成田航空科学博物館の見どころまとめ!レストランやお土産・料金や口コミも!

成田国際空港のすぐそばにある成田航空科学博物館は、飛行機に関する展示だけではなくコクピットを見学したり、操縦体験もできる魅力的な博物館です。展望台からは飛行機の離発着もバッチリ。子供から大人までが楽しめる成田航空科学博物館について紹介します。

成田航空科学博物館の見どころまとめ!レストランやお土産・料金や口コミも!のイメージ

目次

  1. 1成田航空科学博物館
  2. 2成田航空科学博物館とは
  3. 3成田航空科学博物館の紹介1:アクセス
  4. 4成田航空科学博物館の紹介2:基本情報
  5. 5成田航空科学博物館の紹介3: 館内展示エリア
  6. 6成田航空科学博物館の紹介4: ボーイング747-400可動模型
  7. 7成田航空科学博物館の紹介5:ボーイング747ツアー
  8. 8成田航空科学博物館の紹介6:フライトシュミレーター
  9. 9成田航空科学博物館の紹介7:飛行機が見られる展望台
  10. 10成田航空科学博物館の紹介8:屋外展示の飛行機
  11. 11成田航空科学博物館の紹介9:レストラン
  12. 12成田航空科学博物館の紹介10:お土産ショップ
  13. 13成田航空科学博物館のイベントにも注目!
  14. 14成田航空科学博物館の口コミ紹介
  15. 15成田航空科学博物館に行ってみよう!

成田航空科学博物館

17932406 436503523352228 7879276551445938176 n
medusa580

成田空港の側にある「航空科学博物館」は、飛行機にどっぷり浸ることができ、小さな子供から航空マニアまで様々な層が楽しめる魅力的な博物館です。実際に使用されていた機材や機器の展示や体験コーナーはもちろん、離着陸がよく見える展望台、飛行機を見ながら食事ができるレストランやお土産ショップもあり、一日中いても飽きないと好評です。

成田航空科学博物館とは

14591943 1362367693787175 5252733733013815296 n
knockerchin

航空科学博物館は1989年にオープンした日本初の飛行機専門の博物館で、成田空港のすぐ側にあります。実際の飛行機はもちろん、客室の実物大モックアップやフライトシュミレーターなどがあり、飛行機好きの子供達だけではなく航空ファンの大人達の心を掴む興味深い博物館です。また、成田空港を離発着する飛行機も間近に見ることができます。

成田航空科学博物館の紹介1:アクセス

成田航空科学博物館へのアクセスは車が便利です。都内から車の場合、東関東自動車道「成田インター」で降り「航空博物館入口」を目指します。所要時間は約1時間ほど。木更津や袖ヶ浦方面から向かう場合は、館山自動車道から千葉東金道路を経由して「松尾横芝インター」で降りるのが航空博物館への最寄りとなり、1時間10分ほどかかります。
 

13702944 1106391982730836 891608944 n
medusa580

観光などで成田山も一緒に訪れる人も多いかと思いますが、成田山からアクセスする場合は成田空港方面へ進み、国道295号線を芝山町方面へ向かい62号線に入って博物館を目指します。所要時間は大体40分ほどです。成田航空科学博物館の駐車場は無料で、約300台とめることができ、口コミなどよると満車で入れなかったということはないようです。

23966871 1660458300673379 6564394969728024576 n
sobut

公共機関を利用してアクセスする場合、航空科学博物館へ行くバスがあります。東京駅八重洲口からは高速バスが出ており、料金は1680円です。成田空港からアクセスする場合は複数のバスを利用できるようですが、バス停からの距離を考えても、航空科学博物館行きのバスに乗るのがおすすめです。また、JR成田駅からも博物館行のバスが出ています。

成田航空科学博物館の紹介2:基本情報

成田航空科学博物館の営業時間は10時から17時までで、最終入館は16時半となっています。休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始。入場料金は大人500円、中高生300円、4歳以上が200円となっており、20名以上の団体は20%の割引料金となります。料金については加入組合などにより割引となるケースがあるので要チェックです。

10954426 943915905621587 2062369079 n
kuni_hiro

館内施設の中で、大型可動模型、ボーイング747見学ツアー、シュミレーターは別途料金が必要です。また、それらの体験については開催時間が決められていて搭乗予約券も必要となります。利用人数も限られていますので、希望する人は入館したらまず最初に受付で申し込みをすることをおすすめします。料金などの詳細については、後ほど紹介します。

成田航空科学博物館の紹介3: 館内展示エリア

成田航空科学博物館のエントランスは空港の保安検査場のようになっており、入館する前からワクワク感が高まります。1階ではジェット機に関する展示を中心に見ることができます。実際に使われていたボーイング747のエンジンやタイヤ、翼の断面など、どれも興味深いものばかり。2階が吹き抜けになっているので、天井が高く開放感もあります。

27878777 171821010211355 9220622257057955840 n
rootee.influ

フロアを飛んでいるようにも見えるボーイング747-400の模型は、実際の8分の1の大きさがあり、世界最大の可動模型となっています。外観はもちろん細部に至るまで限りなく実物に近づけたものというだけあって、かなり見応えがあります。その他にもキャビンのモックアップやコクピットなども展示されてあり、じっくり見たいものが沢山あります。

17882903 1719369975027654 6214513636577116160 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nanachi_028

各国のパイロットや客室乗務員の制服も展示してあります。実際の制服だけではなく、リカちゃん人形やバービー人形に歴代ユニフォームが着せている可愛らしいコーナーも人気。そのほか1階には航空機に関する書籍や資料などが揃うライブラリーもあります。海外の航空雑誌などもあり、飛行機マニアには必須スポットだという口コミもありました。

27578669 226402274599767 7500193319037698048 n
rootee.influ

成田航空科学博物館の2階に上がると、成田空港に関する展示が見られます。ビデオやパネルで情報発信をしていたり、大きなジオラマもあります。ジオラマは最新技術で3D映像とリンクしており、離着陸を見ることができるので是非チェックしてみて下さい。そのほか2階には体験コーナーが充実しており、子供達も楽しめる仕掛けが多くあります。

21372862 2034202536810661 6151303516255158272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
keigo.dzick

そのほか、クイズ形式になっている「音の体験ルーム」は、想像以上に楽しいという口コミも多くおすすめ。小さな部屋に入るとモニターがあり、航空機のエンジン音などを映像と共に体験することができます。「エコエアポートコーナー」では、成田空港が実際におこなっている騒音対策などといった環境に優しい取り組みについて学ぶことができます。

成田航空科学博物館の紹介4: ボーイング747-400可動模型

27575770 1643094479067073 3247543511171465216 n
ilbisonteilbisonte

成田航空科学博物館の館内展示エリアにあるボーイング747-400の大型可動模型は、実際に操縦体験をすることができます。体験は1日に5回開催されていて、1回につき4組まで。また、1組につき2名までが操作可能で、操作する人以外は見学となります。料金は無料なのですが、先着順に整理券を配布していますので受付にて申し込みが必要です。

22344804 1626018347460232 2291185041746690048 n
chiko1979

まず初めにスタッフが操作の説明をしてくれ、それから1人3分ほど操縦体験を行うことができます。小さなお子様の場合は保護者の方の膝の上でも大丈夫です。実際に操縦を行う場所はコクピットのようになっており、目の前にあるボーイング747-400の模型が自分の操作通りに動くので、小さな子供でも楽しめたという口コミも多くありました。

成田航空科学博物館の紹介5:ボーイング747ツアー

成田航空科学博物館の中でも人気なのが、ボーイング747の見学ツアー。1980年から2004年の間に飛んでいたボーイング747の機首部分があり、中に入って係員が説明しながら案内してくれます。普段乗客からは分からないようになっている装置や仕掛けなどが見えるように工夫されているのも見どころ。尚、外から見る分には料金はかかりません。

11326079 1003536616356324 572393143 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tama_cyun

ボーイング747の見学ツアーの料金は1人500円で、受付で先着順に整理券が発行されます。現在ツアーは平日4回、土日祝日は7回の開催で開始時間が決まっていますので、予めホームページなどで確認することをおすすめします。所要時間は30分ほどで定員は6名まで。4歳以上の参加可能ですが、小学校3年生以下については保護者同伴となっています。

成田航空科学博物館の紹介6:フライトシュミレーター

ボーイング747の見学ツアーと同じく人気なのがフライトシュミレーターです。実際に使われていたパイロット訓練用のシュミレーターを改修したのもので、航空機の操縦を体験することができます。フライトコースは静岡、福島、東京の3コースがあります。開始時間は決まっており料金は1人100円で、開催は平日3回、土日祝日が6回となっています。

13258852 1614463525537209 2037919232 n
w8y_m46s

実はこのシュミレーター、実際に操縦ができるのは2人だけ。1回の予約で14人乗ることができるのですが、操縦者以外の残りの12人は乗客として乗り込むことになります。とはいえ前方や窓側に画像がしっかり流れているので、実際に乗った気分になれます。口コミなどを見ても操縦席はかなり人気が高いので、受付での早い申し込みをおすすめします。

成田航空科学博物館の紹介7:飛行機が見られる展望台

成田航空科学博物館の3階には展望台があり、成田空港の飛行機やエンジン音などが楽しめます。道路を挟んだ隣に滑走路があるので写真撮影などにも最適。また5階には展望展示室があり、週末などには説明を聞きながら離発着の飛行機を見ることができます。展望室は円形になっていて、まるで管制塔のよう。航空管制に関する機械の展示もあります。

10691687 1484346915183259 1761324699 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ninnikusan

特筆すべきはこのガイドさんの知識量。管制官をリタイアされた方などがされているようで、細かい情報を教えてくれとても面白いと好評です。展望展示室には椅子やテーブルもあるので、ガイドさんの話を聞いているとついつい長居してしまいそうになります。ちなみに円形になっているので、空港が見える部分に人が集中していることが多いようです。

成田航空科学博物館の紹介8:屋外展示の飛行機

成田航空科学博物館の展示は館内だけではありません。屋外にも沢山の航空機が展示されています。1950年代から使われていたような小型飛行機やヘリコプターなど、マニアには気になるものばかり。第二次世界大戦後に日本のメーカーが初めて開発した旅客機であるYS-11においては試作1号機が展示されており、ファンとっては大興奮の一機です。

19379694 1460551827336772 1694884353739325440 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
okaokamaimai

そのほか、新聞社などが取材に使用していたプロペラ機や、会社の重役などが使っていたビジネスジェット機などもあります。屋外展示場にある航空機の中には、実際に乗って動かせるものもあり、エアロコマンダーやセスナのプロペラ機はスイッチを入れるとプロペラが回りだします。料金は航空機により異なりますが100円から300円ほどです。

成田航空科学博物館の紹介9:レストラン

12677675 965160930239628 1761466791 n
manachan74

成田航空科学博物館は飛行機ファンにとって一日中楽しんでいられる場所。4階にはレストランがあるので、こちらで食事を取ることができます。展望レストラン「バルーン」の店内はガラス張りで、レストランのどこに座っても飛行機が見られると人気。着陸するところを見たいという人は、中央の席に座ると比較的見やすいという口コミもありました。

11906257 442521665936132 1521401470 n
cedar_kei

レストランではカレーやパスタなどのメニューもありますが、人気は「機内食風ランチ」(980円)。その名の通りなのですが、機内食をイメージして作られたレストランオリジナルメニューでドリンク付です。お子様には飛行機の形をしたお皿に盛られたお子様ランチも人気。飛行機のオモチャもついているので、飛行機好きの子供にはおすすめです。

14730726 211194482642469 7922076622105083904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
buntaro5921

成田航空科学博物館の展望レストランの奥からは成田空港も見ることができます。飛行機の出発時間が集中する昼間には、離陸を待つ飛行機たちがずらりと並ぶ姿も楽しめます。レストランの営業時間は10時半から16時まで。レストランでは食事だけではなくお茶などもできますので、博物館の展示見学や体験などで疲れた時の休憩にもおすすめです。

成田航空科学博物館の紹介10:お土産ショップ

25037016 186024988807973 779340357233016832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
aizaki_kazuma

成田航空科学博物館の1階にはお土産ショップ「バイプレーン」があります。お店は狭いものの世界中のエアライングッズなどが並んでおり、つい欲しくなってしまうものが沢山あります。成田空港のお土産としても便利な箱入お菓子はもちろん、マニア向けのものから子供が喜びそうなオモチャに近いお土産まで幅広い種類の商品があるのも魅力です。

13561507 1750288308580368 1948994680 n
mizu.t

人気のお土産は、機内で出されるカップ麺、下敷きやペンなどの文具類、飛行機の模型など。お土産ショップの袋もなかなか素敵です。博物館のお土産ショップ「バイプレーン」は成田空港にも支店があるので、空港でも立ち寄ることができます。お土産ショップの向かい側には飛行機関連のゲームコーナーもあり、そこで遊んでいる子供達も見られます。

成田航空科学博物館のイベントにも注目!

成田航空科学博物館では興味深いイベントも実施しています。中でも有名なのは「航空ジャンク市」です。毎年3月と9月に開催されており、普通は手に入らない航空機の部品なども買えるという面白いイベントです。ビジネスクラスの座席やギャレーのカートから、機内サービス用の食器や手荷物シールといったお土産としても最適なものまであります。

21480418 1655069777876538 8445993788186296320 n
pig_toystory

博物館の航空ジャンク市は定番イベントですが、他にも様々なものが開催されています。小さな子供向けの紙飛行機作りから、現役客室乗務員やパイロットのお話し、空港でのお仕事体験、航空アート展など、それぞれ料金がかかるものや事前に予約が必要なものなどもありますので、興味のある人は是非ホームページで予定をチェックしてみて下さい。

成田航空科学博物館の口コミ紹介

様々な展示が楽しめる成田航空科学博物館ですが、口コミを見ても実際に体験できる展示が人気です。「機器に囲まれて緊張した」「説明してくれるのに頭が混乱した」という口コミもあり、本格的な操縦体験ができると好評。また、5階展望展示室のガイドさんを絶賛する「豆知識の量がすごい」「もっと聞きたい」という口コミも多くありました。

成田航空科学博物館に行ってみよう!

27892735 172873293333084 5699823567781232640 n
mfly222

成田航空科学博物館は、普段飛行機に乗る人もあまり機会がない人も、子供も大人も色々な層の人達が存分に楽しめる施設です。博物館の屋外には子供用の乗り物や走り回ったりできる場所もあり、レストランやお土産ショップもあるので、一日中楽しく遊べます。何度行っても面白い発見があるという口コミも多く、是非おすすめしたい博物館です。

Thumb成田市のおすすめカフェ特集!空港内・近くのおしゃれランチスポットあり!
千葉県の南東部に位置する成田市にある、成田国際空港。空港に到着後その食事の場所まできっちり把...
Thumb成田の人気グルメスポットまとめ!ランチやデートにおすすめの店も!
成田と言えば頭に浮かぶのは、成田山 新勝寺や成田国際空港ではないでしょうか。ゴルフを楽しむた...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yoco64

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ