岩櫃城跡のアクセスや観光ポイントを紹介!真田家に縁のある古城を見学!

かつて真田氏が支配していたという群馬県の「岩櫃城」は、大河ドラマ「真田丸」の壮大なオープニング映像でも話題になりました。山の中腹にあることから、城跡観光と合わせて登山も楽しめるスポットです。岩櫃城跡で戦国ロマンに浸ってみてはいかがでしょうか。

岩櫃城跡のアクセスや観光ポイントを紹介!真田家に縁のある古城を見学!のイメージ

目次

  1. 1「真田丸」でおなじみの岩櫃城
  2. 2岩櫃城はどんな城?
  3. 3岩櫃城の歴史
  4. 4岩櫃城跡に出掛けよう
  5. 5岩櫃城跡へ行く時の注意点
  6. 6岩櫃城跡の見どころ1:本丸跡
  7. 7岩櫃城跡の見どころ2:竪堀
  8. 8岩櫃城跡の見どころ:潜龍院跡
  9. 9岩櫃城跡へのアクセス1:電車
  10. 10岩櫃城跡へのアクセス2:自家用車
  11. 11岩櫃城跡の駐車場
  12. 12岩櫃城跡から岩櫃山登山へ
  13. 13岩櫃城周辺の人気のおみやげ
  14. 14岩櫃城跡周辺のおすすめ観光スポット
  15. 15岩櫃城跡から「真田丸」聖地巡礼へ
  16. 16岩櫃城跡で戦国ロマンに浸ろう

「真田丸」でおなじみの岩櫃城

18879587 1781916315453766 4179718424206770176 n
jokaku_46

2016年に放送された大河ドラマ「真田丸」で有名になった舞台のひとつが、「岩櫃城」です。残念ながら建物は現存していませんが、城跡は現在でも見学することができます。岩櫃城跡や、「真田丸」のオープニング映像にも登場した岩櫃山で歴史ロマンを感じてみてはいかがでしょうか。今回は真田家ゆかりの地・岩櫃城についてご紹介します。

岩櫃城はどんな城?

岩櫃城は、現在の群馬県吾妻郡東吾妻町にあった山城です。戦国時代に真田氏が支配したことから、2016年放送の大河ドラマ「真田丸」の主要な舞台の1つとして一気に知名度が上がりました。天守閣などの建物は現存していませんが、本丸跡や竪堀などの遺構が残っており、現在でも気軽に見学することができます。

11264864 1736671956544975 1197951867 n
yuichi.ikegami

岩櫃城は、岩櫃山中腹の標高594mの場所にあります。一般的に山城は山頂に造られることが多く、中腹にある岩櫃城は非常に珍しい山城だそうです。岩肌がむき出しになった岩櫃山にそびえる岩櫃城は、まさに自然の要塞です。難攻不落の名城として山城ファンからも人気を集めており、2017年には「続日本100名城」に選定されています。

岩櫃城の歴史

岩櫃城のはじまり

18889195 1542818255749246 8780531750104203264 n
kikutaro15

岩櫃城が築城された正確な年代については、明らかになっていません。鎌倉時代初期に吾妻氏が築いたと伝わっていますが伝説の域を出ず、その後にこの地に入った斎藤氏が築城したという説が有力です。斎藤氏滅亡を機に武田氏の領地となりました。武田氏の郡代として岩櫃城主となったのが、真田氏です。

武田氏滅亡にまつわるエピソード

18012031 1345312338886104 1046949272546705408 n
higashiagatsuma.gunma

真田昌幸は、織田信長に侵攻された武田勝頼に岩櫃城へ逃げるようにと提案しました。ところが勝頼は岩櫃城ではなく、小山田信茂の居城・岩殿城へ逃げることを選択。信茂の謀反により、天目山で自害しました。勝頼が自害するエピソードは「真田丸」の序盤を代表する名シーンとなったことから、印象に残っておられる方も多いのではないでしょうか。

武田氏滅亡後の岩櫃城

13627960 1187472807987166 1951628172 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
atsezk

武田氏滅亡後は、岩櫃城は真田氏が支配することとなりました。岩櫃城は、同じく真田氏が支配する信州上田城と上州沼田城のほぼ中間地点としてアクセスしやすい場所にあったことから、真田氏の重要な拠点となりました。真田昌幸の嫡男・信幸が岩櫃城の城代となり、弟の信繁(幸村)も少年時代の一時期を岩櫃で過ごしたことが伝わっています。

岩櫃城の終焉

21690741 1477948465630626 4415732207176384512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kakusyu

江戸時代に入ってからも、岩櫃城および吾妻地域は真田氏の支配が続いていましたが、徳川家康が発令した「一国一城令」に従う形で、慶長20(1615)年頃に真田信幸は岩櫃城を破却しました。そして、城下町を現在の原町に移したと言われています。難攻不落の堅城とうたわれた岩櫃城は、戦国時代の終焉と時同じくして、その役割を終えたのです。

岩櫃城跡に出掛けよう

13257161 1021025837985182 619624401 n
kanou0714

現在でも岩櫃山の中腹には岩櫃城跡が残っており、誰でも観光することができます。「真田丸」の放送を機に観光案内所やトイレなどが新設された他、「真田丸」終了後も真田氏に関連するイベントなどが開催されているので、初めて行く方でも気軽に足を運ぶことができます。ぜひ、岩櫃城跡に足を運んでみてはいかがでしょうか。

岩櫃城跡へ行く時の注意点

注意1:山歩きにふさわしい服装

20766753 335736943546662 4608072147045187584 n
yamasaonikki

岩櫃山の中腹にあった岩櫃城跡に行くには、山歩きをすることになります。岩櫃山の中腹にある岩櫃城跡まで行くのであれば、本格的な登山装備こそ必要ありませんが、山歩きができる服装やシューズが必要です。途中滑りやすい道もありますのでヒールやサンダルは避け、スニーカーやトレッキングシューズを用意して行くことをおすすめします。

注意2:お弁当や飲み物の準備

28158543 192724231488653 5418795791655370752 n
andrewjbonham

岩櫃城周辺には、飲食店や、お弁当や飲み物を販売している売店やコンビニがほとんどありません。特に岩櫃城跡まで電車で向かう方は、お弁当や飲み物を必ず持参することをおすすめします。車で行く方であれば近隣の飲食店まで車で移動することも出来ますが、飲食店の場所は事前にチェックしておくと安心です。

注意3:クマが出ることも

26151236 1142555525880605 5948119999439699968 n
teruyuki_sakashita

駐車場から岩櫃城跡までは、人通りがない山道を通ります。季節によってはクマが出現することもありますので、1人で行く方はクマ鈴を用意して行くと安心です。また、岩櫃城跡観光には、ボランティアガイドさんに付き添いをお願いすることもできます。初めて岩櫃城跡を訪れる時には、地元のボランティアガイドさんに同行してもらえると安心です。

岩櫃城跡の見どころ1:本丸跡

15034509 1797175540542041 6658535249787486208 n
minaryna375

岩櫃山平沢登山口の駐車場から岩櫃城本丸跡までは、徒歩10~15分ほどでたどり着くことができます。建物こそ残っていませんが、城跡から見下ろす景色は素晴らしく、かつて真田氏がこの場所で過ごした日々に思いを馳せることができます。近年は発掘調査が行われており、この本丸跡から石垣・鍛冶場・鉄砲玉が見つかっているそうです。

岩櫃城跡の見どころ2:竪堀

麓まで一直線に続く「竪堀」は非常に珍しく、岩櫃城の特徴だと言われています。ただし、ガイドさんなど山城歩きの上級者が同行していない場合は、正規ルートから外れて竪堀を見に行くのは大変危険です。竪堀をじっくりと見学したい方は、ボランティアガイドさんの同行を依頼することをおすすめします。

岩櫃城跡の見どころ:潜龍院跡

17818160 698300950364871 3934332511496175616 n
highdeen

「潜龍院跡」は、真田昌幸が武田勝頼を岩櫃城に迎え入れるために3日で造った御殿「潜龍院」の跡地です。岩櫃城の南麓にあり、潜龍院跡から東の郷原城を経由して岩櫃城に行くこともできます。建物は残っていませんが、現在でも石段が残っており、真田昌幸が主君を招こうとした在りし日に思いを馳せることができます。

潜龍院跡に向かうには、岩櫃城の本丸跡へ上る道とはルートが異なるので注意が必要です。潜龍院跡方面は、「古谷登山口」が最寄りとなります。麓の古谷集会所前には、古谷登山口駐車場がありますので、車の方はその駐車場を利用することができます。岩櫃城跡から潜龍院跡に行く場合は、一度下山して車で古谷登山口に移動するのがおすすめです。

岩櫃城跡へのアクセス1:電車

13722120 146507972442506 511169515 n
k1k1j1j1

岩櫃城跡まで電車でアクセスする場合は、JR高崎駅から上越線で渋川駅に向かい、渋川駅から吾妻線で30分ほどの「群馬原町駅」が最寄りです。ただし、群馬原町駅から岩櫃城跡までは徒歩約40分(2.5km)と離れています。電車でアクセスされる方は、群馬原町駅から岩櫃城跡までタクシーを利用するのもおすすめです。

岩櫃城跡へのアクセス2:自家用車

18299746 1724745951156173 3178917011887489024 n
uniuni1327

岩櫃城跡まで車でアクセスする場合は、関越自動車道「渋川伊香保IC」から国道17・353・145号経由で、約40分ほどです。渋川伊香保IC付近は、キレイな景色が人気のエリアでもあります。美しい風景を眺めながら、岩櫃城跡までのドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

岩櫃城跡の駐車場

岩櫃城跡の最寄り駐車場は、岩櫃山平沢登山口の駐車場です。ここは、大型3台・普通車70台を収容可能な大型駐車場です。駐車場が広いので通常は混雑の心配はありませんが、連休やイベント開催時には混雑することもあります。また、駐車場の料金は無料なので、時間を気にせず岩櫃城跡の散策や登山を楽しむことができます。

平沢登山口駐車場から左手の坂道を上ると、「岩櫃山平沢登山口観光案内所」があります。ここでは観光案内をしてもらえる他、「真田丸」出演者の写真やサインを見ることもできます。パンフレット類も置いてあり、岩櫃城跡観光の拠点となる場所です。ぜひ立ち寄ることをおすすめします。

岩櫃城跡から岩櫃山登山へ

岩櫃城跡がある「岩櫃山」は、登山スポットとしても人気があります。岩櫃城跡見学と合わせて、登山も楽しんでみてはいかがでしょうか。標高802mの岩櫃山は、9合目までならスニーカーで登山をすることも可能です。ただし、9合目から山頂までは鎖を頼りにした岩壁登りとなるため、本格的な登山装備と岩登りの技量が必要になります。

23594772 168915150366908 2252090836374257664 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ku.nico

岩櫃山は特に紅葉シーズンがキレイだと評判で、群馬県内でもおすすめの紅葉スポットとして知られています。紅葉の時期に岩櫃城跡観光に行く方は、岩櫃山を登山しながら紅葉狩りを楽しむのがおすすめです。岩櫃山登山では草花だけでなく、カモシカなどの野生動物を見かけることもあり、自然を楽しむことができます。

1月~3月上旬頃の冬期には、降雪や路面凍結の危険があることから、岩櫃山登山の自粛期間となることがあります。登山自粛期間中は、岩櫃城跡観光もできない場合があります。この期間に岩櫃城跡観光や岩櫃山登山を考えている方は、事前に確認をしてから出掛けることをおすすめします。

岩櫃城周辺の人気のおみやげ

岩櫃城跡を訪れた方の人気のおみやげが、米焼酎「岩櫃城」です。これは地元の酒蔵・浅間酒造が製造しているもので、信州上田と上州沼田を結ぶ真田街道沿いのショップや、岩櫃城近隣のリカーショップで購入することができます。飲み口がスッキリとした焼酎なので、焼酎が苦手な方でも飲みやすく仕上がっています。

真田街道(国道145号)沿いにある「浅間酒造観光センター」には、米焼酎「岩櫃城」の他、真田氏をモチーフとしたお菓子などが取り揃えられています。浅間酒造観光センターは、「プロが選ぶ観光ドライブイン100選」の全国1位に選ばれたことがある場所です。真田氏にまつわるおみやげを購入したい方は、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

岩櫃城跡周辺のおすすめ観光スポット

観音山不動の滝

25035664 135700263881171 3474941314867396608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hakannkou

岩櫃城跡と同じ吾妻町にあるおすすめ観光スポットが、「観音不動の滝」です。観音山登山口の不動堂の脇からは、崖の上から水しぶきを上げる大滝を見ることができます。冬期には滝が凍結して、氷の彫刻のような姿になることからも人気を集めています。岩櫃城跡の駐車場から観音山不動の滝までの所要時間は、車で約10分、徒歩では約20分です。

吾妻渓谷

15306718 1829797027302104 1642091590694469632 n
yutaka.a0399

群馬県を代表する渓谷美を誇る「吾妻渓谷」も、岩櫃城跡と同じ吾妻郡にあります。紅葉スポットとしても人気で、秋の紅葉シーズンには非常に多くの人で賑わいます。「群馬の耶馬渓」とも言われる渓谷美は、ぜひ訪れたいおすすめスポットです。岩櫃城跡から吾妻渓谷までは、車で約30分です。

Thumb吾妻渓谷(群馬)の紅葉の見頃は?ハイキングコースや駐車場・アクセスも紹介!
吾妻渓谷(あがつまけいこく)は、群馬県吾妻郡にある美しい渓谷です。吾妻川に掛かる「雁が沢橋」...

岩櫃城跡から「真田丸」聖地巡礼へ

岩櫃城は、真田家が支配する信州上田と上州沼田を結ぶ「真田道」の中間地点として、当時は非常に重要な場所だったそうです。現在でも、岩櫃城を拠点に上田や沼田をはじめとした真田家ゆかりの地に行くことが可能です。「真田丸」にも登場した数々の城があった場所にも、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

「真田丸」聖地巡礼1:上田城跡公園

28154249 416898628738755 3108011362438086656 n
shimizummi

岩櫃城跡から長野県上田市までのアクセスは、国道144・145号経由で約1時間40分ほどです。真田昌幸が築城した上田城がある上田城跡公園には、信州上田真田丸大河ドラマ館や眞田神社など、真田氏や「真田丸」のファンならば絶対に訪れたい観光スポットが多数あります。

歴代の上田城主(真田氏・仙石氏・松平氏)を祀っている「眞田神社」は、真田昌幸・信幸・信繁父子の勝運にあやかって合格祈願スポットとしても人気です。また、御朱印が話題となっている神社でもあり、期間限定の御朱印を書いてもらうことができたり、御朱印を集めるとプレゼントがもらえるキャンペーンなども開催されています。

「真田丸」聖地巡礼2:沼田城址

18161850 416289672079391 2153970195373228032 n
takehiko_ino

戦国時代には北関東の要所であった群馬県沼田市は、岩櫃城跡から車で40分ほどでアクセスすることができます。「真田丸」の舞台の1つであった沼田城は現存していませんが、沼田公園内に城跡が残っています。同じ群馬県内にあることから岩櫃城跡からアクセスしやすいので、岩櫃城跡と合わせて訪れることをおすすめします。

「真田丸」聖地巡礼3:名胡桃城址

18161995 1897793097175622 7105672423684440064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
takehiko_ino

群馬県利根郡みなかみ町にある「名胡桃城」は、真田昌幸が沼田攻略の拠点とするために築いた城で、後に沼田城の支城となった場所です。城跡は2015年にキレイに整備されており、とても歩きやすくなっています。岩櫃城跡から名胡桃城跡までのアクセスは、車で約45分です。

「真田丸」聖地巡礼4:箕輪城跡

16906277 593268110883863 7189379751440547840 n
thin_blue_duke

箕輪城は、現在の群馬県高崎市箕輪町にあった城です。真田昌幸の父である真田幸隆が城代を務めたことがあり、「日本100名城」にも選定されています。武田氏滅亡後は織田氏や北条氏の領地となったことから、真田信繁の時代には真田氏の支配下にはなかった城ですが、「真田丸」にも登場しています。岩櫃城跡からのアクセスは、車で約1時間です。

Thumb箕輪城跡は群馬の日本百名城!真田丸で話題!アクセスやスタンプもチェック!
みなさんは群馬県高崎市にある箕輪城跡をご存じでしょうか。近年大河ドラマなどでも話題になったス...

岩櫃城跡で戦国ロマンに浸ろう

15538848 1152764734830654 1165355752756346880 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
smileamem

いかがでしたか。今も当時の面影を残す岩櫃城跡は、真田氏や「真田丸」のファンならぜひ訪れたいスポットです。四季折々の美しさが魅力の岩櫃山の自然も楽しみながら、岩櫃城が栄えた時代に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。真田氏ゆかりの地や群馬県内の名勝など、岩櫃城を起点としたお出掛けも、ぜひ楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
canariana

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ