なか卯の持ち帰りメニューおすすめ11選!待たずに買える予約注文の方法も紹介!

「なか卯」は丼ものや麺類などを本格的な味でリーズナブルに楽しめると人気ですが、ほとんどのメニューを持ち帰りで楽しむことができます。そこでなか卯の持ち帰りメニューを頼む方法、おすすめの人気メニューなどを紹介します。上手に利用してなか卯を家でも味わってください。

なか卯の持ち帰りメニューおすすめ11選!待たずに買える予約注文の方法も紹介!のイメージ

目次

  1. 1なか卯の持ち帰りメニューとは?
  2. 2なか卯の持ち帰り注文方法
  3. 3なか卯のおすすめ持ち帰り丼ぶりメニュー3選
  4. 4なか卯のおすすめ持ち帰りうどん・そばメニュー5選
  5. 5なか卯のおすすめ持ち帰りカレーメニュー3選
  6. 6なか卯の持ち帰りの注意点
  7. 7人気のなか卯の持ち帰りメニューを注文してみよう!

なか卯の持ち帰りメニューとは?

ランチなどの時、毎回外食するのは大変、しかし時間をかけずに美味しいものを食べたいという時に便利なのが持ち帰りです。好きなメニューが持ち帰りできれば、いつでもお気に入りのメニューを楽しめます。そこで「なか卯」で持ち帰りができる、おすすめメニューと、その予約方法について紹介します。

なか卯の持ち帰り注文方法

「なか卯」は全国チェーンで、丼やうどんなどをメインに扱っています。うどんのだしが京風だったり、京都で食べられている丼がメニューに入っていたことがあったりするのが特徴です。また、多くのメニューが持ち帰り可能ということで、さまざまな注文方法で持ち帰りをすることができます。

注文方法(1) 店舗での注文

なか卯での持ち帰りでまず利用できるのが、店舗での注文です。なか卯ではタッチパネルなどで食券を買うようになっているので、その場で食べる場合にはここで食券を購入するのですが、このパネルに「持ち帰り」があります。

持ち帰りをしたい時にはここで「持ち帰り」を選び、店員さんに食券を渡し、その場で待ちます。そうすると注文したメニューを用意してくれるという手順になります。ほとんどのメニューが持ち帰り対応なので、人気のものも注文できます。

ただ、店舗で注文する場合、当然ながら注文を受けてから作り始めることになりますので、その分時間がかかり、店舗で待つことになります。休日や時間帯によっては混雑していることもあるかもしれません。ですから可能ならば電話やネットで予約することをおすすめします。

注文方法(2) 電話での予約注文

なか卯の持ち帰りを電話で頼みたい場合は、お弁当ダイヤルを利用しましょう。お弁当ダイヤルに電話をかけ、受け取りたい店舗を指定します。次に名前や電話番号、持ち帰りたい日時やメニューなどを伝え、予約時間に受け取りに行くだけとなります。

こちらは電話で前もって予約する形になるので、早めに連絡することが必要です。昼食時間帯である11時30分から13時30分までの場合は11時までに、それ以外の時間帯の時は30分前までに連絡しましょう。受付時間は9時から20時までです。

予約さえきちんとできていれば、その予約時間に行けばできたての料理を用意しておいてもらえます。あとは持ち帰り、できたてのうちに食べるだけです。フリーダイヤルの電話なので、ネットが使えない時でもおすすめです。

注文方法(3) オンラインでの予約注文

現在、多くの店舗では、インターネットを利用して商品を予約することができるようになっています。なか卯もその一つで、ほとんどのメニューをWEB予約で持ち帰りができるようになっています。

なか卯のWEB予約は、PC、スマホどちらからでも利用できます。受付時間は9時から20時まで、店舗での受け取りは10時から21時までで、注文から1時間後以降に持ち帰りが可能になります。特に昼の12時から13時までの場合は11時までに予約してください。

まずは受け取りの店を選びます。近くの店がわからない場合でも検索で住所などから探すことができます。店舗を決めたらメニューを選び、連絡先、受け取り時間などを指定すればそれで完了です。あとは予約時間に受け取りに行けばいいだけです。こちらも簡単に利用できるので、おすすめの持ち帰り予約方法です。

なか卯のおすすめ持ち帰り丼ぶりメニュー3選

それでは具体的に、「なか卯」で持ち帰りにおすすめしたい、人気メニューを紹介していきましょう。なか卯といえばやはり人気は丼ぶりですが、なか卯の丼ぶりの持ち帰りはレンジ対応の容器が使われており、さらにわけ盛容器で具材とご飯が別になっているので、後からかけても、おかずにしても楽しめます。

和風牛丼

まずはなか卯の人気メニューとして外せない、「和風牛丼」です。近年リニューアルされ、さらに美味しくなったと人気になっています。甘めのタレには出汁が効いていて、いつ食べても美味しい、飽きることがない味として人気です。

店舗で食べる時のセットメニューはないのですが、サイズが3種類あるので、店で食べる時のようにミニとうどんなどをセットにして頼むことももちろんできます。もちろんがっつり食べたい方には大盛りもあるので、こちらも人気となっています。

カツ丼

がっつり食べたいということであればやはり外せないのが「カツ丼」ではないでしょうか。カツ丼ももちろん持ち帰りができるメニューの一つです。なか卯のカツ丼は肉厚でやわらかいロースのお肉を使って作ったカツを、ふわふわのこだわり卵でとじたものです。

サクッとした衣とジューシーな肉、そしてしっとりコクがあるふわふわの卵が絶妙の組み合わせで、いくらでも食べられるというおすすめメニューです。持ち帰りしたらぜひできたてを大急ぎで味わってみてください。

カツ丼には並と大盛りの2種類があり、お腹の空き具合に応じて好きな方を選ぶことができます。ボリュームもあり、値段もリーズナブルなので、手軽に頼めるということで人気となっています。

親子丼

なか卯といえば思い浮かべる方が多いメニューが「親子丼」ではないでしょうか。なか卯のメニューに使われている卵は与える餌にまでこだわった鶏の卵を使っており、弾力があり黄色みが強いのが特徴です。

そのこだわり卵を使い、一つ一つ手作りされた親子丼は、ふわふわでまろやかな味わいがやみつきになる一品で、鶏肉もうまみがあり、しっかりした肉質です。持ち帰りをしてもその美味しさが変わらないといわれており、人気が高いメニューの一つです。

親子丼には3種類あり、うどんなどと組み合わせたい時にはミニ、親子丼を存分に楽しみたい方は大盛りとこちらも選ぶことができます。好きな量、好きな組み合わせで親子丼を存分に味わいましょう。

なか卯のおすすめ持ち帰りうどん・そばメニュー5選

次に「なか卯」のうどん、そばメニューでおすすめのものを紹介します。うどんやそばを持ち帰りするというと、のびるのではないかと心配になる方もいるかもしれませんが、なか卯では出汁と麺を別々にしているためのびにくくなっています。京風出汁の麺類を持ち帰りで楽しんでみてください。

はいからうどん

「はいからうどん」というのはあまり知られていないかもしれませんが、天かすがうどんの上に乗ったものをいいます。どうやら、捨ててもいい天かすを乗せることを「ハイカラだなあ」と皮肉ったことから名づけられたとも言われ、京都を中心に関西で呼ばれる言い方だそうです。

なか卯のはいからうどんは、うどんの上に天かすとかまぼこ、ネギが乗っています。シンプルなので丼と一緒に頼む方も多いメニューで、なか卯の代表的なメニューの一つともなっています。

はいからうどんには小と並があり、時期によっては「冷やしはいからうどん」もあります。こちらは冷たいつゆでおろししょうがも乗っていて、さらに人気です。単品でも、丼とのセットでも美味しくいただけます。

きつねうどん

おおきなお揚げがのったきつねうどんは、甘辛く煮た油揚げが絶妙のおいしさということで、ファンが多いうどんです。きつねうどんもなか卯で楽しむことができ、人気となっています。

なか卯のきつねうどんは京風のあっさりしたつゆに、やわらかくジューシーに煮上がった油揚げがとても美味しいと言われます。つゆをたっぷりと含ませてかじると、そのジューシーさをさらに感じることができるでしょう。

サイズは小と並があり、並でも一杯500円でおつりがくるというリーズナブルな値段も魅力です。こちらも丼などとセットで頼んでみてもいいでしょう。

海老かき揚げそば

麺類を頼むならもう少しボリュームがあるものをと考える方におすすめしたいのが「海老かき揚げそば」です。そばとうどんがあり、一部店舗での販売となっており、販売されている場合は持ち帰りが可能です。

小海老がごろごろと入っていて、厚みがあるかき揚げに、つゆの出汁がよく合っていて、かき揚げの味がつゆにしみてさらに美味しさを増してくれます。まずはそのまま、そしてつゆをたっぷりつけてと、二段階に楽しめるのも魅力です。

こちらは並1種類でワンコインで楽しめます。ワンコインで本格的なかき揚げそばを楽しめるので、自分の最寄り店舗にあったらぜひ試してみてください。

釜玉うどん

「釜玉うどん」はゆでたてのうどんに生卵をからめて、つゆや生醤油につけて食べるものです。なか卯でも釜玉うどんと冷やし釜玉うどんを販売しており、持ち帰りをすることもできます。

持ち帰りのほうは、うどんの上に卵とごま、ネギがトッピングされており、つゆが別添えになっています。持ち帰りをして家で卵とうどんをまぜて釜玉にして食べることができるので、作りたての美味しさを味わうことかできるのも魅力です。柚子胡椒付きなので、好みで使ってください。

サイズは小と並があり、こちらもリーズナブルな値段で楽しむことができます。サイドメニューや丼などと組み合わせてセットでいただくのもおすすめです。

ざるそば

なか卯のざるそばですが、二八そばの本格的な味わいが楽しめるのが人気です。一口味わうとのど越しのよいそばの風味が口いっぱいに広がり、暑い夏など、食欲が今一つという時でもさらっと食べられると人気になっています。

しかも、ざるそばには「山わさび」が添えられています。この山わさびは北海道産で、程よい辛みとわさびの風味がさらに食欲をかき立ててくれます。つゆに少しずつ混ぜながら、その風味を存分に楽しんでください。

ざるそばは並盛と大盛りがあり、サイドメニューをつけてもいいですし、そばを存分に楽しむこともできます。そばそのものの美味しさ、つゆや薬味の風味を存分に味わってください。

Thumb「山越うどん」はかまたま発祥の名店!営業時間や待ち時間・人気メニューは?
香川県で美味しい釜玉うどんを味わうことができるということで人気となっている、「山越うどん」の...

なか卯のおすすめ持ち帰りカレーメニュー3選

大人から子供まで大好きなメニューといえばやはりカレーではないでしょうか。「なか卯」はカレーメニューも充実しており、美味しいカレー食べるためになか卯を選ぶという方もいると言われています。なか卯のカレーメニューの中で特におすすめしたい、人気のメニューを紹介します。

プレミアムビーフカレー

「なか卯」のカレーというとまず第一候補にあがるのがこの「プレミアムビーフカレー」です。かなりの本格的なカレーで、実際に見ると角切りの牛肉がごろごろと入っており、炒めた玉ねぎの甘みがルーに深いコクを与えます。レストランなどにある欧風カレーのイメージです。

持ち帰りはご飯にふくしん漬けが乗り、カレーは別添えになっています。食べる時にカレーをご飯にかけるので、できたての味わいが楽しめます。並と大盛りがあるので、その日の気分で選ぶとよいでしょう。サイドメニューのサラダなどもおすすめです。

プレミアムカツカレー

先ほど紹介したカツ丼にも使われている、厚みがあるのに柔らかいこだわりのカツを、カレーで味わってみてはいかがでしょうか。3時間じっくり煮込んだ角切り牛肉、あめ色に炒められた玉ねぎが入ったコクのあるルーはレストランの欧風カレーに引けを取りません。

さらに持ち帰りの場合はごはんの上にカツのみが乗っていて、カレーは別添えになっているので、持ち帰りでもできたての味を楽しむことができます。スプーンがとまらないおいしさで、大人から子供までとりこにする魅力いっぱいのカレーです。

サイズは並と大盛りがあります。それでも値段的には1000円でおつりがくるわけですから、コスパの面でも抜群の一品です。ぜひカレーとカツのコラボレーションを存分に楽しんでください。

プレミアムカレーうどん

なか卯のカレーはうどんにしても美味しいです。なか卯のプレミアムカレーうどんは、おすすめしたビーフカレーを使って作ったカレーうどんで、うどんになってもごろごろの角切り牛肉が楽しめるなど、その美味しさが存分に発揮されています。

カレーうどんももちろんレンジ調理可能な容器が使われているので、うちに持ち帰りレンジで温めることで、できたてのカレーうどんの美味しさが味わえると人気です。美味しいカレーをぜひうどんでも味わってみてください。

なか卯の持ち帰りの注意点

このように、「なか卯」のメニューはほとんどのものが持ち帰りでき、しかも持ち帰りしても美味しく食べられるような工夫がさまざまなされています。ですからあまり外食できない時でも、リーズナブルに楽しむことができるのです。

ただそれだけに、持ち帰りをしたい場合には早めの予約がおすすめです。店舗に行ってその場で頼んでもいいのですが、作る時間を考えるとどうしても時間ロスが発生します。特にランチに食べたいという場合は11時までの予約をおすすめします。

また、コンビニなどのうどんと違い、なか卯の麺類はふつうのつゆが入るようです。ということは斜めになったりするとつゆがこぼれる可能性があります。麺類を頼む時などは持ち帰りの際、傾けたりしないように注意すると、安全に持ち帰りができるでしょう。

人気のなか卯の持ち帰りメニューを注文してみよう!

リーズナブルでありながら本格的な美味しい丼や麺類が食べられると人気の「なか卯」は、手軽に持ち帰りでその味を家でも楽しめる工夫がなされています。ランチなどの時になか卯のメニューを持ち帰りで楽しむのもいいでしょう。ぜひその美味しさを手軽に楽しんでみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ