奥多摩の紅葉スポットならココ!や絶景の名所と見ごろの時期をリサーチ!

奥多摩は都心からのアクセスがよく、紅葉の名所として人気があります。奥多摩湖や氷川渓谷、秋川渓谷など紅葉の名所がいくつもあり、美しい景観を楽しむことができます。奥多摩の人気紅葉スポットのアクセスや見どころ、紅葉の時期などについて紹介します。

奥多摩の紅葉スポットならココ!や絶景の名所と見ごろの時期をリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1奥多摩の人気紅葉スポットをご紹介!
  2. 2奥多摩紅葉スポット1:湖面に鮮やかに映る紅葉が素晴らしい「奥多摩湖」
  3. 3奥多摩紅葉スポット2:黄金色に染められた神秘的な景色「広徳寺」
  4. 4奥多摩紅葉スポット3:自然が織りなすダイナミックな景色が魅力「鳩ノ巣渓谷」
  5. 5奥多摩紅葉スポット4:奥多摩の紅葉といえばここ「氷川渓谷」
  6. 6奥多摩紅葉スポット5:赤と黄色のコントラストが美しい「御岳渓谷」
  7. 7奥多摩紅葉スポット6:五日市線で行ける人気スポット「秋川渓谷」
  8. 8奥多摩紅葉スポット7:渓流釣りと絶景が同時に楽しめる「日原渓谷」
  9. 9奥多摩の紅葉が見ごろの時期は?
  10. 10奥多摩の紅葉シーズンの混雑状況
  11. 11奥多摩に紅葉を見に行こう!

奥多摩の人気紅葉スポットをご紹介!

奥多摩は東京都で最も早く、紅葉が楽しめます。紅葉の時期も長く、1カ月に渡って様々なスポットで紅葉を見ることができます。

奥多摩は都心からもアクセスがよく、車の他、電車やバスなどでも簡単にアクセスできます。奥多摩湖や秋川渓谷など見どころも多く、ハイキングやドライブもおすすめです。今回はそんな奥多摩のおすすめ紅葉スポットを紹介しましょう。

奥多摩紅葉スポット1:湖面に鮮やかに映る紅葉が素晴らしい「奥多摩湖」

奥多摩湖は奥多摩を代表する紅葉スポットです。奥多摩湖は多摩川をせき止めて造った人造湖で、紅葉の時期には湖畔の岸辺に紅葉が広がり、水面に映る紅葉の絶景を楽しむことができます。

小河内ダム周辺には、見はらしの丘、いこいの路という遊歩道があり、紅葉を眺めながらハイキングを楽しむのがおすすめです。

ドライブコースとしても人気の「奥多摩湖周遊道路」

奥多摩湖周遊道路は奥多摩町と檜原村を結ぶ約20kmのドライブコースです。奥多摩湖の湖畔を半周するように作られていて、紅葉の時期には美しい景観が楽しめます。

道路沿いには見どころが多く、檜原都民の森でハイキングを楽しんだり、日帰り温泉を楽しんだりするのもおすすめです。

インスタ映えするスポット「麦山の浮橋」

麦山の浮橋は奥多摩湖にかかる浮き橋で、昔はドラム缶で作られていたため、今も「ドラム缶橋」と呼ばれています。

奥多摩湖の見どころの一つで、コバルトブルーの湖に伸びる長い橋は、奥多摩のインスタ映えスポットとして人気があります。歩いて渡ることができ、奥多摩の紅葉を湖の上から眺めて楽しむことができます。

「奥多摩湖」の基本情報

奥多摩湖は、公共交通機関や車を使って訪れることができます。都心からの所要時間は約2時間で、日帰り観光スポットとしても人気があります。

奥多摩湖の紅葉は例年10月中旬頃から色づき始め、見ごろは10月下旬から11月中旬となります。見ごろに合わせ、紅葉祭りが開催されます。

車でのアクセス方法

奥多摩湖に車でアクセスする場合、最寄のインターチェンジは中央自動車道の日の出ICかあきる野ICになります。

インターチェンジからは国道411号の青梅街道を利用してアクセスします。奥多摩湖周辺には無料で利用できる駐車場が完備されています。

電車・バスでのアクセス方法

奥多摩湖へ電車とバスでアクセスする場合は、JR奥多摩駅から西東京バス「奥多摩湖方面行き」に乗車し、奥多摩湖バス停で下車します。所要時間は約20分です。

奥多摩湖の「麦山の浮橋」へのアクセスする場合は、西東京バスの小河内神社バス停で下車し、徒歩1分となります。

Thumb奥多摩湖の観光ポイントまとめ!見どころやおすすめの過ごし方を紹介!
「奥多摩湖」は人工湖と大自然が融合した人気の観光スポットです。都心からのアクセスが抜群なだけ...

奥多摩紅葉スポット2:黄金色に染められた神秘的な景色「広徳寺」

あきる野市五日市地区にある広徳寺は、奥多摩の人気紅葉スポットです。趣のある重厚な山門をくぐったところに2本の銀杏の巨木があり、紅葉の時期には黄金色に輝きます。

広徳寺は、応安6年(1373年)創建の臨済宗建長寺派の古刹で、奥多摩でも格式のあるお寺として知られています。

「広徳寺」の基本情報

広徳寺の紅葉の見ごろは11月中旬から12月上旬となります。無料で拝観することができ、24時間、自由に見学することができます。

境内は見どころが多く、18世紀から19世紀に再建された伽藍や、創建当時の面影を残す貯水池や土塁などが残っています。

車でのアクセス方法

奥多摩の広徳寺へ車でアクセスする場合、最寄のインターチェンジは中央自動車道あきる野ICになります。

広徳寺には無料で利用できる駐車場があります。秋川渓谷が近いので、周辺のドライブを楽しむのがおすすめです。

電車・バスでのアクセス方法

奥多摩の広徳寺へ電車やバスでアクセスする場合は、最寄駅はJR武蔵五日市駅となります。駅からは徒歩で約30分です。

JR武蔵五日市駅からはバスを利用することもできます。バスの場合、乗車時間は約5分で、上町バス停で下車し徒歩15分となります。

奥多摩紅葉スポット3:自然が織りなすダイナミックな景色が魅力「鳩ノ巣渓谷」

鳩ノ巣渓谷は、奥多摩の渓谷の中でもダイナミックな景観が楽しめる人気紅葉スポットです。約500mに渡ってV字型の深い渓谷が続き、断崖絶壁や巨石、奇石など、東京とは思えない景観が人気を呼んでいます。

紅葉の時期には、荒々しい岩肌と紅葉との美しいコントラストが楽しめます。中でも吊り橋の鳩ノ巣小橋は絶景スポットとして人気があり、多摩川30景にも選定されています。

「鳩ノ巣渓谷」の基本情報

奥多摩の鳩ノ巣渓谷の紅葉は、例年10月下旬頃から色つき始め、11月上旬に見ごろを迎えます。鳩ノ巣渓谷遊歩道が設けられていて散策が楽しめます。

遊歩道だけでも十分に紅葉が楽しめますが、さらに紅葉を楽しみたい方は鳩ノ巣駅から古里駅までのハイキングコースを歩くのもおすすめです。鳩ノ巣小橋や雲仙橋などの絶景、松の木尾根の展望台からの景観が楽しめます。

車でのアクセス方法

奥多摩の鳩ノ巣渓谷へ車でアクセスする場合、最寄のインターチェンジは中央自動車道の日の出ICとなります。

インターチェンジから鳩ノ巣渓谷までは約40分です。鳩ノ巣駅の北側の町営の駐車場があり、無料で利用することができます。

電車・バスでのアクセス方法

奥多摩の鳩ノ巣渓谷へ電車やバスでアクセスする場合、JR青梅線鳩ノ巣駅より徒歩10分となります。遊歩道を使って渓谷まで歩いて行きます。

鳩ノ巣駅の北側にある駐車場には公衆トイレが設置されています。渓谷にはトイレがないので、こちらのトイレを利用するのがおすすめです。

奥多摩紅葉スポット4:奥多摩の紅葉といえばここ「氷川渓谷」

氷川渓谷は電車でもアクセスがいい場所にあり、奥多摩の人気観光スポットとなっています。夏はキャンプや川遊び、釣りなどを楽しむ人で賑わいます。

氷川渓谷は紅葉スポットとしてもおすすめで、山と清流が織りなす絶景を楽しむことができます。遊歩道が整備されていて、登計橋や氷川小橋などの絶景スポットを訪れることができます。

吊り橋「氷川小橋」からの景色が人気

氷川渓谷のにある吊り橋「氷川小橋」は、奥多摩随一の紅葉スポットとして人気があります。この吊り橋は日原川と多摩川の合流地点にかかっていて、橋の上からダイナミックな景観を眺めることができます。

氷川小橋はあまり揺れないので、お子様や年配の方でも安心して渡ることができます。橋からは色鮮やかな紅葉を見ることができ、カメラスポットとしてもおすすめです。

「氷川渓谷」の基本情報

氷川渓谷の紅葉は、例年10月下旬頃から色づき始め、11月中旬から11月下旬が見ごろとなります。

紅葉を楽しみながらバーベキューをするのもおすすめです。周辺には遊歩道が整備されていて、ハイキングも楽しめます。

車でのアクセス方法

奥多摩の氷川渓谷へ車でアクセスする場合は、最寄インターチェンジは中央自動車道青梅ICとなります。インターチェンジから青梅街道で約60分です。

氷川渓谷を車で訪れたら、氷川渓谷を散策後、奥多摩駅周辺でランチを取り、奥多摩湖周辺をドライブして楽しむコースがおすすめです。

電車・バスでのアクセス方法

奥多摩の氷川渓谷へ電車でアクセスする場合は、JR青梅線奥多摩駅から徒歩で約5分となります。駅から近く便利なロケーションにあります。

新宿駅から奥多摩駅までは電車で約1時間45分です。氷川渓谷は奥多摩の紅葉スポットの中でもアクセスがよく、紅葉の時期には多くの人が訪れます。

奥多摩紅葉スポット5:赤と黄色のコントラストが美しい「御岳渓谷」

御岳(みたけ)渓谷は多摩川の上流にある自然豊かなスポットで、日本名水百選にも選定されています。カヌーのメッカとしても有名で、夏は多くの人が訪れウォータースポーツを楽しみます。渓谷に沿って約4kmの遊歩道があり、紅葉を楽しみながらハイキングができます。

御岳渓谷では毎年、紅葉の時期にライトアップが行われています。紅葉のライトアップが楽しめるのは、奥多摩の中では御岳渓谷だけで、日中とは異なる幻想的な世界を楽しむことができます。

「玉堂美術館」前のイチョウも人気

奥多摩の御岳渓谷にある御岳橋を渡ったところに玉堂美術館があります。美術館の前に大きな銀杏の木があり、秋は黄金色に輝きます。

毎年、紅葉の時期には夜間にライトアップが行われていて、幻想的な光景が楽しめると多くの人が訪れています。

「御岳渓谷」の基本情報

奥多摩の御岳渓谷の紅葉は11月上旬から色づき始め、11月上旬から中旬が見ごろとなります。例年、10月下旬から御岳秋色まつりが開催されます。

ライトアップは紅葉の見ごろに合わせ、毎年11月上旬から中旬まで行われます。2019年は関東の駅100選に選定された御嶽駅舎もライトアップされました。

車でのアクセス方法

奥多摩の御岳渓谷へ車で訪れる場合は、最寄のインターチェンジは中央自動車道日の出ICとなります。日の出ICから国道411号を通ってアクセスできます。

駐車場は、御岳交流センター駐車場を利用できます。料金は1日500円となります。また御岳苑地駐車場は、1日最大800円で駐車できます。

電車・バスでのアクセス方法

御岳渓谷を電車で訪れる場合は、JR青梅線御嶽駅から徒歩約5分となります。JR青梅線へは青海駅で乗り換えることができます。

新宿駅から御嶽駅へのアクセスは、中央線快速を利用して約1時間、青梅駅で下車します。JR青梅線奥多摩行に乗車し、約20分で御嶽駅に着きます。

奥多摩紅葉スポット6:五日市線で行ける人気スポット「秋川渓谷」

秋川渓谷は、多摩川の支流の中でも最大級の秋川沿いにある渓谷で、五日市線の五日市駅からアクセスすることができます。

全長約20kmにもなるダイナミックな渓谷で、ハイキングやキャンプ、バーベキュー、釣りなどアウトドアが楽しめるスポットとして人気があります。

「石舟橋」からの紅葉はインスタ映えしておすすめ

秋川渓谷は紅葉スポットとしても人気があります。おすすめのスポットは石舟橋で、谷間に折り重なる美しい紅葉を眺めることができます。インスタ映えスポットとしても人気があり、紅葉の時期には多くの人が訪れます。

石舟橋を渡ったところに日帰り温泉の「瀬音の湯」があります。敷地内も紅葉スポットとしておすすめで、レストランやカフェを利用しながらゆっくりと楽しむことができます。

「秋川渓谷」の基本情報

奥多摩の秋川渓谷の紅葉は11月上旬から色づき始め、11月中旬から12月上旬が見ごろとなります。

「瀬音の湯」からは紅葉を見ながら天然温泉を楽しむことができます。「瀬音の湯」では11月の連休に紅葉祭りを行っています。

車でのアクセス方法

秋川渓谷へ車でアクセスする場合、最寄のインターチェンジは中央自動車道あきる野ICとなります。あきる野ICから約30分です。

秋川渓谷の「瀬音の湯」には収容台数135台の駐車場があります。また十里木駅の近くにはは無料で利用できる都営十里木駐車場があります。

電車・バスでのアクセス方法

秋川渓谷へ電車やバスでアクセスする場合は、最寄駅はJR五日市線武蔵五日市駅となります。武蔵五日市駅へは拝島駅で乗り換えます。拝島駅からの所要時間は約22分です

武蔵五日市駅から秋川渓谷まではバスで約15分、十里木駅で下車し徒歩約10分となります。バスの本数が少ないので注意して下さい。

Thumb秋川渓谷周辺でバーベキューならココ!おすすめの穴場や無料スポットを紹介!
東京都あきる野市にある秋川渓谷は自然豊かな人気のスポットです。今回は人気の秋川渓谷周辺でバー...

奥多摩紅葉スポット7:渓流釣りと絶景が同時に楽しめる「日原渓谷」

日原(にっぱら)渓谷は奥多摩でも山深い場所にあり、イワナやヤマメなどの渓流釣りで人気があるスポットです。紅葉スポットとしてもおすすめで、秋には渓谷一面が紅葉で染まります。

日原渓谷は手つかずの自然が満喫できる場所で、東京の秘境とも呼ばれています。大自然に包まれて紅葉を楽しみたい方におすすめです。

「日原鍾乳洞」で自然が作り出した芸術を堪能

日原渓谷といえば日原鍾乳洞が有名です。日原鍾乳洞は関東で最大級の鍾乳洞で、かつては山岳信仰の場となっていました。

鍾乳洞の中はライトアップされ、神秘的な雰囲気に包まれています。まるで迷路のような通路を通って、幻想的な世界を楽しむことができます。

「日原渓谷」の基本情報

日原渓谷の紅葉の見ごろは10月下旬から11月中旬となります。日原鍾乳洞の営業時間は4月1日から11月30日までが9時から17時、12月1日から3月31日までは16時30分までです。

日原鍾乳洞の見学は有料で、大人800円、中学生以上600円、小学生500円です。内部は滑りやすいので、しっかりとした靴がおすすめです。

車でのアクセス方法

日原渓谷へ車でアクセスする場合、最寄のインターチェンジは中央自動車道日の出ICか青梅ICになります。日の出ICからは国道411号を使ってアクセスできます。

青梅ICからは青梅街道を使ってアクセスできます。日原渓谷の日原鍾乳洞には駐車場がありますが、台数が少ないので公共交通機関がおすすめです。

電車・バスでのアクセス方法

日原渓谷の日原鍾乳洞にバスや電車でアクセスする場合、平日は奥多摩駅からバスで日原鍾乳洞行に乗車し、終点で下車し徒歩約5分です。

休日はJR奥多摩駅からバスで東日原行を利用し終点で下車し、徒歩約25分となります。休日は新宿駅から奥多摩駅までの直通電車が運行されます。

Thumb奥多摩の日原鍾乳洞の見どころは?アクセスやおすすめランチもチェック!
奥多摩にある「日原鍾乳洞」では、数十万年の歴史が生み出した鍾乳洞と美しいライトアップのコラボ...

奥多摩の紅葉が見ごろの時期は?

奥多摩の紅葉は東京で最も早く色づき始めます。場所によって紅葉の時期は少しずつ異なりますが、10月下旬頃から色づき始めます。

奥多摩の紅葉の見ごろは10月下旬から11月下旬までで、時期によって色づきが異なり様々な景観を楽しむことができます。

Thumb奥多摩ドライブのおすすめコースは?デートに人気の名所やプランも紹介!
東京都の北西部にある奥多摩は、ドライブにおすすめの観光地です。奥多摩湖や御岳渓谷、日原鍾乳洞...
Thumb奥多摩の観光スポット特集!おすすめ日帰りプランやグルメもチェック!
都心から電車で容易に日帰り観光できる奥多摩は、東京都内とは思えない大自然が広がるエリアです。...

奥多摩の紅葉シーズンの混雑状況

奥多摩は東京でも人気の紅葉スポットですが、奥多摩は広く、紅葉スポットが点在しているので、あまり混雑を感じずに紅葉を楽しむことができます。

特に平日は道路の渋滞もなく、車でも楽に訪れることができます。休日は、人気スポットの駐車場が満車になることが多いので、早めに訪れるのがおすすめです。

奥多摩に紅葉を見に行こう!

奥多摩は都心からもアクセスがよく、人気の観光スポットです。東京とは思えないほど豊かな自然を楽しむことができ、キャンプやハイキング、釣りなども人気があります。

また紅葉スポットとしてもおすすめで、広い奥多摩のあちらこちらで美しい景色を楽しむことができます。奥多摩を訪れ、紅葉を満喫してください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ