小田急ロマンスカーの料金を調査!展望席の様子や乗り方も合わせてチェック!

小田急のロマンスカーは、箱根などの観光スポットを一本で結び、さらに列車そのものも工夫が凝らされていて人気です。そこでロマンスカーの料金について、特に展望車などの人気車両の料金がどのようになっているのかなどについて紹介していきましょう。

小田急ロマンスカーの料金を調査!展望席の様子や乗り方も合わせてチェック!のイメージ

目次

  1. 1小田急のロマンスカーとは?
  2. 2小田急のロマンスカーの車両
  3. 3小田急のロマンスカーの料金
  4. 4小田急のロマンスカーのチケットの購入方法
  5. 5小田急のロマンスカーの乗り方
  6. 6ロマンスカーに乗れるお得な切符はある?
  7. 7小田急のロマンスカーで旅を楽しもう!

小田急のロマンスカーとは?

箱根は有名な観光地の一つですが、行く時に電車を利用する方も多いでしょう。そんな方にとって人気が高い列車の一つが小田急のロマンスカーです。特に展望席は名前からしても一度は乗ってみたいという方が多いでしょう。そんな小田急のロマンスカーの料金や乗り方について紹介します。

東京・新宿から箱根や江ノ島を結ぶ特急列車

さて、小田急ロマンスカーというのは小田急電鉄が運行している特急列車、特急車両の総称です。2020年現在、ロマンスカーという名前は商標登録されており、現在では小田急が利用する名称となっています。

ロマンスカーという名称のイメージから、いわゆる観光列車を想像しがちですが、小田急の特急列車のことですから、小田急が走っている路線ではどこでもロマンスカーが走っていることになります。

そのため、観光目的で利用する方はもちろんですが、ビジネスなどで利用する方も増えており、乗り方もさまざまな方法があります。特急料金を支払う必要はあるものの、本数も多いので手軽に利用することもできる点が人気の秘密と言えるでしょう。

御殿場方面や東京メトロへ直通する列車も

現在、ロマンスカーは小田原、箱根はもちろんですが、御殿場や江の島などの各方面にアクセスする列車となっており、また、出発地も新宿のほか、東京メトロまで乗り入れているものもあるので、より利用しやすい特急電車となっています。

箱根などの観光に利用する場合はもちろんですが、例えばビジネスで利用する場合、料金は必要なものの、ゆったりと座って移動でき、さらに乗り入れている駅からであれば乗り換えも必要ないので、その点でも楽に移動ができる点も大きなメリットと言えるでしょう。

小田急のロマンスカーの車両

ところで、今述べたようにロマンスカーというのは小田急の特急列車の名称ですが、やはり「ロマンスカー」という名前から連想されるのは、観光用の特別列車のような「特別」感ではないでしょうか。実はロマンスカーにはいくつかの車両があります。その車両について紹介します。

前面展望席が特徴の車両

ロマンスカーにはいくつかのタイプの車両がありますが、中でも人気が高いのが展望席です。文字通り景色がよく見える座席であり、実はすべての車両についているわけではありません。公式サイトに展望席があるロマンスカーがどれか告知されているほどです。

小田急のロマンスカーの展望席は大型の一枚ガラスや超大型3次元ガラスなどを使用し、窓枠をなくすことで、前方いっぱいに広がる景色を楽しむことができます。特に箱根など観光スポットに行く場合は車窓に広かるきれいな景色を楽しめるのは大きなメリットです。

ただし、ロマンスカーの展望席は今述べたようにすべての車両についているわけではなく、しかもその座席数は多くはありません。各列車の両端の車両にそれぞれ16席だけなのです。ロマンスカーの展望席に乗るなら早めの予約がおすすめです。

多様なニーズに対応できる車両

小田急のロマンスカーには一般的もあります。こちらの一般席はごく普通の列車の席となっていますが、長距離で利用しても疲れにくいよう、座席のリクライニングや足元などに工夫が凝らされています。

そのため、箱根観光などで利用する方はもちろんですが、ビジネスで利用する方にとっても楽に利用することができるようになっており、その点でも使いやすい工夫が各所に見受けられます。

また、家族連れやグループで観光をするためにロマンスカーを利用する方には、「サルーン席」というボックス席を利用する方法もあります。こちらは半個室のような形になっているため、周りを気にすることなく利用できるため、ゆったりとした旅をしたい方などにもおすすめです。

小田急のロマンスカーの料金

このようにさまざまな魅力がある小田急のロマンスカーですが、問題はその料金です。特に展望車は数が少ないこともあり、特別に料金がかかるのか気になっているという方も多いのではないでしょうか。そこで小田急のロマンスカーについて、特別な料金も含めて紹介します。

特急料金は利用する区間によって変わる

まず、ロマンスカーは特急列車ですから、全車指定席であり、特急料金が別にかかります。これは例えば小田原から箱根湯本までのように短距離であろうと、東京メトロに乗り入れている区間であろうと同様に料金がかかるわけです。

ただし、その特急料金は乗る区間により違います。当然ですが、近い区間の場合は特急料金は安く、距離が延びれば料金は高くなります。例えば町田から相模大野までは各駅停車でも2分しかかかりませんが、乗車券のほかに特急料金が310円かかります。

ですから、区間によっては、特急料金のほうが乗車料金よりも高くなることもあり得るわけなので、箱根などの遠方に行く場合以外では、ロマンスカーで特急料金を払うことと時間や快適さなどを比較して利用の有無を考えてみることもおすすめします。

展望席の料金は一般の特急料金と同じ

そうなると気になるのが展望席の料金です。一般的な特急などの場合、グリーン席などさらに快適さがアップする席の場合はさらに別料金になっているところも多いですが、展望席はどのような扱いになっているのでしようか。

実は展望席は扱いとしては他の座席と同じです。つまり乗車料金と特急料金だけで利用でき、「展望席料金」などはありません。同じ料金で乗れるのであれば、せっかくだから景色が見られる展望席にしたいと考える方も多いようで、それもあって展望席は人気が高いのです。

人気が高い分、特に観光シーズンなどの休日には展望席はあっという間に売り切れてしまうことも多いです。切符の発売は乗車日の1か月前の10時からなので、狙う方はとにかく早めに座席を取ることをおすすめします。

サルーン席はサルーン特急料金が適用される

一方、ロマンスカーの中でもVSEと呼ばれる車両にのみついているサルーン席は、座席の設定が他と異なります。サルーン席は座席の数ではなく、「1区画」単位での販売となるためです。ですから、何人で乗ってもサルーン料金は4人分必要になります。

例えばサルーン席を3人で利用する場合、サルーン料金は特急料金の4倍(4人分)、乗車料金は3人分となります。逆に言うと、4人で利用した場合は一般のロマンスカーの料金と同料金となるわけです。

ですから、サルーン席を利用したいという場合は、ぜひ4人集まっての利用をおすすめします。ちなみにこのサルーン席は車両が限定されるうえ、3区画しかないため、特に観光シーズンには人気が高いです。こちらも予定している方は早めに席を取ることをおすすめします。

ロマンスカー車内でチケットを購入した場合は追加料金が発生

ロマンスカーの乗り方で特に気をつけてほしいのが、切符の買い方です。必ず乗車前に、特急料金も含めて買っておくことが必要です。

一般的な特急であれば、座席さえあれば電車に飛び乗ってから特急券を追加して買っても特に違いはありません。しかしロマンスカーの場合は、特急券を買わずに乗ってしまい、車内で購入すると特急料金に追加料金310円(サルーン料金はその4倍)がかかってしまうのです。

ここまで述べてきたように、ロマンスカーは全車指定席であり、乗る場合は必ず特急料金が必要となる車両です。ロマンスカーに乗る際には必ず特急券も含め必要な切符をすべて揃えておくようにしましょう。

ICカード利用の料金は設定されている?

東京などでふだん電車を利用して移動している方の多くは、いわゆるICカードを使っているのではないでしょうか。東京近辺ではICカードを利用した方が料金が安くなる場合もあるので、その点でもお得ということもあるでしょう。

しかし小田急のロマンスカーの場合、いわゆるIC料金の設定はありません。ただし、他の路線が乗り入れているルートに限っては、乗車券の料金がIC料金になる場合はあります。ロマンスカーの特急料金はどの方法でも変わらないということになっているのです。

小田急のロマンスカーのチケットの購入方法

このように、ロマンスカーの場合は前もって切符を購入しておくことが必須となります。特に箱根などの観光地に展望席やサルーン席で行きたいという方の場合は、早めに切符を購入しておきたいところです。そこで次にロマンスカーの切符を購入することができる場所について紹介します。

駅の窓口・券売機

切符を購入するという場合、最も一般的なものとして挙げられるのはやはり駅でしょう。ロマンスカーが走っている駅、つまり小田急線の各駅の窓口、および券売機では、他の切符と同様にロマンスカーの切符を購入することができます。

券売機では始発から終電までの時間利用でき、一度に8名分までを購入することができます。また窓口や電話、インターネットなどで予約した切符の受け取りをすることもできるので、行き帰りでも便利に利用できます。

窓口の場合は小田急線の主要駅の窓口が利用できます。原則として6時30分から21時まで利用することができますが、窓口によっては取り扱い時間が異なる場合もあります。9人以上で利用する場合などは窓口で購入しましょう。クレジットカードももちろん使えます。

インターネット予約

近年ではインターネットが発達し、PCはもちろんスマホなどでも24時間いつでも簡単に切符の購入ができるようになりました。ロマンスカーの切符も同様にインターネットの会員サイトを利用することで購入することができます。

小田急の予約サイトには「e-Romancecar」と「ロマンスカー@クラブ」の2つがあります。前者の方は会員登録がいらず、サイトを開いてすぐにクレジットカードで切符の購入ができます。一方後者は会員登録がいりますが、小田急ポイントカードのポイントがたまるので、小田急をよく使う方におすすめです。

どちらもサイトにログインできるスマホを持っていれば、チケットレスで乗車することもできるため、その点でも便利ということで利用する方が増えています。インターネットが使える方はこちらを検討してもいいでしょう。

電話

ロマンスカーの切符は電話での予約も可能です。電話の場合はオペレーターによる予約が10時から18時まで、自動音声による予約が4時から翌日の2時まで受け付けています。

乗り方などで特別な条件が必要、しかし窓口まで行く時間はないという方はこちらを利用すれば、より条件に合わせたロマンスカーの予約が可能です。ただ、特にオペレーターによる受付時間はさほど長くなく、また予約した切符は窓口か券売機で期限内に引き取らなければなりません。

旅行代理店

小田急沿線に住んでおらず、旅行で箱根に行く場合などにロマンスカーを利用したいという場合は、旅行代理店で切符の購入をすることもできます。全国の旅行代理店が利用できますので、インターネットが使えない遠方の方はこちらを利用することになります。

ただし、東京メトロ直通ロマンスカーに関しては、小田急トラベル以外での扱いがなく、特急券のみ販売となります。また「ふじさん号」に乗る場合は小田急線各駅での受け取りが必要となります。

小田急のロマンスカーの乗り方

次に、ロマンスカーの乗り方について紹介しましょう。ロマンスカーはただ目的地まで移動する「だけ」の列車ではなく、その名前の通り、旅を楽しむことができるさまざまな工夫がされた特急です。ぜひさまざまな乗り方で、目的地までの往復も存分に堪能してみてはいかがでしょうか。

展望席に座って車窓を楽しむ

せっかくロマンスカーに乗って旅に行くのであれば、ぜひ展望車を狙いましょう。一枚ガラスでできた大きな窓に広がる景色は、特に箱根などの観光地に行く時にはその気分をどんどん高めてくれます。

先ほども述べたように、ロマンスカーの展望席への乗り方としては、まずは早めに座席を取ることがポイントとなります。席数が多くないですし、できれば前方席のほうがさらに見やすいためです。ぜひ展望席で美しい景色を楽しみましょう。

グループでいくならサルーン席がおすすめ

箱根などにグループ旅行をしたいという方はサルーン席の予約がおすすめです。サルーン席はコンパートメントのような形になっているため、周りをあまり気にすることなく、会話や飲食などを楽しむことができるためです。

サルーン席の乗り方は、まずは一緒に行く人数をそろえることです。先ほども述べたようにサルーン席の場合、4人未満で利用すると料金的には高くついてしまいます。また逆に5人以上だと部屋が分かれてしまうので、なるべく4人でまとまることがおすすめです。

なお、ロマンスカーではお弁当や軽食、ドリンクなどの販売も行っています。旅先の名産品を使ったメニューなどもあるので、さらに旅を楽しむことができるでしょう。ぜひこちらのメニューもチェックしておくことをおすすめします。

通勤での利用も

ロマンスカーは東京メトロにも乗り入れており、全車指定席となっているため、通勤で利用する方も多いです。特に長距離の場合、確実に座って通勤できるというのは大きなメリットであり、毎日とはいかなくても、疲れた時などに利用するのもおすすめです。

ロマンスカーを通勤で使う場合の乗り方ですが、先ほど述べたように前もって特急券を用意する必要があります。しかしサルーン席や展望席でなければロマンスカーそのものは本数があるため、まったく座席がとれないということは少ないでしょう。

先ほど特急券は窓口などで購入できると述べましたが、ネットを使えばどこからでも簡単に座席の指定を取ることができ、料金もクレジットカードで簡単に支払えます。通勤でちょっと疲れた時などにでも利用してみてはいかがでしょうか。

ロマンスカーに乗れるお得な切符はある?

最後に、ロマンスカーで旅をする方におすすめの情報として、ロマンスカー沿線で使えるフリーきっぷを簡単に紹介します。小田急では地域ごとのさまざまなフリーきっぷがあり、それらを利用することでお得な料金で旅を楽しむことができます。

これらのフリーきっぷは目的地までの往復乗車券とフリーきっぷ、人気スポットの優待がセットになっています。このきっぷだけではロマンスカーに乗ることはできませんが、特急料金を追加することでロマンスカーも乗り降りできます。上手に利用することで、お得な料金で時間短縮も図れます。

Thumb箱根フリーパスで楽しむ日帰り観光コースまとめ!買い方や割引方法も!
箱根をお得に観光出来る「箱根フリーパス」は箱根登山鉄道・箱根ケーブルカー・箱根ロープウェイな...

小田急のロマンスカーで旅を楽しもう!

小田急のロマンスカーは、ロマンスカーという名前の通り、楽しい旅ができる仕掛けがいろいろ用意されています。しかも料金の面でも特急料金の追加だけで、展望席やサルーン席などを利用する乗り方もできます。ぜひロマンスカーを上手に利用して、楽しい旅をお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ