メットライフドームへのアクセス方法や最寄り駅は?電車・車での行き方を調査!

メットライフドームは埼玉県所沢市にあり、埼玉西武ライオンズの本拠地で有名です。最寄り駅などの情報とともにアクセス方法などの情報を紹介していきます。最寄り駅からも近く、コンサートなどの利用にも便利です。メットライフドームへアクセスの際の参考にしてみてください。

メットライフドームへのアクセス方法や最寄り駅は?電車・車での行き方を調査!のイメージ

目次

  1. 1最寄駅からのアクセスも便利!メットライフドームに出かけよう
  2. 2メットライフドームのアクセス方法や最寄り駅をご紹介
  3. 3メットライフドームとは?
  4. 4メットライフドームまでのアクセス方法(1)電車
  5. 5メットライフドームまでのアクセス方法(2)バス
  6. 6メットライフドームまでのアクセス方法(3)車
  7. 7メットライフドームまでおすすめのアクセス方法は?
  8. 8最寄り駅の西武球場前駅からメットライフドームまでの行き方
  9. 9メットライフドームへのアクセスは公共交通機関で!

最寄駅からのアクセスも便利!メットライフドームに出かけよう

最寄駅からも近く、交通アクセスが便利といったところがおすすめの理由となっています。注意点としては、駅前にはファミリーマートが1軒あるといった感じですので、事前の食料などを購入されておくこともおすすめします。たくさんの見どころがあります。

メットライフスタジアムは座席ブロックごとの退場といった形で、イベント終了後には規制がかかるので、30分以上かかるといったケースもあります。電車やバスなどの帰りの時間に間に合わないといった方は、途中退場をするといったことも考慮しましょう。

Thumb所沢観光で外せないスポット!名所もグルメも網羅のおすすめプランあり!
所沢観光でおすすめのスポットや名所をご紹介します。所沢市は埼玉県でも有名な観光地です。大人も...

メットライフドームのアクセス方法や最寄り駅をご紹介

埼玉西武ライオンズの本拠地となっているメットライフドームの入退場ゲートは、バックスクリーン後方にあたる1塁側や3塁側両ゲートの2箇所のみとなっています。試合終了後には大変込み合うので、注意が必要となっています。

スタジアムの座席に向かうには、上り坂を登る通路であったり、高低差のある階段を降りたりすることもあるので、小さな子連れの方やご年配の方は気を付けましょう。最寄り駅へのアクセス方法などの情報を紹介していきます。

埼玉西武ライオンズの公式戦開催時とコンサートなどのイベントでは直通バスの運行など、利用可能な交通機関も変わってくるので注意が必要となっています。事前に電車などの交通ルートを調べておかれることをおすすめします。

車でのアクセスも可能となっていますが、イベント開催時には渋滞が起こるといったことやメットライフドーム周辺の駐車場がすぐに埋まってしまうこともあるので、事前に駐車所の予約サービスを利用するなどといった対処も必要となってきます。

メットライフドームとは?

1963年に誕生した西武園球場をベースに、1999年には西武ドームへと生まれ変わりました。メットライフ生命保険が2017年3月に命名権を取得したことにより、スタジアムの名称が「メットライフドーム」となりました。

電車で来場する場合には、終点となる西武球場前駅の改札を出たすぐのところが、球場の敷地内となっており、駅からの移動も少ないので大変便利です。多くのアーティストがコンサートを行う人気スポットとしても知られます。

埼玉西武ライオンズの本拠地

1979年よりプロ野球西武ライオンズの本拠地として、多くの歴史を残してきた場所です。現在はメットライフドームとなり、更なる飛躍を遂げています。狭山丘陵にあり、自然環境共存型のドームですので、自然豊かな光景も楽しめるところも特徴です。

外野は他の球場とは違って、座席が設置されていないといったことやドーム球場でありながら、随所に隙間があり、場外ホームランを眺めることもできるといったところも魅力となっています。いろいろな楽しみ方ができるのも特徴です。

空調設備がない半屋外型のドームとなっており、ナゴヤドームや東京ドームなどとはまた違った光景を楽しむことができます。メットライフドームはドーム球場でありながら、他のドーム球場とはまた違った光景が楽しめます。

年間指定席となっているバックネット裏 やベンチサイドシートには、ビクトリーロードがあり、選手が引き上げる姿を眺めることができます。メットライフドームならではの光景となっているの要チェックです。

住所 埼玉県所沢市上山口2135
電話番号 04-2925-1141

メットライフドームまでのアクセス方法(1)電車

メットライフドームの最寄り駅は西武球場前駅のみといった特殊な立地にあります。西武狭山線と山口線のみがアクセスしており、終着駅になります。アクセスルートが限られているといったこともあり、イベント開催時は大変混雑します。

池袋方面や新宿方面からアクセスするといった場合にも狭山線を利用するといったスタイルになります。アクセス方法についても触れていますので、イベント利用時などの際の参考にしてみてください。電車を利用して気軽にアクセスができます。

最寄り駅は「西武球場前駅」

メットライフドームの最寄り駅は西武狭山線西武山口線「西武球場前駅」になります。最寄駅からも近く、アクセスに便利です。メットライフドームへの最寄り駅は西武線のみとなっているので、西武線沿線以外を利用される場合は乗り換えが必要となります。

メットライフドームが目の前にあるといった便利な駅ですが、アクセス手段が西武狭山線と山口線のみとなっているので注意が必要です。電車の場合はどちらも単線となっているので、待ち時間も考慮して時間に余裕をもって出かけられることをおすすめします。

埼玉県所沢市上山口にある西武球場前駅では、多くの埼玉西武ライオンズファンやビジターチームのファンでにぎわう場所となっています。試合開始前や試合終了後にはたくさんのの人であふれかえるので、小さな子連れの方は気を付けましょう。

迷子にならないようにしっかりと確認をしながら、利用するようにしましょう。快適で楽しく野球観戦やコンサートなどが楽しめるように心がけましょう。独特な雰囲気を楽しむことができるのが、メットライフドームの魅力となっています。

池袋・新宿・渋谷などから最寄り駅までは、乗り換えが必要

西武新宿駅より西武新宿線に乗車して西武狭山線西武球場前駅を目指します。所要時間はおよそ80分となります。池袋方面からは西武池袋線を利用して、西所沢駅より乗り換えを行います。所要時間はおよそ40分ほどとなります。

横浜方面からアクセスする場合は、東急東横線特急所沢行に乗車して渋谷駅を目指します。渋谷までの所要時間は27分ほどです。千葉駅方面からは、JR総武本線快速逗子行に乗車して東京駅を目指します。その後、東京メトロ丸ノ内線池袋行を利用します。

渋谷方面からはメトロ副都心線を利用して小竹向原駅にて乗り換え、西武有楽町線で練馬駅、西武池袋線で西所沢駅へと向かいます。その後、西所沢駅より乗り換えを行って西武狭山線西武球場前駅へと向かいます。所要時間は55分程度です。

さまざまな方面からアクセスができますが、首都圏からですとおよそ60分から120分程度となります。乗り換えも複数回となっています。時間を要しますので、余裕をもって行動されるようにしましょう。

野球開催日には、最寄り駅まで臨時列車を運行

メットライフドームのある西武球場前駅でプロ野球公式戦が行われる際には、臨時特急「スタジアムエクスプレス」が運行します。池袋駅より最寄り駅となる西武球場前駅まで最短で32分でアクセスできるといった便利な電車です。

乗り換えがないので、ゆったりと座って出かけられるといったところがおすすめの理由となります。メットライフドームで行われるすべて公式戦開催日に対応しているので、大変便利です。埼玉西武ライオンズファンの方は必見です。

メットライフドームまでのアクセス方法(2)バス

試合開催時には、メットライフスタジアムの最寄り駅となる西武球場前までの直通バスも運行します。埼玉西武ライオンズが主催する公式戦すべてが対象となっています。立川駅などからアクセスするといった場合の利用には大変便利です。

料金も比較的安いといったこともあり、利用勝手に優れているといったところも特徴です。野球の話題で盛り上がりながら、ご家族やカップル、気の合う仲間とともにスタジアムに足を運んでみましょう。有意義な時間が過ごせます。

立川駅などから最寄り駅のメットライフドームまで直通

立川駅北口や玉川上水駅、上北台駅とメットライフドーム間を結ぶ直通バスが、野球開催備日に合わせて運行しています。ゆっくりとスタジアムに向かいたいといった方におすすめとなります。埼玉西武ライオンズを応援する際に利用してみましょう。

混雑も緩和され、電車とはまた違った雰囲気の中で過ごすことができます。埼玉西武ライオンズの談話などをしながら、気の合う仲間とともにスタジアムに向かってみませんか。そんな方におすすめとなっています。楽しい時間が過ごせます。

野球開催日にのみに限られる

野球開催日のみ運行されるので、注意が必要となっています。上北台駅より運行されるメットライフドーム行きのバスは、およそ12分ほどでスタジアムにアクセスができます。西武バスと立川バスの共同で運航しており、試合開始の3時間ほど前から利用できます。

電車での利用もおすすめとなっていますが、電車でのアクセスは最寄り駅が西武球場前駅のみとなっています。試合開催日には直通バスが運行されているので、JR線などを利用の際にはバスでのアクセスもおすすめとなります。

メットライフドームまでのアクセス方法(3)車

新宿方面より車を利用してメットライフドームにアクセスする方法を紹介します。中央自動車道国立府中ICからはおよそ60分、無料道路を利用する場合には75分ほどでアクセスが可能です。アクセスに便利な立地にあります。

関越自動車道を利用の場合は、所沢ICより12kmで平常時は30分ほどでアクセス可能です。圏央道では入間ICよりおよそ10kmで平常時は20分ほどでアクセスができます。グッズをたくさん購入する場合などは車でのアクセスが便利となります。

メットライフドーム周辺の駐車場

野球開催日には特に込み合うので、akippa駐車場などの予約が可能な駐車場を利用されることをおすすめします。メットライフドーム周辺駐車場などと駐車台数は少ないものの安い値段で利用ができるので、おすすめです。

人気のコンサートなどどいった場合には、駐車場も満車となっていますことが多いので、日程が決まったら予約制の駐車場を早めに抑えておきましょう。当日に慌てず、余裕を持って出かけることができます。近隣にはコインパーキングもたくさんあります。

メットライフドーム内にも専用の駐車場があるので、こちらの利用もおすすめです。700台、480台、450台と3か所ありますが、事前予約は行えず、先着順となっています。早めに出かけられる場合におすすめです。

試合開催日は多くの人が利用するので、メットライフドーム周辺の駐車場はどこも混み合います。駐車場を確保できそうにないといった場合には、バスや電車などの交通機関を利用してイベント会場となるメットライフドームを目指されることをおすすめします。

メットライフドームまでおすすめのアクセス方法は?

さまざまな方法でメットライフドームへのアクセスができますが、野球開催日などは非常に混み合うといったことがあります。公共交通機関を使ってのアクセスがおすすめになります。渋滞も防ぐことができ、直通電車もあるなどと待ち時間も短くて済みます。

JR線などを利用してアクセスするといった場合には、バスでの利用もおすすめとなります。試合開催日には立川駅より直通バスも運行されるので、埼玉西武ライオンズ主催の野球観戦にお出かけの方には最適です。

メットライフドームは埼玉西武ライオンズの本拠地といったこともあり、野球観戦での利用が主となります。コンサートであったり、フリーマーケットなどといったイベントも開催されるので、場面に合わせた方法でアクセスしましょう。

イベント開催時は混雑しているといったこともあり、上北台駅方面に徒歩でアクセスするといった方もいますが、灯りが少なく危険ですので、できる限り交通機関を利用されることをおすすめします。

最寄り駅の西武球場前駅からメットライフドームまでの行き方

最寄り駅となる西武狭山線西武山口線「西武球場前駅」へのアクセス方法についても触れています。西武球場前駅の出口より正面ゲートまでの所要時間は徒歩2分ですので、すぐに分かります。アクセスが大変便利です。

西武球場前駅を出て、10mほど進むと最初の交差点があるので右折します。その後20mほど進むと2つ目の交差点があるので、次は左折します。更に120mほど進むとメットライフドームに到着することができます。距離にして150mほどになります。

試合開催時にはメットライフドーム周辺に屋台なども登場するので、お祭りのような雰囲気も楽しむことができます。散策なども楽しむことができるので、時間に余裕をもって出かけてみましょう。心地よい雰囲気も満喫できます。

普段は比較的落ち着いた感じの駅となっていますが、試合開催日やイベントが行われるときには大変なにぎわいがあります。独特な雰囲気を楽しんでみたいといった方にもおすすめのスポットになっています。

メットライフドームへのアクセスは公共交通機関で!

埼玉西武ライオンズの試合観戦などにメットライフドームに出かけてみませんか。コンサートなども行われ、イベント開催時にはたくさんの人でにぎわう場所です。公式戦の開催時には直通バスも運行しています。

最寄り駅は西武球場前のみとなっており、イベント開催時には大変混雑します。移動時間なども考慮しながら行動するようにしましょう。メットライフドームには車にバス、電車といったアクセス方法があるので、場面によって使い分けましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Rey_goal

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ