松屋のプレミアム牛めしが絶品!価格やサイズ・気になるお味を調査!

牛めし屋「松屋」では、低価格で気軽に美味しい牛めしを堪能出来るとして長年人気を集めています。関東圏を中心にした「松屋」で提供されている「プレミアム牛めし」が美味しいと評判、牛めし好きの方に人気を博しています。「プレミアム牛めし」の他にも人気メニューが豊富です。

松屋のプレミアム牛めしが絶品!価格やサイズ・気になるお味を調査!のイメージ

目次

  1. 1松屋のプレミアム牛めしがおすすめ!
  2. 2松屋のプレミアム牛めしとは?
  3. 3松屋の「牛めし」と「プレミアム牛めし」の違いはある?
  4. 4松屋のプレミアム牛めしの気になる味を紹介
  5. 5松屋のプレミアム牛めしのサイズと価格
  6. 6松屋のプレミアム牛めしはテイクアウトも可能!
  7. 7松屋の牛めし以外のメニューもおすすめ
  8. 8松屋のプレミアム牛めし口コミ紹介
  9. 9牛めし松屋の歴史
  10. 10松屋の人気メニュープレミアム牛めしを注文してみては?

松屋のプレミアム牛めしがおすすめ!

松屋の「プレミアム牛めし」を未だ食べた事の無い方は、ぜひ一度食べてご覧になって下さい。ノーマルの牛めしから進化したプレミアム牛めし、お近くの松屋にプレミアム牛めしのメニューがある場合は是非ともおすすめです。今回は松屋の「プレミアム牛めし「について、詳しくご紹介致します。松屋の他のメニューや、口コミもご紹介致します。

松屋のプレミアム牛めしとは?

牛めしで人気の松屋が消費税アップを機会に新メニューを打ち出した、それが「プレミアム牛めし」です。それまでの牛めしよりも美味しくなったと評判、価格に見合った美味しさが評判となっています。

日本全国にある松屋ですが、「プレミアム牛めし」はどの店舗でも食べられるとは限らない様です。それでは何処へ行けば、「プレミアム牛めし」に出会えるチャンスが高いのでしょうか。その辺に付いて調べてみましたので、紹介致しましょう。

主に関東地方限定のメニュー

実は松屋の「プレミアム牛めし」は、関東圏の店舗で多く販売されているのです。東京・埼玉・神奈川・愛知などの店舗、京都の8店舗で「プレミアム牛めし」は販売されています。

大阪でも淀屋橋店と梅田角田店で「プレミアム牛めし」を提供、ですが関東圏限定とも言える「プレミアム牛めし」です。このメニューがある店舗は、がプレミアムの付かない牛めしのメニューは消えています。

松屋の「牛めし」と「プレミアム牛めし」の違いはある?

それではこれまでの牛めしと、「プレミアム牛めし」にどの様な違いがあるのでしょうか。先ず使用されている牛肉スライスの、保存具合が違います。

従来の牛めしに使用されている牛肉は、冷凍保存の物でした。そして「プレミアム牛めし」に使われている牛肉は、チルド保存のお肉に変わっています。冷凍とチルド保存での違いを一つとってみても、美味しさに違いが出るのです。

チルド保存の意味をご説明しておきますと、冷蔵保存でも冷凍保存でもない中間の温度での保存方法となります。チルド保存の温度は0℃から5℃となり、冷蔵温度よりも低く品質を良好に保つ事が出来る温度です。逆に冷凍保存になると、長期保存が可能になりますが品質は若干落ちる事になります。「プレミアム牛めし」の美味しさの理由の一つです。

お肉の質感が異なる

「プレミアム牛めし」が美味しい理由として、お肉の保存方法がありました。この他にも、従来の牛めしとの違いがあります。「プレミアム牛めし」の食感が、従来のお肉と違うのです。弾力があり、食べ応えのある食感になっています。

従来の牛めしに使用されている牛スライスと、「プレミアム牛めし」に使用されているお肉の違いは些細な事に有ります。それは長さと幅、牛肉がスライスされている大きさが若干違っているのです。こうした些細な違いで、食感に違いが生まれているのです。

価格も少し高い

従来の牛めしよりも美味しい「プレミアム牛めし」ですから、価格にも若干の差が出ています。従来の牛めしよりは、価格が少し高くなっています。消費税が2019年10月1日から上がっている事も関係して、少し高く感じるかも知れません。

牛めしチェーン店では消費税アップに対して値下げをしたり、極力値上げを抑えた対応の中「松屋」では「プレミアム牛めし」で勝負したのです。価格アップそして品質アップと言う戦略で生まれたのが「プレミアム牛めし」なのです。

松屋のプレミアム牛めしの気になる味を紹介

「プレミアム牛めし」を食べた方の感想から、その味をご紹介して参ります。これまで従来の牛めしを食べていた方が口を揃えて、お肉に甘みが感じられ食感も良くて美味しいと言います。タレの味が若干優しめと感じる方もおられる様ですが、個人差の為でしょう。

「プレミアム牛めし」はトレーに置いて提供され、プレミアム感が醸し出されているのも特徴です。そして松屋特製の黒胡麻焙煎七味が添えられているので、味の調節も各自で出来ます。美味しくなった松屋の「プレミアム牛めし」、是非おすすめの商品です。

プレミアムな点とは?

「プレミアム牛めし」発売当初はプレミアムと言う言葉を強調していた様ですが、現在ではあえてプレミアムと言わず、牛めしと呼んでいる様です。二種類の牛めしを併売しないので、プレミアム牛めしとして売り出した牛めしが松屋の牛めしになのです。

松屋では化学調味料を使わない牛めし、品質第一のメニュー販売を心がけています。他社の業績のアップダウンと比べて、松屋は安定した業績を続けています。こうしたプレミアムな食への拘りが、着実に実っているのでしょう。

松屋のプレミアム牛めしのサイズと価格

松屋の「プレミアム牛めし」には、サイズが5種類あります。並盛は380円ですがもっと沢山食べたい方には、頭大盛り480円・大盛530円・特盛650円までバリエーションがあります。小食の方やお子様には、ミニ盛330円も用意されています。

あたま盛というサイズ表記は、ちょと珍しいかも知れません。あたま盛って何だろうと思われている方に、意味を説明しておきましょう。丼物に置いてあたまと言うのは、丼の中にある食べ物の一番上にある食べ物になります。

牛めしにおいては、牛肉屋や玉ねぎのおかずの部分の事です。ですから「あたま大盛」と言う事は、ご飯では無くておかずの部分高が大盛になっているメニューとなります。沢山食べたいけど糖質が気になると言う方にとっても、おすすめのメニューとなります。その時々で、自分に合ったサイズを選ぶ事が出来ておすすめです。

Thumb松屋のメニューおすすめ15選!定番の牛丼や定食・カレーも人気!
松屋は全国展開する牛丼のチェーン店で、安くて美味しい牛丼を食べることができます。また牛丼以外...

松屋のプレミアム牛めしはテイクアウトも可能!

松屋の牛めしをテイクアウトしてどこか外で食べたい時や、持ち帰って家で食べたいという方にはテイクアウト・サービスも行っています。待ち時間を短縮する方法もあるので、ご紹介しておきましょう。

松屋のテイクアウトは電話予約が出来るので、時短をする事が出来ておすすめです。午前中に電話予約をして、お昼にさっさとテイクアウトをして食べる事が出来ます。仕事の合間の短いお昼休憩にとる昼食としてはとても重宝します。

電話予約での注文は1個から注文出来ますので、忙しい方等にはとてもおすすめです。電話予約の他にはウェブで野注文も受け付けているので、こちらの方法もおすすめです。2食分まででしたら、何と最短15分後には店舗で受け取る事が出来ます。職場の近くに松屋があると、仕事の昼休みに入ってすぐに予約すると休憩時間内に間に合います。

松屋の牛めし以外のメニューもおすすめ

松屋は牛めしのチェーン店と思われている方が、殆どではないでしょうか。実は松屋は定食やカレーにハンバーグと言った、人気メニューもおすすめの店舗です。

牛めしに科学調味料を使用しない等健康面に配慮した松屋では、定食やその他のメニューも豊富に揃っています。松屋のおすすめ人気メニューを、幾つかご紹介して参りましょう。松屋へ行かれる前にチェックして、牛めし以外のメニューにも着目してみましょう。

創業ビーフカレー

先ずは松屋の創業時の味を楽しめるカレー、「創業ビーフカレー」からご紹介致します。牛バラ肉をまるまる煮込んだ、コクのある美味しいカレーで人気があります。サイズは並盛490円(税込み)と大森590円(税込み)の2サイズです。

どちらのサイズも、ライスとみそ汁がセットになった価格となります。並盛に野菜サラダが付いたセットは、価格が590円で提供されています。ライスもみそ汁も付かない単品の価格は370円(税込み)、単品大盛は410円(税込み)での提供です。

ごろごろチキンのバターチキンカレー

松屋カレーのメニューは「創業ビーフカレー」以外にも豊富に揃っていますので、幾つかご紹介しておきます。「ごろごろチキンのバターチキンカレー」もおすすめ、大きなチキンがごろごろ入ってトマトも入ったイタリアン風カレーです。

サイズも並盛680円と大盛740円があり、ライスとみそ汁も付いています。但し大盛は、ライスだけが大盛になっています。単品の価格は560円ですが、カレーのみの料金となっていますのでご確認下さい。並盛の野菜サラダ付きは、780円となります。

チキンとトマトのカレーも大人気メニューとなっていますが、この他にもまだまだ人気メニューが有ります。プレミアム牛めしと創業ビーフカレーがセットになったメニューや、ハンバーグが創業ビーフカレーの中に入ったボリューム満点のメニューもあります。がっつり食べたい方に、人気のメニューとなっています。

うどん

松屋ではうどんメニューも、豊富なバリエーションがあります。先ずは「ぶっかけうどん」320円、おろしと刻みのりとネギが乗っています。プレミアム牛めしとのセットメニューは、価格が620円、牛めしだけでは物足りない方におすすめです。

ぶっかけうどんとプレミアム牛めしや、創業カレーのミニサイズとのセットメニューもおすすめです。ぶっかけうどんに「とろたま」が加わったメニューは400円、とろ玉うどんに牛めし屋カレーがセットになったメニューも有りますのでおすすめです。

定食やお子様メニュー

牛めしにカレーそしてうどんメニューを紹介して参りましたが、松屋では定食も人気メニューとなっています。牛やカルビの焼き肉定食には、ご飯とみそ汁に野菜サラダが付いています。

豚ロースの焼肉定食や豚生姜焼き定食も人気で、こちらにもライスやみそ汁にサラダがセットになっています。全て600円台で食べられますので、リーズナブルで栄養バランスもとれていておすすめです。

この他の定食としてはブラウンソースのハンバーグ定食600円や、目玉焼きが乗った680円のハンバーグ定食があります。ミニサイズの牛めしやカレーがセットになった、お子様向けのメニューも有ります。ミニサイズのライスに目玉焼きとソーセージ、フルーツ・ジュースに観にゼリーがセットになっています。おもちゃ付きでお子様におすすめです。

トッピングもおすすめ

トッピングとして用意されているメニューは、目玉焼きとソーセージで玉子は半熟にも対応しています。この他にも沢山あり半熟卵と野菜サラダがセットになったものや、キムチと卵がセットになったものも有ります。

豚汁と玉子のセットやお新香とのセット、とろろと玉子のセット等お好みに合わせてトッピングが選べておすすめです。栄養バランスに関しても、自分自身でアレンジして考える事が出来て安心です。価格も110円から250円とリーズナブルですので助かります。

Thumb松屋のランチメニューランキング!人気のセットなどおすすめメニュー紹介!
松屋に行ったら食べておきたい、おすすめの美味しいランチタイムメニューについてランキング形式で...
Thumb松屋のランチメニューランキング!人気のセットなどおすすめメニュー紹介!
松屋に行ったら食べておきたい、おすすめの美味しいランチタイムメニューについてランキング形式で...

松屋のプレミアム牛めし口コミ紹介

松屋の「プレミアム牛めし」への口コミは、賛否両論あります。従来の牛めしとどこが違っているのか分からない、値段が高くなっただけで味は変わっていないから値上げだと言う口コミも実際に有りました。

高評価の方の口コミでは、肉質の良さとタレの味を評価しています。詳しく観察とテイスティングをされた方の、評価をご紹介しましょう。タレに付いては従来のタレと比べて、色が薄く感じたという事です。味が薄いのかと言うと、肉の旨味が効いていたそうです。

タレは添加物を混ぜない自然の旨味、肉質が良いので上品なタレで美味しさが醸し出されているのだと理解されたそうです。お盆が添えられていたり七味の内容の変化で、胡麻化されていると言う感想を持った方もおられました。

ですがじっくりと観察と味わいを確認してみると何がプレミアムなのか分かったと言う口コミがありました。冷凍肉ではない熟成された肉の旨味がプレミアムになった条件の一つの様です。

牛めし松屋の歴史

最後に日本三大牛めしチェーン店の「松屋」に付いて、創業からの歴史についてご紹介しておきましょう。現在の「松屋」が牛めしを販売し始めたのは、1968年(昭和43年)の事でした。牛めしと焼肉定食のお店として、営業を始めました。

既に牛めし屋として営業をしていた吉野家に感銘を受けて、牛めしを提供する店を開業したのです。実はルーツはもっと昔で1966年(昭和41年)に、中華飯店を開業していたと言う歴史があります。この時はあまり事業が軌道に乗らずに3年程で閉店しています。

牛めしとの出会いが、現在の「松屋」を作ったのかも知れません。焼肉定食の店として始まった事もあり、現在でも定食には力を入れています。様々な変化を生む世の中にあって現在まで継続されているのは、日々の努力とアイディアあってこその繁栄でしょう。これからも多くの人に愛される牛めし屋「松屋」として、末永く営業して頂きたいものです。

松屋の人気メニュープレミアム牛めしを注文してみては?

今回は日本三大牛めし店、「松屋」のプレミアム牛めしに付いてご紹介しました。価格やサイズ通常牛めしとの比較、評判等もご紹介しました。牛めし以外の人気メニューに付いても、併せてご紹介致しました。安い価格で美味しい牛めしや定食にカレー等も楽しめる「松屋」、特にプレミアム牛めしはおすすめですので注文してみては如何でしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hana Smith

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ