすめします。

JR横川駅からタクシーに乗り換えれば、目的地である峠の湯まで、5分ほどでアクセスできます。タクシーで5分ほどなので、徒歩だと数十分ほど掛かる計算です。電車とセットでタクシーも利用、これが峠の湯に電車でアクセスする時の最適ルートです。

バスでのアクセス方法

群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉施設「峠の湯」へのアクセス方法、2つ目はバスを利用して行く方法です。電車に続き、2つ目の公共交通機関でのアクセス方法というわけです。先に言いますと、峠の湯へは、電車よりバスの方がおすすめです。

なぜかというと、電車の場合は電車とセットでタクシーを利用する必要があるのに対し、バスの場合はバス1本でアクセスできるからです。バスだけで峠の湯近くまでアクセスできますので、金銭面的にも手間的にもお得なわけです。

気になる峠の湯の最寄りのバス停ですが、「くつろぎの湯」というバス停で下りるのがおすすめです。くつろぎの湯というバス停が、峠の湯の最寄りのバス停です。

バス停のくつろぎの湯で下車すれば、峠の湯まで徒歩4分ほどでアクセスできます。徒歩4分なら全然利用する価値の高いアクセス方法でしょう。

車でのアクセスと駐車場

群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉施設「峠の湯」へのアクセス方法、3つ目は車を利用して行く方法です。車は1番ベターなアクセス方法でしょう。

先に言っておきますと、峠の湯に車でアクセスするのは全然おすすめできます。峠の湯に車でアクセスする際は、国道18号線の中山道を走りましょう。

中山道を走り、アプトの道が差し掛かるあたりの東方面に、目的地である峠の湯が見えてきます。そこまで迷いやすいルートではないので、まず大丈夫でしょう。

車でアクセスするとなると、気になってくるのが駐車場の存在です。峠の湯には、専用の駐車場が用意されているのでしょうか。

調べてみた結果、峠の湯には駐車場がばっちり用意されていました。ですが、混雑していたという情報もあるため、混雑を避けたい人は電車やバスでアクセスしましょう。

Thumb群馬の日帰り温泉おすすめランキング!個室・貸切・混浴も!カップルに人気!
リフレッシュしたいけど、忙しくてなかなか時間が取れないという方におすすめなのが「日帰り温泉」...
Thumb群馬・霧積温泉は日帰りもできる人気の秘湯!アクセスや見どころまとめ!
群馬・霧積温泉(きりづみ)は携帯電波も届かず、自家用車の侵入も許さずそれでも人気の金湯旅館が...

人気の群馬の「峠の湯」へ行ってみよう!

群馬県の安中市にあるおすすめ人気日帰り温泉施設「峠の湯」の魅力、お分かりいただけたでしょうか。峠の湯は、ハイキングの帰りに利用できるとして、ハイキング客から絶大な人気を誇っています。おすすめのお風呂は、「洋風大浴場」や「和風大浴場」など。料金設定やアクセス方法を確認して、ぜひ一度、峠の湯に足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ