夏泊半島大島は青森最北端の絶景スポット!ほたてラインのドライブもおすすめ!

青森県の穴場スポットの夏泊半島には、おすすめの観光スポットをや地元の人に人気のスポットがたくさんあります。自然に触れる事ができる夏泊半島は、ハイキングもドライブもどちらもおすすめ。当記事は、そんな夏泊半島の見どころをまとめて紹介していきます。

夏泊半島大島は青森最北端の絶景スポット!ほたてラインのドライブもおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1夏泊半島の海を眺める小旅行
  2. 2夏泊半島の人気観光スポット
  3. 3夏泊半島の名物とは?
  4. 4夏泊半島へはドライブで行くのがおすすめ
  5. 5夏泊半島の大島をハイキング
  6. 6夏泊半島へのアクセス方法
  7. 7夏泊半島で春先のドライブをしよう

夏泊半島の海を眺める小旅行

自然豊かで温泉や観光を楽しめる場所として人気がある、青森県にある夏泊半島。青森県民も、ドライブやハイキングで訪れる場所で人気があるスポットです。観光スポットがたくさんあるので、青森県に旅行するなら足を運ぶことをおすすめの場所になります。

今回当記事で紹介していくのは、青森県の夏泊半島についてになります。青森県民に人気の夏泊半島の観光スポットをや見どころ、夏泊半島に位置する大島の観光スポット、おすすめの周り方や絶景ポイントまで青森県への観光旅行ポイントをまとめました。

青森県の中央部にある夏泊半島

陸奥湾に突き出しているのが特徴で、青森県の中心部にある夏泊半島。突き出した夏泊半島から陸奥湾は野辺地湾と青森湾に分かれているのですが、夏泊半島も東西によって様相が変わる場所になり、それぞれの海岸を青森県では西浜、東浜と呼んでいます。

西浜方面には岩礁や小島が多数ある場所になり、東浜には海岸段丘を眺める事ができるだけではなく人工的に作られた砂浜もあります。そのため、夏泊半島は東西の海岸も含めて見どころがたくさんある人気スポットとして、観光におすすめの場所になります。

夏泊半島の人気観光スポット

国の天然記念物があり浅虫夏泊自然公園にあたる夏泊半島には、絶景を眺める事ができるポイントがたくさんあります。青森県の夏泊半島でないと見ることのできない、夏泊半島ならではのスポットが色々なので青森県に来たら足を運ばないともったいないです。

ここで紹介していくのは、夏泊半島の人気の観光スポットの大島、ツバキ自生北限地帯、浅所海岸の3ヶ所になります。それぞれの観光スポットっとしての人気のポイントや絶景ポイントなど見どころを紹介していきますので、夏泊半島観光の参考にしてください。

大島

夏泊半島の最先端から橋を渡ることで行くことができる大島は、20ヘクタールの大きさの島になります。大島へ渡る橋は、満潮時でも渡ることができるようになっています。大島に渡る橋の上からの景色は、天気が良い日には海が澄んでいるのでとても綺麗です。

大島に渡った先は自然豊かな場所になりますが、海産物のイカ焼きなどを購入する事ができる店舗もありますし釣り堀もあるので遊ぶ場所もあります。春や夏には地元の方の遊びに行く事が多い人気の観光スポットになりますのでおすすめの場所になります。

大島は釣りスポットとしても人気

釣り好きの方には、特に必見になります。大島には灯台があるのですが、灯台付近は釣りスポットとして人気があります。そのため、多くの釣り客が訪れる場所になり、特に大島で釣れるクロメバルは形が良いとして人気がある釣りスポットになります。

他にもカレイやアイナメ、サバ、アジ、ジンドウイカなど色々釣る事ができるスポットになります。大島の灯台付近は綺麗な景色を見る事ができるとして人気がある場所になりますので、絶景を眺めながら釣りを楽しむことができますのでおすすめになります。

住所 青森県東津軽郡平内町東田沢横峯

ツバキ自生北限地帯

国の天然記念物に指定されているツバキ自生北限地帯には、樹齢が200年以上になるヤブツバキがあり見事なツバキの花を見る事ができます。天然記念物に指定されたのは大正11年となりますが、そんな昔から多くの人に愛されていた場所になります。

そんなツバキ自生北限地帯には、とても悲しい悲恋物語が語られています。働きにきた若者と村娘が恋に落ちたが村を離れ故郷に帰った若者が、村娘のところに帰って来た時には村娘は亡くなってしまっていて、その時の土産の椿を植えたとされています。

夏には海水浴やキャンプで賑わう

ツバキ自生北限地帯の近隣には海水浴場やキャンプ場があり、夏場には多くの人が訪れ賑わう場所でもあります。芝生をはじめ、炊事場などの整備が整っていますので快適なキャンプを楽しむ事ができ、無料で利用することができますのでおすすめです。

海水浴場も、青森県民には人気がある場所として人気のスポットになります。小さなお子様でも安心して海水浴を楽しむことができる場所になりますので、ファミリーで楽しむ人が多いです。海水浴とキャンプの両方を楽しんで見るのはいかがでしょうか。

住所 青森県東津軽郡平内町東田沢字小湊越
電話番号 0177-55-2118

浅所海岸

白鳥の飛来地として、冬場に訪れると約800羽近くの白鳥を見ることができます。多くの野生の白鳥の姿は圧巻の景色と言えます。白鳥は飼い慣らされているわけではありませんが、近くまで寄ってくるのもいますので穏やかな時間を過ごせる場所になります。

浅所海岸は、白鳥の飛来地として特別天然記念物に指定されている場所になります。見ごろは10月中旬から3月下旬にかけてになりますので、青森県では雪が降り積もっている時期になります。冬に見に行く場合には、しっかり防寒対策をしていきましょう。

潮干狩りは禁止されている

冬場の白鳥の飛来も見ごろですが、浅所海岸は潮干狩りも楽しむことができる場所として人気があるスポットでした。そんな浅所海岸ではアサリを大量に乱獲する人が後を絶たなくなってしまったので、2019年より潮干狩りを禁止している場所になります。

多くの口コミで潮干狩りの情報もありますが、実際に潮干狩り禁止の看板も出ている場所で、密猟になってしまいますので潮干狩り目的では行かないようにしましょう。こちらは青森の海上保安庁も取り締まりに乗り出す事態になってますのでルールを守りましょう。

住所 青森県東津軽郡平内町福館字雷電岸
電話番号 0177-55-2118

夏泊半島の名物とは?

夏泊半島の一番の名物はホタテになり、地元の方にも人気があります。というのも、夏泊半島がある平内町は養殖ホタテの水揚げが日本一の場所になっているからです。そんな、夏泊半島のホタテは甘みがあり、とても美味しいと評判で人気が高く名物となります。

ホタテは名物として、食べる事ができる場所もたくさんありますので味わってみてください。また、陸奥湾で水揚げが日本一のヒラメも名物の一つになります。ヒラメも刺身などで食べる事ができるお店がありますので、おすすめになります。

夏泊半島へはドライブで行くのがおすすめ

夏泊半島は、車でまわるのが最適となります。なんと言っても海岸沿いを車でドライブするのは、景色を楽しみながらまわることができます。ドライブでまわるからこそ見ることができる絶景ポイントもあるので、車やバイクでまわるのはおすすめです。

ここでは、ドライブで夏泊半島をまわったときの見どころやコースを紹介していきます。観光やデートコースとしても人気がある夏泊半島の魅力は、ドライブによってより一層楽しむことができますので、夏泊半島に向かう時には参考にしてみてください。

夏泊ほたてラインで半島を一周

夏泊半島には、海岸沿いを一周することができる夏泊ほたてラインがあります。区間は中野から沼舘の間を通る道になっていて、大島にも行くことができますので人気のドライブコースになります。昔は道が悪い場所でしたが、整備されて走りやすくなりました。

途中道が狭い場所もありますので、ドライブを楽しむ時には注意が必要になります。ですが、すぐ横は綺麗な青い海が広がっていますので、西浜と東浜の両方を楽しむことができるので、夏泊半島に来たらのんびりドライブを楽しんで見てください。

海のそばを爽快に走り抜ける

色々な角度からの海を見る事ができる夏泊半島の夏泊ほたてラインですが、もっとも綺麗な絶景を見る事ができるが東浜にある海岸段丘を眺める事ができる場所と言われています。もちろん、他にも絶景と言える青い海を眺める事ができる場所があります。

そんな、海岸沿いを通る夏泊ほたてラインは天気が良い日はとても気持ちがよく爽快な場所として人気があります。海のすぐ横の道になりますので、ドライブとして一度は走って見る事をおすすめします。観光や休日のお出かけには利用してみてはいかがでしょう。

夏泊半島の大島をハイキング

夏泊半島にある大島には、先述したように渡橋を使って渡ることができるようになっています。橋は遊歩道になっていますので、大島に向かう場合には徒歩で行くしかありませんが、大島にも魅力がいっぱいありますので渡って楽しむことをおすすめします。

ここで、夏泊半島にある大島の魅力について詳しく紹介していきます。大自然を感じることができる大島の絶景ポイントもあり、季節によって見どころが満載の場所。夏泊半島に来たら、参考にしてぜひ大島の絶景と自然を堪能してみてください。

大島灯台を目指してハイキング

大島には遊歩道として登山道があり、そこを歩いて行くと大島の灯台にたどり着くことができます。遊歩道と言っても、ちょっとした小道になりますので灯台までのハイキングを楽しむためには、靴はしっかりしたのを履いて行くことがおすすめになります。

灯台から眺める事ができる景色は、青い大海原も含めて絶景と言われている場所になります。この絶景を見る音ができたら、ハイキングで登山道を歩いて来た疲れも吹き飛ぶと言っても過言ではありません。ぜひ、大島に来たら灯台へハイキングを楽しんでください。

大島の植物

大島には、大自然が広がっていますので灯台までのハイキングの道中でも楽しむ事ができますのでおすすめになります。色々な野花が咲いていますので、色々な花を愛でる事ができます。可愛らしい小さい花が多く咲いていますので探しながら歩くのもおすすめです。

ですが、大島内に咲いている草花は採取が禁止されていますので、自然を守るために摘んでしまったりする事はしないようにしましょう。徒歩でまわる事ができる場所ならではの大島で、ハイキングとともに色々な花を探して歩いてみてはいかがでしょうか。

季節によって姿が変わる

自然の豊かな大島に咲いているたくさんの花たちですが、もちろん季節によって色々な花を咲かせます。ですから、行く季節によってさまざまな顔を見ることができる場所になります。絶景を楽しむのはもちろん、季節ごとの景色を楽しむのもおすすめです。

ですが、冬場に大島を訪れる場合には、トイレなどの水場は使用ができなくなっていますので注意してください。これは、凍結防止のためになり利用できる場所は限られてしまいますので、大島に向かう時にはしっかり確認しておくようにしましょう。

夏泊半島へのアクセス方法

青森県の夏泊半島にはどのように向かったら良いのか、地元の方でないと分からないアクセス方法。観光スポットがたくさんありますので、ドライブを楽しむにはもってこいの場所になります。そのためには車でのアクセス方法は大事な要素の一つになります。

そこで、最後に青森県にある夏泊半島への車でのアクセス方法や駐車場に関する情報をまとめました。雪景色が終わった青森県の夏泊半島への観光旅行を計画している方は、特にアクセス方法と駐車場をチェックして観光旅行を楽しむ参考にしてください。

車でのアクセス

夏泊半島へは電車やバスで行くこともできるのですが、観光スポットをまわるには車で行くのがおすすめになります。青森市内から向かう場合には、青森自動車道と国道4号線を経由すると車で約1時間ほどで夏泊半島に着くことができますのでおすすめです。

青森空港から夏泊半島へ向かう場合には、県道27号と国道4号を経由して北上することで約1時間ほどで到着する事ができます。どちらからのアクセスも同じくらいの時間になりますので、観光旅行の方はレンタカーを借りてまわってみてはいかがでしょうか。

駐車場

車で夏泊海岸へ向かった場合には、駐車場があるのかが重要な要素になります。ここでは、夏泊半島の観光スポットにおいての駐車場情報えお首魁していきます。まず大島になりますが、駐車場料金がかかっていましたが、現在は無料で利用する事ができます。

ツバキ自生北限地帯には海水浴場側に約50台停めることができる駐車場があり、こちらも無料で利用することができます。浅所海岸には目の前と少し離れたところに駐車場があります。他にもコインパーキングなどもありますので必要に応じて利用しましょう。

Thumb青森観光おすすめスポット31選!定番から人気コースまで見どころ満載!
青森にはおすすめの観光スポットがたくさんあります。温泉に自然、おしゃれな庭が眺められるカフェ...

夏泊半島で春先のドライブをしよう

暖かくなった春先には、自然だけではなく景色も満喫することができるのが青森県の夏泊半島。のんびりと大海原を眺めながらドライブを楽しむのはもちろんですが、大島の自然を楽しみながらのハイキングも青森県の夏泊半島のおすすめの過ごし方になります。

夏泊半島には名物のホタテもありますので、味わいながら色々と見てまわることができるのも人気のポイントになります。都会の喧騒を忘れることができる夏泊半島、青森県に住んでいる方も観光旅行で訪れる人ものんびりドライブを楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ