ららぽーと沼津楽しみ方ガイド!フードコートなどおすすめの店舗も一挙紹介!

2019年秋にオープンした静岡県の「ららぽーと沼津」は、全国的な人気ショップやエリア内初出店ショップ、充実したグルメスポットなどで話題になっています。今回はフードコート、おすすめのショップをはじめとした「ららぽーと沼津」の楽しみ方をご紹介します。

ららぽーと沼津楽しみ方ガイド!フードコートなどおすすめの店舗も一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1新しいショッピングスポット「ららぽーと沼津」をご紹介
  2. 2「ららぽーと沼津」は楽しさ満載の大型ショッピングセンター
  3. 3「ららぽーと沼津」のフロア構成
  4. 4「ららぽーと沼津」のフードコート
  5. 5「ららぽーと沼津」でおすすめのショップ
  6. 6「ららぽーと沼津」は子育て世代に優しい!
  7. 7「ららぽーと沼津」で大人も楽しめるスポット
  8. 8「ららぽーと沼津」の基本情報
  9. 9「ららぽーと沼津」と一緒に周辺観光を!
  10. 10「ららぽーと沼津」で1日中楽しもう!

新しいショッピングスポット「ららぽーと沼津」をご紹介

静岡県の「ららぽーと沼津」は2019年秋に開業したモール型の大型ショッピングセンターです。店舗や販売されているグッズのラインアップも注目度が高いものですが、新しい施設だけあって設備やサービスの面でも特筆すべき点がたくさんあります。

今回は、フードコートをはじめ人気のグルメダイニングエリアを中心に、ショッピングだけでない「ららぽーと沼津」の多彩な魅力をご紹介します。また、数多いテナントの中からおすすめのショップをご紹介しますので、訪問の際の参考にしていただければと思います。

「ららぽーと沼津」は楽しさ満載の大型ショッピングセンター

2019年10月静岡県沼津市に開業した「ららぽーと沼津」は、東京ドームの約2.6倍という広い敷地面積をもつ大型ショッピングセンターです。

広い館内には217の店舗が入っていて、あらゆるジャンルの品物が売られています。そのうち118店舗は、沼津市がある静岡県東部では初出店のショップということで、地元の人たちを大いに喜ばせています。

大人だけならショッピングやグルメを自分のペースで楽しむことができますが、子連れだとなかなかそうはいきません。「ららぽーと沼津」ではファミリー層を意識して、子供連れでも楽しめたり休憩ができたりするスペースが多く設けられています。

大人向けにはシネマやボーリングなど、買い物や食事以外の楽しみ方も用意されています。「ららぽーと沼津」は幅広い世代が1日楽しめるスポットなのです。

「ららぽーと沼津」のフロア構成

静岡県の「ららぽーと沼津」の館内はとても広く、訪問の際は歩きやすい靴で、などというアドバイスもネットに載っているほどです。その「ららぽーと沼津」を効率的に動くためには、大まかな構造を頭に入れておくと良いでしょう。

「ららぽーと沼津」は3層構造です。各フロアの通路は8の字型に設けられていて、その通路の両側に店舗が並んでいます。8の字の中心、つまり通路が合流する場所は各フロア「光の広場」になっていて、座る場所が用意されています。待ち合わせや休憩などで利用するのに便利なスポットです。

「ららぽーと沼津」では、方向を示すのに「YAMA」と「UMI」という言葉が使われます。「YAMA」は富士山のある方向で「UMI」は駿河湾の方向なのですが、例えば「1階YAMA東側」というように、店舗や通路の位置を示したリします。

「ららぽーと沼津」では館内の地図をもらうことも多いでしょうが、そこにも富士山や波のイラストと組み合わせて「UMI西」などと通路の名前が記されています。大体の構造をつかんでからショッピングをはじめると、かなりスムーズに館内を歩けるはずです。

1階

ここからは、静岡県の「ららぽーと沼津」の各フロアの概要をご紹介します。1階はYAMA側の端にスーパーのsanwa、UMI側の端に無印良品とLoftが入り、地元の人たちの日常のショッピングをサポートしています。

1階には通常の物販ショップもありますが、携帯ショップや美容院、クリーニングなど、サービス系のショップが多く配置されています。ヤマトトランスポートもあるので、思わず買いすぎてしまったものの宅配を頼むこともできます。

1階YAMA側にはフードコートとは別にグルメスペースが広く配置されています。「Mercado DE SAMASA(メルカドサマサ)」というスペースには横幅約10メートルという大きな水槽が設置され、中には駿河湾魚やタカアシガニなど約600匹の生き物がいて多くの人たちの目を引き付けています。

この大水槽は「沼津港深海水族館」が管理しているもので、「ららぽーと沼津」のお楽しみスポットの1つです。

大水槽のある「Mercado DE SAMASA」はスペインの市場をイメージしたエリアで、スタッフのおすすめなどを聞きながら対面で食材の購入ができます。

「Mercado DE SAMASA」では食材を販売するだけでなく、隣接するレストランではそれを使ったグルメ料理の提供もしています。例えば市場で買った魚をレストランに持ち込み、アクアパッツァなどに調理してもらうことも可能なのです。

2階

静岡県の「ららぽーと沼津」の2階はほとんどが通常のショップで、ファッション、インテリア、生活雑貨などが販売されています。この階にはレストランや、フードを販売している店舗はほとんどありません。

後項で詳しくご紹介しますが、2階には赤ちゃんや小さな子供連れに嬉しいスペースがYAMA側とUMI側の両方にあり、ショッピングの合間の授乳や休憩に気兼ねなく使えると好評です。

3階

静岡県の「ららぽーと沼津」の3階はYAMA側の端に100均のダイソーとアミューズメント施設のコロナワールド、UMI側の端にアカチャンホンポとシネマサンシャイン、そしてフードコートが配置されています。人気のフードコートについては後項で詳しくご紹介します。

3階には通常の物販ショップが多いのですが、保険や住宅、写真などサービスを提供する店舗も見受けられます。

「ららぽーと沼津」のフードコート

この項では、静岡県の「ららぽーと沼津」3階、UMI側の端にあるフードコートをご案内します。静岡県内で有名な店や県内初出店の店など、ここのフードコートに集結しているのは17店舗です。

フードコートではラーメンやうどん、ちゃんぽんなど麺類の店が目立ち、ランチタイムに重宝しそうです。また、丼ものやハワイアングルメなどの他、静岡の地ビールやスイーツの店舗もあり、気軽な雰囲気でグルメが楽しめます。

レイアウト・設備

「ららぽーと沼津」3階のフードコートは、中央が約1100席のイートインスペース、そこを囲むように17の店舗が配置されています。カウンター席にはコンセントとUSBの差込口があるので、スマホの充電などをしながら食事ができます。

フードコートで人気なのは「こあがり席」。靴を脱いで床に座って食事ができるスペースで、床で足を伸ばしたい人や、動き回る小さな子供がいる人たちに人気です。下足箱の前にはベビーカーを置く場所も設置されています。また、「こあがり席」の一角には電子レンジや調乳用給湯器も備えられていて、赤ちゃん連れの人たちに喜ばれています。

なお、フードコートのエリア内にトイレはないので、利用する前に洗面所に行っておくことをおすすめします。

店舗とジャンル

「ららぽーと沼津」3階のフードコートに出店してる店舗について少し詳しくご紹介します。ラーメンを提供している店舗は「湯河原 飯田商店」「麺や庄の」「博多一風堂」の3店舗あり、前者2店舗は静岡県内初出店として注目されています。

「リンガーハット」はちゃんぽん、「丸亀製麺」はうどんの、全国的な有名人気店舗です。「パスタ屋一丁目」はモチモチ食感の生パスタが売りの店舗です。このように、麺類の店が割合としては多くなっています。

「かつゑもん」はカツ煮、「ひな鶏伊勢ゐ」は親子丼、「魚河岸 丸天」は海鮮丼、「伝説のすた丼屋」はスタミナ丼が看板の店舗です。「ホノルル食堂 DaCafe」はハワイ料理、がっつり食べたい人には「いきなりステーキ」「石松餃子」もあります。

「AOI BEER STAND」は静岡の地ビールを扱う店舗で、営業は土日限定になりますが、昼からビールが楽しめます。「KENNY’S」はソフトクリームとジェラートの店舗です。地元の濃厚な牛乳を使った製品が人気です。

1階のフードコーナーにも注目!

静岡県の「ららぽーと沼津」でグルメが楽しめるのは3階のフードコートだけではありません。先にご紹介した1階の「Mercado DE SAMASA(メルカドサマサ)」にはサラダを提供する「72veggie」、肉丼の「くわばらダイニング」、海鮮丼の「海鮮丼 佐政」、スペインバル「BUENA COSTA」、イタリアンの「IL PORTINO」などがあります。

また、1階には「Mercado DE SAMASA」の隣に、ビュッフェやハンバーグ、カフェやスイーツの店など、10を超える店舗が入っているスペースがあり、こちらも気軽に食事を楽しむのにおすすめです。

このように、「ららぽーと沼津」では1階のフードコーナーと3階のフードコートの両方で多様なグルメを楽しむことができるのです。

「ららぽーと沼津」でおすすめのショップ

この項では「ららぽーと沼津」でおすすめの人気ショップをジャンル別に数店ずつご紹介します。

「ららぽーと沼津」には200を超える店舗が入っているため、当てなく歩いていると疲れてしまいます。遠くから足を運ぶ場合は、買いたいものやお目当てのショップに狙いを定めて訪問するのがおすすめです。

ファッション

「ららぽーと沼津」のファッションを扱うショップでまずおすすめなのは「WEGO(ウィゴー)」です。東京の原宿ストリート的なファッションを中心に、シンプルでナチュラルな着こなしから個性的なスタイルまで、幅広いラインアップが手頃な価格で購入できると人気です。

2つ目のおすすめファッションショップは「H&M」です。世界的な人気メーカーですが、静岡県東部では初の出店で話題になっています。「アメリカンホリック」は気取らないカジュアルさの中にトレンド感やおしゃれな要素が感じられるレディースのブランドです。

リビング

インテリアや生活雑貨といったリビンググッズを扱うショップで注目はイギリス生まれの「The Body Shop」で、静岡県東部では初の出店になります。天然の素材を使っていることで人気のショップで、スキンケアや化粧用品、バス用品など、普段の生活をワンランクアップするグッズを購入することができます。

「212(トゥーワントゥー)キッチンストア」にはカラフルで調理が楽しくなりそうなキッチン用品がたくさん並んでいます。日本のものに限らず、世界中からの道具があり、見ているだけでも楽しいショップです。

「Sac's Bar(サックスバー)」はMADE IN JAPANの良質なカバンや革製品を扱うショップで、長く使える品やワンランク上のプレゼントを探している人におすすめの店舗です。

グルメ

「ららぽーと沼津」のグルメショップでまず注目は静岡初店舗の「ゴンチャ」です。「ゴンチャ」」は台湾茶の店ですが、タピオカをはじめとした多くのアレンジやトッピングで人気が高いショップです。

「ゴンチャ」ではドリンクのサイズ、トッピングの種類はもちろん、甘さや氷の量も細かくオーダーして自分だけの味をカスタマイズできます。

「太陽のごちそう」は地産地消のグルメビュッフェレストランです。ずらりとならぶ60種類ほどのメニューには静岡県産の野菜や肉、酪農製品、そして駿河湾の魚など地元の食材がたっぷりと使われています。それぞれに好きなものが食べられると、家族連れやグループに人気です。

「ららぽーと沼津」は子育て世代に優しい!

小さい子供がいるとショッピングも少なからず億劫になってしまいますが、静岡県の「ららぽーと沼津」にはそんな子育て世代に優しい配慮や工夫がたくさんされています。

この項では、それら小さな子連れに役立つ情報をご紹介します。知れば、子供を連れて足を運んでみようという気持ちになること間違いなしです。

ワンコインベビーカー

「ららぽーと沼津」では各入口付近など、館内の多くの場所にベビーカーの貸し出し所が設置されています。生後4カ月から4才くらいまでの子供が乗れる貸出用ベビーカーが鎖で繋がれて用意されています。

100円硬貨を入れて鎖を外せば館内用ベビーカーが使えます。この100円は返却時に戻って来ます。歩くつもりで来たのに急に子供がぐずってしまった時などにとてもありがたいシステムです。

無料キッズスペース

「ららぽーと沼津」には4か所の無料キッズスペースがあります。家族に子供を預けてゆっくりショッピングを楽しみたい時、休憩や授乳をしたい時などにとても助かります。

2階のUMI側にある「こもりらのもり」は300平方メートルの広いスペースで、年代別に遊べるエリアが分かれているので、小さい子は安心ですし、少し大きい子は遠慮なく遊ぶことができます。

2階のYAMA側にある「こにわハウス」は赤ちゃん連れにおすすめのスポットです。絵本の中のような可愛らしい内装のスペースには授乳室やおむつ交換の場所、離乳食などが食べさせられるリビングスペースがあります。電子レンジもあり、離乳食を温めたりもできます。

3階YAMA側にある「コロナワールド」の中には8歳以下の子供が利用できるキッズスペースがあります。ボールプールや吊り橋など楽しい遊具がたくさんあるのですが、こちらは30分ごとの入替制で30人定員、現地で予約が必要になります。

1階UMI側にある無印良品のショップ内にある「木育広場」は、0歳から6歳の小さな子供が対象です。木のボールプールに入ったり、木のおもちゃで遊んだりと、木のぬくもりを感じられるエリアになっています。

屋外の施設としては、南エントランス(UMI側)を出たところに「うみの広場」があります。大型の遊具が設置されていて、すべり台などで身体を動かすことができます。近くの「ポップジェット」は地面から水が飛び出す施設で、暑い日などに子供を遊ばせるのにおすすめのスポットです。

リトルプラネット

1階のUMI側にある「リトルプラネット」は静岡県初出店の子供が対象の次世代型テーマパークです。ボール投げや砂遊びといった昔ながらの遊びとデジタル技術を融合した遊園地ともいえるもので、遊びの中に知育を育てる要素も取り入れられていて、親世代の人気を集めています。

「リトルプラネット」の料金は大人・子供とも30分800円のお試しと、平日18才以上の大人1800円、17才以下の子供900円(休日は大人2400円、子供1200円)の1日フリーパスがあります。15分単位で延長料金(大人300円、子供100円)を払うこともできます。

「ららぽーと沼津」で大人も楽しめるスポット

静岡県の「ららぽーと沼津」の3階YAMA側にある「コロナワールド」は、大人も楽しめる人気のエリアです。

「コロナワールド」はクレーンゲームなどがあるアミューズメントエリアですが、ボーリング場も併設されています。ボーリング場は全レーンガターなしにもできる(オートバンパーレーン)ので、子供と一緒に楽しむこともできます。

「ららぽーと沼津」3階のUMI側にある「シネマサンシャイン」は10スクリーン、計1800席を有する映画館です。国内で2館目となるアトラクションシアター「4DX with ScreenX」は1度は体験したいものです。映像が3面に映し出されると共に、座席が動いたり、水や風、光などが浴びせられ、今までにないリアルな映画鑑賞ができます。

「ららぽーと沼津」の基本情報

静岡県の「ららぽーと沼津」の営業時間は大まかにいってレストランが11:00から22:00、フードコートを含めそれ以外のショッピング、サービスなどは10:00から21:00となっています。

ですが、アミューズメントエリアは深夜近くまでやっているなど、営業時間が異なる店舗も少なくありません。中には曜日によって営業時間に変動があるショップもあります。

また、点検日などショッピングセンター全体が休業も日もたまにありますので、事前にHPなどで確認しておくのが確実でおすすめです。

アクセス

「ららぽーと沼津」へは、JR東海道本線の「沼津駅」と「片浜駅」からバスが出てます。特に「沼津駅」からは1日約60本と、頻繁に運行されています。乗り場は南口の1番、2番、4番で、所要時間は約20分、料金は290円です。

「片浜駅」からのバス便は本数が少なくなりますが、「ららぽーと沼津」への循環バスが出ています。所要時間は東回り約11分、西回り約15分で、いずれも料金は220円です。

「ららぽーと沼津」からの帰りのバスは、YAMA側の北エントランスを出たところから乗車します。1番乗り場は「沼津駅」行き、2番乗り場は「片浜駅」行きになっています。

自家用車で「ららぽーと沼津」に向かう場合は「東名沼津IC」を利用します。そこから約15分、5.5キロの距離になります。

駐車場は普通車3600台分のスペースが用意されており、料金は無料です。土日祝日などは周辺道路が混み、駐車待ちを余儀なくされることもあります。

住所 静岡県沼津市東椎路字東荒301ー3
電話番号 055-929-9000

「ららぽーと沼津」と一緒に周辺観光を!

旅行で静岡の「ららぽーと沼津」に行くなら、沼津港周辺をセットで観光することをおすすめします。沼津港近くのおすすめ観光スポットをいくつかご紹介します。

「沼津魚市場INO(イーノ)」は競りの様子を見学できるスポットです。飲食店もあり、新鮮な魚介グルメが楽しめます。「沼津みなと新鮮館」は食堂や土産物店など13店舗が入っているマーケットで、デッキでイベントが開催されていることもあります。

「沼津港大型展望水門びゅうお」は津波を防ぐ水門ですが、通常時は高さ20メートルのところにある展望回廊に上ることができます。「沼津港深海水族館」はユニークな深海の生き物と冷凍になった本物のシーラカンスが見られる人気のスポットです。

Thumb『沼津港深海水族館』の見所まとめ!料金や割引情報や人気グッズも紹介!
静岡県の沼津エリアで人気の沼津港深海水族館の情報について詳しくご紹介していきます。沼津港深海...
Thumb沼津港グルメランチ・海鮮丼おすすめ特集!地元人気店で海の幸を満喫!
沼津港は、駿河湾で獲れる新鮮な魚介類を食べられる飲食店街で、ランチで美味しい海鮮丼や海鮮グル...

「ららぽーと沼津」で1日中楽しもう!

以上、2019年秋にオープンした「ららぽーと沼津」のグルメ情報、おすすめショップ、そして周辺観光のご紹介をしました。

「ららぽーと沼津」は歩くだけでも1日中楽しめるショッピングセンターです。大型のショッピングセンターは各地にありますが、「ららぽーと沼津」は広い上に新しい施設なので、他ではあまり見られない施設や設備、工夫や配慮が見られます。

ショッピングやグルメはもちろん、全体の雰囲気を楽しんだり、便利な設備を利用したりして「ららぽーと沼津」を堪能してください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ