イギリスの治安事情まとめ!旅行中の注意点など地域別に調査!

日本からの観光客も多いイギリスですが、イギリスでも地域によって治安の良い悪いは変わってきます。そして、治安の良い悪いに関係なく、イギリス旅行では旅行者も注意しなくてはいけない点もありますので、当記事はイギリスにスポットを当てて治安情報をまとめました。

イギリスの治安事情まとめ!旅行中の注意点など地域別に調査!のイメージ

目次

  1. 1イギリスの治安ってどうなの?
  2. 2イギリス旅行中によく遭遇するトラブル
  3. 3イギリスの日常生活でよく遭遇するトラブル
  4. 4イギリスでトラブル時の対応は?
  5. 5イギリスで注意すべき点
  6. 6イギリスの治安が良い地域と悪い地域とは?
  7. 7イギリスの治安が良い地域
  8. 8イギリスの治安が悪い地域
  9. 9イギリスの治安情報をチェックしておこう!

イギリスの治安ってどうなの?

年間約3600万人が訪れ、観光客ランキングでも10位という記録を持っているイギリスですが、観光旅行で訪れる時に気になるのが治安が良いのか悪いのかになります。海外は治安が悪いイメージを持っている人は多くいますが、イギリスではどうなのでしょうか。

実はイギリスは、治安が良い地域と治安が悪い地域に分かれてしまいます。当記事で紹介していくのは、そんなイギリスの治安情報です。旅行者が気をつけるべき注意点やトラブル、治安の良い地域や悪い地域などもまとめましたので詳しく見ていきましょう。

イギリス旅行中によく遭遇するトラブル

最初に紹介していくのは、イギリスで旅行者が巻きこまれる事が多いトラブルになります。トラブルに巻きこまれないようにするため、どんなトラブルがあるのかを知っておく事は大事な事になりますので、旅行をする時にはしっかり知っておく必要があります。

どんな、トラブルも旅行者が注意する事で回避できる事もあり、楽しい観光にする事ができます。そして、ここで紹介するのはイギリスの治安の良い悪いには関係なく、旅行者としてイギリスを訪れた場合には起こりうるトラブルになりますので注意してください。

スリ・置き引き

イギリスで最も旅行者が巻き込まれるトラブルが、スリや置き引きになります。特に日本人はお金を沢山持っていると思われていますので、財布を見える場所や鞄の一番上に置いておくのはスリに狙われやすくなってしまいますので細心の注意が必要です。

また、置き引きに関しては別の人が話しかけているスキを突いてきたりと、ありとあらゆる手法で行われるようになりました。イギリスに限った事ではありませんが、特に治安の悪い地域では旅行者は手荷物から手を離さない必要がありますので気をつけましょう。

恐喝・窃盗

イギリスで治安が悪い地域では、夜道や人通りの少ない場所も危険が潜んでいます。恐喝や窃盗の被害が旅行中でも起こってしまいます。実際にナイフなどで恐喝された事例もありますし、窃盗被害に遭ってしまった人も多数いますので注意が必要になります。

特に、イギリスは日本と比べても窃盗の件数は桁外れに多いとされています。それに伴い強盗なども件数が増しているのがイギリスの現状となっていますので、旅行者は女性も男性も関係なく注意が必要ですので、十分に気をつけるようにしましょう。

イギリスの日常生活でよく遭遇するトラブル

イギリスに旅行ではなく、長期滞在で行く場合もあります。旅行中も含めて日常で注意しておかないと巻き込まれてしまうトラブルも、イギリスには多数るのが現実です。その中でもっとも多い、日本人が特に巻きこまれてしまうトラブルについて紹介していきます。

ここで紹介していく内容も、知っておく事で回避できる場合もありますので、しっかりと覚えておいてください。また、イギリス内でも、治安が悪い地域に行く場合には特に注意が必要な内容でもありますので、旅行者や滞在者は気をつけてください。

空き巣

旅行者はホテルに泊まりますので被害に遭う事はほとんど無いですが、イギリスでは空き巣被害がとても多いとされていますので、イギリスに住む場合や留学などでは特に注意が必要になりますし、イギリスの方よりも日本人の方が被害に遭いやすいとされてます。

イギリスでの空き巣被害に遭わないようにするには、一般的な防犯対策はもちろんですが、貴重品や高価な物などを外から見えるところに置かない事や、長期家を空ける場合には留守だとばれないようにする事も大事な要素になりますので気をつけてください。

ドラッグ・デートレイプ

デートレイプは聴き慣れない言葉かもしれませんが、イギリスではドラックを使って合意ができない状態にしてしまうデートレイプ被害女性も多いので気をつけてください。バーやクラブなどお酒を飲む場所に行く場合には、自分の飲み物には気をつけてください。

たとえば、途中でトイレに立つなどして飲みかけの飲み物を置いて席を離れてしまう場合などで、一度でも目を離してしまった飲み物に関しては、何かを入れられてしまっている可能性もありますので決して口を付けないのは大事ですので気をつけましょう。

イギリスでトラブル時の対応は?

イギリス旅行でトラブルに巻き込まれてしまった場合、どんなトラブルでもパニックになってしまいどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。たとえば、置き引きやスリの被害にあっても、速やかに対応する事で事態が変わる場合があります。

日本国内でも同じですが、盗まれたり落としたりして紛失や盗難の場合には失くした物によって対応が早くないといけません。これはイギリスでも同じになりますので、観光旅行の場合にはどこに行けばいいのか、どこに連絡するかを覚えておきましょう。

警察に通報

スリなどで財布が盗まれた場合には、クレジットカードの停止なども必要になりますが、日本国内同様にまずは現地警察に盗難届けを出す必要があります。通報する場合にはイギリスは999になりますが、言葉がわからない場合には直接行くようにしましょう。

また、通報の場合には日本語に対応していないのもありますの、自分が観光する地域の警察署の場所を知っておくのは大事な事になります。自分は被害に遭わないと考えないようにして、イギリス旅行時は警察署の場所や行き方を把握しておくようにしましょう。

大使館に助けてもらう

置き引きなどで多いのが、パスポートお入れていて一緒に盗まれてしまった場合になります。その場合には、警察だけではなく日本大使館に行かなくてはいけません。日本大使館では、さまざまなトラブルでの警察への届け方や対応なども教えてくれます。

手順やどうしたらいいのかわからない場合には、まず頼ってみるのもおすすめです。ですから、イギリスにある日本大使館の電話番号や住所、どこにあるのかを知っておくのは大事なことになります。また、パスポートやチケットなどは一つにしないのも大事です。

イギリスで注意すべき点

ここまで、イギリスで巻き込まれるトラブルについて紹介してきましたが、実際に被害に遭わないようにするためにイギリスへの旅行者は、何を注意して行動するべきなのかになります。ほんの少しの注意だけでも、トラブルに巻きこまれる可能性は減ります。

ここで紹介していくのは、今回紹介したトラブルに対しての注意点になります。少しくらい大丈夫と考えてしまい巻き込まれてしまう人も多いので、油断や慢心せずに注意し嫌な思いをしないで、楽しい観光旅行にするためにも注意することをおすすめします。

バッグに気を配る

先述したように、自分の荷物かあ目を離さない事は鉄則になります。ほんの少しの間置いてしまった手荷物でも、イギリスでは置き引きにあう可能性は一気に上がってしまいます。どんな状態であっても自分の荷物やバッグから目を離さないようにしましょう。

同様にの口が空いているバッグも、スリの被害に遭いやすい対象になってしまいますので注意が必要です。たとえオシャレなバッグであっても、イギリスへ旅行に行く時には口が空いていないしっかり閉める事ができるバッグを持っていくようにしてください。

地下鉄や夜のバス

地下鉄や夜間バスの中で起きてしまう置き引きやスリ被害が、イギリスでは多いと言われています。というのも乗り物内は安心感が出てしまい、自分の荷物を隣に置いてしまったりしてしまう人が多いのと、疲れて眠ってしまう人も多い事が理由となります。

もちろん、地下鉄の場合には人が多い場所から乗るのは大事な事ですが、人が周りにいる事で安心せずに自分の荷物をしっかり持っている事は大事な事になりますので注意が必要になります。これは、夜間バスであっても同じですので注意してください。

夜にあまり出歩かない

イギリスに限っての事ではありませんが、犯罪は夜間に起こる事がほとんどになります。ですから、男性も女性も気をつけないと行けないのが夜間に行動する事になります。特に女性は性犯罪に遭ってしまう可能性もありますので細心の注意が必要です。

ディナーを食べに行くなど夜間に外を歩く場合などには、人通りの少ない場所や街頭の少ない場所は避けて通るのも鉄則になります。どうしても遅くなってしまった場合には、タクシーを利用して移動するのもおすすめですので夜間の行動は気をつけましょう。

イギリスの治安が良い地域と悪い地域とは?

ここまで、旅行者が気をつけるべき点などを紹介してきました。ですが、イギリス全土が治安が悪いわけではありません。治安の悪い地域がある反面、治安が良い地域もありますので安心してください。治安の良い悪いは犯罪の発生率にも比例してきてしまいます。

2019年の世界平和指数では45位となっているので、日本と比べてしまうと治安は悪い方になってしまいますが、そんな中でも治安が良い地域と悪い地域をそれぞれ紹介していきますので、イギリスに観光旅行に行く時には、ぜひ参考にしてください。

イギリスの治安が良い地域

イギリスの観光旅行だけではなく、留学などでも大事なのは治安がどんな状態なのかになります。宿泊先や留学先は、同じイギリス内でも治安が良い地域を選びたいと考えてしまうものです。最初に紹介していくのは、イギリス内でも治安が良い地域になります。

同じイギリスでも犯罪防止意識が高い地域では、観光客も安心感を持つ事ができるようになります。もちろん、犯罪がゼロになる事はありませんが、その中でも特に治安が良い地域を紹介していきます。観光旅行の宿泊先や留学する時の場所の参考にしてください。

治安が良い地域(1) ケンブリッジ

イギリスの留学先で選ばれる事が多いのがケンブリッジなので、学生が多く住んでいる街になります。イギリス内でも、治安が良い場所として有名なのも留学先で選ばれる理由の一つと言えるでしょう。イギリス内でも治安の良さはとても有名になります。

また、イギリスの中ではもっとも美しい街としても有名な地域にもなります。そのため、観光客も多く訪れる場所になりますので、イギリス旅行でも一番おすすめの地域になりますが、ケンブリッジは物価が高いと言われていますので注意してください。

治安が良い地域(2) オックスフォード

名前を知っている人も多いオックスフォード大学がある地域になりますが、治安が良い地域としてイギリス国内でも有名な場所になります。ケンブリッジ同様に多くの観光客が訪れる地域になりますので、さまざまな人が行き交う人気の街でもあります。

そんなオックスフォードですが、治安が良いと言われている中でも特に注意が必要な場所があります。それは、カバードマーケットとカーフォクスタワーの2ヶ所になります。どちらも観光客を狙ったスリや置き引き被害が起きていますので気をつけましょう。

Thumbイギリス世界遺産人気ランキング!名所を巡りながら歴史に触れる旅!
かつて大英帝国の名の元に全世界を席巻していたイギリス。今も当時の伝統を引き継ぐ英国連邦の国々...

イギリスの治安が悪い地域

イギリス国内での治安の良い地域を紹介してきましたが、次に紹介していくのはイギリス国内で治安が悪いと言われている地域になります。観光や留学はもちろんですが、仕事で訪れる場合にも注意が必要とされる場所になりますので気をつけましょう。

今回紹介していくイギリスの治安の悪い地域になりますが、観光客などを狙った犯罪行為が多い地域を紹介していきます。宿泊先として選ぶのは大丈夫であっても治安が悪い地域になってしまいますので、しっかり確認して観光に訪れる場合の参考にしてください。

治安が悪い地域(1) マンチェスター

サッカーが好きな人は特に訪れる場所でもあるマンチェスターになりますが、軽犯罪が多い場所としてイギリス国内でも有名な地域になります。特に観光名所は危険と言われていますので、旅行者は細心の注意が必要な場所になりますので気をつけましょう。

また、レストランなどでも観光客と分かると料金を高くしてしまうお店も多くある事で有名な地域でもあります。全てのお店がそうではないのですが、比較的高額にして請求してくる店舗が多い地域になってますので、お店に入る時も注意してください。

治安が悪い地域(2) リバプール

観光スポットも多数あるリバプールですが、観光客が多い事もあり軽犯罪が多発している地域になります。特にメイン通りを離れてしまうと、物を投げられてしまう事もありますので注意が必要な地域になりますので、移動する場所には注意しましょう。

そして、もう一つ注意が必要なのがリバプールの郊外に出る事になります。リバプール郊外にはギャングも居ますので事件に巻き込まれてしまう可能性が出てきてしまいます。中心街に比べたら、一気に治安が悪くなってしまいますので注意してください。

イギリスの治安情報をチェックしておこう!

どんなトラブルに巻きこまれてしまうのか分からない海外旅行ですが、自分自身が注意するだけでもトラブルを回避して楽しい旅行にする事ができます。逆に何も気にしなければ、トラブルに巻き込まれて最悪な思い出の観光旅行になってしまいます。

治安の良い地域も悪い地域でも旅行者が気をつける事は同じになります。そして、なるべく治安の悪い地域や場所に近づかない事も大事な事になります。せっかくのイギリス観光旅行、トラブルに巻きこまれないように情報はしっかりチェックしておきましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ