コンビニの低カロリー食品9選!ダイエット中におすすめの弁当やお菓子など!

日本全国にたくさんあるコンビニには、お弁当にスイーツ、お菓子などなんでも揃っているので便利です。その中には低カロリーでダイエットにピッタリの食品も多数あります。そこで、手軽で便利なコンビニで販売している低カロリー食品を調査してまとめたので参考にしてください。

コンビニの低カロリー食品9選!ダイエット中におすすめの弁当やお菓子など!のイメージ

目次

  1. 1ダイエットにおすすめなコンビニの低カロリー食品は?
  2. 2コンビニの低カロリー食品を9選ご紹介
  3. 3コンビニの低カロリースイーツ2選
  4. 4コンビニの低カロリーお菓子3選
  5. 5コンビニの低カロリー食品3選
  6. 6コンビニの低カロリー弁当1選
  7. 7コンビニダイエットでカロリー制限の注意点
  8. 8コンビニの低カロリー食品を選ぼう

ダイエットにおすすめなコンビニの低カロリー食品は?

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの全国に展開しているコンビニや、地域限定のコンビニなど種類はたくさんありますが、コンビニで販売している食品は高カロリーのものばかりではありません。各食品には低カロリーのものもあります。

スイーツ、お菓子、弁当とダイエット中でも購入して食べることができる食品も多数揃っているので、コンビニ食品は手軽でとても便利です。

そこで、当記事ではコンビニで販売している低カロリーの食品について調査しました。今回のコンビニには、地域限定のコンビニは入っていませんので注意してください。お菓子やスイーツ、弁当とそれぞれの食品で低カロリーをまとめたので参考にしてください。

コンビニの低カロリー食品を9選ご紹介

コンビニを利用したことが無いという人は少ないと思いますが、高カロリーの食品が揃っていると思っている人はとても多いです。弁当やスイーツにお菓子のどれをとっても低カロリー食品が無いと思って避けていた人は必見の情報になります。

コンビニには低カロリーで、ダイエット中でも食べることができる食品が販売されています。それぞれのコンビニで低カロリー、低糖質食品はあります。

当記事で紹介していくのは、コンビニでダイエット中でも嬉しい低カロリーの食品になります。各食品の中から厳選しておすすめの低カロリー食品を9選紹介します。スイーツ、お菓子、弁当と種類で分けて低カロリー食品を紹介していくので参考にしてください。

コンビニの低カロリースイーツ2選

さっそくコンビニの低カロリー食品を紹介していくのですが、まずはダイエット中には避けたいと考えてしまうスイーツです。そんなスイーツにも低カロリーのものがコンビニには置いてあるので、ダイエット中の人にもおすすめの商品になります。

甘くて美味しいスイーツになりますが、毎日食べるのはダイエットには向かなくなってしまいます。ですが、たまに食べるにはおすすめのスイーツになっていますので、ダイエット中の方はおすすめの低カロリーコンビニスイーツを参考にしてみてください。

チーズケーキ(ファミリーマート)

最初に紹介していくおすすめのコンビニスイーツは、チーズケーキになります。各コンビニでも販売されているのですが、その中でもファミリーマートで販売しているチーズケーキになります。ファミリーマートには種類豊富なチーズケーキが揃っています。

そんなコンビニスイーツのチーズケーキになりますが、低カロリースイーツとしてダイエット中でも気軽に食べることができる食品の一つになります。

ダイエット中におすすめになるのは「クリームほおばるチーズケーキ」になるのですが、生クリームも楽しめるのでダイエット中でも満足感を得られるスイーツになります。また、262カロリーとなっているので、チーズケーキの中では低カロリーの商品となります。

濃厚なチーズケーキが食べたいという方には向かないスイーツになりますが、ダイエット中にスイーツも食べたいという方にはおすすめの商品になります。コンビニで手軽に買えるのですが、値段は税抜239円となりますので一度味わってみてはいかがでしょうか。

また、コンビニの中でもファミリーマートはライザップとのコラボ商品も販売していて、その中にも低カロリーのチーズケーキがあるのでおすすめです。

ライザップの商品はダイエットにはピッタリの食品が揃っていて、どれも低カロリーなのでおすすめになります。ライザップとのコラボはブリュレ仕立てになっているので味もしっかりしていると評判で、214かあロリーと低カロリーなのでおすすめです。

プリン(セブンイレブン)

次に紹介していくのはコンビニに販売されているプリンになりますが、こちらはコンビニの中でもセブンイレブンで販売している商品になります。甘くて美味しいプリンは子供から大人まで年齢を問わずに人気の高いスイーツの一つになります。

そんなコンビニスイーツのプリンの中でも低カロリーでおすすめなのが、セブンプレミアムの「きみだけのプリン」になります。

卵黄の濃厚さも感じる事ができ、滑らかな食感を楽しめるのでコンビニスイーツの中でも人気があります。しっかりとプリンの味を楽しめるのですが、内容量は95グラムでたったの139カロリーと低カロリーのメニューになっているのでおすすめになります。

コンビニに限らずにスイーツは高カロリーの商品が多い中でも、セブンイレブンのプリンは低カロリーなのでダイエット中でも食べやすい商品と言えるでしょう。また、他にも低カロリーのプリンがセブンイレブンには揃っているのが魅力の一つです。

その一つが、固めのプリンで人気の高い「イタリアンプリン」になります。食感はチーズケーキのようで、しっかりとプリンの味を楽しめる商品になります。

コンビニで販売しているプリンの中では珍しい形で、細長いのが特徴のプリンになります。こちらのカロリーは228カロリーとなっているので、比較的低カロリーのプリンとして人気の商品です。コンビニでゼブンイレブンを利用する場合は購入してみてください。

Thumb コンビニスイーツおすすめランキング!低カロリーデザートはダイエットにも!
コンビニには定番スイーツから期間限定のスイーツまで、様々なスイーツが販売されています。今回は...

コンビニの低カロリーお菓子3選

甘いコンビニスイーツは見た目も美味しそうな商品が多いので、低カロリーに限らず食べてしまいたいと思う商品はとても多いです。そんなスイーツには低カロリーがあるので、ダイエット中でも甘いものを我慢せずに楽しむことができます。

低カロリーのコンビニ食品にはスイーツだけではなく、お菓子も揃っています。次に紹介していくのは、コンビニの低カロリーのお菓子3選になります。甘さやお菓子を食べた満足感の両方を得られる商品もありますので、どんな商品があるか見ていきましょう。

コーンチップス(ローソン)

最初に紹介していくのはコンビニの中でもローソンで販売しているお菓子で、「さっくりコーンチップス」になります。人気の高いポテトチップスなどに比べると、内容量が少なくなっているのでお菓子として購入しても食べ過ぎる事も少なくなるのでおすすめです。

サクサクの食感を楽しむことができるスナック菓子となっているのですが、チアシードやキアヌなどが入っているお菓子になっています。

こちらのコンビニお菓子になりますが、内容量はわずか15グラムとなっています。物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、ダイエット中の人には程よい量になっていると言えるでしょう。カロリーは1袋で80カロリーと低カロリー商品になります。

コンビニで購入できるお菓子の中では群を抜いて低カロリーと言えるお菓子になるのですが、しっかりとコーンの味も楽しむことができるので満足感は得ることができるでしょう。ちょっと小腹が空いたと言う時にもピッタリのお菓子になるのでおすすめです。

また、低カロリーだけではなくこちらの商品は低糖質のお菓子としても注目を集めているお菓子となっています。コンビニにお菓子の中でも、糖質は9.1と低くなってます。

低カロリー、低糖質で味わえるお菓子は少ないのでコンビニでお菓子を購入する場合には、ローソンのコーンチップスは魅力的な商品と言えるでしょう。まだ、購入したことが無い方は一度購入して味わってみてはいかがでしょうか。

ナッツ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)

次に紹介するのはコンビニの中でもローソンやファミリーマート、セブンイレブンで販売している「ナッツ」になります。それぞれのコンビニでは、ミックスナッツとして販売しているのですが値段やカロリーはバラバラの商品になります。

カロリーにばらつきがあるのは内容量などにもよって違ってきますが、平均的に約400カロリーとなっているので低カロリーのお菓子の一つに選びました。

まずはファミリーマートのナッツになりますが、こちらはコンビニの中では内容量が多く80グラム入っていて528カロリーとなっています。低カロリーになるように油や塩を使っていないのが特徴のナッツになっていますのでたくさん食べたい方にはおすすめです。

次にコンビニの中でもローソンで販売されているナッツになりますが、こちらは内容量が75グラムとなっていて1袋のカロリーは492カロリーとなっています。4種類のナッツが入っている人気の商品となっているので、いろいろ味わいたい方にはおすすめです。

最後にセブンイレブンで販売しているナッツになりますが、コンビニの中では一番内容量が少なく41グラムとなっていて、カロリーは270カロリーとなっているので程よい量と低カロリーのナッツとして、食べ過ぎ防止をしたい方にはおすすめになります。

干し芋(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)

最後に紹介するコンビニのお菓子は干し芋になるのですが、甘いサツマイモを使ったお菓子なのでダイエット中でも甘味を感じれるのでおすすめの商品になります。もちろん、こちらの干し芋も甘いながらも低カロリーのお菓子となっています。

こちらの干し芋も、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンの各コンビニで購入することができるお菓子となっていてカロリーには若干の違いがあります。

まずはファミリーマートの低カロリーの干し芋になりますが、昔ながらの干し芋の味を楽しめる商品となっています。少量でも満足感を得られるのですが、こちらは45グラム入っていて142カロリーと低カロリーになっているので食べ過ぎ予防にもなります。

次にローソンで販売している低カロリーの干し芋になりますが、内容量は多く80グラム入っていて227カロリーになります。サツマイモそのものの甘さを楽しめる商品となっているので、甘すぎないので食べやすい干し芋と言えるでしょう。

最後にセブンイレブンで販売している低カロリーの干し芋になりますが、セブンイレブンでは3種類の干し芋を販売しています。

その中でも一番低カロリーになっているのが、内容量が45グラムの紅はるか干し芋になります。紅はるかが100パーセントで甘味をしっかり感じることができます。また、内容量が少ないので食べすぎてしまうのを防ぐこともできるのでおすすめです。

コンビニの低カロリー食品3選

甘いスイーツに甘いお菓子。コンビニで購入できる商品の中には、低カロリーだけれども満足感をしっかり得ることができる商品がたくさんあります。無理に甘いものを我慢する必要がないので、コンビニの低カロリーはおすすめになります。

次に紹介していくのは、甘い食べ物から離れて低カロリーの食品になります。ランチなどの食事にもぴったりですし、小腹が空いた時にもピッタリのコンビニの低カロリー食品を紹介していきますので、食品を購入する時には参考にしてください。

サラダチキン(ファミリーマート)

最初に紹介していくのは低カロリーでは定番の食品の一つでもあるサラダチキンになりますが、今回紹介するのはコンビニの中でもファミリーマートで販売しているサラダチキンになります。肉の食べたと言う満足感を得られるので人気の高い商品になります。

サラダチキンの定番のプレーン味でも105カロリーとなりますので、低カロリーで手軽に食べられる肉食品の一つと言えるでしょう。もちろん味に飽きがこないように、種類も揃っているのがサラダチキンの魅力の一つとなっています。

スモークサラダチキンの場合には119カロリーとなっていますし、3種類のハーブの味が楽しめるサラダチキンは133カロリーとなっています。そのため、どのサラダチキンを購入しても低カロリーとなっているのでダイエット中の方にはおすすめです。

最後にカレーの香りとスパイスを楽しめるタンドリーチキン風のサラダチキンになりますが、こちらは144カロリーとなっているので低カロリーながらもサラダチキンの中では一番高いカロリーです。食べ比べで楽しむのもおすすめになります。

スープ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)

次に紹介していくのは、コンビニスープダイエットとしても注目を集めている各コンビニのスープになります。スープと言われたらオニオンスープやコーンスープなどを思い浮かべる人も多いのですが、コンビニスープはご飯のお供とは違ってきます。

と言うのも、コンビニスープは具材がたくさん入っているメニューが多いので、主食としても取り入れることができる食品としてランチにもピッタリです。物足りない場合には先ほどのサラダチキンも付けると低カロリーでボリュームも出るのでおすすめです。

各コンビニで販売しているスープの種類は多く、具材などによってカロリーには違いが出ます。ですが、平均的に150カロリーから300カロリー前後の低カロリーのスープが多いので、それぞれのコンビニの味を食べて好みを見つけるのもおすすめです。

また、コンビニスープの魅力は低カロリーだけではありません。味に飽きてきた時には、調味料などで手軽にアレンジをして味を変えて楽しめるのも魅力の一つになります。オリジナルのスープでより美味しくすると、飽きずに楽しめるので人気があります。

おにぎり(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)

最後に紹介するのはコンビニのおにぎりになります。ダイエット中だからと言って、米を我慢して過ごすのは体にも悪く体調不良になってしまう場合もあります。そんな時におすすめになるのが、コンビニで販売しているおにぎりになります。

コンビニのおにぎりも中に入っている具材によってカロリーは変わってきてしまうのですが、平均的に低カロリーのおにぎりは約150カロリーから揃っていますので1個付け足すならちょうど良いカロリーと言えるでしょう。

また、程よく米を食べることで満足感も得ることができます。ただ、ここで注意しなくてはいけないのが、先述したように具材になります。定番の梅やシャケなどの場合には低カロリーのおにぎりとなりますが、具材によってはカロリーは高くなります。

特にマヨネーズが使用されていたり、肉料理が具材として入っていたりした場合にはカロリーは高くなると言えるでしょう。おにぎりの種類はたくさんありますので、購入する時には中に入っている具材も含めて注意するようにしましょう。

Thumbコンビニで人気のスープ11選!ダイエットにおすすめのヘルシーな商品も!
今回は、コンビニで人気のスープ11選についてご紹介したいと思います。手軽にいただくことができ...

コンビニの低カロリー弁当1選

コンビニで販売している低カロリーの食品にはいろいろありますので、組み合わせに注意するば低カロリーでボリューム満点にすることもできるのでおすすめになります。特にダイエット中の場合には、いろいろな種類が食べれるので満足感も高いでしょう。

ですが、いろいろな種類を買うのではなく一つに纏まっているコンビニ弁当も魅力を感じる商品の一つです。そんなコンビニ弁当は高カロリーが多いのですが、低カロリーの弁当も販売されているので紹介していきます。

ダイエット向けの低カロリー弁当

コンビニ弁当の種類は豊富にあり、中には1000カロリー近くの弁当もあります。ですが、高カロリーとなっているコンビニ弁当はおかずがたくさん入っていたり揚げ物が入っている弁当が多いです。ですが、コンビニ弁当には低カロリーの物があります。

たとえば、ご飯の上にあさりや野菜などが載っているお弁当のように見た目の小さいサイズの場合には400カロリー以下の弁当が多いです。各コンビニでも置いてあるサイズになるので、コンビニ弁当を買う時にはおすすめになります。

また、人気のチルド弁当でも低カロリーの商品はあります。セブンイレブンの場合には納豆とオクラのねばねばご飯の場合には330カロリーとなっているので、低カロリーで食べれるコンビニ弁当の一つと言えるでしょう。

ファミリーマートやローソンでも低カロリーのコンビニ弁当は販売されています。平均400カロリー未満の弁当を選ぶのがダイエット中には最適と言われてますので、いろいろな組み合わせでなく購入する場合には低カロリーの弁当を選んで購入しましょう。

Thumbコンビニ弁当のおすすめランキングBEST17!低カロリーなヘルシー商品は?
低価格ながら美味しいコンビニ弁当は、好みにあわせて気軽に購入できるおすすめの商品です。今回は...

コンビニダイエットでカロリー制限の注意点

各コンビニでは弁当、スイーツ、お菓子などに低カロリーの食品が揃っているのでダイエットにはピッタリの食品も多数販売しています。カロリー計算をしている人にはおすすめの食品も多いのですが、コンビニ食品でのダイエットでも注意点があります。

もちろん、コンビニ食品だからの注意点というわけではありません。ダイエットをする上での注意点になりますので、コンビニで低カロリーの食品を購入する時には参考にしてください。ダイエットを成功させるためにも押さえておきましょう。

カロリー制限にある落とし穴を理解しておこう

カロリー制限をしていることで体重が落ちていくのは、摂取カロリーよりも消費カロリーが多いからです。ですが、始めた当初と同じく変わらずに体重が減っていくと言うことはなく、ある一定の時期には変化がなくなってしまう経験をする人も多いでしょう。

一般的に停滞期と言われてますが、リバウンドしてしまうのもこの時期になります。これは、摂取カロリーが少ないことに脳が適用させた体作りにしてしまい、少ない食事量から大量の栄養分を体に摂取しようとしていることから起こってしまいます。

そのため、カロリー制限や糖質制限はただすればいいと言うわけではないと言われてます。もちろん、適度な運動をしている場合には変わってきますが、タンパク質と脂質、糖質の中でも糖質の割合を6に変更することで防ぐことができると言われてます。

単純にカロリー制限をしているだけでは体調不良に陥ってしまいますし、集中力が低下してしまうこともあります。また、リバウンドしてしまったら努力が水の泡になってしまいますので、コンビニで低カロリー食品を購入する場合にも注意しましょう。

体脂肪を落とすのが一番の近道

皮下脂肪や内臓脂肪は、生活習慣病につながる原因の一つとも言われているので注意している人も多いでしょう。体重を落とすことに専念してカロリー計算を行ってダイエットをした場合に陥りやすいのが、体重だけが落ちてしまう隠れ肥満になります。

つまり、体脂肪率を低下させていかないと体重が落ちても見た目がそんなに変わらなかったり、顔だけが痩せこけてしまったりするなどの原因となってしまいます。逆に体脂肪率を落としていくと、引き締まって見えるので見た目もスッキリします。

そのため、適度な運動や筋トレはダイエットに最適な要素とされています。運動が苦手と言う人は、いつもより一駅歩いてみたりエスカレーターを使わずに階段を使う、電車に乗っても座らないで立っているから初めても問題ないでしょう。

いきなりハードな運動を初めても長続きしなくなってしまうならば、適度にできる範囲からスタートするのがダイエットの近道になります。低カロリー食品も大事ですが、体脂肪率も注意して頑張ると成功率もアップしますので試してみてください。

コンビニの低カロリー食品を選ぼう

それぞれのコンビニでも、健康やダイエットに観点を置いた低カロリー、低糖質の商品がたくさんあります。コンビニによって、味や量、カロリーも変わってきてしまうのですが、ダイエット中でも手軽に購入できるので人気があるおすすめの商品です。

いろいろな食品を組み合わせて見るのもおすすめですし、食べすぎないようにコンビニ弁当を購入するのもおすすめです。低カロリーでもしっかりとした味を楽しむことができますので、コンビニで食品を購入する場合には参考にしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ