「マリンドリーム能生」で新鮮なカニを堪能!人気レストランなど徹底調査!

新潟県糸魚川市にある道の駅「マリンドリーム能生」は、日本海に面した立地で美味しいベニズワイガニが堪能できる人気のスポットです。そんな糸魚川市の道の駅「マリンドリーム能生」について、人気のレストランなどを中心にご紹介します。

「マリンドリーム能生」で新鮮なカニを堪能!人気レストランなど徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1新潟糸魚川市にある道の駅「マリンドリーム能生」を徹底解説!
  2. 2日本海側最大級のベニズワイガニ直売所「かにや横丁」
  3. 3日本海の新鮮魚介類が揃う鮮魚センター
  4. 4マリンドリーム能生の人気レストラン
  5. 5お土産にもおすすめの名産品・特産品が勢揃い
  6. 6季節ごとのイベントもおすすめ
  7. 7マリンドリーム能生の施設情報
  8. 8マリンドリーム能生のアクセス
  9. 9マリンドリーム能生で新鮮なカニを堪能しよう!

新潟糸魚川市にある道の駅「マリンドリーム能生」を徹底解説!

道の駅「マリンドリーム能生」(のう)は、日本海に面した新潟県糸魚川市にある道の駅です。道の駅「マリンドリーム能生」では、能生漁港で獲れたベニズワイガニを中心に、日本海ならではの魚介類をレストランでいただいたり、お土産に購入したりできる、人気の道の駅となっています。

そんな、道の駅「マリンドリーム能生」についてご紹介していきますので、魅力に触れてみてください。

マリンドリーム能生とは?

新潟県糸魚川市にある道の駅「マリンドリーム能生」は、能生漁港で獲れたベニズワイガニや魚介類を食べたり、購入したりできる施設です。

ベニズワイガニの直売所「かにや横丁」や日本海ならではの魚介類がそろう「鮮魚センター」、海の幸を堪能できるレストラン、糸魚川の特産品をそろえたお土産ショップなどがあり、糸魚川市能生の食の魅力に触れる事ができます。

また、道の駅「マリンドリーム能生」は、「日本海夕日ライン」(国道8号線)沿いにあるので、夕日や海の絶景を楽しむ事もできます。ドライブや観光の途中でぜひ、立ち寄ってみてください。

Thumb新潟県観光スポットおすすめ31選!人気の名所やグルメ情報あり!
新潟県は山や海、川すべての自然の景観が楽しめるパーフェクト観光スポットとして人気があります。...

日本海側最大級のベニズワイガニ直売所「かにや横丁」

「かにや横丁」は、道の駅「マリンドリーム能生」で一番人気のスポットです。「かにや横丁」には9件の直売所があり、新鮮なベニズワイガニを購入できます。

購入したカニをその場で食べたい人におすすめの「カニかに館」は、テーブルと手洗い場、空調完備の無料休憩施設となっていて、カニを美味しく食べる事ができます。また、購入したカニを発送する事もできるので、旅行中でも安心してカニの購入が楽しめます。

9件の直売所が軒を連ねる

「かにや横丁」には9軒の直売所があります。それぞれに特徴があるお店となっているので、好みにあわせて立ち寄ってみてください。

「かにや横丁」の通常営業期間は4月25日から10月30日まで、冬季営業期間は11月1日から翌年の4月24日までとなっています。営業時間は年間を通して午前8時から午後5時までです。

毎年、1月と2月は禁漁期間となっているため、ベニズワイガニを販売していない店舗や、県外産のカニを販売している店舗もあります。この時期に訪問する場合にはお気を付けください。

日本海の新鮮魚介類が揃う鮮魚センター

「かにや横丁」に隣接する「鮮魚センター」では、3つのお店で能生漁港で水揚げされた魚介類の販売をしています。

「鮮魚センター」の営業時間は午前8時からで、1月から2月までは午後4時30分まで、3月と10月から12月までは午後5時まで、4月から9月までは午後5時30分までとなっています。季節により終了時間が異なるので、夕方に訪問する場合にはお気を付けください。

浜焼きも楽しめる

「鮮魚センター」にある3つのお店では、能生漁港で水揚げされた旬の魚介類を販売しています。夏季に販売される岩ガキも人気となっています。

食べ方や調理方法がわからない時にはスタッフさんに質問すれば教えてもらえるので、気になる魚介類があれば気軽に聞いてみてください。

また、イカ焼きや旬の焼魚などの浜焼きをいただく事もできるので、その場で食べたい人にもおすすめです。座って食べたい人は、先ほどご紹介した無料休憩所の「カニかに館」に移動して、じっくりと堪能してください。

マリンドリーム能生の人気レストラン

道の駅「マリンドリーム能生」の本館には、4つのレストランがそろっています。4つのお店とも、窓際の席に座れば、雄大な日本海をながめながらの食事が楽しめます。

カニを中心とした日本海の海の幸を美味しい料理でゆったりと堪能したい時に訪問してみてください。ここでは、本館にある4つのレストランを順番にご紹介していきます。

人気レストラン①味千汐路 番屋

「味千汐路 番屋」(あじせんしおじ ばんや)は、道の駅「マリンドリーム能生」の本館2階にあるレストランです。

地元の魚介類を使った「地魚おまかせ定食」や、新鮮な旬の味が楽しめる「刺身定食」、道の駅「マリンドリーム能生」ならではの「かに汁定食、カニちらしセット、カニづくしセット」などのメニューがそろっています。

店内は座敷席もあるので、小さい子どもを連れていても入りやすい雰囲気となっています。営業時間は午前10時から午後6時までで、定休日は元旦のみとなっています。

電話番号 025-566-3423

人気レストラン②海鮮丼・定食 凪

「海鮮丼・定食 凪」(なぎ)は、道の駅「マリンドリーム能生」の本館2階にあるレストランです。

道の駅「マリンドリーム能生」の「鮮魚センター」にお店を構える「日本海 魚正」の直営店となっているので、新鮮で美味しい魚料理を低価格で楽しめるのが特徴となっています。

メニューは、「旬の刺身定食、焼魚定食」といった定食メニューのほかに、「本日の海鮮丼、本日の地魚丼、カニたっぷり丼」などがそろっています。

特に丼メニューは、カニにイクラやマグロなどをあわせた2色丼や3色丼メニューが豊富にそろっているので、好みにあわせて選んでみてください。

店内はテーブル席とカウンター席があり、1人でも立ち寄りやすい雰囲気となっています。営業時間は午前10時から午後3時までで、土曜・日曜・祝日は午後4時までとなります。閉店時間は変更する場合もあるのでお気を付けください。定休日は元旦のみとなっています。

電話番号 025-556-6655

人気レストラン③リーフキッチン

「リーフキッチン」は、道の駅「マリンドリーム能生」の本館1階にあるレストランです。「甘エビ・カニフライ定食、甘エビ・カニ天ぷら定食」といった定食や、「カニ玉丼、大判カニかき揚げ丼」といった丼メニューがそろっています。

また、糸魚川B級グルメの「糸魚川ブラック焼きそば」は、イカとイカスミを使った真黒な色が特徴のメニューとなっています。ご当地グルメを楽しみたい人はぜひ、注文してみてください。

併設されている「リーフキッチンカフェ」で販売しているジェラートも人気となっているので、甘い物を食べながら休憩したい時にもおすすめです。

店内は広々としたテーブル席となっていて、グループなど人数を問わず立ち寄りやすい雰囲気となっています。営業時間は午前10時から午後6時までで、ラストオーダーは午後5時となっています。定休日は元旦のみです。

電話番号 025-566-3433

人気レストラン④ミルキーウェイ

「ミルキーウェイ」は、道の駅「マリンドリーム能生」の本館1階にあるレストランです。カニのむき身がたっぷりと入った「カニラーメン、カニパスタ」といった道の駅「マリンドリーム能生」ならではのメニューのほかに、「そば、うどん、丼物、カレー」など、メニューが豊富にそろっています。

店内は広々としたテーブル席となっていて、さまざまなメニューがそろっているので、好みのわかれるグループやファミリーにもおすすめです。

営業時間は午前9時から午後5時までで、3月中旬から12月までは午後6時までとなっています。ラストオーダーは終了時間の1時間前です。定休日は元旦のみとなっています。

電話番号 025-566-5041

お土産にもおすすめの名産品・特産品が勢揃い

道の駅「マリンドリーム能生」の本館の1階には、名産品や特産品がそろうお土産の売店があります。海鮮以外のお土産を購入したい時に立ち寄ってみてください。

営業時間は、1月から3月中旬までは午前9時から午後5時(土曜・日曜は午後5時30分)まで、3月中旬から12月末までは午前9時から午後6時までとなっています。

直営おみやげ売店

道の駅「マリンドリーム能生」の本館1階にある「直営おみやげ売店」では、海あり・山ありの糸魚川ならではの名産品や特産品を販売しています。

また、糸魚川市にある「新潟県立海洋高等学校」の生物資源研究部が開発・製造した商品も取り扱っていて、ほかにはない珍しいお土産を購入したい人にもおすすめです。

電話番号 025-566-3456

地酒ショップ 丸富物産

道の駅「マリンドリーム能生」の本館1階にある「地酒ショップ 丸富物産」では、糸魚川市にある5ヶ所の酒蔵で人気の日本酒を取りそろえて販売しています。美味しい日本酒をお土産に購入したい人におすすめです。

また、糸魚川の特産品の「糸魚川産ヒスイ」や、糸魚川の老舗飴玉専門店で手造りしている「マキノ式飴」なども販売していて、こちらもおすすめです。

電話番号 025-566-3663

Thumb新潟のお土産人気21選!お菓子やキャラクターグッズなどおすすめ品紹介!
新潟県のお土産は、気候風土を生かした伝統的なものから、洋菓子や雑貨などおしゃれで現代的な感覚...

季節ごとのイベントもおすすめ

道の駅「マリンドリーム能生」では、年間をとおして季節ごとにさまざまなイベントが開催されています。

3月下旬に開催される「日本海大漁浜汁まつり」は、日本海の大漁を祝うイベントです。毎年6月下旬に開催される「シーサイドかーにバル」は、道の駅「マリンドリーム能生」の周年祭です。10月下旬に開催される「豊漁大感謝祭」は、豊漁に感謝するイベントです。

それぞれのイベントでは、「カニ汁」や「あんこう汁」といった浜汁の販売や、抽選で選ばれた人だけが楽しめる「かに食べ放題」といった、道の駅「マリンドリーム能生」ならではの食のイベントが開催されます。

さらに、「カニ漁船クルージング」で漁船に乗ったり、せり体験ができる「鮮魚せり市」、そのほかにもさまざまなイベントが開催されています。

また、1月には、カニや鮮魚などが当たる「新年初売り 大富くじ大会」、あんこう料理が楽しめる「糸魚川荒波あんこう祭り・能生会場」も開催されていて、こちらもおすすめです。

マリンドリーム能生の施設情報

道の駅「マリンドリーム能生」は、「かにや横丁、鮮魚センター、レストラン、お土産売店」で、それぞれ営業時間が異なります。営業時間は、先ほどそれぞれの項目でご紹介したとおりですが、夏季やゴールデンウイークなど、営業時間を延長する場合もあります。

また、荒天などにより営業時間が変更になる場合もあるのでお気を付けください。詳しい営業時間の情報は公式サイトに掲載されています。お出かけ前に確認してみてください。

住所 新潟県糸魚川市能生小泊3596-2
電話番号 025-566-3456

マリンドリーム能生のアクセス

道の駅「マリンドリーム能生」は、国道8号線沿いにあります。近くには北陸自動車道「能生インターチェンジ」や、えちごトキめき鉄道・日本海ひすいライン「能生駅」があり、各方面からのアクセスが良好です。

ここでは、道の駅「マリンドリーム能生」への、公共交通機関と車でのアクセス方法をご紹介していきます。

公共交通機関でのアクセス

道の駅「マリンドリーム能生」へ電車でアクセスする場合の最寄り駅は、えちごトキめき鉄道・日本海ひすいラインの「能生駅」となります。「能生駅」から道の駅「マリンドリーム能生」までは車で5分ほどかかるので、タクシーの利用がおすすめです。

ただし駅にタクシーがいない場合は電話で配車するスタイルとなり、20分ほどの時間がかかる場合もあるのでお気を付けください。

車でのアクセスと駐車場

道の駅「マリンドリーム能生」へ車でアクセスする場合の最寄りのインターチェンジは、北陸自動車道の「能生インターチェンジ」となります。インターチェンジをおりて海沿いにある国道8号線へ出るルートとなり、インターチェンジからの所要時間は5分ほどとなっています。

能生インターチェンジまでの所要時間は、東京からは関越自動車道と北陸自動車道を通って4時間ほど、長野からは上信越自動車道経由で1時間ほど、松本からは上信越自動車道経由で1時間40分ほどです。

そのほかの地域からは、北陸自動車道を経由して、富山から1時間ほど、金沢から2時間ほど、大阪からは5時間ほどとなっています。

道の駅「マリンドリーム能生」の駐車場は無料で、収容台数は465台分となっています。そのうち、大型車は15台分、身障者用は3台分となっています。平面駐車場のため、高さなどの車両制限はありません。

駐車場は、国道8号線沿いやマリンドリーム能生本館周辺、海沿いなど、数ヶ所に分かれています。マリンドリーム能生本館の周辺は混雑しやすいので、ゴールデンウイークなどの繁忙期に訪問する場合にはお気を付けください。

マリンドリーム能生で新鮮なカニを堪能しよう!

新潟県糸魚川市にある道の駅「マリンドリーム能生」について、ベニズワイガニの直売所やおすすめのレストランなどをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?道の駅「マリンドリーム能生」は、日本海に面した糸魚川ならではの海の幸が楽しめるスポットとなっているので、海鮮が好きな人におすすめです。ぜひ訪問してみてください。

今回ご紹介した道の駅「マリンドリーム能生」の直売所やレストランの営業時間などの情報については今後、変更になる場合もあるのでお気を付けください。

関連記事

Original
この記事のライター
mayuge

新着一覧

最近公開されたまとめ