高円寺の5つの商店街は魅力たっぷり!食べ歩きのおすすめなどを紹介!

東京の高円寺は魅力的な商店街がいくつもあり、若者も多く集まる人気エリアとなっています。商店街にはそれぞれ特徴があり、魅力的な店が立ち並んでいます。そこで高円寺の商店街の中で特におすすめしたいところを5か所、その特徴やおすすめポイントなどについて紹介します。

高円寺の5つの商店街は魅力たっぷり!食べ歩きのおすすめなどを紹介!のイメージ

目次

  1. 1高円寺の5つの商店街は地元で大人気!その魅力を一挙ご紹介!!
  2. 2まずは高円寺へのアクセスから
  3. 3高円寺のおすすめ商店街1:高円寺純情商店街
  4. 4高円寺のおすすめ商店街2:高円寺あづま通り商店街
  5. 5高円寺のおすすめ商店街3:高円寺パル商店街
  6. 6高円寺のおすすめ商店街4:高円寺庚申通り商店街
  7. 7高円寺のおすすめ商店街5:高円寺ルック商店街
  8. 8高円寺の商店街で楽しい時間を過ごそう!

高円寺の5つの商店街は地元で大人気!その魅力を一挙ご紹介!!

東京の高円寺は、もともと地元にある「宿鳳山高円寺」から名づけられた街ですが、にぎやかな商店街があることで知られており、休日などはショッピングや食べ歩きを楽しむ方がたくさん訪れます。そこで高円寺にあるおすすめの商店街と楽しみ方について、それぞれ紹介していきましょう。

まずは高円寺へのアクセスから

まずは高円寺にアクセスしましょう。高円寺は東京都杉並区にある地名で、今述べたように近くにある「高円寺」というお寺から名づけられました。エリアとしては早稲田通りから青梅街道までの範囲を南北にし、中野区中野と世田谷区阿佐谷に挟まれたあたりとなります。

高円寺エリアは中央に中央線が走っており、「高円寺」駅があります。高円寺駅を中心にして、北側と南側に分かれ、高円寺駅周辺と幹線道路に沿った形で商店が並び、その周囲に住宅街が広がります。この住宅街にはファミリーはもちろんですが、学生も多く見られます。

これらの商店はいわゆるデパートなどの大規模な商店は少なく、小規模な商店が集まり商店街を形成しています。今述べたように、高円寺には学生など若い方も多く住んていることから、若者に人気の古着や雑貨などを扱う店、食べ歩きできる店などが並んでいます。

そのため、これらの商店街には、日常的に多くの人々が集まり、食べ歩きを楽しんだり、魅力的な古着や雑貨などの掘り出し物を探している方が多く見られます。古き良き商店街のにぎやかさが今に伝わる、魅力的な街と言っていいでしょう。

高円寺のおすすめ商店街1:高円寺純情商店街

それではまず、高円寺の商店街の中でもよく知られている「純情商店街」から紹介していきましょう。東京の地理に詳しくないという方でも、純情商店街の名前は聞き覚えがあるという方も多いのではないでしょうか。有名な小説のタイトルに使われていることで、本好きの方にはよく知られた商店街です。

この小説は直木賞を受賞し、後にテレビドラマにもなり、さらには教科書などにも掲載されました。純情商店街を舞台にして、そこに住む人々の姿が生き生きと描かれており、江戸の雰囲気を今に伝える下町情緒もぴったりと合っていることで人気の小説です。

高円寺純情商店街はちょうど高円寺駅北口の目の前にあります。そのため駅を降りるとすぐに「高円寺純情商店街」と書かれたアーチが目に入ります。高円寺という街の雰囲気を象徴しているかのような、魅力的な商店街が純情商店街なのです。

戦前より栄える古き良き商店街

この小説で舞台となっているのは、1960年代前後の時期の商店街ですが、純情商店街そのものは第二次世界大戦前からある、古い歴史を持つ商店街です。もともとは銀座商店街と呼ばれていたのですが、この小説で舞台となったことで「純情商店街」という名前が一般的になったそうです。

こちらの純情商店街では、イベントなども多く行われ、約250の店舗が軒を連ねます。飲食店も多く、約60点あるということで、いろいろと食べ歩きをしながらゆっくりショッピングを楽しみたいという方にはおすすめの商店街と言えるでしょう。

たとえば、まずこちらで腹ごしらえという方には手軽に立ち寄れる立ち食いそば屋、ラーメン店からがっつり食べられる焼き肉店、デートなどでおしゃれに楽しめるイタリアンなど、ジャンルがとても広いのが特徴です。また夜に高円寺に立ち寄るならば、バルや居酒屋、さらにはダイニングバーなどもおすすめです。

また、せっかくだから美味しいデザートが食べたいという方にはチーズケーキ入りのバウムクーヘンが楽しめる店などもあり、昼過ぎには売り切れてしまうこともあるほどの人気なのだそうです。ここでしか食べられないおすすめの店です。

ショッピングを楽しみながらランチ、スイーツ、そして夜のディナーと、食べ歩きをする店には事欠かないのが高円寺の純情商店街です。ぜひ純情商店街で下町情緒あふれるゆったり気分での買い物をおすすめします。

高円寺のおすすめ商店街2:高円寺あづま通り商店街

純情商店街と同じく、高円寺駅の北口にあるのが「高円寺あづま通り商店街」です。高円寺駅北口から早稲田通りに向かってのびる、あづま通り沿いにずらりと多くの店舗が並んでいます。

こちらの商店街は女みこしの商店街と言われており、にぎやかな女みこしや演芸会なども多く行われる、にぎやかな雰囲気が楽しい商店街です。また店舗はもちろん、ギャラリーなども多くあるため、アートに興味がある方などにはおすすめの商店街でもあります。

雑貨屋さんや隠れ家的カフェに出合える

今述べたように、高円寺あづま通り商店街はギャラリーなどが多いこともあって、アートに関心がある方のお店も多く見られます。そのため他では手に入らないような雑貨やアンティーク、服などを扱う店が多く見られます。特に中古のレコードなどは近年特に人気が高まっているそうです。

またギャラリーの中には、カフェが併設されている店もあり、アートを楽しみながらゆっくりとした時間を過ごしたいという方にも人気となっています。古本などを扱う店もあるため、他では手に入らない掘りだし物などを見つけたい方も多く訪れます。

食事をしたいという方には、定食を扱う店が多く、馴染みの味をゆったり楽しむことができると人気となっていますし、地ビールの工房があるため、お酒を楽しむ方にもおすすめです。カフェなどももちろんあるので、いろいろと食べ歩きをしたい方にも人気です。

高円寺のおすすめ商店街3:高円寺パル商店街

高円寺駅北口を出てすぐにある商店街が純情商店街なら、南口を出てすぐのところにあるのが「パル商店街」です。入り口のところに赤い字で「Pal」と書かれているのが目じるしで、迷うことなく行ける商店街です。

高円寺のイベントというと、「高円寺阿波踊り」がよく知られています。全国的にもよく知られたこのイベントですが、実は始まりはこのパル商店街からなのだそうです。パル商店街の青年部が始めた踊りから今のような一大イベントに育っていったのだということです。入り口あたりには阿波踊りがあしらわれた石柱があります。

パル商店街という名前は、ここにアーケードが作られた時につけられました。パル商店街のパルというのは「ともだち」とか「なかま」という意味で、たくさんの人が集まる「ともだち集まるアーケード」にしたいという思いがこめられているのです。

パル商店街のアーケードの中間あたりには「ジャクションドーム」というエリアがあり、パリのヴェルサイユ宮殿の「戦闘の間」にあるガラス天井をイメージして作られたLED照明で七色に照らされたスペースが魅力的です。

アーケードで雨の日も楽しめる

パル商店街のうれしいところはアーケードがある点です。高円寺駅目の前にあり、さらに入口のところからアーケードがあるため、雨の日でもほとんど濡れることを気にすることなく行くことができるため、特に天気が今一つという時には食べ歩きなどを楽しむ方がたくさん訪れています。

アーケード街は約250メートルあり、その中にさまざまな店舗が立ち並んでいます。他の商店街同様、ないものはないというほどにさまざまなものが揃っており、特にアジアンテイストのものを扱う店が多くあります。

パル商店街の中のアジアやエスニックなグッズや食事は本格的で、他ではあまり見ないようなインドやアジアの物品が人気となっています。また美味しいスイーツなどが楽しめる店も多く、このスイーツが目当てでパル商店街まで来る方も多いそうです。

アジアっぽい雰囲気の中で、本場の料理やスイーツをのんびり食べ歩きしたいという方にも人気が高く、またオープンテラスがある店でにぎやかな街の雰囲気を味わいながら楽しむこともおすすめです。アジアンテイストの雑貨が好きな方にはパル商店街はおすすめの商店街と言っていいでしょう。

高円寺のおすすめ商店街4:高円寺庚申通り商店街

純情商店街、パル商店街、ルック商店街の3つが高円寺の商店街では大きな所なのですが、そこから枝葉に分かれたところにある商店街も魅力的です。純情商店街から横に入っていったところにあるのが「庚申通り商店街」です。

庚申通り商店街の「庚申」というのは、昔信仰を集めた「庚申信仰」に関係しています。特に室町時代ごろから江戸時代にかけて、この庚申信仰は一般民衆にも広がりました。庚申、つまり「かのえさる」に当たる日、三尸(さんし)という虫が体から抜け出て天帝に悪行を告げるので、その人の寿命が縮むという信仰です。

この信仰が広まるようになると、人々はこの日夜に眠らずに過ごすほか、「庚申塔」という塔を建てるようになりました。庚申商店街には1716年、高円寺の人々の手によって建てられた庚申塔があり、関東大震災や空襲に耐え、現在に伝わります。

この庚申塔にちなんで名づけられた庚申商店街は車1台が通れるほどの狭い通りではあるのですが、魅力的な店が立ち並びます。こちらも多ジャンルの店が並ぶ商店街なのですが、特に「食」の面で充実しているのが特徴であり、食べ歩きなど楽しみたい方におすすめです。

古着のお店巡りや食べ歩きを楽しむ

庚申通り商店街で特に人気が高いのが、グルメ系のショップです。ラーメン、そば、うどんといった麺類からカフェ、和食にイタリアンとジャンルが広く、手軽にランチをしたい方から、デートや家族連れでゆったりと食事を楽しみたい方にもおすすめの店が並びます。

また、クレープやドーナツ、たこ焼きなど、食べ歩きを楽しみたい方にも魅力的な店舗が多く、食事の後にこれらを食べ歩きしながらのんびりと商店街の雰囲気を楽しむ方も多く見られます。お酒やお弁当、スーパーなどもあります。

また、グルメ以外ではファッションもおすすめです。庚申商店街に特に充実しているのが着物で、アンティークのものや日常的に気軽に着ることができる着物、それに合わせる履物などを扱う店が充実しています。ふだん着物を着る方はもちろん、着物デビューしてみたいという方にもおすすめです。

洋服ではビンテージものやインポートものを扱う店が人気が高く、こちらもここでしかない掘り出し物を探したいという方に人気です。気軽にいろいろな店をのぞいて、お気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか。

高円寺のおすすめ商店街5:高円寺ルック商店街

先ほど述べたパル商店街からまっすぐ南に進んでいくと行きあたるのがルック商店街です。ルック商店街はアーケードがないのですが、上に大きく「ルック」と書かれた看板があるので、すぐにルック商店街に入ったことがわかるようになっています。

ルック商店街は今述べた「高円寺」駅からでも、また東京メトロ丸ノ内線の「新高円寺」駅からでもアクセスがしやすく、特にファッションに特化した商店街として知られています。おしゃれなファッションを扱う店や美容室なども多く、高円寺の方はもちろん周辺からもおしゃれ好きな若者が多く訪れる商店街として知られています。

おしゃれで安い古着屋がいっぱい

ルック商店街もさまざまやジャンルの店が並ぶ商店街ではありますが、今述べたように特に「おしゃれ」な店が多いということで人気が高い商店街でもあります。ルック商店街はなんといっても商店街ですから、普通のブランドショップなどにはあまりないような、民族衣装なども扱っている店が多いのが特徴です。

たとえばヒッピーアイテムや民族衣装、さまざまな靴の専門店に帽子の専門店、アウトドアの専門店など、それぞれのニーズに合わせた店が立ち並んでいます。専門店らしく品揃えが豊富なので、ぶらりと立ち寄るとお気に入りが見つかるかもしれません。

また、ルック商店街には美容室なども多いのが特徴で、特に若者には人気の店がいくつもあります。さらにアンティーク雑貨などを扱う店もあるため、全身お気に入りを見つけられるのもうれしいところです。

ではグルメはどうなのかということですが、こちらももちろん魅力的な店が揃います。手軽に食べられるラーメンやファストフードのほか、ルック商店街のおしゃれな雰囲気にぴったりのカフェなども並んでおり、おしゃれな服やグッズを探す間の一休みにもぴったりです。

ルック商店街のおしゃれな店でショッピングを楽しんだり、髪をととのえたりした後、ランチやおやつタイムで一休みをし、一日いっぱい楽しむことができるのがこのルック商店街と言ってもいいでしょう。ルック商店街で全身お気に入りを探してみてください。

Thumb高円寺で古着屋のおすすめを調査!レディース・メンズの安い店が勢揃い!
高円寺にはたくさんの古着屋があります。ここでは、高円寺のおすすめの古着屋を紹介します。レディ...

高円寺の商店街で楽しい時間を過ごそう!

高円寺にはたくさんの商店街があり、それぞれ特徴があって、お気に入りを探しているとあっという間に時間が経ってしまうほどに魅力的な店が立ち並んでいます。また食べ歩きなども楽しめるさまざまなグルメも人気が高いです。ぜひ高円寺に行ったらいろいろな商店街を回って、お気に入りを探してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ