庄内空港の連絡バス情報まとめ!乗り場や行き先・料金まで徹底調査!

山形県にある庄内空港へアクセスする手段として連絡バスがあります。ここでは、庄内空港への連絡バスについて紹介します。どこに乗り場があるのか、どんな行き先があって料金はどれくらいなのかなどについて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 庄内空港の連絡バス情報まとめ!乗り場や行き先・料金まで徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1山形・庄内空港の連絡バスをご紹介!
  2. 2山形・庄内空港への就航路線
  3. 3山形・庄内空港の連絡バスの特徴
  4. 4山形・庄内空港の連絡バス(1)鶴岡方面
  5. 5山形・庄内空港の連絡バス(2)酒田方面
  6. 6山形・庄内空港からバス以外の移動方法
  7. 7山形・庄内空港を楽しもう!
  8. 8山形・庄内空港から連絡バスを利用しよう

山形・庄内空港の連絡バスをご紹介!

山形県に唯一ある空港である庄内空港は、山形県の空の玄関口です。庄内空港にアクセスするためおすすめの方法として連絡バスがあります。バスに乗っているだけで、庄内空港まで行けるのが便利です。庄内空港に行く連絡バスの基本情報について知ってもらい、安心して庄内空港に行きましょう。空港近くに駅がないので利用者はたくさんいます。

Thumb庄内観光おすすめランキング25!子供に人気のスポットや物産情報あり!
庄内地方でおすすめの観光スポットをランキング形式でご紹介します。庄内地方には大人から子供まで...

山形・庄内空港への就航路線

山形県の庄内空港に就航している路線を紹介します。庄内空港にはANAとジェットスターの2つの航空会社の飛行機が乗り入れています。ANAが就航している路線は羽田空港で、ジェットスターが就航している路線は成田空港です。羽田空港との便は、庄内空港出発便・到着便共に4便で、成田空港との便は庄内空港出発便・到着便共に1便です。

東京・山形間を移動するのであれば、便利な飛行機がおすすめです。山形から東京に向かい、そこから国際線を利用する人もたくさんいます。便数が限られているため、予約する時に時間をしっかりとチェックしておかなければいけません。

庄内空港に乗り入れている路線は、羽田空港・成田空港であることを知っておきましょう。限られた行き先なので簡単に覚えてもらえるはずです。

山形・庄内空港の連絡バスの特徴

庄内空港の連絡バスの特徴を紹介します。連絡バスは庄内空港に公共交通機関を利用して訪れる人の生命線と言っても良い手段です。普通の路線バスとは違い、しっかりとした特徴を持っています。庄内空港から飛行機を利用する人であれば、間違いなく便利だと思ってもらえるはずです。どんな特徴があるか知っておきましょう。

庄内空港からは連絡バスという名称で運行していますが、羽田空港や成田空港といった大きな空港からだと、空港リムジンバスという名称で運行しています。空港リムジンバスは運行本数がたくさんあり、行先もたくさんあります。

連絡バスは運行している本数や行先は限られていますが、非常に便利であることは間違いありません。

飛行機の出発・到着時刻に合わせて運行

庄内空港を運行している連絡バスは、飛行機の出発・到着時間に合わせて運行しているのが特徴です。つまり、必要最小限の本数で運行しているということになります。庄内空港に乗り入れている便が限られているので、飛行機利用者以外で連絡バスに乗車するケースはほとんどありません。そのため、飛行機の時間に合わせれば良いです。

連絡バスを利用すれば、飛行機への待ち時間が最小限で済まされるのもメリットです。さらに到着してから、連絡バスが待っていてくれるので、スムーズに空港から移動することができます。空港利用者のことを最大限に考えたサービスと言えます。

庄内空港の連絡バスは、飛行機の時間に合わせて運行していると頭に入れておきましょう。バスにかかる経費も節約できるので良いです。

山形・庄内空港の連絡バス(1)鶴岡方面

庄内空港から鶴岡方面に行く連絡バスを紹介します。鶴岡方面に行く連絡バスが停まる停留所は、庄内空港を出発したら、イオンモール三川前・サイエンスパーク・鶴岡中央工業団地・中央工業団地東口・鶴岡駅前・エスモールバスターミナルに停車します。鶴岡駅から電車を利用して移動する人におすすめの連絡バスです。

鶴岡市には羽黒山や由良温泉といった観光スポットがあります。日本海と雄大な山々に囲まれた都市で、豊かな自然に恵まれています。鶴岡駅から鶴岡観光を楽しんでもらうのもおすすめです。鶴岡市にある様々な観光スポットを堪能してください。

鶴岡市は山形県の中でも、おすすめの人気観光地です。便利な連絡バスを利用して、鶴岡市を楽しみましょう。

バス乗り場はどこにある?

鶴岡方面に行く連絡バス乗り場は、1階のチェックインロビー出入口前にあります。チェックインロビー出入口前に乗り場があれば、誰でもすぐに乗り場を見つけてもらえます。庄内空港を初めて利用した人が、どこに連絡バス乗り場があるのかすぐにわかれば、安心できるでしょう。初めて訪れるところは、最初は不安があるものです。

庄内空港に到着して、連絡バス乗り場にいるバスはすぐに発車しません。乗客がすべて乗車することを確認してから発車します。そのため、発車するまでに時間を要する可能性もあります。連絡バスの本数が限られているので仕方ありません。

バス乗り場がとてもわかりやすいところにあるのは、大きなメリットと言えます。バス乗り場に誘導する看板もあるので、ぜひ参考にしてください。

所要時間と料金

鶴岡方面に行く連絡バスの所要時間と料金を紹介します。庄内空港を出発してから鶴岡市内に入るまでの所要時間は約28分から30分となります。バスが空港を出発する時間は、概ね飛行機が到着してから10分後に出発します。もちろん、乗客がすべて乗車してから発車するので、あくまで目安だと思ってください。

料金はイオンモール三川前までが330円、サイエンスパーク・鶴岡中央工業団地・中央工業団地東口までが720円、鶴岡駅前までが780円、エスモールバスターミナルまでが800円となっています。すべて利用しても800円ならば利用しやすい料金と言えるでしょう。

鶴岡方面への連絡バスの所要時間と料金を知っておきましょう。それほど所要時間がかからず、利用しやすい料金なのでおすすめです。

山形・庄内空港の連絡バス(2)酒田方面

庄内空港から酒田方面に行く連絡バスを紹介します。酒田方面に行く連絡バスが停まる停留所は、庄内空港を出発して、公益文科大学大学前・山居倉庫前(ホテルリッチ&ガーデン酒田前)・酒田市役所前・酒田中町・酒田駅前・庄交バスターミナル・泉町・ゆたか1丁目です。酒田駅から電車を利用する人におすすめのバスです。

酒田市は昔、北前船で栄えた湊町です。米どころとしても知られており、庄内のシンボルでもある山居倉庫や酒田市民の台所であるみなと市場などの観光スポットがあります。歴史を感じられるスポットがたくさんあるので、歴史が好きな人におすすめです。

酒田市も山形県で人気の観光スポットなので、鶴岡と共におすすめです。歴史を感じながらのんびりと過ごしてください。

バス乗り場はどこにある?

酒田方面に行く連絡バス乗り場も鶴岡方面に行くバスと同様に、1階チェックインロビー出入口前にあります。鶴岡方面行きと同じところに乗り場があるため、乗るバスを間違えないようにしてください。バスにわかりやすく行先が書かれているので、チェックしてから乗り込むようにしましょう。間違えると全然違うところに行ってしまいます。

酒田方面のバスも、乗客がすべて乗車したことを確認してから発車します。こういった乗客に優しい点が利用者にとっては、ありがたいと言えます。飛行機を降りて、連絡バスに乗る場合は、なるべく早くバスに行くことを心がけると良いでしょう。

所要時間と料金

酒田方面に行く連絡バスの所要時間と料金を紹介します。庄内空港を出発してから酒田市内に入るまでの所要時間は約35分から40分となります。空港からこれくらいの時間で行けるならば、鶴岡方面と同様に利用しやすいと言えるでしょう。交通状況によって時間が変化しやすいので、鶴岡方面よりも所要時間に幅を持たせてあります。

料金は公益文科大学前までが670円、山居倉庫前(ホテルリッチ&ガーデン酒田)までが770円、酒田市役所前までが810円、酒田中町までが820円、酒田駅前・庄交バスターミナルまでが860円、泉町・ゆたか1丁目までが890円となっています。

最大でも890円という料金で利用できるのは、鶴岡方面と同様に利用しやすい料金と言えるでしょう。

山形・庄内空港からバス以外の移動方法

庄内空港から連絡バス以外での移動方法を紹介します。庄内空港を利用する人は連絡バスを利用して訪れるばかりとは限りません。ここでは、連絡バス以外のマイカー以外での移動方法を紹介します。連絡バスを利用すれば便利ですが、時と場合によっては、他の手段の方が良いと考える人もいます。どんな手段があるか知っておきましょう。

マイカーを利用して庄内空港を訪れた時は、無料で利用できる駐車場が設けてあります。乗用車は792台まで停めることができるので非常に便利です。駐車場は5時から23時までの間で利用することができます。マイカーを利用する場合の参考にしてください。

連絡バス以外の移動手段を知っておき、こんな手段もあったのかと思ってもらえたならばありがたいです。

タクシー

庄内空港からタクシー利用する方法を紹介します。庄内空港から鶴岡駅・酒田駅に行く場合は約25分で行くことができます。バスは停留所に停まり、ルートも決まっていますが、タクシーは自由に動くことができるため、所要時間が短くなります。料金の目安は鶴岡駅までが約4650円、酒田駅までが約4900円で利用できます。

タクシーを利用する場合には、あらかじめ予約しておくことをおすすめします。タクシー乗り場にスタンバイしていますが、予約しておくと安心して乗車できます。庄内空港の公式ホームページに予約可能なタクシー会社が掲載されています。

タクシー会社によって可能な支払方法も掲載しているので、予約する時にぜひ参照してもらうことをおすすめします。

予約制の乗合ジャンボタクシー

庄内空港からは通常のタクシーの他に、予約制の乗合ジャンボタクシーが利用できます。乗合タクシー月山号と庄内空港乗合タクシーの2つが運行しています。乗合タクシー月山号は庄内空港と鶴岡市街を結んでいます。庄内空港乗合タクシーは庄内空港と酒田市街を結んでいます。どちらも完全予約制となっています。

料金はどちらの乗合ジャンボタクシーも1人1540円となっています。荷物が多かったり、多くの人数で移動したい場合は乗合ジャンボタクシーがおすすめです。ドライバーさんと仲良く和気あいあいとコミュニケーションを取りながら移動できるのも楽しいでしょう。

予約制乗合ジャンボタクシーにも注目してください。バスと違って降りたいところで降りられるのがメリットです。

鶴岡・酒田以外に秋田県仁賀保方面へも運行

庄内空港発の予約制乗合ジャンボタクシーは鶴岡・酒田以外に秋田県仁賀保方面にも運行しています。仁賀保方面に行く乗合ジャンボタクシーは、庄内空港にかほGoという名前で運行しています。庄内空港とJR仁賀保駅を結び、1人3500円で利用できます。なお、庄内空港にかほGoは2名から予約することができます。

予約する場合は前日正午までに行ってください。山形県と秋田県は接しており、庄内空港を利用する人は秋田県からもあります。秋田から東京に向かうためには、飛行機を利用した方が圧倒的に速いので、利用価値が高い移動手段となっています。

庄内空港から秋田県仁賀保に行く人は、乗合ジャンボタクシーをぜひ利用してください。仁賀保から秋田観光を楽しんでもらえます。

山形・庄内空港を楽しもう!

庄内空港を訪れたら、飛行機に乗るだけではなく、空港自体を楽しんでみましょう。庄内空港にはどんな施設があるのか簡単に紹介します。庄内空港は1階から3階と屋上があります。1階はチェックインロビーと到着ロビーになっています。庄内空港から出発する場合の手続き、庄内空港に到着する場合は1階から利用することになります。

2階は出発ロビー・搭乗待合室になっています。1階でチェックインしたら、2階の出発ロビーに移動しましょう。搭乗までは無料待合室・有料待合室があるので、気軽に利用してください。売店はANA FESTAと清川屋の2つがあります。

3階にはレストラン・休憩所・ベビーケアルームがあります。レストラン「平田牧場」では、平田牧場金華豚・平田牧場三軒豚を使用したメニューなどを楽しんでもらえます。レストランではテイクアウトができるため、テイクアウトして空港外が一望できる休憩所で味わってもらうのもおすすめです。

屋上は送迎デッキになっています。庄内空港に発着する飛行機を間近で楽しんでもらえます。飛行機を見送る人はもちろんのこと、飛行機が好きな人にもおすすめのスポットです。飛行機の便数が限られているため、飛行機の姿が見られるとうれしくなるでしょう。

庄内空港は飛行機を利用しなくても楽しめる施設があるので、気軽に庄内空港に足を運んでください。どんな空港なのか見学に行くだけでも良いです。

山形・庄内空港から連絡バスを利用しよう

山形県にある庄内空港からの連絡バスをメインに紹介してきましたが、参考になったと思ってもらえたならば幸いです。鶴岡方面や酒田方面に出ている連絡バスを利用すれば、山形観光を楽しんでもらえます。飛行機の出発・到着に合わせてスタンバイしてくれているので、とても利用しやすいはずです。ぜひ連絡バスを利用してください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ