丸亀製麺のカレーうどんの口コミは?おすすめのトッピングやカロリーを調査!

うどん専門の飲食店として、フードコートや道沿いで見かける「丸亀製麺」の「釜揚げうどん」、私達に馴染みも深くその場で調理されたものがイートインできる空間です。特に夏はカレーうどんなど辛いものが美味しい季節、今回はそんな丸亀製麺のメニュー、カレーうどんに迫ります。

丸亀製麺のカレーうどんの口コミは?おすすめのトッピングやカロリーを調査!のイメージ

目次

  1. 1 丸亀製麺のカレーうどんをご紹介
  2. 2丸亀製麺のカレーうどんとは?
  3. 3丸亀製麺のカレーうどんが人気の理由
  4. 4丸亀製麺のカレーうどんの値段
  5. 5丸亀製麺のカレーうどんのカロリー
  6. 6丸亀製麺のカレーうどんの口コミ
  7. 7丸亀製麺のカレーうどんのおすすめトッピングメニュー
  8. 8美味しいと人気の丸亀製麺のカレーうどんを食べてみよう!

丸亀製麺のカレーうどんをご紹介

調理されたばかりのできたて手作りうどんがその場でイートインできるスペースとして定評のある「丸亀製麺」の「釜揚げうどん」、厨房がオープンキッチンとなっているため地元の人々からの信頼も厚く、ヘルシーで低価格な点に根強い人気が集まります。今回は特に、夏注目したいカレーうどんのトッピングやカロリーを調査していきます。

丸亀製麺のカレーうどんとは?

現在、国道などの道路沿いやショッピングモールのフードコート内にあるセルフうどんの大御所として知られる「丸亀製麺」の「釜揚げうどん」は全国に700店舗を展開するうどん専門店です。

「丸亀製麺」は、渋谷区道玄坂に本拠を置くトリドールによって運営されている会社、1号店である「丸亀製麺加古川店」が兵庫県にオープンした事に始まります。

「讃岐うどん文化を広めたい」をコンセプトに、讃岐うどんの聖地にちなんで「丸亀製麺」の名前が付けられているのが特徴です。

休日ともなると家族ずれで賑わうこのお店のメニュー表には、うどん本来の味が引き出されたシンプルものからカレーうどんなどが並んでいます。

特に、体力の回復や健康維持に何かと慎重になる夏場におすすめしたいのは、辛みととろみの効いたカレー出汁が昔懐かしい、美味しいカレーうどんです。

今まで低価格でシンプル、混じりっけなしのうどんを選ぶ傾向にあった方や、匂いやカロリーが気になりカレーうどんを味わってこなかった方のために、普段とは違ったカレーうどんの楽しみ方をご紹介していきたいと思います。

丸亀製麺のカレーうどんが人気の理由

カレーうどんの麺に含まれる炭水化物の多さやカレーうどんのルーに関しては大抵カロリーが多めのイメージもあり気になるところです。

しかし、丸亀製麺のカレーうどんは、なぜ人気があるのでしょう?まずカレーうどんの注文の仕方からカレーうどんが人気の理由を見ていく事にしましょう。

丸亀製麺のカレーうどんをメニューから選んだ後、まず店内にある「注文口」からカレーうどんをオーダーします。

オーダー後、出来上がったカレーうどんを受け取りトレーに載せ、天ぷらやおにぎり、トッピングやその他食材が目の前に並ぶレーンを、横にずれながら移動していきます。

トッピングを使ってアレンジできる

このコーナーでは、丸亀製麺のカレーうどんに合いそうな美味しいトッピングをお好みでアレンジすることが可能です。

ここを通り過ぎたら最終的にレジでお会計を済ませ終了ですが、別途無料のセルフコーナーが設けられているのでそこでネギや揚げ玉、生姜をトッピングとして選んでいきます。

丸亀製麺の麺は作り置きがされていないため、どの店舗でも打ち立て生の味を味わうことができ、粉の挽き方にもこだわりが隠れているそうです。

あまり辛くないので食べやすい

それに、カレーうどんに使用されているカレーの出汁ですが、本物のカレーとは異なり旨味のある出し汁が加えられているため、辛過ぎず食べやすい味に仕上がっています。

カレーを口にした時、辛さ自体はあまり感じられませんが、時間がたつと徐々に辛さが効いてきます。カレーの味わいも濃厚で中辛程度、辛すぎるということはありません。

麺の方は太めでコシがあり、麺には香り高い国産小麦粉が使用され、カレーの野菜は姿が見えなくなるほどよく煮込まれています。

口の中でうっすらととろける玉ねぎと、トッピングでいただく揚げ玉のサクサク感、ネギのシャキシャキ感が美味しい一品、通常のかけうどんに比べボリュームもあり人気です。

Thumb丸亀製麺のおすすめメニューランキング!人気のトッピングやアレンジ方法も!
美味しいうどんだけでなくサイドメニューもおすすめの「丸亀製麺」には、さまざまなアレンジメニュ...

丸亀製麺のカレーうどんの値段

生のこだわり麺が使用されたカレーうどんの値段は並盛りで490円、大盛りは590円、特盛は690円で販売されています。

カレーうどんとかけうどん、めんたい釜玉うどんは全て温かいうどんになりますが他のメニューには冷たいうどんも用意されています。

カレーうどんのベースとなるかけうどん自体は380円で販売されていて、カレーのだし汁のみが110円アップしたかたちとなっています。

うどん専門店や飲食店では通常、カレーうどんの値段は600円から1000円かかりますが「丸亀製麺」の「釜揚げうどん」は、美味しいトッピングが付けられて500円以下で収まります。

丸亀製麺のカレーうどんのカロリー

カレーには様々な緑黄色野菜が含まれており、たった1品のメニューでも体に必要な栄養素を多く摂取することのできる料理です。

そのカレーを旨味の豊富なだし汁で割り、カレーうどんが作られます。うどん1玉のカロリーは263kcalですが、カレーうどんは具材やスープの濃さによりカロリーが変わります。

又、お肉が加えられているかいないか、麺の量は多いか少ないかによっても前後しますが、カレーうどんのカロリー標準値は450kcalとなっています。

栄養素のバランスは、炭水化物が75.3g、タンパク質17.2g、脂質7.5gとなり、カレーうどんの脂質は、厚生労働省の定める食事摂取基準の目標量よりも少なめ、炭水化物が1%だけオーバーしています。

カレーうどんには、カレーのルーでなくカレーの粉が使用されているものを選んだり、麺とカレーの量に気をつけてされいれば、糖質やカロリーは標準的なメニューです。

それでもカロリーが気になる方は肉の脂身などに気をつけ、セルフコーナーでのアレンジ食材には、特に野菜類を多めに取り入れていくと良いでしょう。

丸亀製麺のカレーうどんの口コミ

実際に丸亀製麺のカレーうどんを注文した方の口コミによると、セルフコーナーでネギのトッピングを大盛りにし自分なりのアレンジに挑戦した方がいます。

トッピングが無料のためコスパが良く、麺が美味しいとの口コミがあります。追加注文をしトッピングした鶏天にも下味が染み込み、カレーうどんに入れると美味しいアレンジが楽しめるという口コミでした。

他店では市販されているカレーのルーを使用しているだけのお店もあるという口コミですが、「丸亀製麺」では讃岐うどんの命とも言われる出しが丁寧に引かれているのが特徴、その出しにより麺の美味しさが際立っています。

カレーの濃厚なとろみが加わった出汁であれば、飲めるほどの美味しさ、お肉の他天ぷらとの相性も良いとの口コミがありました。

又、季節メニューや限定メニューも登場するという口コミもあり休日は家族でカレーうどんを食べにランチに訪れる方も多いようです。

丸亀製麺のカレーうどんのおすすめトッピングメニュー

それでは、最後に丸亀製麺のカレーうどんにぴったりなおすすめのトッピングをご紹介していきます。

飲食チェーンやうどん専門店などで、今までカレーうどんや合いがけカレーなどを注文された方であれば納得の1品かもしれませんが「温玉」(70円)は、是非試して頂きたいアレンジ方です。

温玉

「丸亀製麺」の「釜揚げうどん」でいただくカレーうどんの辛さと、出汁の塩気、温玉のまろやかさと麺の爽やかな喉越しが上手く絡み合います。

卵黄の黄色がカレーうどんの茶色にとろけていく様子を見るのも綺麗で、温玉だけすくって食べても麺と絡ませ混ぜながら食べても美味しい1品です。

調味料として七味も用意されているので、カレーだし汁の辛さが物足りない方は、豪勢な温玉カレーうどんにかけて見てはいかがでしょう?

かしわ天

続いてのおすすめアレンジ方は、丸亀製麺のカレーうどんにトッピングとしてのせる「かしわ天」(149円)です。

丸亀製麺のかしわ天は人気の高いメニューのうちの1つで、鶏の胸肉に自家製のタレが染み込ませてあるのが特徴です。

鶏の胸肉を使用した丸亀製麺のかしわ天が人気の秘密は丸亀製麺の創業者が30年前に開業した焼き鳥屋にあるとも言われています。

元々は焼き鳥屋からスタートしたトリドール社のノウハウによって開発された丸亀製麺自慢の鶏料理が、このかしわ天です。

揚げたての天ぷらとして、かしわ天の他にも野菜かき揚げ、海老天、ちくわ天、さつまいも天などが取り揃えられています。

「丸亀製麺」の「釜揚げうどん」で天ぷらを注文すると、持ち帰りをする事も可能なので自宅で天丼に挑戦する事もできアレンジの幅がさらに広がります。

Thumb丸亀製麺の天ぷらは持ち帰りもOK!おすすめの種類やカロリーを紹介!
丸亀製麺はうどんもそうですが、トッピングの天ぷらの種類が多く、楽しみにしている方も多いでしょ...

美味しいと人気の丸亀製麺のカレーうどんを食べてみよう!

長年に渡り地元の人々や家族づれに親しまれている「丸亀製麺」の美味しいカレーうどんをご紹介してきました。近年では、丸亀製麺が自粛中のウォーキングや運動の途中にも気軽に立ち寄れる場所として定着しつつあるようです。今年は「丸亀製麺」のカレーうどんで、じめじめとした夏を乗り切っていきませんか?

関連記事

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ