びっくりドンキーのカロリーを徹底調査!糖質の低いおすすめメニューも紹介!

ハンバーグを中心に美味しいメニューがそろうハンバーグレストラン「びっくりドンキー」で、ダイエット中に気になるカロリーをご紹介していきます。カロリーや糖質が低いメニューをチェックして、「びっくりドンキー」での食事を堪能しましょう。

びっくりドンキーのカロリーを徹底調査!糖質の低いおすすめメニューも紹介!のイメージ

目次

  1. 1人気のびっくりドンキーのカロリーってどうなの?
  2. 2びっくりドンキーってどんなお店?
  3. 3びっくりドンキーのカロリーが低いおすすめメニュー
  4. 4びっくりドンキーのメニューの糖質はどうなの?
  5. 5びっくりドンキーの糖質の低いメニュー
  6. 6びっくりドンキーはダイエットにおすすめなの?
  7. 7びっくりドンキーでカロリーが高いメニュー
  8. 8びっくりドンキーメニューのカロリーをチェックしておこう!

人気のびっくりドンキーのカロリーってどうなの?

人気のハンバーグレストラン「びっくりドンキー」にはハンバーグを中心に美味しいメニューがそろっていますが、ダイエット中にはカロリーが気になるという人も多いでしょう。

今回の記事では、ダイエット中に気になる「びっくりドンキー」のメニューのカロリーや糖質が低いメニューをご紹介します。カロリーや糖質が気になる時にチェックして、「びっくりドンキー」で人気の美味しいメニューを堪能しましょう。

ご紹介するメニューについて

今回ご紹介する「びっくりドンキー」のメニューは、2020年8月時点で販売しているグランドメニューの「ハンバーグステーキ」と「ディッシュ」から選んでいます。

「びっくりドンキー」にはこのほかにも、ランチメニューや限定メニュー、サイドメニューなどがそろっていますが、これらは含まれていないのでご了承ください。

また、今回ご紹介するメニューは、店舗によっては提供していない場合もあります。カロリーや糖質の数値も季節などの条件により変動する事もあるので、参考にする時にはお気を付けください。

びっくりドンキーってどんなお店?

「びっくりドンキー」は、1968年に前身となる「ハンバーガーとサラダの店・ベル」を開業したのち、1980年に北海道札幌市に「びっくりドンキー」の1号店をオープンした、人気のハンバーグレストランです。

ハンバーグとサラダ、ライスを1皿に盛りつけた「ディッシュ」や、ステーキ風に盛りつけた「ハンバーグステーキ」を中心に、サイドメニューやドリンクなどメニューが豊富にそろっています。また、お店ごとに特徴のある外観や内装となっているのも人気のひとつです。

2020年8月時点では、鳥取県・島根県・徳島県を除く日本各地に店舗を展開しています。近くに「びっくりドンキー」があればぜひ、訪問してみてください。

Thumbびっくりドンキーはランチが大人気!おすすめメニューや実施時間は?
美味しいハンバーグメニューを味わうことができるということで大人気の、「びっくりドンキー」のラ...

びっくりドンキーのカロリーが低いおすすめメニュー

ここでは、びっくりドンキーの「ハンバーグステーキ」メニューの中から、カロリーが低いおすすめのメニューをご紹介していきます。

「ハンバーグステーキ」メニューは、ライスとサラダ付きの「ディッシュ」メニューとは異なり、「ハンバーグステーキ・付け合わせ・トッピング」で1品となっているため、ライスやみそ汁などのカロリーは含まれていません。

「ハンバーグステーキ」メニューを注文する場合には、ライスやみそ汁などは追加注文となります。追加をすればその分、カロリーがプラスされるので、カロリーの数値にお気を付けください。

追加注文となるメニューのカロリーをご紹介します。「ライス」は336キロカロリー、「みそ汁」は46キロカロリー、「コーンスープ」は83キロカロリーです。

「和セット」(ライス・みそ汁・サラダ)は519キロカロリー、「洋セット」(ライス・コーンスープ・サラダ)は555キロカロリー、「サラダ・みそ汁セット」は183キロカロリー、「サラダ・コーンスープセット」は219キロカロリーとなっています。

この後ご紹介する「ハンバーグステーキ」メニューは、「ハンバーグステーキ・付け合わせ・トッピング」のみカロリーとなっているので、お気を付けください。

低カロリーメニュー(1) レギュラーバーグステーキ

「レギュラーバーグステーキ」は、ハンバーグと付け合わせのみでトッピングが付かない、ハンバーグステーキメニューの中で一番シンプルな1品です。ビーフとポークの合い挽き肉のハンバーグに和風ベースのオリジナルソースをかけ、ポテトなどの付け合わせをのせてあり、創業初期から販売されている人気のメニューのひとつとなっています。

「レギュラーバーグステーキ」は、ハンバーグ200gの場合は471キロカロリー、300gは650キロカロリーです。トッピングが付かない分、ほかのハンバーグステーキメニューよりもカロリーが低くなっています。

また、先ほども触れましたが、ライスやスープなどを追加注文するとその分、カロリーの数値が上がるのでお気を付けください。

低カロリーメニュー(2) おろしそバーグステーキ

「おろしそバーグステーキ」は、大根おろしと青じそのさっぱりとした味わいの「おろしそ」をレギュラーバーグステーキにトッピングした1品です。「おろしそバーグステーキ」は、200gで478キロカロリー、300gでは657キロカロリーとなっています。

レギュラーバーグステーキと比べると少しだけカロリーが高めですが、大根おろしには消化酵素が豊富に含まれているので、ダイエット中にもおすすめです。

ダイエット中でカロリーが気になるけれど、レギュラーバーグステーキにトッピングをして楽しみたいという時には、「おろしそバーグステーキ」を注文しましょう。

低カロリーメニュー(3) ポテサラパケットステーキ

「ポテサラパケットステーキ」は、ハンバーグの中にとろけるチーズとポテトサラダが入った、ちょっと変わったスタイルの1品です。「ポテサラパケットステーキ」は、150gで503キロカロリーとなっています。

一見、カロリーが高そうですが、ハンバーグが150gとほかのメニューと比べて小さめとなっているので、その分、カロリーがやや低めとなっています。

もちろん、レギュラーバーグステーキと比べると、ハンバーグが小さいのにカロリーが高いという難点がありますが、少し変わったスタイルのハンバーグを食べたい時に「ポテサラパケットステーキ」を注文してみてください。

低カロリーメニュー(4) パインバーグステーキ

「パインバーグステーキ」は、マレーシア産の完熟パイナップルをレギュラーバーグステーキにトッピングした、甘酸っぱい味わいが堪能できる1品です。

「パインバーグステーキ」は、200gは525キロカロリー、300gでは704キロカロリーと、パインをトッピングしている分、カロリーは少し高めです。

ただし、半熟の目玉焼きをトッピングした「エッグバーグステーキ」やチーズをトッピングした「チーズバーグステーキ」と比べるとカロリーが低いので、トッピングしたハンバーグステーキが食べたいという時におすすめのメニューとなっています。

低カロリーメニュー(5) ホットペッパーバーグステーキ

「ホットペッパーバーグステーキ」は、レギュラーバーグステーキにペッパーソースをかけて激辛グリーンチリをトッピングした、辛い味が好きな人に人気のメニューです。「ホットペッパーバーグステーキ」は、200gは510キロカロリー、300gでは686キロカロリーとなっています。

辛い味のハンバーグが好きな人におすすめですが、ライスが良くあう味わいとなっていて、口直しにもピッタリのサラダを注文したりすると、その分、カロリーが高くなってしまうのでお気を付けください。

びっくりドンキーのメニューの糖質はどうなの?

ここまで、びっくりドンキーの「ハンバーグステーキ」メニューのカロリーをご紹介してきましたが、ダイエット中の人の中には糖質が気になるという人もいるでしょう。

びっくりドンキーでは、それぞれのメニューの糖質については公式に発表していないため、目安の数値となりますが、次の項目では糖質の低いメニューをご紹介していきます。糖質が気になる人はチェックしてみてください。

びっくりドンキーの糖質の低いメニュー

ここでは、びっくりドンキーの「ディッシュ」メニューの中から、糖質の低いおすすめのメニューをご紹介していきます。

「ディッシュ」メニューとは、先ほどご紹介した「ハンバーグステーキ」メニューとは異なり、1皿に「ハンバーグ・サラダ・ライス」が盛り付けられています。少しでもカロリーや糖質を抑えたい場合には、ライスを「小盛」に変更すると、通常よりもマイナス84キロカロリーとなります。

また、「みそ汁」や「コーンスープ」、「追加ディッシュサラダ」(137キロカロリー)を追加注文する事ができますが、その分、カロリーや糖質が高くなってしまうのでお気を付けください。

それでは、「ディッシュ」メニューの糖質の低いメニューをご紹介します。先ほども触れましたが、糖質については目安の数値となっているのでご了承ください。

チーズバーグディッシュ

「チーズバーグディッシュ」は、和風ベースのソースをかけてチーズをトッピングしたビーフとポークの合い挽き肉を使ったハンバーグに、サラダとライスを盛りつけた1皿です。

チーズがトッピングしてあるため、150gは875キロカロリーで糖質は約92g、300gでは1148キロカロリーで糖質は約104gとなっています。ディッシュメニューの中では、糖質の数値はものすごく高いという訳ではありませんが、カロリーは高いのでダイエット中には気を付けましょう。

おろしそハンバーグディッシュ

「おろしそハンバーグディッシュ」は、大根おろしと青じその「おろしそ」をトッピングしたハンバーグと、サラダ・ライスを盛りつけた1皿です。

トッピングのあるディッシュメニューですが、150gは742キロカロリーで糖質は約92g、300gでは1015キロカロリーで糖質は約105gと、ディッシュメニューの中ではカロリーも糖質も比較的、高くはない数値となっています。

また、大根おろしは消化酵素が豊富に含まれていてダイエット中にもおすすめです。トッピングのあるディッシュメニューをいただきたい時に注文してみてください。

レギュラーバーグディッシュ

「レギュラーバーグディッシュ」は、トッピング無しのハンバーグに和風ベースのソースをかけて、サラダとライスを盛りつけた1皿です。ディッシュメニューの中で一番シンプルなメニューで、創業初期から販売されている人気のメニューのうちのひとつとなっています。

「レギュラーバーグディッシュ」は、150gは735キロカロリーで糖質は約77g、300gでは1008キロカロリーで糖質は約100gです。

トッピングが無い分、ディッシュメニューの中では一番低いカロリーと糖質となっています。ライスを小盛で注文すればさらに数値が低くなるので、お腹と相談しながら注文してみてください。

Thumbびっくりドンキーは持ち帰りも人気!おすすめメニューや予約方法を紹介!
「びっくりドンキー」は、大変美味しいハンバーグを味わうことができるお店として有名です。持ち帰...

びっくりドンキーはダイエットにおすすめなの?

びっくりドンキーは美味しいハンバーグが人気のお店です。また、ハンバーグはライスとの相性も良く、サラダやスープなども追加すると、どうしてもカロリーが高くなってしまい、ダイエットにはおすすめとは言えません。

とはいえ、びっくりドンキーには美味しいメニューがそろっているので、せっかく行くなら料理を堪能するのもおすすめです。

今回ご紹介したメニューを注文したり、ほかの食事でカロリーを調整するなどして、ダイエット中でも、びっくりドンキーの美味しいメニューを楽しみましょう。

びっくりドンキーでカロリーが高いメニュー

最後に、びっくりドンキーでカロリーが高いメニューをご紹介します。「ディッシュ」メニューと、「ハンバーグステーキ」メニューから、それぞれ1つずつカロリーが高いメニューをご紹介していきます。

2つのメニューとも美味しいと人気のメニューのうちのひとつですが、ダイエット中にはカロリーの数値が高いため、気を付けましょう。

チーズカリーバーグディッシュ

「ディッシュ」メニューでは、「親子バーグディッシュ」という450gのハンバーグがカロリーが高く、トッピングの無い「親子バーグディッシュ レギュラー」でも1270キロカロリーとなっています。トッピングを追加するとさらにカロリーが高くなるので気を付けましょう。

先ほどご紹介した「ディッシュ」メニューと同様に150gと300gの設定があるメニューの中では、「チーズカリーバーグディッシュ」が一番高いカロリーとなっています。

カレーとチーズをトッピングした人気のメニューですが、150gで1020キロカロリー、300gでは1355キロカロリーとなっているのでダイエット中には注意しましょう。

エビフライ&ハンバーグステーキ

「ハンバーグステーキ」メニューの中では、「エビフライ&ハンバーグステーキ」が803キロカロリーと高い数値になっています。「エビフライ&ハンバーグステーキ」は、ハンバーグの量は150gですが、ブラックタイガーのエビフライが2本付いているので、その分、カロリーが高めです。

また、「エビフライ&ハンバーグステーキ」は、150gのハンバーグとエビフライ2本に、付け合わせが付いた1品となっているため、ライスやサラダなどは追加注文となります。

『びっくりドンキーのカロリーが低いおすすめメニュー』の項目でも触れましたが、ライスやサラダ、スープなどを追加注文すると、その分、カロリーの数値もプラスされるのでお気を付けください。

びっくりドンキーメニューのカロリーをチェックしておこう!

人気のハンバーグレストラン「びっくりドンキー」で提供しているメニューのカロリーを中心にご紹介してきましたが、気になるメニューはありましたか?ダイエット中にはカロリーなどが気になりますが、「びっくりドンキー」には美味しいメニューがそろっているので、ほかの食事で調整したりしてストレスなく料理を堪能しましょう。

今回ご紹介した「びっくりドンキー」のメニューやカロリーなどの情報については今後、変更になる場合もあるのでお気を付けください。

関連記事

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ