トマム雲海テラスはゴンドラで移動できる!雲海が見れる期間や確率は?

星野リゾートトマム内にある「トマム雲海テラス」。標高1000m以上の山の上にあり、夏から秋の早朝に雲海が広がる大パノラマを楽しめます。いつも見られるわけではないですが、運よく見られたら感動する光景が広がっています。そんな「トマム雲海テラス」の魅力を紹介します。

トマム雲海テラスはゴンドラで移動できる!雲海が見れる期間や確率は?のイメージ

目次

  1. 1「トマム雲海テラス」で感動体験!
  2. 2「トマム雲海テラス」ってどんなところ?
  3. 3「トマム雲海テラス」には絶景が楽しめる見どころいっぱい!
  4. 4「トマム雲海テラス」へはどうやって行くの?
  5. 5「トマム雲海テラス」で雲海が見られる確率はどのくらい?
  6. 6「トマム雲海テラス」で雲海が見られる時期はいつまで?
  7. 7冬は「霧氷テラス」に変わる「トマム雲海テラス」
  8. 8「トマム雲海テラス」併設の「てんぼうかふぇ」で一休み
  9. 9「トマム雲海テラス」最高の体験を
  10. 10北海道旅行の際は「トマム雲海テラス」へGO!

「トマム雲海テラス」で感動体験!

23668444 852864261560820 2956192879933915136 n
nmarian.12

皆さんは、目の前の景色一面が雲海に覆われる光景を見たことがありますか?北海道勇払郡にある星野リゾートトマム内には、期間限定で雲海を間近に見られる「トマム雲海テラス」があります。ゴンドラに揺られて山の頂上に行くと、そこには見たこともない感動の景色が!今回は、そんな感動体験ができる「トマム雲海テラス」の魅力を紹介します。

「トマム雲海テラス」ってどんなところ?

22277589 1837513516497328 8019876837070995456 n
goripon_60

「トマム雲海テラス」は、北海道の星野リゾートトマム内にある、雲海が鑑賞できるテラスです。標高1,088mの山の上にあり、雲海鑑賞ができます。このテラスができたのは、あるスタッフの一言「この景色をお客様に見せたい」。この一言から始まった「トマム雲海テラス」は、今では累計60万人以上が訪れる人気スポットになっています。

11311633 372522962946273 1645917877 n
yatsukasan

雲海は、地元の人にとっては見慣れた景色でも、遠くからくる旅行客にとってはなかなか見ることのできない光景。しかし、自然現象なので発生時期も決まっている期間限定の絶景です。HPでは雲海の発生時期のお知らせや期間中は発生確率を予報しているので、チェックしてみましょう。運よく雲海を見ることができたら感動すること間違いなしです!

こちらの映像では、実際に「トマム雲海テラス」で発生した雲海の様子をカメラに収めています。まるで滝のように流れるダイナミックな雲の動きや、目の前一面が海のように雲に覆われる光景は、一生に一度は見てみたい感動の景色。これだけの雲海が見られる確率は低いですが、雲海が見られる時期に北海道に旅行に来たら行ってみる価値はあります。

「トマム雲海テラス」には絶景が楽しめる見どころいっぱい!

「トマム雲海テラス」には、カフェが併設されているメインテラス以外にもユニークな展望スポットがいくつかあります。雲海をより楽しむことができる絶景ポイントで、日本では大変珍しい、雲海と雄大な自然が広がる景色を思う存分楽しみましょう。そのうちのいくつかご紹介いたします。

「クラウドウォーク」

19379716 1716518411977276 2769401870307819520 n
nagumohitoko

2015年9月にオープンした「クラウドウォーク」は、山肌からせり出すように設置されたウォークスルー型の展望デッキ。雲海が発生した時は、まるで雲の上を歩いているかのような感覚が楽しめる人気スポットです。雲海が発生していない時は、北海道の大自然をより間近に感じることができます。

こちらの動画で、実際に「クラウドウォーク」を歩いてみた感じが分かります。遠くの山々までが雲海に覆われていて、思わずため息がでてしまう光景です。「クラウドウォーク」は、ぜひ雲海が発生している時に歩くことをおすすめします。天候をチェックしてから行ってみてください。

「クラウドプール」

21576395 517136728631236 3195591011233431552 n
hiromitsu_takasago

こちらは2017年9月に誕生した「クラウドプール」。雲の形をイメージした巨大なハンモックで、雲の上にいるかのような浮遊感が楽しめるユニークなおすすめスポットです。ゴロリと横になれば、まるで雲の上でお昼寝しているかのような不思議な気分を楽しめます。

9月限定「雲海露天風呂」

通常は早朝営業の「トマム雲海テラス」ですが、9月の期間限定で16:00~19:00の時間帯に貸切ることが!テラスに露天風呂とくつろぎスペースが設置され、北海道の自然に包まれる開放感の中ゆっくり過ごせます。お湯からあがった後はスパークリングワインとチーズを嗜みながら、くつろぎのひと時を。1日ペア一組だけの特別なサービスです。

「雲のゆうびんきょく」

23099046 272830729905759 5935804554380574720 n
fukuhebi

「トマム雲海テラス」には「雲のゆうびん屋さん」という、可愛いスポットも。ゴンドラに乗る時、チケットと一緒にポストカードがもらえます。宛名を書いてこのキュートな青いポストに投函すると届けてくれます。いい旅の記念になるのでおすすめです。あなたも送ってみませんか?

「トマム雲海テラス」へはどうやって行くの?

26871111 1182765428525379 2851468009455747072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
13brtn77

「トマム雲海テラス」がある星野リゾートトマムへは、北海道の新千歳空港から車で約100分。「リゾナーレトマム」や「ザ・タワー」の宿泊客は、雲海テラスのゴンドラ乗り場までホテルから送迎バスが出ます。日帰りの人はリゾート内の案内に従い「リゾートセンター」まで行きましょう。雲海の発生は早朝なので、前日からの宿泊がおすすめです。

21435965 1966771266932502 8146854710498820096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
suama_nario

「トマム雲海テラス」までは、ゴンドラに乗ってすぐ。約13分間の空の旅も見どころの一つです。ゴンドラの窓から、北海道の自然が間近に迫ってくる大迫力の景色が楽しめます。雲海が発生している時は、登りのは雲の中を突き抜け下りは遠くに見える雲海を眺めることができ、テラスにいる時とはまた違った感動がありおすすめです。

26864697 188957671691219 9059884514754428928 n
nhnh_012

ゴンドラに乗るためには、まずチケットを購入します。料金は、大人 1900円・小学生 1200円・ペット 500円です。雲の形に切り抜かれていて、とってもキュート。記念に持ち帰るのもおすすめです。「リゾナーレトマム」や「ザ・タワー」に宿泊している人は、プランによっては宿泊代金に含まれています。

「トマム雲海テラス」で雲海が見られる確率はどのくらい?

雲海は気象条件と土地条件が合わさった時にしか発生しないため、期間中いつも見られるとは限りません。時間とともに次々と表情を変える雲海との出会いは、まさに一期一会。雲海の発生する確率は約30~40%と低く、滝のようにダイナミックな雲海の発生確率はさらに低くなります。もし期間中に見ることができたら、それはとても貴重な体験です。

18380757 1696182150685114 6913005774243364864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kaorin_masuda

実際に雲海が発生すると、こんなに幻想的な景色を見ることができます。このように一面が雲に覆われるような雲海は太平洋産雲海といい、土地条件と気象条件が絶妙に合わさる低い確率の時しか見ることのできないトマムならではの雲海です。滝のように流れる雲はめったなことでは発生しません。

18580623 1384115351669948 1990809026362867712 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nanana_nanana_nanana

残念ながら雲海が見られなかったとしても落ち込まないでください。早朝の澄んだ空気の中だと、遠くの山々まで綺麗に見えるので、これはこれで素晴らしい景色を見ることができます。頑張って早起きした人しか見ることのできない光景に、感動すること間違いなしです。

「トマム雲海テラス」で雲海が見られる時期はいつまで?

11350969 1863415047217840 1359145184 n
masaru56

雲海が発生する時期は夏の間、早朝の時間だけ。そのため「トマム雲海テラス」が、オープンする時期は毎年5月中旬から10月中旬の5:00~7:00(予定)のみです。少し早起きして、ぜひココでしか見られない雲海の広がる光景を見に行ってみてください。とても貴重な体験となることでしょう。

冬は「霧氷テラス」に変わる「トマム雲海テラス」

また雲海テラスが営業していない12月~4月の時期は、霧氷テラスとして営業します。真っ白な氷をまとった美しい姿で立ち並ぶ木々を、ゴンドラに乗っている時から楽しめます。雲海が見られない時期でも、こうした冬ならではの光景が見られるので「雲海テラス」はおすすめです。

27878538 204864176922914 1157802271082283008 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chenjian073

霧氷テラスは雲海テラスとは違い、朝から昼まで営業。期間限定で夜間のライトアップもされ、光の中に浮かび上がる霧氷の美しい姿を楽しめます。料金は、大人2200円・小学生1300円です。山麓からゴンドラに乗って行くことができますので、楽にアクセスすることができます。
 

霧氷ってなに?

26283793 1993823000871269 6008055439126691840 n
mna8756

霧氷とは、気温が氷点下になった時、空気中の水蒸気や霧が氷になり樹木などを覆う現象のことです。よくニュースなどでも流れる樹氷も、霧氷の一種。真っ白な衣をまとった木々はとても幻想的です。こちらも雲海ゴンドラで13分で到着です野江、寒い冬でも快適に行くことができます。

「トマム雲海テラス」併設の「てんぼうかふぇ」で一休み

10375888 1493642067516806 229953063 n
mukai0811

雲海テラスには、雲海を眺めながら軽食やドリンクが楽しめる「てんぼうかふぇ」があります。標高1000m以上の場所にあるテラスは、夏といえど朝はひんやり。そんな時は「てんぼうかふぇ」のスープやココアなどで、冷えた体を温めてください。寒い冬はたき火で「焼きマシュマロ」もおすすめです。

あったかスープとパンのセット

13744225 1766594163559344 1617737910 n
asaminsta_gram

朝食にピッタリなパンとスープのセットは700円です。本日のスープには「10種類の野菜スープ」や「ミネストローネ」等があります。野菜の旨味たっぷりのスープが、冷えた体に染み渡ります。パンをスープに浸して食べればお腹も満たされ大満足です。他にもマフィンやハニートーストもあります。

雲海ゼリー

19367403 1299800893471730 7427670927933964288 n
island_ts

真っ青なゼリーの色がとっても爽やか!杏仁豆腐で雲海に見立てたものと、パイナップルゼリーのさわやかな青空をイメージした白と青の二層のコントラストが綺麗なセリ―です。お値段は500円です。インスタ映えもする素敵なゼリーと共に記念写真がいかがでしょう。

雲海ココア

14564927 1854660311437049 5623037966369685504 n
kaoru_1207

クリームで雲海を表現した「雲海ココア」になります。例え雲海が見られなかったとしても、このココアで体を温めて次回に期待しましょう。とっても寒い早朝の山の上では、体の温まるココアが人気です。大人も子供も大好きな甘いココアで、ほっと一息休憩してみましょう。

雲海ソーダ

28151005 278351779365479 5693624358015074304 n
shio_ri__rv

淡いパステルブルーのソーダの上に、雲に見立てたコットンキャンディを乗せた「雲海ソーダ」。コットンキャンディの甘さとソーダのシュワッとした炭酸の刺激がたまりません。ソーダに溶かしながら飲んでみましょう。こちらのフォトジェニックなドリンクになっています。

霧氷コーヒー

26323188 1121544524654622 549720075465129984 n
mac_pine

冬季メニューの「霧氷コーヒー」。カップの上に乗っているのは、霧氷をイメージした真っ白な飴細工です。飴細工をコーヒーに溶かしながら飲めば、ほろ苦さと繊細な甘さのコラボレーションが楽しめます。「てんぼうかふぇ」には雲海にちなんだメニューが沢山あります。ぜひこちらも楽しみにカフェへ立ち寄ってみてください。

「トマム雲海テラス」最高の体験を

早起き必須で、さらに雲海と出会える確率が30~40%と低い「トマム雲海テラス」ですが、運よく見られた時の感動はひとしお!一生忘れることのない光景になることでしょう。カフェで軽食やドリンクを楽しみながら、絶景の瞬間をゆっくり目に焼き付けてください。

北海道旅行の際は「トマム雲海テラス」へGO!

22427113 691572907699300 2720012306204327936 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
dntakuya

いかがでしたでしょうか?自然現象のためなかなか見ることができない雲海ですが、それでも行く価値のあるおすすめ絶景スポットです。日帰りでも大丈夫ですが、雲海を見るには朝がとても早いので星野リゾートトマムや周辺施設に宿泊することをおすすめします。是非星野リゾート宿泊と一緒に楽しんでください。

Thumb十勝の人気観光スポットまとめ!冬の旅行や子連れにもおすすめ!
北海道にある十勝で人気の観光スポットはどこがあるのでしょうか。今回は十勝でおすすめの観光スポ...
Thumb帯広を観光におすすめのスポットまとめ!冬場でも楽しめる穴場あり!
北海道帯広市でおすすめの観光スポットをご紹介します。帯広市には様々な景勝地やグルメスポット・...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
himeno-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ