「柳月堂」は京都・出町柳の名曲喫茶!ベーカリーのパンも大人気!

京都の出町柳にある柳月堂は名曲喫茶として人気があるお店です。ここでは、京都の柳月堂について紹介します。名曲喫茶とはどういったところなのか、どのようなメニューが味わえるのかなどを知ってください。レトロな空間での時間を楽しみましょう。

 「柳月堂」は京都・出町柳の名曲喫茶!ベーカリーのパンも大人気!のイメージ

目次

  1. 1京都・出町柳の名曲喫茶店「柳月堂」とは?
  2. 2京都「柳月堂」の外観と内観
  3. 3京都「柳月堂」が人気の理由
  4. 4京都「柳月堂」のおすすめメニュー
  5. 5京都「柳月堂」に併設されているベーカリーもおすすめ
  6. 6京都「柳月堂」は観光にもおすすめ
  7. 7京都「柳月堂」の口コミ
  8. 8京都「柳月堂」の店舗情報とアクセス
  9. 9人気の京都「柳月堂」でおもいおもいの時間を過ごそう!

京都・出町柳の名曲喫茶店「柳月堂」とは?

京都にはたくさんの観光スポットやお店があります。その中で隠れた人気を集めているのが出町柳にある「柳月堂」です。京都には新しいお店がたくさん誕生していますが、柳月堂は非常にレトロな空間が広がっています。名曲喫茶ということで、店内にはクラシックの名曲が流れています。ぜひ多くの人に柳月堂について知ってもらいたいです。

Thumb出町柳『ボンボンカフェ』はフレンチトーストが人気!テラス席でペットとランチ!
京都の出町柳エリアで美味しいフレンチトーストメニューが味わえるということで人気となっている、...

京都「柳月堂」の外観と内観

出町柳の柳月堂の外観と内観を紹介します。レトロな空間が広がっている柳月堂は、どのような外観や内観なのか気になるのではないでしょうか。初めて訪れるお店では、外観や内観を知らないと安心して足を運ぶことができないという人もいます。インターネットを利用すれば、外観や内観を簡単に知ることができるので便利です。

多くの人に安心して柳月堂に足を運んでもらうために、お店がどんな外観や内観になっているかを知っておきましょう。

お店の外観

お店の外観を紹介します。柳月堂は赤いレンガ造りになっています。看板には「ベーカリー柳月堂」と「名曲喫茶2F」という表示が併記されています。建物は2階建てになっており、1階がベーカリーで2階が名曲喫茶が楽しめるスペースになっています。お店の入口にも「BAKERY柳月堂」と「Ryugetsudo」という看板があります。

建物の雰囲気や看板の文字を見ていると、レトロな雰囲気が楽しめるのだと思ってもらえるでしょう。2階に続く階段には音符マークの白いのれんをくぐって行くことになります。

お店の内観

お店の内観を紹介します。ベーカリーになっている1階は地元の人に親しまれているパン屋の雰囲気が広がっています。メニューが紹介されている手書きのメニューに親しみが感じられます。名曲喫茶になっている2階はまるで昭和時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を楽しむことができます。とてもレトロな内観になっています。

2階にはクラシックのレコードや資料などがたくさん置かれています。クラシックが好きな人にとっては、どこよりも素晴らしい場所だと思ってもらえるのではないでしょうか。

京都「柳月堂」が人気の理由

出町柳の柳月堂が人気の理由を紹介します。このお店が人気を集めている理由はいろいろあるでしょうが、ここでは考えられる2つの理由について紹介します。人気の理由というのは、そのお店が持っている魅力を知ってもらうことにもつながります。行ったことがないお店に足を運ぶためには、どんな魅力があるのか知りたいと思うでしょう。

人気の理由を知ってもらい、少しでも興味を持ってもらえたならばありがたいです。柳月堂の人気の理由を知ってください。

人気の理由(1) ゆっくりとクラシックを楽しめる

柳月堂の人気の一番の理由と考えられるのは、ゆっくりとクラシックが楽しめることでしょう。2階は談話室とリスニングルームに分けられています。リスニングルームはその名の通り、クラシックの名曲を集中して聞くスペースになっています。小さなコンサートホールのような雰囲気のスペースになっており、音楽に集中できるはずです。

座席はすべてコンサートホールと同じように、すべて同じ方向を向いています。ソファにゆっくりと体を預けて、音楽に集中する環境が整えられています。

リスニングルームのマナー

リスニングルームでのマナーを紹介します。まず一番守ってもらわなければいけないのは静かにすることです。中で会話をすることはタブーとされています。中に入ると誰かと話すという雰囲気ではないため、自然に静かになれるはずです。会話だけでなくパソコンの使用や上着の着脱も禁止されています。スマホや携帯電話の使用もしない方が良いです。

リスニングルームにはクラシックの名曲を楽しむために訪れているため、少しでも気が散るような行為は止めてください。マナーを徹底することで、クラシックの名曲の良さを目一杯感じることができるようになっています。

人気の理由(2) 思いおもいの過ごし方をできる

柳月堂では思い思いの過ごし方をすることができるのが人気です。リスニングルームでゆっくりとクラシックの名曲を楽しむだけでなく、談話室で一緒に訪れた人と楽しくおしゃべりをすることもできます。リスニングルームはコンサートホールで、談話室が通常の喫茶店と思ってもらえるとわかりやすいでしょう。

柳月堂は1953年にオープンしましたが、談話室では開店当時から変わらない喫茶店の雰囲気が今でも残っています。昔からの常連さんもたくさんいて、憩いの場となっています。柳月堂を訪れたら、好きな過ごし方で充実の時間を楽しみましょう。

京都「柳月堂」のおすすめメニュー

出町柳の柳月堂のおすすめメニューを紹介します。柳月堂で提供されているメニューの種類は限られています。よくある喫茶店では、豊富な種類のメニューを提供しているお店がたくさんあります。柳月堂はメニューを絞ることによって、1つのメニューに対して丁寧に作っているのでしょう。基本はコーヒーメニューとなっています。

レトロな雰囲気の喫茶店で美味しいコーヒーが楽しめられるのであれば、最高の気持ちになってもらえるでしょう。ぜひここで紹介するおすすめメニューを参考にしてください。

おすすめメニュー(1) ウィンナーコーヒー

ウィンナーコーヒーは柳月堂の人気メニューです。ホットコーヒーに生クリームが別皿に出てきます。生クリームをコーヒーに入れることによって、デザートのような感覚になれます。別皿に生クリームが出てくるのがポイントです。自分で好きな量の生クリームを入れて楽しめるため、自分好みの味にできます。

生クリーム単体の味をぜひ味わってください。レトロな空間の中でのウィンナーコーヒーはクセになるという人はたくさんいます。

おすすめメニュー(2) ホットコーヒー

ホットコーヒーは柳月堂で最もスタンダードなメニューです。昔ながらの製法で作られているコーヒーは1杯1杯丁寧に作られています。昭和の頃から親しまれているコーヒーの香りをまず感じてください。コーヒー豆の良い香りを感じてもらったら、口に運びましょう。香りと味の両方を感じてもらうことがポイントと言えます。

シンプルな珈琲の味を楽しんでもらうならば、ホットコーヒーで味わってもらうことをおすすめします。安定した美味しさが楽しめるということで、常連さんに親しまれています。

おすすめメニュー(3) カフェオレ

カフェオレはコーヒーとミルクの絶妙なバランスが楽しめるメニューです。柳月堂を訪れる人のすべてが、必ずしもコーヒーが得意というわけではありません。カフェオレはコーヒーが苦手な人でも安心して楽しんでもらうメニューです。コーヒーの味がしっかりと感じられますが、カフェオレならば飲めるという人も多いです。

カフェオレでまろやかなコーヒーの味を堪能してください。甘さは自分で調整することができます。

京都「柳月堂」に併設されているベーカリーもおすすめ

出町柳の柳月堂で喫茶店と併設されているベーカリーもたくさんの人におすすめしたいです。ここで販売されている商品は昔ながらのパンです。このお店のパンは、現在販売されている多くのパンで使用されている天然酵母ではなく、パンの香りがより出るようにイーストを使用しています。そのため、懐かしい味わいだと感じてもらえるでしょう。

柔らかい食感が楽しめるソフト系のパンなので、誰もが食べやすい食感になっています。柳月堂の名物パンはハイジの白パンです。ふわふわの食感が感じられ、パンの美味しい香りがしっかりと感じられます。多くのファンに親しまれているパンです。

ベーカリーのパンは談話室へ持ち込みもOK

1階のベーカリーで購入したパンは2階の喫茶店の談話室に持ち込むことができます。パン屋のパンは買ってすぐに味わうのが美味しいので、すぐに食べられるスペースが設けられているのは大きなメリットです。2階の談話室で喫茶店の美味しいドリンクと一緒に味わえば、よりパンの美味しさを感じてもらえるに違いありません。

柳月堂のパンと喫茶店のドリンクメニューでランチを楽しむ人もいます。レトロな雰囲気の店内と昔ながらの製法のパンは最高の相性と言えるでしょう。ベーカリーのパンを2階の談話室で楽しみましょう。

京都「柳月堂」は観光にもおすすめ

出町柳の柳月堂は京都観光に訪れた観光客にもおすすめしたいです。京都を訪れたら、いろいろな神社仏閣を巡ることが目的かもしれませんが、昔ながらの雰囲気を味わえるお店を巡るのもおすすめです。京都は柳月堂のような古き良き雰囲気を残しているお店がまだまだたくさんあります。時代が変わっても、大切に残されているお店は貴重な存在です。

クラシックが好きな人であれば、間違いなく最高の時間を過ごしてもらえるはずです。レトロな喫茶店で時間を過ごしたいという人にもおすすめです。時間が止まったような感覚を味わってもらえるので、京都以外に住んでいる人にもぜひ足を運んでもらいたいです。

京都「柳月堂」の口コミ

出町柳の柳月堂の口コミを紹介します。口コミで目立つ声は、店内の雰囲気に関することです。普通の喫茶店ではなかなか味わえない雰囲気が楽しめるという声がたくさんあります。昭和の頃は名曲喫茶がたくさんありましたが、現在ではめっきり少なくなってしまい、令和になった現在でも名曲喫茶が楽しめるのがうれしいという声があります。

1階にあるベーカリーを利用した人も良かったという声をあげています。昔懐かしいパンの味が楽しめるので、何度も足を運ぶようになったとか、レトロな雰囲気の中で美味しいパンが味わえるのが最高といった声があります。

京都「柳月堂」の店舗情報とアクセス

出町柳の柳月堂の店舗情報とアクセス方法を紹介します。ここで紹介する情報は、お店の基本的な情報になるので頭に入れておきましょう。安心して名曲喫茶の雰囲気を味わってもらうためにも、基本情報を知っておきましょう。店舗情報ではお店の定休日や営業時間などを紹介します。

アクセス方法では、京阪電車でのアクセス・京都市営バスでのアクセス・車でのアクセス方法を紹介します。車でアクセスする人のために駐車場の方法もあわせて紹介します。

店舗情報

柳月堂の店舗情報を紹介します。お店は基本的に年中無休で営業しており、営業時間は10時から21時となっています。2階のリスニングルームを利用する場合は、ミュージックチャージ料として500円が別途必要になります。リスニングルームにあるレコードの中で聴きたい曲があれば、リクエストすることもできます。

住所 京都府京都市左京区田中下柳町5-1 柳月堂ビル2F
電話番号 075-781-5162

京阪電車でのアクセス

京阪電車でのアクセス方法を紹介します。お店の最寄り駅は京阪電車の出町柳駅です。出町柳駅からすぐのところにあります。出町柳駅は鴨東線の駅ですが、事実上京阪本線の一部と言っても良いくらいです。大阪の中之島駅や淀屋橋駅から出町柳駅行きの電車が頻繁に運行されているので、どれに乗っても出町柳駅に行けます。

中之島駅や淀屋橋駅からだと1時間前後で出町柳駅まで行くことができます。淀屋橋駅からだと豪華な特急電車が運行されており、優雅な気分で出町柳まで行くことができるでしょう。

京都市営バスでのアクセス

京都市営バスでのアクセス方法を紹介します。柳月堂への最寄りのバス停は出町柳駅前バス停です。このバス停にはたくさんの系統のバスが乗り入れています。京都駅からも出町柳駅前バス停に出ている4系統や17系統のバスがあるので便利です。また、京都の有名観光スポットに行く、急行バスも運行されているのも便利と言えます。

京都市営バスは京都市内の移動に役立つ存在なので、京都観光に訪れた観光客もたくさん利用します。1日乗車券を利用すれば、たくさんの観光スポットを巡ることができます。京都市営バスを乗りこなすことは、京都観光のポイントと言えます。

車でのアクセスと駐車場

車でのアクセス方法を紹介します。柳月堂への最寄りのインターは名神高速道路の京都東インターです。インターを降りたら、府道143号線を西方面に走ります。地下鉄東山駅を過ぎたあたりで、府道181号線との交差点に差し掛かるので、右折して府道181号線に入ります。東山近衛交差点で左折し、荒神橋東詰交差点を右折します。

荒神橋東詰交差点を右折して、道なりに進めば出町柳駅に到着します。インターから約25分で到着します。お店には専用駐車場がないため、出町柳駅周辺にあるコインパーキングを利用してください。

人気の京都「柳月堂」でおもいおもいの時間を過ごそう!

京都の出町柳にあるクラシックが楽しめる喫茶店「柳月堂」を紹介しましたが、行ってみたいと思ってもらえたならば幸いです。この喫茶店を訪れたならば、思い思いの過ごし方で充実の時間を過ごしてください。クラシックを心から楽しめる環境が整っているため、忙しい時間を忘れてしまうはずです。レトロな店内の雰囲気にも注目です。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ