中野『陸蒸気』の絶品ランチを食べに行こう!人気居酒屋のメニュー紹介!

グルメの激戦区である中野に、本格的な魚料理が評判の居酒屋があります。それが、「陸蒸気」です。居酒屋でありながらも、ランチの人気も高く、開店前から行列ができるほど。行列に並んででも食べたい中野「陸蒸気」の絶品ランチを堪能しましょう。

中野『陸蒸気』の絶品ランチを食べに行こう!人気居酒屋のメニュー紹介!のイメージ

目次

  1. 1中野の居酒屋『陸蒸気』へ行こう
  2. 2「陸蒸気」のある中野ってどんな街?
  3. 3中野の居酒屋『陸蒸気』の魅力って?
  4. 4中野『陸蒸気』の外観・内観
  5. 5中野『陸蒸気』のランチメニュー
  6. 6中野『陸蒸気』のランチが人気の理由って?
  7. 7中野『陸蒸気』の人気料理
  8. 8中野『陸蒸気』の予約方法
  9. 9中野『陸蒸気』の基本情報
  10. 10中野『陸蒸気』へのアクセス
  11. 11中野『陸蒸気』のランチは絶品!

中野の居酒屋『陸蒸気』へ行こう

数多くの飲食店や居酒屋が点在する中野の中でも、ひと際高い人気を誇る中野の「陸蒸気」。この記事では、昼には美味しいランチをいただけるお店として、夜には東北や北海道を中心とする鮮魚料理を味わえる居酒屋として人気の中野「陸蒸気」が誇るメニューなどを詳しくご紹介しますので、ぜひ一度行ってみてください。

美味しい焼き魚ランチならこのお店

活きの良い魚介料理で人気の高い中野の居酒屋「陸蒸気」ですが、実は、平日にはランチタイムの営業も行っています。ランチタイムには、厳選された魚介を使った焼き魚定食のみを提供しているのが特徴で、ランチでしか味わうことのできない絶品の魚定食を目当てに、「陸蒸気」を訪れるサラリーマンやOLも少なくありません。

中野に建つ「陸蒸気」は、夜の居酒屋としてだけでなく、美味しい焼き魚をいただけるランチ店としても人気が高い店舗なのです。

店名に使用されている『陸蒸気』って?

店名に使用されている「陸蒸気」という言葉を聞いたことはありますか。「陸蒸気(おかじょうき)」とは、明治時代に走っていた蒸気機関車のこと。当時、「蒸気」と呼ばれていた海を走っていた蒸気船に対する言葉で、「陸蒸気」は福沢諭吉が生み出した造語だといわれています。

「陸蒸気」のある中野ってどんな街?

「陸蒸気」がある中野は、東京23区の西部に位置する街で、住みやすい街ランキングにも度々登場するほど環境の良い街。サブカルの聖地として名高い「中野ブロードウェイ」があることから、サブカルチャーのイメージが強いかもしれませんが、数多くの居酒屋や飲食店が立ち並んでいることから、グルメの激戦区としても知られている街です。

Thumb中野の観光スポット情報まとめ!名所から穴場までおすすめポイントを紹介!
中野には観光スポットがたくさんあり、一日中多くの人が行き交う人気スポットです。中野ブロードウ...

中野の居酒屋『陸蒸気』の魅力って?

開店前から人が並んでいることも少なくない中野の居酒屋「陸蒸気」。周辺にも多くの飲食店がある中で、居酒屋「陸蒸気」は、なぜこんなにも多くの人に愛されているのでしょうか。気になる5つのポイントに分けて、多くの人の舌を魅了してやまない「陸蒸気」の魅力を紐解いていきます。

東北や北海道の新鮮な魚介を堪能できる

店舗の前に飾られた「陸蒸気」の看板の行先の部分に書かれた「なかの」と「つがる」の文字。駅名標にも似た看板が示すように、東北や北海道、北陸を中心とする各地の新鮮な魚介の炭火焼きや地酒も味わえるのが特徴。

東京の中野に居ながらにして、東北や北海道が誇る新鮮な海の幸をふんだんに使った手ごろな価格の美味しい料理を堪能できると評判のお店で、行列ができるのも珍しくないほどの人気ぶりです。

大きな囲炉裏を生かした絶品料理

1階にあるカウンターの中央に設けられた大きな囲炉裏が、古民家のような懐かしい雰囲気を醸し出しています。店頭に飾られた「焼魚」の看板が物語るように、ランチタイムや夜の居酒屋ともに、存在感のある囲炉裏から生み出される絶品の炭火焼き料理を目的に来店する人も少なくないほどだとか。

料理や雰囲気に欠かせない「陸蒸気」らしさ溢れる囲炉裏も大きな魅力の一つで、「陸蒸気」には無くてはならないものなのです。

JR中野駅から徒歩で約3分という立地の良さ

中野にある「陸蒸気」の最寄り駅は、JR中野駅になります。JR中野駅から「陸蒸気」までは徒歩で3分ほどの距離です。JR中野駅には、JR東日本の中央線や総武線 、東京メトロなどの路線なども乗り入れていますので、新宿や日本橋、大手町などの周辺の都市からも行きやすい場所にあります。

公共交通機関でのアクセスが良い点やJRの中野駅から徒歩圏内にあるという点など、色々な人が行きやすい利便性が高い点も、「陸蒸気」の魅力の一つです。

青森の地酒を中心としたお酒のラインナップ

焼き魚定食と中心とするランチタイムから一転して、夜には居酒屋として営業している「陸蒸気」。ビールや日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキーなど、新鮮な魚介を使った料理と相性の良いお酒が揃っていますが、中でも人気が高いのが、青森の地酒です。

「桃川」や「杉玉」、「ねぶた」をはじめとする地元の青森でも評判の貴重な日本酒と出合えますので、「陸蒸気」を訪れたならぜひ一度飲んでみてください。

まるで昭和にタイムトリップしたような居心地の良さ

駅舎を思わせるような外観に、どっしりとした囲炉裏を囲む古民家のような雰囲気の店内に、大きな張りや柱を生かした造りにと、まるで昭和にタイムトリップしたかのような気分を味わえます。

囲炉裏端にさされた魚が発するパチパチという音、囲炉裏から立ち上る煙、魚の香ばしい香りに包まれた「陸蒸気」には、多くの人が行き交う都心の中野にいることを忘れてしまいそうなほど、居心地の良い空間が広がっています。

中野『陸蒸気』の外観・内観

「陸蒸気」という店名からも分かるとおり、外観や店内にも昔懐かしい駅舎や蒸気機関車にまつわるものがちりばめられています。木の温もりあふれる古きよき雰囲気も、「陸蒸気」独自の特徴です。料理の美味しさを引き立てるこだわりの空間について、詳しく見ていきましょう。

古い駅舎を感じさせる外観

中野にある「陸蒸気」の店先には、駅名標を思わせる店名が書かれた看板や、踏切警報機のオブジェ、存在感のある車輪などが飾られています。

黒い木材を生かした趣のある建物とも相まって、昔ながらの古い駅舎をイメージさせるような落ち着いた造りが特徴です。昔ながらの古き良き雰囲気が漂うこだわりの外観を前に、自然と店内や料理への期待が高まります。

チケット売り場

入口の引き戸を開けて、店内に入ると、大きな柱や梁が張り巡らされた癒しの空間が広がっています。入口から入ってすぐの左側には、駅の切符売り場のようなチケット売り場が設けられています。チケット売り場にはアクリル板が埋め込まれており、昔の切符売り場のような雰囲気が持ち味です。

かつての駅の切符売り場をイメージさせるチケット売り場は、ランチタイムには前払いのチケット売り場として、夜にはレジとして活用されています。

囲炉裏とカウンター席

中野にある「陸蒸気」の店内は、3階建てになっています。1階は囲炉裏を取り囲むように配されたカウンター席、2階と3階には掘りごたつの座敷が用意されています。
 

1階のカウンター席で味わい深い囲炉裏を眺めながら海鮮料理を味わうのもよし、2階や3階の掘りごたつで足を伸ばしてくつろぎながら海鮮料理を味わうのもよし。目的や好みに応じて使い分けられますので、とても便利です。

中野『陸蒸気』のランチメニュー

中野で平日に美味しい焼き魚ランチをいただけると評判の「陸蒸気」。ランチタイムには、OLやサラリーマンをはじめとする多くの人で賑わっており、開店前から行列ができることも珍しくないとか。行列に並んででも食べる価値ありの「陸蒸気」でおすすめのランチメニューをご紹介します。

焼き魚定食 900円

一律900円でいただける焼き魚定食は、ふわっとやわらかい焼き上がりが特徴の炭火焼きの魚に、食べ放題のご飯や味噌汁、お新香がセットになったランチタイムの看板メニュー。

日によってもメニューは異なりますが、さばやはらす、あこうだい、しゃけ、ムツカマ(メロ)、ぶり、かじきまぐろ、沖めだい、ほっけなど、豊富な種類の中から、平日のランチタイムには7~8種類のメニューの中から選べます。

ほっけ定食

北海道の味覚として親しまれているほっけをメインとした定食はランチで人気のメニューです。ふっくらとした焼き上がりのほっけは、脂がほどよくのっており、骨離れもよいと評判。北海道を代表する「ほっけ定食」を贅沢にもランチでいただけるのも北海道や東北の鮮魚も堪能できる「陸蒸気」ならではの魅力です。

あこうだい定食

プリプリとした噛み応えのよさややわらかい食感、淡白な味わいなど、あこうだいの美味しさを存分に味わえる「あこうだい定食」。大きなあこうだいが楽しみな「あこうだい定食」も、数種類あるランチメニューの中でも、特に人気が高く、早めに売り切れることも少なくありません。

かんぱちかま定食

食べ応えのあるかんばちのかまが楽しみな「かんぱちかま定食」もランチタイムにおすすめのメニュー。ほどよく脂がのったかんぱちかまのジューシーさが際立つ「かんぱちかま定食」は、開店直後にもかかわらず、売り切れることも珍しくないというのも納得の大人気の定食です。

人気サイドメニュー(1)玉子焼き

「玉子焼き」と言えば、和定食に欠かせない一品。ふわっとしたちょうど良い焼き加減の「玉子焼き」は、焼き魚定食のサイドメニューとしても人気です。大根おろしも添えられていますので、さっぱりといただくことができます。ただ、100円とリーズナブルで早めに売り切れることも少なくありませんので、もし出合えた時には迷わず注文しましょう。

人気サイドメニュー(2)なめたけおろし

ふんわりと炊き上げたご飯と相性抜群の100円の「なめたけおろし」もランチタイムに人気のサイドメニューの一つです。ランチタイムにはご飯や味噌汁は自由におかわりできますので、1杯目は香ばしい焼き魚をおかずにご飯を、最後に「なめたけおろし」でご飯を食べるのもおすすめです。

人気サイドメニュー(3)しらすおろし

ふっくらとした炊きあがりのご飯やふわっとジューシーに焼き上げた魚との相性が良く、さっぱりと味わうことのできる「しらすおろし」。ご飯のお供にもおつまみにも最適な「しらすおろし」も、ランチタイムの焼き魚定食に欠かせない人気のサイドメニューの一つです。

人気サイドメニュー(4)とろろ

栄養価が高いことで知られる「とろろ」も、ランチタイムで人気のサイドメニュー。粘り気のあるとろろは、焼き魚やふっくらご飯ともよく合い、さっぱりと食べられますので、あまり食欲がない時や手軽に栄養を取りたい時などには、100円の「とろろ」を追加してみるのもおすすめです。

中野『陸蒸気』のランチが人気の理由って?

絶品の魚料理で人気の高い中野の「陸蒸気」。平日だけに用意されたランチタイムならではの魅力もたくさんあります。夜の居酒屋とは一味違った、ランチタイムでしか堪能することのできない「陸蒸気」の魚を生かしたランチの魅力についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

魚の旨みを最大限に引き出す囲炉裏

「陸蒸気」の店内で、ひと際目を引く大きな囲炉裏。囲炉裏の周りに魚をさして焼いている独自の風景にも、思わず目を奪われます。串に刺した魚を備長炭でじっくりと焼き上げることで、香ばしい香りやふっくらとした食感、魚が持つ本来の味わいを堪能できると評判です。

焼き魚定食を目当てに多くの人が訪れるランチタイムには、魚の旨みを最大限に引き出す囲炉裏も欠かせません。

ランチでしか味わえない絶品魚定食

平日だけ味わうことのできる「陸蒸気」のランチメニューに並ぶのは、さばやほっけなどをはじめとする焼き魚定食のみ。夜の居酒屋メニューにも登場しない特別な絶品メニューばかりで、ランチのファンも多く、行列ができることも珍しくないほどです。

時間に余裕がある時のランチタイムはもちろんのこと、行列に並んだり、急いで移動したりと、多少の無理をしてでも味わう価値のある逸品です。

ランチメニューの焼き魚定食が全品900円

「陸蒸気」には毎朝、市場から水揚げされたばかりの鮮魚が届きます。当日の仕入れ状況などによっても種類は異なりますが、ぶりやしゃけなど、常時8~9種類ほど焼き魚定食が用意されています。

それぞれの定食には、メインの焼き魚に加えて、ご飯や味噌汁、お新香がセットになっており、ボリュームある焼き魚定食を900円で堪能できるのも嬉しい点です。その日のランチメニューは、店頭の看板でも確認できます。

ご飯やお新香とお味噌汁はおかわり自由

ランチメニューの焼き魚定食に付いているご飯と味噌汁は、メインの焼き魚よりも一足早く提供されます。定食を注文した際には、ご飯や味噌汁はおかわり自由で、何杯でも好きなだけ食べられます。

大きなテーブルに置かれたお新香もおかわり自由ですので、メインの焼き魚を待っている間にも、お新香や味噌汁とともに、美味しいご飯を食べられるのも魅力の一つです。

定食にプラスしたい100円のサイドメニュー

「陸蒸気」では、ランチの焼き魚定食と相性の良いサイドメニューも充実しています。「とろろ」や「なめたけおろし」、「玉子焼き」、「しらすおろし」、「生野菜」といったサイドメニューはすべて100円で提供。

リーズナブルな価格設定になっていますので、その日の気分や好みに合わせて、気軽にランチの定食にサイドメニューを追加できるのも特徴です。

昔懐かしいチケット売り場での注文

ランチタイムは夜の居酒屋のシステムとは異なり、前払い制です。入口の横にあるチケット売り場で、事前にチケットを購入するシステムになっています。チケット売り場に置かれた焼き魚メニューの中には、店頭の看板になかったメニューが書かれていることもありますので、要チェックです。

かつての駅の切符売り場を連想させる昔懐かしいチケット売り場でお好みの焼き魚定食を注文したら、店内へと移動しましょう。

中野『陸蒸気』の人気料理

ランチタイムには、焼き魚定食専門のお店として人気の中野の「陸蒸気」。夜には、炭火焼きや海鮮料理を中心とした居酒屋へと姿を変えます。ここからは、絶品のランチメニューに勝るとも劣らない、夜の居酒屋メニューの中でも人気の3つのメニューについて、詳しくご紹介します。

三味焼き

「三味焼き」の三味とは、銀ダラ、ムツ、鮭の3種類の魚のことを指しています。「陸蒸気」が誇る大きな囲炉裏でじっくりと焼かれた魚は、やわらかい身やパリッとした皮が特徴で、素材本来の味を楽しめる料理です。

3種の焼き魚にトッピングされたイクラも好評。プリプリとした食感のイクラが魚の美味しさをより一層引き出すだけでなく、贅沢感も味わえます。

原始焼き

多くの人が注文する「原始焼き」は、「原始炭火焼」として有名な「陸蒸気」の看板メニュー。備長炭を置いた囲炉裏の周りに串刺しにした魚を並べ、囲炉裏との距離を測りながら火加減を調整するという原始的な方法で焼き上げた「陸蒸気」ならではの逸品です。

遠赤外線効果を期待でき魚の旨みが逃げにくいこと、高温でじっくりと焼くので焼きムラが少ないことなどの利点も。中はふっくらとしていながらも表面はカリッと焼きあがると評判です。

田舎むすび

1合のお米のおにぎりを真っ黒なのりでまるごと包んだ「田舎むすび」。素朴な雰囲気の「田舎むすび」も「陸蒸気」のおすすめメニューです。味は梅や鮭、昆布の3種類の中から選べます。

おにぎりにかぶりついて豪快に食べるもよし、スタッフに切りやすい大きさに切り分けてもらって食べるもよし、爆弾にぎりのようなボリューム感で、お酒の〆にぴったりです。

鮮魚の刺身

囲炉裏で焼かれた原始焼きメニューで人気の「陸蒸気」ですが、海鮮を中心とする居酒屋の「陸蒸気」で、もう一つ忘れてならないメニューが、新鮮な魚介の味を堪能できる「鮮魚の刺身」です。

種類は日によっても変わりますが、マグロやカンパチ、アジ、ホタテ、イカなどの鮮魚の刺身を味わえます。肉厚で新鮮な刺身は、青森をはじめとする地酒との相性も抜群です。

青森の地酒「桃川」

美味しい魚料理を肴に、地酒をいただけるのも「陸蒸気」の楽しみの一つです。選び抜かれたお米や水を原料に、青森で丹念に作られた辛口の「桃川」が人気の銘柄で、ふくよかな香りやコクを味わえると評判の地酒です。

「桃川」は、吟醸純米や大吟醸、本醸造と3種類が置かれていますので、3種類を飲み比べてみても良いですし、自分の気分や料理に合わせて種類を変えてみるのもおすすめです。

ふぐのヒレ酒

寒い時期になると恋しくなる「ふぐのヒレ酒」。湯のみの中に炙ったふぐのヒレを入れておき、熱燗を注いだら、ふたをしておきます。ほどよく蒸らしたヒレ酒を口に含むと、口の中いっぱいにふぐのヒレならではの豊かな香りや味わいがひろがっていくのだとか。魚料理によく合う「ふぐのヒレ酒」も寒い時期には欠かせません。

Thumb中野のおすすめ居酒屋ランキング・ベスト11!個室ありの店や安い飲み放題も!
中野駅周辺には居酒屋がたくさんあり、安い値段で美味しいお酒や料理が楽しめます。今回はおしゃれ...

中野『陸蒸気』の予約方法

常に多くの人で混雑している中野の居酒屋「陸蒸気」だけに、事前に予約ができるかどうかが気になる方も多いのではないでしょうか。ここからは、中野の居酒屋「陸蒸気」で予約が可能な座席や、予約方法、予約人数などについて、詳しくご紹介しますので、参考にしてください。

2階・3階席のみ電話予約が可能

店内に、1階のカウンター席、2階と3階の掘りごたつの座敷などの座席がある中で、予約ができるのは、2階と3階の座席のみで、3名以上からの電話予約となりますので、注意が必要です。

人気の高い1階のカウンター席は予約が不可で、来店順となります。時間に余裕がある場合には行列に並んでカウンター席で食べるのもよし、グループなどで待ち時間なく利用したい場合には予約して掘りごたつの座席で食べるのもよし、目的に応じて使い分けられます。

中野『陸蒸気』の基本情報

ランチタイムの営業は、月曜日から金曜日の平日のみで、11時30分から13時までになります。夜の居酒屋の営業は、平日と土曜日、日曜日、祝日ともに16時から22時までです。定休日については無休で、基本的にはありませんが、年末年始やお盆などが休みになる場合もあります。

住所 東京都中野区中野5-59-3
電話番号 03-3228-1230

中野『陸蒸気』へのアクセス

昼のランチタイムも夜の居酒屋も人気が高く昼夜問わず、多くの人で賑わう中野の「陸蒸気」。多くの人が利用する電車でのアクセス方法や、最寄りのJR中野駅から「陸蒸気」への行き方を中心に、アクセス情報について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

電車でのアクセス方法

「陸蒸気」に専用の駐車場はありませんので、電車でのアクセスがおすすめです。電車で中野の「陸蒸気」にアクセスする際に基点となるのは、JR東日本と東京メトロなどが乗り入れるJR中野駅。

JR中野駅には、北口と南口の2つの出口がありますが、北口を利用するとスムーズです。北口から出た後は、サンモール商店街の方向へと進みましょう。コージーコーナーの角を曲がってすぐの場所になります。

中野『陸蒸気』のランチは絶品!

東北や北海道の鮮魚料理や地酒が並ぶ夜の居酒屋もおすすめですが、中野の『陸蒸気』と言えば、やはり平日のランチタイムのみ味わえる焼き魚定食も欠かせません。毎日、多くのファンが詰め掛ける絶品のランチメニューを求めて、中野にある『陸蒸気』へと出掛けてみませんか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
neko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ