イギリスのコンセント事情まとめ!タイプや電圧・日本の家電も使えるか調査!

海外に行く時に気にしなければいけないことの1つにコンセントがどのようになっているかが挙げられます。ここでは、イギリスのコンセント情報について紹介します。イギリスのコンセントのタイプや電圧といった基本情報を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 イギリスのコンセント事情まとめ!タイプや電圧・日本の家電も使えるか調査!のイメージ

目次

  1. 1イギリスのコンセントってどうなの?
  2. 2イギリスのコンセントのタイプ
  3. 3イギリスのコンセントの形状
  4. 4イギリスのコンセントの電圧
  5. 5イギリスの電源事情は?
  6. 6日本のコンセントをイギリスで使うには?
  7. 7イギリスで変換プラグって購入できる?
  8. 8日本で変換プラグを購入するのはどこがいいの?
  9. 9イギリスへ渡航する前にコンセントの変換プラグを準備をしておこう!

イギリスのコンセントってどうなの?

イギリスには日本からたくさんの観光客がビジネス目的の人が足を運びます。海外に行く時にはコンセントがどのようになっているか事前に調べておくことが必要です。基本的に日本とは異なっているため、それに対応した準備をしていないと、イギリスで過ごす時間が不便になってしまいます。イギリスのコンセント事情について知っておきましょう。

Thumbイギリス文化の特徴まとめ!生活習慣やマナーなど日本との違いを比較して紹介!
イギリスに行く前に知っておきたい詳しいイギリス文化の情報について、詳しくご紹介していきます。...

イギリスのコンセントのタイプ

イギリスのコンセントのタイプはBFタイプと呼ばれるものです。日本のコンセントはAタイプと呼ばれているタイプなので全く異なっています。コンセントのタイプは国によって採用しているものが異なっています。海外旅行や出張でいろいろな国を渡り歩く時は、国によってどんなコンセントのタイプなのか知っておく必要があります。

コンセントのタイプを知っておき、それに応じた対応をしなければいけません。どんな対応をすれば良いのかについては後ほど紹介します。海外旅行は国内旅行と違いしっかりとした準備をしておかなければ、苦労する可能性が高くなります。

イギリスのコンセントのタイプはBFタイプということをまずは知っておきましょう。次にどんな形状をしているのか紹介します。

イギリスのコンセントの形状

イギリスのコンセントは長方形の穴が3つある形状になっています。日本は長方形の穴が2つある形状なので、全く異なっています。イギリスと同じBFタイプの形状のコンセントを使用している国は複数ありますが、イギリス以外のヨーロッパ諸国ではBFタイプを使用している国はないことをぜひ頭に入れておきましょう。

イギリスをはじめとして、ヨーロッパ諸国を巡る場合は、訪れるすべての国のコンセントの形状を必ず調べておかなければいけません。3つ穴のコンセントにはBFタイプの他に、B3タイプやO2タイプといった形状がありますが、これらとも全く違っています。

イギリスのコンセントの形状を知っておくだけでも良いですが、世界で使用されているコンセントの形状を調べるのも面白いでしょう。

イギリスのコンセントの電圧

イギリスのコンセントの電圧は240Vとなっています。ちなみに日本のコンセントの電圧は100Vです。全く違っているため、日本国内の電化製品をそのまま使えないものが多いです。海外旅行に慣れている人は電圧の違いに対応した準備ができますが、海外に行った経験がほとんどない人は、どんな準備をすれば良いかわからないかもしれません。

日本で暮らしていれば電圧についての知識がなくても電化製品を問題なく使用できます。電圧といったような言葉が出てくると、難しいというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、後ほど紹介する方法を知れば、イギリスでも日本の電化製品が使えます。

イギリスの電圧と日本の電圧の違いについて知っておきましょう。コンセントの形状と同様に電圧も異なっています。

イギリスの電源事情は?

イギリスの電源事情について知っておきましょう。ホテルや空港・カフェ、高速鉄道といった場所では電源がどのようになっているか頭に入れておくと役に立ててもらえるでしょう。イギリスで滞在する拠点となる場所の多くはホテルではないでしょうか。ホテルの部屋には複数のコンセントがあるはずです。これは日本と違いはありません。

日本にはバスルームにもコンセントが備わっていますが、イギリスのバスルームにはコンセントはありません。髭剃り用のコンセントがあるところもありますが、基本的にはバスルームには備わっていないことを知っておきましょう。

空港ではスマートフォンやノートパソコンといった電化製品を充電するためのエリアが設けられています。このような場所は日本の空港にもあるので違和感はないでしょう。イギリスのカフェでは、スマートフォンをかざすだけで充電できるシステムが導入されているところがあります。この点は非常に進んでいると言えるでしょう。

都市部と郊外を結ぶ高速鉄道内にはコンセントが完備しているケースがあります。日本の新幹線でもコンセントが完備されているので、この点も同じと言えます。ただし、コンセントにパソコンやスマートフォンのイラストがあるところに限られます。

イラストがないコンセントで充電すると罰金を取られてしまう可能性があるので注意してください。

日本のコンセントをイギリスで使うには?

日本のコンセントをイギリスで使うための方法を紹介します。イギリスのコンセントの電圧についてなど細かいことを知らなくても、ここでの方法を知っておけば問題ありません。しかも難しい方法ではないため、あらかじめ準備をしておけば大丈夫です。海外旅行に慣れていない人は、必ず知っておかなければいけない内容と言えます。

変換プラグが必要!

日本の電化製品をイギリスで使用するためには変換プラグが必要です。変換プラグとは、片側が日本のコンセントの形状になっており、片側がイギリスのコンセントの形状になっているものです。日本の形状の部分に使用したい電化製品のコンセントを差し込んで、もう片方をイギリスのコンセントに差し込めば使用することができます。

この変換プラグがあるだけで問題なく日本の電化製品のほとんどが利用できます。持参する電化製品の説明書きの部分に電圧という項目があります。ここで100V-240Vといった表示があれば、240Vの電圧まで使用できるという意味です。

日本国内で販売されている電化製品のほとんどが240Vの電圧まで使用できるものばかりです。そのため、変換プラグがあるだけで問題ありません。国際交流がどんどん進んできて、海外でも問題なく使える電化製品でなければいけないようになってきました。長年使っている電化製品を持って行く場合は、電圧の項目に注視してください。

もし240Vの電圧に対応していなければ、変換プラグだけでは使用できず、変圧器が必要になります。かつては変圧器がなければ利用できない電化製品ばかりでした。変換プラグは1000円くらいで購入できますが、変圧器だと5000円くらいになります。

変換プラグがあれば、イギリスでも電化製品がほとんど利用できることを知っておきましょう。よほど古い電化製品でなければ問題ないでしょう。

イギリスで変換プラグって購入できる?

変換プラグは日本から持って行くのが理想的ですが、イギリスに到着した時に変換プラグを忘れてしまったというケースもあります。その場合は現地で調達しなければいけませんが、本当に購入できるのか不安に思う人もいるのではないでしょうか。結論から言えば、イギリスから日本を訪れる人もいるので、購入することは可能です。

イギリスで変換プラグが手に入ることがわかっても、実際にどこのお店に行けば購入できるのかがポイントになります。イギリスで変換プラグを購入するケースが生じた場合に、どこで買うことができるのか知っておくと良いでしょう。

準備を万全にしていたと思っても、忘れてしまう場合があります。もし忘れてしまっても慌てないように、イギリスで変換プラグを購入できる場所を知っておきましょう。

空港では購入できることも!

イギリスの空港で変換プラグが購入できる場所があります。ヒースロー空港など観光客の多くが利用する大規模空港では、免税店などで販売していることがあります。空港の免税店は観光の1つの目的としている人もいるでしょう。変換プラグだけでなく、どんな商品が販売されているのか、じっくり見て回るのも楽しい時間になるはずです。

店内を探し回っても、変換プラグが見つからない場合は、店員さんに聞いてみましょう。空港の免税店の店員さんの中には日本語ができる人もいます。もし不安ならば、スマートフォンなどの翻訳機能を利用して聞いてみると良いでしょう。

空港はイギリスの中で最も言葉のハードルが低いと言えるかもしれません。空港のスタッフはいろいろな国から訪れる観光客のために、たくさんの言語が話せる人も多いです。イギリス国内で過ごすことを想定して、片言でも良いので英語で尋ねてみるのも訓練になるかもしれません。コミュニケーションは海外では必須になります。

空港で変換プラグを購入することは可能でしょうが、問題は空港の時点で変換プラグを持ってこなかったことに気づくことです。これに気がつかないと、空港を通り過ぎてしまうことになります。荷物チェックは日本にいるうちにしておくと良いです。

空港の時点で変換プラグがないことに気づけば、まだ大丈夫だと思っておきましょう。空港は観光客にとって必要なものを基本的には販売されています。

街中で購入できる保証はない!

空港で変換プラグを忘れたことに気づかずに街中に出てしまった場合でも、購入できるお店はあるはずです。ただし、購入できる保証はないことを頭に入れておいてください。イギリスに長く滞在している人や何回も訪れたことがある人であれば、変換プラグを販売しているお店はわかるでしょうが、訪れた経験がない人はわからないでしょう。

滞在するホテルで変換プラグを貸し出していれば良いのですが、基本的にこのようなサービスは行われていません。ホテルまで変換プラグがないことに気づかなければ、持参した電化製品を利用できない可能性が高くなってしまいます。

慣れない国で変換プラグを求めて、いろいろなお店を巡っていると、せっかくイギリス国内を楽しむ時間がもったいないでしょう。

日本で変換プラグを購入するのはどこがいいの?

日本で変換プラグをを購入できる場所や手段について紹介します。イギリスに行くことが決まった時には、ここで紹介する場所や手段で変換プラグを手に入れてください。日本のいたるところで変換プラグを販売しています。海外旅行をする人がたくさんいるので、海外旅行グッズを専門に扱っているお店もあるくらいです。

海外旅行グッズを取り扱っているお店が増えてきたので、海外旅行がしやすい環境になったと言えます。日本にいる時であれば、いろいろな人に必要は物を聞きながら準備できるので、しっかりと準備しておきましょう。

日本のどこで、どうやって変換プラグが手に入るのか知っておきましょう。すぐにでも利用してもらえるでしょう。

オンライン

すぐにでも変換プラグが欲しい場合には、オンラインで購入することをおすすめします。オンラインショッピングのサイトでは、海外旅行グッズを販売しているところがたくさんあります。簡単に検索することができるので、買った経験がない人でもすぐに利用してもらえます。オンラインショッピングは利用しやすいのがメリットです。

イギリスのコンセントへの変換プラグの他に、世界各国のコンセントへの変換プラグも販売されています。ポイントは必ずBFタイプへの変換プラグを購入することです。ただ、変換プラグと検索した場合は、違う形状の商品も出てきます。

違う形状の商品を購入してしまうと当然のことながら、イギリス国内で利用することはできません。オンライショッピングでは、商品ラインナップが充実しているため、このような間違いが発生する可能性があります。購入する前にしっかりとチェックして、間違っていないかどうかを確かめてから購入手続きに進みましょう。

家電量販店

日本の家電量販店では海外旅行グッズを取り扱っているケースがたくさんあります。家電量販店のメリットは、店員さんにいろいろ話を聞きながら商品選びができる点です。家電量販店の店員さんは、基本的にたくさんいて、困った時にすぐ対応できるようにお客さんの動向を見ているので、いざという時にはとても役に立ちます。

変換プラグがどこの場所で販売しているのか全くわからない場合には、店員さんに聞くことをおすすめします。そうすれば、販売しているところを教えてくれたり、その場所まで誘導してくれるはずです。

誘導してくれた場合は、イギリスで使える形状の変換プラグなのか確認すると良いでしょう。さらに家電量販店で電化製品を購入する場合は、イギリスでも問題なく使えるのか確認するとさらに万全になります。海外旅行の経験がない人は、いろいろなことが不安になるケースがあります。確認しながら準備できるのが家電量販店の良さです。

オンライショッピングで間違えやすいことでも、家電量販店ならば間違えずに進められるでしょう。家電量販店はどんどん増えているので、ぜひ有効活用してください。

イギリスへ渡航する前にコンセントの変換プラグを準備をしておこう!

イギリスのコンセント事情について紹介してきましたが、役に立つ情報だと思ってもらえたならばありがたいです。コンセントに関することは、海外旅行をする時に絶対に必要なことなので、しっかりと準備しておきましょう。準備する時にあらかじめリストを作っておくと、失敗することが少ないはずです。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ