長岡市の観光スポット厳選15!はずせない人気名所などおすすめの場所を紹介!

新潟県長岡市は、新潟第二の都市ということもあってアクセスもよく、観光に行きやすい場所です。そこで長岡市のおすすめの観光スポットについて、いくつかに分けて紹介します。自然の美しさや歴史の深さなどを感じられる観光名所が多く、充実の一日が過ごせるでしょう。

長岡市の観光スポット厳選15!はずせない人気名所などおすすめの場所を紹介!のイメージ

目次

  1. 1長岡市で人気の観光スポットを厳選してご紹介!
  2. 2まずは長岡市へのアクセスから
  3. 3長岡市で観光におすすめの人気名所3選
  4. 4長岡市で子供におすすめの観光スポット3選
  5. 5長岡市で歴史がわかる観光スポット3選
  6. 6長岡市でお土産が買える観光スポット3選
  7. 7長岡市で自然がいっぱいの観光スポット3選
  8. 8長岡市でおすすめの観光スポットに行ってみよう!

長岡市で人気の観光スポットを厳選してご紹介!

新潟県長岡市は、中越地方にあり、新潟県第二の都市として広い市域を持ちます。花火大会などで長岡市に行ってみたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで長岡市のおすすめの観光スポットについて、歴史的な場所や子供も楽しめる場所など、いくつかにわけて紹介して行きましょう。

まずは長岡市へのアクセスから

まずは長岡市にアクセスする方法です。長岡市は新潟県にありますが、新幹線などの公共交通機関や高速道路などが発達しており、どこからでもアクセスがしやすいところにあります。

一般的に長岡市にアクセスする場合に洗濯されるのが新幹線です。なんといっても上越新幹線で「長岡」駅まで一本で行けるというのはアクセスがしやすいです。東京、新潟からは上越新幹線でアクセスすればよいですし、北陸新幹線ルートの場合は「上越妙高」駅で特急「しらゆき」に乗り継ぐことでアクセスが可能です。

車の場合は関越自動車道「長岡」ICが最寄りとなります。東京あたりからでも3時間前後でアクセスが可能です。また飛行機の場合は新潟空港からリムジンバスで新潟に出るか、レンタカーを利用して直接アクセスすることができます。

長岡市で観光におすすめの人気名所3選

それではまず、長岡市の観光スポットでぜひおすすめしたい名所から紹介しましょう。歴史好きの方はもちろん、ちょっと珍しいスポットに行ってみたいという方にもおすすめの場所で、特に大人旅には外せないスポットと言えるのではないでしょうか。寺社巡りなども楽しんでみてください。

摂田屋

長岡市の摂田屋地区は、江戸時代から醸造の町として知られた場所です。そのため現在でも味噌や醤油、日本酒などの醸造が盛んに行われています。

蔵元の昔ながらの街並みと、そこから立ちのぼる醸造の香りがなんとも言えずいい雰囲気であり、観光名所として親しまれています。

味噌や醤油などの蔵での醸造工程を見学できる

こちらに行く予定を立てる時には、ぜひ事前予約をしていきましょう。事前予約をしておけば蔵の見学もできるうえ、地元の観光ガイドにより名所案内もしてもらえるからです。

秋にはイベントも行われ、そこでは庭園や離れ座敷の見学、味噌や醤油、日本酒やそれを使った産品の販売なども行われます。

平潟神社

「平潟神社」は736年、このあたりで疫病が流行した際に行基が普賢菩薩を奉納したことに始まるという古い歴史を持つ神社です。

有名な上杉謙信なども尊崇したとされ、さらに長岡藩の牧野氏の祈願所ともなりました。1945年の長岡空襲の慰霊塔なども作られています。

長岡市の中心部にある市民の信仰の場所

「平潟神社」は市民からは「智慶様」(ちけんさま)と呼ばれ、長岡市民の守護神として篤い信仰を集めています。場所も長岡駅から徒歩で行けるので、気軽にいける名所の一つと言えるでしょう。

健康や合格祈願などのご利益があるとされています。春の桜も名所の一つとして親しまれているそうです。

宝徳山稲荷大社

「宝徳山稲荷大社」はなんとその起源が縄文時代に遡るという、古い歴史を持つ神社です。持統天皇の時代には「越国総鎮守一宮」の格式を賜ったというほどであり、江戸時代に現在の場所に遷座しました。幸運、焼く厄除け、学問成就の神を祀り、ご利益もあると知られる人気パワースポットです。

五色のロウソクで祈願する金運アップの神様

「宝徳山稲荷大社」にはろうそくを立てるという参拝方法があり、特に11月には神々が出雲大社に行く途中にここに集まるということで、ろうそくに願い事をする祭りが行われます。

5色のろうそくが並ぶ様子は火炎SNS映えの名所としても知られ、金運アップ、幸運などのパワースポットとして多くの方が参拝に訪れます。

長岡市で子供におすすめの観光スポット3選

家族や子供連れで観光をする場合、子供が喜ぶ観光スポットはぜひ入れたいところです。思いきり体を動かすことができたり、いきものと触れ合うことができたりする場所は、子供だけではなく大人が行っても楽しめるところではないでしょうか。ぜひ子供と楽しいひと時をお過ごしください。

悠久山公園

「悠久山公園」は長岡市の東部にある悠久山に、1917年、作られた公園です。この時、長岡開府300年といいうことで、土地の寄附が行われたことによりました。

1919年に開園してからは、長岡城をかたどった郷土資料館や「蒼紫神社」などが作られ、子供から大人まで楽しむことができる観光スポットとして多くの方に愛されています。

桜の名所には小動物園や大型遊具などもあり!

長岡藩の三代藩主である牧野忠辰は桜が好きだったということで、悠久山公園には公園として開園する前からたくさんの桜が植えられていました。そのため今は「千本桜」と呼ばれる桜の名所として知られ、多くの方が訪れます。

また子供が楽しめる大型遊具や小動物園などもあり、いつでものんびり楽しめる人気スポットとなっています。

山古志アルパカ牧場

2004年、新潟中越地震が起こり、山古志は大きな被害を受けました。それから5年経った2009年、アメリカコロラド州から3頭のアルパカが贈られたのです。そのアルパカたちを大切に育て、増やして、今では2ヶ所の牧場があるほどになりました。それがなんと無料で見学できるので、子供連れの方にはぜひおすすめしたいスポットです。

人懐こくてかわいいアルパカに餌やりができる

「山古志アルパカ牧場」は冬は閉園しているのですが、夏場に行くと、人懐っこく寄ってきてくれて、とてもかわいらしいと人気です。

100円で餌やり体験ができるのも子供には人気が高いです。またアルパカ関連のお土産品やお菓子などもあるので、こちらもおすすめです。

Thumb新潟の動物園特集!人気のアルパカに会えるなどおすすめ施設と見どころ紹介!
今回は多くの人たちを癒してくれる動物園についてご紹介したいと思います。特に、新潟の動物園に焦...

寺泊水族博物館

「寺泊水族博物館」は1983年に開館しました。日本海に突き出たように建物があるのが特徴的で、館内のいきものはもちろんですが、日本海に実際に生息している海鳥や海藻、魚なども一緒に見学することができる点が子供連れにも人気が高いです。1階から3階が展示スペースになっています。

日本海に面した水族館で海外の珍しい魚にも出会える

「寺泊水族博物館」には約300種類のいきものが展示されており、日本海のいきものはもちろん、世界の珍しい魚などもいるため、見ごたえがあり楽しめます。

またダイバーの餌付けショーやテッポウウオのエサ取りショーなどの珍しいショーも多く、子供から大人まで人気の施設となっています。

長岡市で歴史がわかる観光スポット3選

初めての土地に観光に行く時に、その土地の歴史について知ることができる観光スポットをルートに入れると、その場所に関する新たな発見が多くなるのでおすすめです。

そこで長岡市の歴史について楽しみながら知ることができる、おすすめの人気観光スポットを次に紹介します。

馬高縄文館

縄文時代というと、誰しも思い浮かぶのが「縄文式土器」ではないでしょうか。1936年、長岡市にある馬高遺跡から出土した深鉢型土器は、いわゆる火焔型土器であり、後の縄文式土器の基準となる、学術的にも貴重なものでした。「馬高縄文館」はそんな出土品を多く展示しています。

長岡市の馬高遺跡で発見された火焔土器を鑑賞

「馬高縄文館」の展示で外せないものが火焔土器です。馬高縄文館は火焔土器を中心に扱う博物館であり、そのなりたちやいろいろな場所で出土したものなどを網羅しているため、本物の火焔土器をじっくりと鑑賞することができると人気です。ぜひ縄文時代に思いをはせてみてください。

山本五十六記念館

日本の海軍軍人で、連合艦隊司令長官として真珠湾攻撃などの指揮をとったことで知られる山本五十六は、旧長岡藩士の家に生まれた人物です。

「山本五十六記念館」はこの山本五十六の事績について展示を行う記念館であり、その生涯や人物像などについて実際の資史料で知ることができます。

真珠湾攻撃を指揮した山本五十六氏の資料が多数展示

記念館の中央には、山本五十六が乗って墜落した海軍一式陸上攻撃機の左翼が実物展示されているほか、書簡やパスポート、写真などが多く展示されています。

また徒歩で3分ほどのところには山本記念公園があり、そこには山本五十六の胸像があるほか、生家が移築復元されているので、一緒に見学することをおすすめします。

長岡市長岡戦災資料館

1945年8月、長岡市は空襲を受け、8割の建物が焼失し、多くの人々が亡くなりました。「長岡戦災資料館」はこの惨禍と、平和を後世に伝える目的で作られた記念館で、長岡市とボランティアの手により運営されています。長岡駅からも徒歩で数分ほどと近く、アクセスもしやすいです。

長岡空襲によって被害を受けた市内の様子を展示

「長岡戦災資料館」では戦災資料の収集整理、体験記録の収録などを行っており、さらには史跡めぐりや体験座談会などを通じて、長岡空襲、第二次世界大戦の記憶を後世に伝える活動を行っています。山本五十六記念館と一緒に見学することで、平和への思いを今一度新たにするのもおすすめです。

長岡市でお土産が買える観光スポット3選

観光に行ったら、名産品のお土産も忘れてはいけません。いろいろなお土産が一度に見られる場所、ここでしか購入できないお土産が手にいれられる場所と、選択肢はさまざまです。新潟県長岡市のお土産を購入したい方にぜひおすすめしたい観光スポットを次に紹介します。

寺泊魚の市場通り

「寺泊魚の市場通り」は長岡市寺泊にあり、「魚のアメ横」と呼ばれる魚市場です。1974年から始まったこの魚市場は、寺泊の日本海に面した所にあり、新潟の獲れたての魚はもちろん、さまざまな加工品などもあり、地元の方はもちろん、関東からのバスツアーも繰るほどの人気観光スポットです。

長岡市随一の魚市場で新鮮な海産物が購入できる!

「寺泊魚の市場通り」の魅力は何といっても新鮮な魚がリーズブルな価格で手に入るということです。加工品などもあるので、お土産として購入して持ち帰ることもできますし、2階には食堂がある店もあるので、ランチタイムを兼ねて立ち寄って、新鮮な魚を味わうのもおすすめです。

越後のれん街

JR「長岡」駅の中にある「駅ビルCoCoLo長岡」の1階にある「越後のれん街」は、長岡市の観光を終えて新幹線に乗る前にお土産を購入したいという方におすすめのお店です。

駅ビルにあるため短時間でお土産を揃えたいという場合にも便利で、いろいろなものを一度にチェックできます。

長岡を中心に新潟の銘菓が勢揃い

「越後のれん街」は「越後の誇る伝統の味わい」というコンセプトで、長岡市を中心に新潟の和菓子の名店12店舗が一堂に揃っています。

和菓子店ということで一般的なお土産品はもちろん、ちょっと改まった感じのお土産として用意したいという方にもおすすめです。

道の駅 R290とちお

「道の駅 R290とちお」は約90台停められる駐車場があるなど、充実した施設を持った道の駅です。産業交流センターが隣接しており、こちらの広場などを利用してリフレッシュすることも可能です。また「はーもにー物産館」や「レストランとちお」などもあり、休憩にも便利です。

栃尾名物の油揚げを目当てに全国から観光客が殺到

この「道の駅 R290とちお」で外せない名産品は「油揚げ」です。油揚げといっても、長さ20センチ、幅8センチ、厚さ3センチの巨大なもので、パリッとした外側の食感とふんわりした内側の食感がたまらないと大人気の一品です。揚げたて油揚げを食べるためにわざわざ訪れる観光客も多いそうです。

Thumb長岡のお土産おすすめ11選!人気のお菓子やご当地限定グッズなど紹介!
新潟・長岡でおすすめのお土産について徹底調査!長岡や新潟県限定のグッズや人気のお菓子、地元で...

長岡市で自然がいっぱいの観光スポット3選

いろいろな観光スポットを巡ったら、ゆっくりと自然の美しさを楽しむスポットも入れるのがおすすめです。四季折々のうつろいが楽しめるというのは、日本ならではの魅力と言えるでしょう。自然あふれる長岡市でも特に美しい自然が楽しめると人気が高い観光スポットを紹介します。

国営越後丘陵公園

長岡ニュータウンが作られる予定地の一部を開発して作った、北陸唯一の国営公園が「国営越後丘陵公園」です。しかもまだ全部がオープンしておらず、最終的には本州日本海側最大規模となる予定の広大な敷地に、芝生スペースやさまざまな花の庭園、展望台などがあります。

チューリップ満開の公園とオランダ衣装試着はSNS映え抜群!

大人はもちろん、子供も楽しめる施設が充実しており、春から秋にかけてはチューリップやバラなどが美しく咲き誇ります。

さらに夏と冬には園内がイルミネーションで彩られ、降雪季にはクロスカントリーもできるなど、四季を通じて楽しめる場所が多い名所として人気が高いです。

長岡城跡

長岡城は1616年、堀氏により築かれた城で、長岡藩主の居城として明治時代を迎えました。しかし1868年、戊辰戦争の際に城郭ともに焼失してしまい、その後は市街地になってしまったため、現在長岡城の遺構はほとんど残っていません。信濃川などにより自然の外郭ができている、平城だったと言われます。

長岡駅前に遺る長岡城本丸跡と二の丸跡の2つの石碑

長岡城跡ですが、現在本丸の部分は東側に長岡駅が作られ、二の丸の部分は長岡市役所などが入る「長岡市シティホールプラザアオーレ長岡」という複合施設になっています。

そのため長岡駅大手口に本丸跡の史跡案内標柱、アオーレ長岡隣に長岡城址の碑が残されているだけとなっています。

山古志の棚田

長岡市山古志は山間の斜面を開墾して作った「棚田」の風景が今に残る場所として知られます。とはいうものの、棚田は機械化がしにくいこともあり、現在では貴重なものとなっています。その風景が今に残っており、絶景ポイントもあるということで多くの方が訪れています。

日本一の錦鯉の産地に広がる絶景の棚田の風景

山古志の棚田と棚池の景色は文化的景観の重要地域、日本農業遺産にも選定されており、日本の郷の原風景を今に伝えるものとして知られています。

山古志には多くの棚田がありますが、中でもいくつかのビューポイントがあるので、ぜひ行く時には「やまこし復興交流館 おらたる」で名所を確認して行きましょう。

長岡市でおすすめの観光スポットに行ってみよう!

長岡市には歴史を体感できるところや、美しい自然が広がる癒しの場所、そして豊かな資源があふれるお土産品など、魅力的なところがたくさんあります。子供がいるかいないかなど、旅のメンバーのニーズを考えながらうまく組み合わせて、長岡市のさまざまな魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ