浅虫温泉で日帰り入浴を楽しもう!家族風呂などおすすめスポット11選!

青森にある「浅虫温泉」は、大変人気の温泉であり、いつもたくさんの人で賑わっています。日帰り入浴施設も充実しているので、気軽に立ち寄ることができます。青森の「浅虫温泉」の日帰り入浴について、いろいろな情報をピックアップしてみました。是非、行ってみてください。

浅虫温泉で日帰り入浴を楽しもう!家族風呂などおすすめスポット11選!のイメージ

目次

  1. 1青森の浅虫温泉に日帰り入浴に行こう!
  2. 2【青森】浅虫温泉ってどんな温泉?
  3. 3浅虫温泉の日帰り入浴サービスがあるおすすめ温泉施設
  4. 4浅虫温泉の食事付き日帰りプランがあるおすすめ温泉
  5. 5浅虫温泉の人気日帰り温泉
  6. 6浅虫温泉の日帰り入浴サービスはないけれど、宿泊におすすめの温泉
  7. 7日帰り温泉を楽しめる浅虫温泉へのアクセス
  8. 8浅虫温泉で日帰り温泉を利用してみよう!

青森の浅虫温泉に日帰り入浴に行こう!

青森にある「浅虫温泉」は、ゆっくりじっくりと入浴を楽しむことができる温泉です。日帰り入浴施設もさまざまあり、それぞれに異なった特徴があります。いつでもすっと気分をリフレッシュさせることができる場所として大変人気です。青森にある「浅虫温泉」について、温泉情報や料金・アクセス情報などをあわせて紹介します。

【青森】浅虫温泉ってどんな温泉?

「浅虫温泉」は、青森県・青森市の浅虫にある、大変人気の温泉です。夏泊半島の付け根にあたる部分にあり、海と山に挟まれた大変自然が豊かな場所にあります。

「浅虫温泉」は、開湯から約1200年ともいわれていて、大変歴史のある温泉の一つです。平安時代の慈覚大師(円仁)や円光大師(法然)などの僧が発見したともされています。

当時は布を織るときに使う麻を蒸すためだけに使用されていました。このことから、「麻蒸」と呼ばれいて、そこから「浅虫」になったともいわれています。

お湯は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩-塩化物泉であり、神経痛やリュウマチ・婦人病などに効能があるとされています。

「夏虫温泉」には、たくさんの旅館や日帰り入浴施設があり、それぞれのスタイルにあった入浴施設を自由にチョイスすることができます。

Thumb青森の温泉・秘湯ベスト17!おすすめの人気施設をランキングで紹介!
全国でもトップクラスの温泉、秘湯地数がある「青森県」。緑豊かな自然、そして遠くまで広がる海の...
Thumb青森観光おすすめスポット31選!定番から人気コースまで見どころ満載!
青森にはおすすめの観光スポットがたくさんあります。温泉に自然、おしゃれな庭が眺められるカフェ...

浅虫温泉の日帰り入浴サービスがあるおすすめ温泉施設

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスがある人気でおすすめの温泉施設を厳選して4つ紹介します。

観光や仕事の帰りなどにさっと疲れを癒して帰ることができるところばかりなので、気軽に寄ってみることをおすすめします。

南部屋・海扇閣

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスがある人気でおすすめの温泉施設の一つ目は、「南部屋・海扇閣」です。青森県・青森市の浅虫蛍谷にある日帰りでも宿泊でも楽しめる旅館にある温泉です。

最上階である9階にある浴室は、展望風呂となっていて、陸奥湾の壮大な景色を眺めながらゆったりと入浴することができます。

サンセットを眺めることができることでも特に有名であり、その日のサンセットの時間を調べておき、その時間にあわせて入浴してみると良いでしょう。

季節の風を感じながらの温泉をじっくりと楽しめる露天風呂と、広々として大きな窓からの光が明るい大浴場があります。

「南部屋・海扇閣」に電車で行く場合は、青い森鉄道の「浅虫温泉駅」から徒歩約3分でアクセスすることができます。車の場合は、青森自動車道の「青森東インターチェンジ」で降りると約15分でアクセスすることができます。約60台分の駐車場があります。

日帰り入浴の営業時間は、12時から14時までとなっています。料金は、大人が1000円、子どもが500円、幼児が300円となっています。

椿館

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスがある人気でおすすめの温泉施設の二つ目は、「椿館」です。青森県・青森市の浅虫内野にある日帰りでも宿泊でも楽しめる旅館にある温泉施設です。

手足をしっかりと伸ばしての入浴を楽しむことができる源泉かけ流しの大浴場と岩づくりの露天風呂・飲む温泉(飲泉)があります。サウナもあるので、じっくりと汗を流すことができます。

宿泊者限定で事前予約制ですが、家族風呂もあるので、プライベートなひと時を大事にしたい時などにおすすめです。

「椿館」に電車を使って行こうと考えている時には、青い森鉄道の「浅虫温泉駅」から徒歩約6分でアクセスできます。車で行こうと考えている時には、青森自動車道の「青森東インターチェンジ」で降りると約15分でアクセスできます。約60台分の無料で利用することができる駐車場があります。

日帰り入浴の営業時間は、6時30分から8時までと13時から15時までとなっています。受付終了時間はそれぞれの終了時間の30分前です。料金は、大人が700円、子どもが350円となっています。

鶴の湯

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスがある人気でおすすめの温泉施設の三つ目は、「鶴の湯」です。青森県・青森市の浅虫字蛍谷にある日帰りや宿泊で楽しめる旅館にある温泉施設です。

4人ほどが入ることができるこじんまりとした湯船には、たっぷりのお湯が注がれています。温度は自由に調整することができます。

浴室はタイル張りとなっていてレトロ感を感じることができ、まったりとした入浴時間を楽しむことができます。

「鶴の湯」に電車で行きたい時には、青い森鉄道の「浅虫温泉駅」で降りるとアクセスすることができます。車で行きたい時には、青森自動車道の「青森東インターチェンジ」で降りると良いでしょう。

日帰り入浴の営業時間は、8時から19時までとなっています。料金は、大人が350円、子どもが200円となっています。

辰巳館

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスがある人気でおすすめ温泉施設の四つ目は、「辰巳館」です。青森県・青森市の浅虫山下にある日帰りでも宿泊でもどちらでも楽しむことができる旅館にある温泉です。

自然が豊かな広い露天風呂があり、青空や星空を眺めながらほっと一息つくことができるお風呂となっています。

小さな子ども用の椅子の貸し出しもあるので、子連れのファミリーやグループなどで訪れても大丈夫です。

「辰巳館」に電車でのアクセスを考えている時には、青い森鉄道の「浅虫温泉駅」で降りると徒歩約3分で行くことができます。車でのアクセスを考えている時には、青森自動車道の「青森東インターチェンジ」で降りると約15分で行くことができます。約20台分の無料駐車場があります。

日帰り入浴の営業時間は、12時から20時までとなっています。料金は、大人が500円、子どもが300円となっています。

浅虫温泉の食事付き日帰りプランがあるおすすめ温泉

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、食事付き日帰りプランがあり大変人気でおすすめ温泉施設を厳選して2つ紹介します。

温泉に入って、食事をして一日たっぷりと楽しむことができるところばかりです。心もお腹もしっかりと満たされるでしょう。

浅虫さくら観光ホテル

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、食事付き日帰りプランがあり大変人気でおすすめ温泉施設の一つ目は、「浅虫さくら観光ホテル」です。青森県・青森市の浅虫坂本にある日帰りでも宿泊でも楽しめるホテルにある温泉です。

青森のヒバのみを使用してつくられている眺望風呂は、眺めが良いのはもちろん、香りもたっぷりと楽しむことができ、五感すべてから癒されます。

大きな窓がある展望大浴場からも素敵な眺めを眺めることができ、贅沢な時間を優雅に過ごすことができます。

「浅虫さくら観光ホテル」に電車などの公共交通機関で行く時には、青い森鉄道の「浅虫温泉駅」から徒歩約10分となっています。自動車で行く時には、青森自動車道の「青森東インターチェンジ」から約10分となっています。約80台分の駐車場が完備です。

食事つきの日帰りプランには、3500円からの松花堂タイプ・5000円からの会席膳タイプなどがあります。予算や料理内容・アレルギー対応などについては、問い合わせをしてみると良いです。どちらのプランも最低15名からです。

ホテル秋田屋

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、食事付き日帰りプランがあり大変人気でおすすめ温泉施設の二つ目は、「ホテル秋田屋」です。青森県・青森市の大字浅虫字螢谷にある日帰りでも宿泊でもじっくりと楽しめるホテルにある温泉施設です。

四季をたっぷりと感じることができる和風の露天風呂や、陸奥湾や市街地などを一望することができる大浴場があり、のんびりとリフレッシュタイムを楽しめます。

女性の脱衣所にはベビーベッドや貸し出し用のベビーマット・ベビーチェァーなどもあるので、小さな子どもと一緒の場合でも安心して行くことができます。

「ホテル秋田屋」に公共交通機関で行こうと思っている場合は、青い森鉄道の「浅虫温泉駅」から歩いて約5分でアクセスすることができます。自動車で行こうと思っている場合は、青森自動車道の「青森東インターチェンジ」で降りると行くことができます。

食事つきの日帰りプランは、3500円のじょっぱり弁当コース・4500円のゆったり膳コース・6500円の豪華満腹膳コースなどがあります。利用可能時間は、11時から15時までとなっています。ゴールデンウィークやお盆・年末年始などの期間は日帰りプランが休みの時があります。

浅虫温泉の人気日帰り温泉

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、大変人気でおすすめの日帰り温泉施設を厳選して3つ紹介します。

ちょっとした観光や仕事の空き時間に立ち寄って気分をすっとリフレッシュすることができるところばかりです。

道の駅 浅虫温泉

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、大変人気でおすすめの日帰り温泉施設の一つ目は、「道の駅 浅虫温泉」です。青森県・青森市の大字浅虫字螢谷にある日帰りで入浴を楽しむことができる道の駅にある温泉です。

道の駅の建物の最上階である5階にある浴室は展望浴場となっていて、絶景を眺めながらの入浴を堪能することができます。

広々としていて、ドライブ途中などにちょっと気分転換したい時や身体を伸ばしたい時などにぴったりの場所となっています。

「道の駅 浅虫温泉」に公共交通機関で行く場合は、青い森鉄道の「浅虫温泉駅」で降りると歩いて約2分で行くことができます。自動車では、青森自動車道の「青森東インターチェンジ」で降りましょう。5か所の駐車場に普通車が約150台駐車できます。

日帰り入浴の営業時間は、7時から21時までで、最終受付時間は20時30分となっています。料金は、大人が360円、小学生が160円、2歳から6歳までの幼児が70円となっています。

松の湯温泉公衆浴場

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、大変人気でおすすめの日帰り温泉施設の二つ目は、「松の湯温泉公衆浴場」です。青森県・青森市の大字浅虫字内野にある日帰りでの入浴を楽しむことができる公衆浴場です。

昔懐かしさを感じることができる公衆浴場であり、こじんまりとしていますが、清潔感にあふれた地元の人にも愛されている温泉です。

窓からさんさんと明るい光が差し込む浴室には、源泉かけ流しで加水・加温もしていない温泉をじっくりと楽しむことができる湯船が1つあります。

「松の湯温泉公衆浴場」に公共交通機関を使って行く時には、青い森鉄道・「浅虫温泉駅」で降りると歩いて約6分で行くことができます。自動車では、青森自動車道・「青森東インターチェンジ」で降りると良いです。約17台分の利用者専用の駐車場があります。

日帰り入浴の営業時間は、7時から20時30分までで、夏期間は21時までとなります。元旦は定休日です。料金は、大人が350円、小学生が150円、幼児が60円となっています。

浅虫温泉足湯

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、大変人気でおすすめの日帰り温泉施設の三つ目は、「浅虫温泉足湯」です。青森県・青森市の大字浅虫字螢谷にある足湯です。

「浅虫温泉駅」のすぐ前にある足湯であり、温泉街の散策途中や電車待ちの時間・待ち合わせの時間などにぴったりの場所です。

基本的にはタオルを持っていく必要がありますが、すぐ近くにある「浅虫観光案内所」でタオルのレンタルが1枚30円であるので手ぶらで行っても大丈夫です。

「浅虫温泉足湯」に公共交通機関で行くには、青い森鉄道・「浅虫温泉駅」で降りるとすぐです。自動車で行くには、青森自動車道・「青森東インターチェンジ」で降りましょう。

営業時間は、4月から10月までの期間が7時から19時30分まで、11月から3月までの期間が8時から19時30分までとなっています。料金は無料となっています。

Thumb青森の道の駅おすすめランキングTOP11!人気の温泉やグルメが自慢の場所も!
青森には、温泉や人気のグルメを堪能できるおすすめの道の駅がたくさんあります。子供からお年寄り...

浅虫温泉の日帰り入浴サービスはないけれど、宿泊におすすめの温泉

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスはないけれど、宿泊におすすめの温泉施設を厳選して2つ紹介します。

宿泊をして非日常感を味わいながらじっくりと疲れを癒したい時にぴったりの場所ばかりです。予約をして行ってみてください。

旅館柳の湯

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスはないけれど、宿泊におすすめの温泉施設の一つ目は、「旅館柳の湯」です。青森県・青森市の大字浅虫字山下にある旅館です。

2つの趣の異なる露天風呂・大浴場・ヒバづくりの御湯殿などがあり、時間によって男女が入れ替わるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

地元の食材をふんだんに使った和食を中心としたお料理が美味しいことでも評判であり、お腹も心も身体もたっぷりしっかりと満たされること間違いなしです。

「旅館柳の湯」に公共交通機関でのアクセス方法は、青い森鉄道・「浅虫温泉駅」で降りて歩くと約6分となっています。自動車でのアクセス方法は、青森自動車道・「青森東インターチェンジ」で降りることをおすすめします。約40台分の駐車場が完備されています。

夕・朝食付きの1泊2食のスタンダードプランから、部屋食プラン・出張プランなどさまざまなプランから好きなプランを自由に選ぶことができます。

宿屋つばき

青森にある「浅虫温泉」のいろいろな施設の中でも、日帰り入浴サービスはないけれど、宿泊におすすめの温泉施設の二つ目は、「宿屋つばき」です。青森県・青森市の浅虫蛍谷にある旅館です。

男女別の大浴場は、チェックイン後からいつでも好きな時に自由に何度でも入ることができ、ほぼ毎日お湯が入れ替えられているので新鮮さもばっちりです。

その他にも空いていればいつでも入浴できる貸切露天風呂・事前予約制で有料の貸切半露天寝風呂や貸切風呂などがあり、大切な人との大切な時間を誰の目も気にすることなく楽しめると人気です。

「宿屋つばき」に公共交通機関で行く方法は、青い森鉄道・「浅虫温泉駅」で降りて歩くと約1分ですぐです。自動車でのアクセス方法は、青森自動車道・「青森東インターチェンジ」から約10分です。

豊富なプランの中からそれぞれのスタイルにあったプランをチョイスできます。インターネットで空き室状況や予約確認もできます。

Thumb 浅虫温泉のおすすめ宿5選!ゆったりできる人気の旅館やホテルを紹介!
浅虫温泉は「青森の奥座敷」とも呼ばれる青森を代表する温泉です。老舗の旅館からオーシャンビュー...

日帰り温泉を楽しめる浅虫温泉へのアクセス

「浅虫温泉」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、東北新幹線で「新青森駅」まで行き、奥羽本線に乗り換えて約7分の「青森駅」まで行き、さらに青い森鉄道に乗り換えて約20分の「浅虫温泉駅」で降りるとアクセスすることができます。

また、「青森駅」からバスに乗り換えようと思っている場合は、約55分の「浅虫温泉駅前バス停」で降りると行くことができます。

「青森駅」からタクシーやレンタカーなどに乗り換える場合は、約16キロメートル・約30分で到着することができます。

「浅虫温泉」に車を利用してアクセスしようと思っている場合は、東北自動車道から青森自動車道を経て「青森東インターチェンジ」で降りるとアクセスすることができます。

飛行機を利用する場合は、「青森空港」からバスで「青森駅」まで行き、電車やバス・タクシーなどに乗り換えると良いです。

浅虫温泉で日帰り温泉を利用してみよう!

青森にある「浅虫温泉」は、大変人気の温泉の一つであり、いつもたくさんの人で賑わっています。心や身体を癒したい時・ほぐしたい時にぴったりの場所であり、日ごろの喧騒から離れてゆっくりとすることができます。青森・青森市の周辺に観光や仕事などで行く予定があったら、是非「浅虫温泉」にも寄ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ