大曲花火大会は唯一の全国花火競技大会!日程や桟敷席・駐車場情報を紹介!

花火好きや花火業者のみならず、一般の観覧客からも絶大な支持を集める「大曲の花火」全国花火競技大会。「大曲の花火」全国花火競技大会の見どころ、日程や桟敷席、駐車場の情報、ツアー情報についてご紹介します。駐車場やツアーは予約必須です!

大曲花火大会は唯一の全国花火競技大会!日程や桟敷席・駐車場情報を紹介!のイメージ

目次

  1. 1一度は行ってみたい「大曲の花火」全国花火競技大会
  2. 2「大曲の花火」全国花火競技大会ってどんな花火大会?
  3. 3「大曲の花火」全国花火競技大会の歴史
  4. 4「大曲の花火」全国花火競技大会の開催日程
  5. 5「大曲の花火」全国花火競技大会のプログラム
  6. 6「大曲の花火」全国花火競技大会の昼の部
  7. 7「大曲の花火」全国花火競技大会の10号玉の部
  8. 8「大曲の花火」全国花火競技大会の創造花火の部
  9. 9「大曲の花火」全国花火競技大会の大会提供花火
  10. 10「大曲の花火」全国花火競技大会の会場
  11. 11「大曲の花火」全国花火競技大会へのアクセス
  12. 12「大曲の花火」全国花火競技大会の駐車場
  13. 13「大曲の花火」全国花火競技大会の桟敷席
  14. 14「大曲の花火」全国花火競技大会のツアー
  15. 15「大曲の花火」全国花火競技大会の屋台
  16. 16「大曲の花火」全国花火競技大会へ行ってみよう

一度は行ってみたい「大曲の花火」全国花火競技大会

25014452 938205392993589 1627784801228423168 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ryuji_1978

全国花火競技大会の中でも歴史と規模においてもっとも権威があり、花火の技術レベルが高いと有名なのが秋田県大仙市で行われる「大曲の花火」です。「大曲の花火」は花火師、花火フリークなどの観覧客から圧倒的な指示を得ている花火大会です。「大曲の花火」全国花火競技大会の見どころ、駐車場情報、桟敷席やツアーの予約情報をご紹介します。

「大曲の花火」全国花火競技大会ってどんな花火大会?

24177836 1967850629908282 226647202326380544 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nokaryo.0911

「大曲の花火」全国花火競技大会は、花火を作った本人が競技玉である花火を打ち上げるれっきとした花火の競技大会です。「大曲の花火」で打ち上がる花火は昼花火、10号玉、創造花火などで、それぞれに優勝玉が贈られる他、内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞、文部科学大臣奨励賞の賞がそれぞれ授与されます。

総合優勝の煙火工業には内閣総理大臣賞が贈られます。各部門での優勝花火には、昼花火の部が大会会長賞、10号玉の部には中小企業庁長官賞、創造花火の部には経済産業大臣賞が贈られます。ま他、特別賞として文部科学大臣奨励賞の贈与があります。内閣総理大臣賞を受賞した煙火工業は、翌年に「エキシビジョン花火」を打ち上げます。

25006764 695326774008478 3495691066378551296 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
take_fireworkslandscape

「大曲の花火」全国花火競技大会の審査はとても厳しく、競技玉(花火)の形や美しさ、精度などの技術面から、花火の火の粉が地面に落ちてしまったら減点されるなどの安全面の基準も含めて審査されます。全国トップレベルの花火師が集結する、名実ともに日本トップの全国花火競技大会が「大曲の花火」です。

「大曲の花火」全国花火競技大会の歴史

25009249 137765356941524 3131233447448674304 n
zitsuzi

「大曲の花火」全国花火競技大会は、1910年に秋田県大仙市の大曲地区にある諏訪神社の祭典の際に、余興として花火が打ち上げられたのが始まりとされています。1915年には全国花火競技大会としての花火大会がスタートし、2010年には「大曲の花火」100周年を迎えています。創造花火の打ち上げが開始され、通産大臣賞の授与が始まったのは1964年です。

24274712 148609665906767 8784093918670094336 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nokaryo.0911

「大曲の花火」全国花火競技大会は、現在では例年70万人が大仙市に集まる人気の花火大会ですが、当初は競技大会という形式に馴染みがなかったため、地元民と花火フリーク、花火業者くらいしか見に行かないような花火大会だったそうです。観覧客は10万人程度だったのだとか。大仙市が町おこしとして「大曲の花火」をPRするようになってから観覧客が劇的に増えたと言います。

23161399 1533016323479671 3708268492714147840 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
camellia.k12

「大曲の花火」全国花火競技大会が国内でも有数の花火大会となり、ツアーも多く企画されるようになったのは、1997年に秋田新幹線が開通して大仙市の大曲駅を通るようになってからです。旅行会社や鉄道会社が企画する「大曲の花火」のツアーが大人気となり、70万人を超える観覧客が訪れる日本屈指の花火大会に成長を遂げました。

「大曲の花火」全国花火競技大会の開催日程

「大曲の花火」全国花火競技大会は、毎年8月の第4週目の土曜日に開催されています。近頃の例年の人出は70万人から80万人程度で、普段は人の少ない大仙市にこの日だけは多くの観覧客が全国から訪れます。旅行会社や鉄道会社で予約できるツアーでやってくる観覧客も多く、秋田県では圧倒的なトップ、全国でも屈指の人出の花火大会となっています。

「大曲の花火」全国花火競技大会のプログラム

「大曲の花火」全国花火競技大会は、昼の部、夜の部(10号玉と創造花火)、そして大会提供花火としっかりプログラムが決まっています。各煙火工業が打ち上げる花火のテーマや順番などもプログラムに記載されていますので、「大曲の花火」全国花火競技大会のプログラムを手に入れましょう。プログラムには書き込みができるので、自分も審査員になった気持ちで観賞すると面白いです。

「大曲の花火」全国花火競技大会の昼の部

21689060 132055680752225 6446177596928425984 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tepebo

「大曲の花火」全国花火競技大会は、全国的にも珍しい昼花火が打ち上がる花火大会です。「大曲の花火」全国花火競技大会の昼花火の部は、5号玉の早打ち5発、そして割物または煙竜の花火が審査対象となります。夜の花火とは感じが異なりますが、黄色やピンク、青といった色のついた煙が打ち上がる様子は珍しいので見る価値ありです。

「大曲の花火」全国花火競技大会の10号玉の部

21435752 622526004802395 253907849380364288 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tama9165

「大曲の花火」全国花火競技大会の夜の10号玉の部は、10号玉2発が打ち上げられます。1発目は三重芯以上と決まっていて、きれいな丸い形をしているかや、きちんと上まで打ち上がった時に開いているか、火花が消えるタイミングが同じかどうか、そして花火そのものの美しさなどで審査されます。10号玉の2発目は、1発目と異なるものを打ち上げる必要があります。

「大曲の花火」全国花火競技大会の創造花火の部

27580486 717166125156633 5837775933053861888 n
hob.b.y

「大曲の花火」全国花火競技大会の夜の創造花火の部は、テーマを決めてそのテーマに沿った創造性の高い花火を打ち上げるということが条件となっています。花火は丸いという概念を超えて花火が創造されるので、アニメのキャラクターやサングラス、麦わら帽子など現在では一般的になった創造花火は、「大曲の花火」全国花火競技大会から生まれたとされています。

19535271 1786496638329988 264471845430886400 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ken.natto

「大曲の花火」全国花火競技大会の夜の創造花火の部では、2分30秒以内に花火を打ち上げる必要があります。スターマインを打ち上げる煙火工業が多いですが、早打ちでの打ち上げも可能となっています。創造花火の部に関しても花火の形の美しさや、色の美しさ、そして打ち上げのリズム感などが総合的に審査されます。テーマを確認しながら観賞するとより創造花火を楽しめます。

「大曲の花火」全国花火競技大会の大会提供花火

925864 1421343461462350 1595026536 n
kumaken4540

「大曲の花火」全国花火競技大会の大きな見どころとなっているのが、「大会提供花火」です。大曲の「大会提供花火」は、大曲花火協同組合青年部が1年をかけて作る超大作で、テーマを持った花火が毎年打ち上げられます。例えば2015年の大会提供花火のテーマは「あさきゆめみし」、2017年の大会提供花火のテーマは「生命のまつり」でした。

22158561 133806927350682 1292816767055298560 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kcsan

大曲の「大会提供花火」は雄物川の広い河川敷をめいっぱいに使った幅500から900メートルの、大きなワイドスターマインが魅力です。数箇所から同日打ち上げになるワイドスターマインで、テーマに合わせた音楽とともに約5分から7分の間で迫力のある豪華な花火が打ち上がります。中でも大曲の「大会提供花火」のイメージとして強いのが、数箇所から打ち上がる虎の尾のような花火です。

「大曲の花火」全国花火競技大会で大変人気のある「大会提供花火」は例年、20時45分頃からの打ち上げとなっています。夜の部が始まって2時間弱経過してから「大会提供花火」が始まるので、この時間にトイレ待ちの列に並んでしまったりしないように、大曲の「大会提供花火」を見たい場合は時間をよく確認しておきましょう。

「大曲の花火」全国花火競技大会の会場

21296371 268610753631700 4748084580496441344 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
napipipi_m

「大曲の花火」全国花火競技大会の打ち上げ会場は、秋田県大仙市の大曲花火大橋付近の雄物川の河川敷です。花火観覧会場も同じく大仙市の雄物川の河川敷に設けられ、有料の桟敷席と無料観覧席が設置されます。大仙市の雄物川の河川敷はとても広いので、多くの観覧客が花火大会の会場で「大曲の花火」全国花火競技大会を見ることができます。

「大曲の花火」全国花火競技大会へのアクセス

26322219 137447543730609 622079687308345344 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
purin_mode

「大曲の花火」全国花火競技大会の会場最寄り駅はJR大曲駅です。大仙市にある大曲駅は、秋田新幹線、奥羽本線、田沢湖線が乗り入れています。秋田新幹線で東京駅から大曲駅までは約3時間12分です。車で東京から大仙市に向かうと6時間半以上かかるので、東京方面からは新幹線でアクセスするのが便利でしょう。JR大曲駅から花火大会の会場までは徒歩約30分です。

車で「大曲の花火」全国花火競技大会へアクセスする場合の最寄りのインターチェンジは、秋田自動車道の大曲インターチェンジです。大曲インターチェンジから会場までは車で15分程度です。大仙市の周辺道路は大変混雑して渋滞が発生するので、朝には大仙市周辺に到着しておいた方が安全です。毎年花火開始に到着が間に合わず渋滞にはまっている車が何台もいます。

「大曲の花火」全国花火競技大会の駐車場

「大曲の花火」全国花火競技大会は混雑必至の花火大会で、駐車場を探すのも大変な苦労です。「大曲の花火」全国花火競技大会では19000台分の無料駐車場が用意されていますが、朝7時頃にはほとんどの駐車場が満車となってしまうそうです。無料駐車場は予約不可なので、無料駐車場に車を停めたい場合は明け方には大仙市に到着している必要がありそうです。

「大曲の花火」全国花火競技大会では予約制の有料の駐車場も用意されています。「大曲の花火」全国花火競技大会は前日に到着してテント宿泊している人も多くいる花火大会です。有料の駐車場はテントの設営が可能で、事前予約が可能となっています。駐車場が事前に予約できれば、当日駐車場を求めてウロウロすることがなく安心です。

「大曲の花火」全国花火競技大会の桟敷席

21434269 273943353123829 2395033476903469056 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nakamayo

「大曲の花火」全国花火競技大会の会場となる雄物川河川敷には、多くの有料観覧席(桟敷席)が用意されています。有料桟敷席は団体用と個人用で分かれています。団体用の桟敷席販売と個人用の桟敷席販売で、販売方式が異なるので、間違えないように桟敷席を購入ください。有料桟敷席を購入しておくと当日の場所取りがなく、安心して会場に向かえます。

個人で有料観覧席(桟敷席)を購入する場合は、インターネット販売または直接販売の2通りです。個人用の桟敷席の種類は定員6名のA席(23000円)、定員5名のC席(15000円)、定員1名のイス席(3000円)です。インターネット販売はローソンチケット専用ページでの受付となり、先着順です。例年6月に販売開始となり、一人1種類2マスまで購入可能です。

個人の有料観覧席(桟敷席)の直接販売は、大仙市の大曲商工会議所で行われます。7月初旬の指定日に抽選が行われ、有料観覧席(桟敷席)が販売されます。直接販売への来場人数が少ない場合は、抽選が行われず購入することができます。直接販売は現金のみでの受付で、一人1種類3マスまで購入可能です。

21371921 1451265638272892 8937434924131024896 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kcsan

「大曲の花火」全国花火競技大会には、有料観覧席(桟敷席)以外に有料自由観覧エリアが販売されます。この有料自由観覧エリアは区画が決められた自由観覧エリアで、当日入場時に高校生以上は1人1000円を支払う必要があります。席は決められていませんが、ある程度人数が制限された中で観覧できるのでリーズナブルに観覧エリアを確保したい人にはおすすめです。

「大曲の花火」全国花火競技大会のツアー

21435639 352423601862020 2011324259774758912 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nakamayo

新幹線のチケットがすんなり取れれば個人で手配するのも可能な「大曲の花火」全国花火競技大会ですが、実は新幹線のチケットを購入するのは結構大変です。発売と同時に売り切れてしまうのが毎年のことで、個人で「大曲の花火」全国花火競技大会に行く場合、交通手段の予約・確保は頭を悩ませる問題となります。

そんな時に頼もしい味方となってくれるのが、各旅行会社や鉄道会社で予約できる「大曲の花火」全国花火競技大会の観覧ツアーです。宿泊先付きのツアーから、日帰りのバスツアーまで「大曲の花火」全国花火競技大会の観覧ツアーはバラエティ豊かです。ツアーは東京だけでなく各地域から出発しているので、目的と予算に合わせてツアーを予約すると良いでしょう。

21227809 1179083002196735 2946434267560804352 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
akira_shimamura01

宿泊付きであっても日帰りであってもバスで「大曲の花火」全国花火競技大会にアクセスするツアーが多いですが、バスのツアーは駐車場から出発するのにとても時間がかかります。駐車場を出ても高速の渋滞に巻き込まれるので、宿泊先に到着するのは夜中の2時、3時を過ぎてしまうことも多いです。ツアー予約の際には覚悟しておきましょう。

21372471 519666248371045 2145829806418165760 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ag_photogallery

新幹線で「大曲の花火」全国花火競技大会に行くことができるツアーがあれば、新幹線は指定席で時間が遅れることがないので予約をおすすめします。宿泊先がついているツアーであれば、「大曲の花火」全国花火競技大会鑑賞後、ゆったりと新幹線に乗車して目的の宿泊地までアクセスすることができます。バスツアーに比べると新幹線のツアーは値段が高いです。

「大曲の花火」全国花火競技大会の屋台

21149768 715012792018278 908095406523547648 n
kazuya_1004

「大曲の花火」全国花火競技大会では、多くの屋台が出店します。屋台が出店するのは「大曲の花火」全国花火競技大会の会場で、有料観覧席のイス席後ろに火器使用の屋台、有料観覧席のC席に火器不使用の屋台が出店されます。横手やきそばなどの秋田ご当地グルメも食べられ、屋台飯で夏祭りの雰囲気を味わえそうです。

Thumb『ババヘラアイス』は秋田の名物露店!場所や時期は?値段はどこも同じ?
夏の時期に秋田県を訪れたら食べたくなるのが「ババヘラアイス」です。ババヘラアイスは地元の人に...

「大曲の花火」全国花火競技大会へ行ってみよう

22802580 889357387904942 6288544566224093184 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sasakojapan

「大曲の花火」全国花火競技大会は、全国でもトップクラスの人気を誇る花火大会です。花火競技大会でもあるので花火の芸術性や、技術レベルも高く、見ごたえのある花火大会となっています。競技大会以外に大会提供花火も迫力があり、大会提供花火は毎年大人気のプログラムとなっています。「大曲の花火」全国花火競技大会でハイレベルな花火を見てみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
akak123

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ