吉野家の裏メニューまとめ!注文方法や肉だくやつゆだくなど人気メニュー紹介!

吉野家にはメニューに存在しない隠れた裏メニューがあるのをご存知ですか?つゆだくや肉だくなど牛丼をとことん楽しめるアレンジなどの情報をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。吉野家で人気の裏メニューを徹底チェックしましょう!

吉野家の裏メニューまとめ!注文方法や肉だくやつゆだくなど人気メニュー紹介!のイメージ

目次

  1. 1知る人ぞ知る?吉野家の裏メニューとは
  2. 2吉野家の裏メニューは魅力がたっぷり!
  3. 3吉野家ファンなら誰もが知っている裏メニュー
  4. 4吉野家の裏メニューの注文方法を解説
  5. 5吉野家の裏メニュー(1)つゆだく
  6. 6吉野家の裏メニュー(2)ネギ
  7. 7吉野家の裏メニュー(3)肉
  8. 8吉野家の裏メニュー(4)ご飯
  9. 9吉野家のおすすめメニュー
  10. 10吉野家の裏メニューを持ち帰りする場合の注意点
  11. 11吉野家の裏メニューは非対応の店舗もあるので注意

知る人ぞ知る?吉野家の裏メニューとは

大手牛丼チェーンの吉野家で知る人ぞ知る裏メニューについて、皆さんは詳しくご存知でしょうか。自分好みのアレンジが楽しめる魅力たっぷりの裏メニューが吉野家にはいくつもあります。

今回こちらの記事では、そんな吉野家でおすすめしたい裏メニューについて詳細な情報をたっぷりとご紹介していきます。裏メニューの魅力はもちろん、気になる注文方法やつゆだく、ネギだく、肉だくなどいろいろなアレンジについても解説していきます。

吉野家の裏メニューは魅力がたっぷり!

吉野家で味わえる裏メニューについて一度は耳にした人もいるのではないでしょうか。吉野家が誇る看板メニューの牛丼をはじめ、さまざまな種類のメニューが吉野家にはたくさんあります。トッピングを追加したり、自分だけのアレンジもできたりします。

つゆを多めにしたつゆだくをはじめ、ボリュームたっぷりの肉だくや食感が楽しめるネギトッピングなど、メニューにはないバリエーション豊富な牛丼が味わえるところも吉野家ならではのウリとなっています。吉野家の裏メニューはまさに魅力がいっぱいなんです。

吉野家ファンなら誰もが知っている裏メニュー

全国各地でチェーン展開を行っている吉野家では、知る人ぞ知る裏メニューの人気も評判となっており、口コミやSNSなどでも最近では話題となっています。裏メニューの魅力やファンが好むトッピングなどを選りすぐっていきますのでチェックしていきましょう。

自分が好むトッピングやアレンジを追加することで、普段食べている牛丼とはまた違った味わいが楽しめるのも裏メニューの大きな魅力と言えるでしょう。吉野家によく行く常連さんだけでなく、それ以外の人もぜひこの機会に試してみるのをおすすめします。

吉野家では牛丼を注文する際にいろいろなトッピングやアレンジに応えてもらうことができます。例えば、ご飯の量や玉ネギの増減であったり、牛肉の脂身を少なめにしてほしいなどといった要望に無料で応じてもらえます。

自宅に牛丼を持ち帰って自分好みにアレンジしてみるのもおすすめです。さまざまな調味料を加えて美味しい牛丼にアレンジできるといったところも魅力と言えるでしょう。吉野家の牛丼はそのまま味わうだけでなく、アレンジして食べるのも絶品なんです。

もっと言えばトッピングを全部のせるといった贅沢な裏メニューだって楽しむことができます。他にないボリューム感のある牛丼は裏メニューならではの楽しみ方でもあります。牛丼を看板とする吉野家だからこそこういった裏メニューが堪能できるんです。

吉野家で利用することができるトッピングやアレンジなど裏メニューの魅力を掘り下げてご紹介しますので、次に吉野家を訪れた際にはぜひ試してみてください。自分だけの美味しい牛丼をたっぷりと心ゆくまで楽しみましょう。

Thumb吉野家のメニューおすすめ21選!定番の人気メニューやトッピングも紹介!
美味しい牛丼メニューをはじめ、さまざまなメニューで多くの人を魅了する「吉野家」には、牛丼以外...

吉野家の裏メニューの注文方法を解説

吉野家の裏メニューの魅力が分かったところで、実際に裏メニューを注文する方法について詳しくご紹介しましょう。吉野家で裏メニューを注文する方法は、まったく難しいというわけではなく誰でも気軽に利用できるサービスとなっています。

具体的には注文時につゆを多めに入れてもらう、追加トッピングとしてネギを注文する、などといったことを遠慮なく店員さんに伝えましょう。そうすると店員さんは注文に応じてつゆやネギの量を調節してくれ、自分好みの牛丼に仕上げて提供してもらえます。

吉野家の裏メニュー(1)つゆだく

吉野家の裏メニューといえば、やはりもっともメジャーなのが「つゆだく」でしょう。つゆだくはその名の通り、牛丼の汁を多めに盛る定番の裏メニューです。吉野家を頻繁に訪れないという人でもこのつゆだくは知っているという人は多いのではないでしょうか。

吉野家が誇る牛丼のつゆは、あの甘くてまろやかな味わいが多くのファンを惹きつけてやみません。吉野家の牛丼のつゆは、白ワインをベースとした発酵の調味料が使用されており、そこにおろし生姜のパンチを加えて独特の甘辛い味に仕上げています。

つゆだくを注文する方法としては、店員さんに「つゆだくで」とお願いしてつゆの量を多くしてもらうだけの簡単なものです。つゆだくにするとご飯がたっぷりとつゆに浸り、牛肉の旨みを最後まで存分に堪能することができます。

そして、つゆだくよりもっとつゆが欲しいという場合は、「つゆだくだく」という注文も可能です。つゆだくだくは、丼を傾けるとつゆが溢れ出てくるほど量が多めに入ってきます。いわゆるシャバシャバで濃厚な味わいがお好みという人にはおすすめです。

吉野家の裏メニュー(2)ネギ

吉野家の裏メニューの中でも常連さんがよく好むのが、「ネギ」のアレンジです。牛丼といえば肉と同じく欠かせない玉ネギですが、とろっとした食感と甘みのある味わいで思わずハマってしまう評判の裏メニューとなっています。

ネギを多めに注文する方法としては、店員さんに「ネギ多めで」とお願いすると通常よりも少し多めにネギを盛ってくれます。ネギを多めに注文した場合は肉の量が若干減ることもありますが、ほぼ誤差の範囲と言えるでしょう。

さらに、ネギの柔らかさに関しても「カタネギ」または「ヤワネギ」と指定することが可能です。カタネギはややコシの残るシャキシャキとした食感が楽しめ、ヤワネギはトロトロに煮込まれたまろやかな甘さを堪能することができます。

ただし、カタネギとヤワネギを指定する場合に気を付けたいのが、ランチタイムなどピークの忙しい時間帯によっては対応が難しい場合もありますので注意しましょう。

吉野家の裏メニュー(3)肉

吉野家の裏メニューで意外と知られていないのが、牛丼の具のメインといえる「肉」のアレンジです。吉野家自慢の肉は、なんと量や部位などをお好みで指定して注文することが可能となっています。肉好きの人にはぜひ試してほしい隠れた裏メニューです。

注文する方法は、ヘルシーな赤身部分を多めにしたいなら「赤多め」、脂身のない部分だけが欲しいなら「とろぬき」、脂身を多めにこってりしたいなら「とろだく」、ネギを一切なくしたいなら「肉のみ」、とそれぞれのお好みに合わせてお願いするようにします。

つゆだくやネギ多めといったカスタマイズができるのは他の牛丼チェーンでも可能ですが、肉の部位を指定して注文することができるのは吉野家ならではの魅力でもあります。肉の脂身をできれば避けたい女性の人にも嬉しいサービスと言えるでしょう。

吉野家の裏メニュー(4)ご飯

吉野家の裏メニューでは、玉ネギや肉と同じく牛丼には欠かせない「ご飯」のアレンジも実はできるんです。ご飯は牛丼を美味しく味わう上で決して軽視できないものですので、とことんこだわり抜きたいという人はぜひチェックしてください。

注文する方法としては、ご飯を少なめにしてカロリーを低く抑えたいなら「軽いの」、熱い炊き立てのご飯が苦手で少し冷めた状態で食べたいなら「つめしろ」、とそれぞれお願いします。さらに、ご飯をより少なめにしたい場合なら「極かる」というのもあります。

ちなみに「つめしろ」はもともと築地の1号店で行われていたサービスで、ご飯を丼に入れ時間を置いて冷ましてもらうというものです。通常よりも提供までに時間がかかってしまいますが、子連れの時などにはありがたい裏メニューと言えるでしょう。

吉野家のおすすめメニュー

吉野家では定番メニューの牛丼をはじめ、数多くの充実したラインナップを誇っていますが、中でも吉野家ファンの人やそうでない人にもおすすめのメニューをいくつかピックアップしてご紹介いたしましょう。

吉野家といえば、今では日本人なら知らない人がいないほど人気の牛丼チェーン店です。牛丼店のパイオニアとも言える吉野家には、長年にわたり変わらない味でずっと親しまれている絶品のメニューがたくさん存在しています。

今からさっそく、吉野家にある各おすすめメニューについて、価格やカロリーなど詳しい情報も含めて紹介していきます。皆さんが食べてみたい気になるメニューがあればぜひチェックしてみてください。

牛丼

吉野家のおすすめメニュー「牛丼」は、創業以来ずっと変わらない味で圧倒的な人気を誇る商品です。いわずと知れた吉野家を代表するメニューで、柔らかく煮込んだ牛肉と玉ネギのまろやかな味わいがご飯と相性バツグンです。

「牛丼」の価格については、小盛が332円、並盛が352円、アタマの大盛が452円、大盛が512円、特盛が632円、超特盛が722円となっています。すべて税抜の価格で、店内飲食または持ち帰りにより異なります。

「牛丼」の栄養成分は並盛を基準にした場合、カロリーが652Kcal、たんぱく質が20.2g、脂質が20.4g、炭水化物が92.8g、食塩相当量が2.7gとなります。塩分も控えめとなっているので、幅広い世代にピッタリと言えるでしょう。

肉だく牛丼

吉野家のおすすめメニュー「肉だく牛丼」は、美味しい肉をもっと食べたいというファンの要望に応えた肉好きにはたまらない商品です。丼いっぱいに盛り付けられた肉のボリュームはまさに圧巻で、カロリーを気にせずガツガツ食べたい時にピッタリといえます。

「肉だく牛丼」の価格については、小盛が471円、並盛が491円、アタマの大盛が591円、大盛が651円、特盛が771円、超特盛が861円となっています。すべて税抜の価格で、店内飲食または持ち帰りにより異なります。

「肉だく牛丼」の栄養成分は並盛を基準にした場合、カロリーが782Kcal、たんぱく質が27.2g、脂質が30.4g、炭水化物が96g、食塩相当量が3.8gとなります。肉の量が多くなっているのでやや脂質が気になりますが、炭水化物の数値は牛丼と差がありません。

Thumb吉野家の肉だく牛丼が大人気!肉好きさん必見の値段や具材の量は?
吉野家ではより一層牛丼を満喫することができる肉だくメニューもあります。バリエーションも豊富と...

ねぎ玉牛丼

吉野家のおすすめメニュー「ねぎ玉牛丼」は、たっぷりの青ネギと肉の旨みが見事にマッチした隠れ人気の高い商品です。青ネギのシャキシャキとした食感を心ゆくまで楽しめ、マイルドでコクのある玉子との絡みもまた絶妙です。

「ねぎ玉牛丼」の価格については、小盛が434円、並盛が454円、アタマの大盛が554円、大盛が614円、特盛が734円、超特盛が824円となっています。すべて税抜の価格で、店内飲食または持ち帰りにより異なります。

「ねぎ玉牛丼」の栄養成分は並盛を基準にした場合、カロリーが755Kcal、たんぱく質が27.2g、脂質が25.9g、炭水化物が98.6g、食塩相当量が3.8gとなります。玉子を含んでいるのでたんぱく質が多く摂れるのが特徴です。

ねぎだく牛丼

吉野家のおすすめメニュー「ねぎだく牛丼」は、築地の1号店で誕生したツウが好む商品です。まろやかな甘さのネギはトロトロになるまで煮込まれており、食感のよさが評判となっています。旨みたっぷりの肉ともベストマッチの仕上がりとなっています。

「ねぎだく牛丼」の価格については、小盛が434円、並盛が454円、アタマの大盛が554円、大盛が614円、特盛が734円、超特盛が824円となっています。すべて税抜の価格で、店内飲食または持ち帰りにより異なります。

「ねぎだく牛丼」の栄養成分は並盛を基準にした場合、カロリーが696Kcal、たんぱく質が21.7g、脂質が20.8g、炭水化物が100.3g、食塩相当量が3.9gとなります。玉ネギがメインとなっているので、ヘルシーでありながらボリューム感もあります。

Thumb吉野家のねぎだく牛丼がおすすめ!値段やサイズごとの具材の量など調査!
吉野家の牛丼に、ねぎだく牛丼が販売されているのはご存知でしょうか?美味しいと話題になっている...

吉野家の裏メニューを持ち帰りする場合の注意点

吉野家では、皆さんがご存知のようにメニューをテイクアウトすることが可能です。吉野家においては、定食メニューと鍋メニューを除くすべてのメニューが持ち帰りできます。

もちろん、ご紹介してきた裏メニューももちろん持ち帰り用の牛丼として注文OKです。実際に吉野家の裏メニューを持ち帰る場合に注意したいいくつかポイントがあります。

まず注意したいポイントとしては、持ち帰り方です。帰って開けると中身がぐちゃぐちゃになってしまっていることもあったりします。特に、牛丼の「つゆだく」を注文した時などはご飯がべちゃべちゃになることも考えられます。

そういったことを避けるためには、持ち帰りで注文する際に牛皿とご飯を別で注文するのがおすすめです。ただし、吉野家で提供している持ち帰り容器はそのままレンジで温めることができないので、一旦は別の容器に移してから温めるようにしましょう。

Thumb吉野家は持ち帰りも人気!テイクアウトメニューや予約・注文方法は?
すき家、松屋と並んで人気の牛丼店として知られる吉野家は、美味しい牛丼を持ち帰りで利用すること...

吉野家の裏メニューは非対応の店舗もあるので注意

吉野家の裏メニューについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?吉野家では好みのトッピングやアレンジを加えて自分だけの美味しい牛丼に仕上げることができます。オリジナリティに富んだ味わいが楽しめるのも裏メニューの大きな魅力です。

ただし、吉野家の裏メニューは一部の店舗において非対応となっている場合がありますので注意が必要です。また、対応する店員によっては裏メニューが分からないといった場合もあるので無理なく注文することをおすすめします。 

これらのことをしっかりと踏まえて次に吉野家を訪れた際には、注文時に自分好みのトッピングやアレンジなどをカスタマイズして、今まで以上にもっと美味しい牛丼を楽しんでみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
MT企画

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ