伊丹十三記念館は建築鑑賞もおすすめ!カフェあり!アクセス情報も紹介!

愛媛県松山市にある伊丹十三記念館は伊丹十三ファンならずとも特別なひとときを過ごすことができる静かな空間です。表現者として多方面に活躍したその人となりを伊丹十三記念館で発見してみませんか。併設するカフェやグッズ、駐車場やアクセス情報もご紹介します。

伊丹十三記念館は建築鑑賞もおすすめ!カフェあり!アクセス情報も紹介!のイメージ

目次

  1. 1愛媛に行ったら訪ねたい伊丹十三記念館
  2. 2伊丹十三記念館でたどる足跡
  3. 3映画に限らずもさまざまな才能を発揮した伊丹十三
  4. 4カフェや回廊など見どころ満載の伊丹十三記念館
  5. 5意外な伊丹十三の顔を発見
  6. 6伊丹十三記念館への交通アクセスおよび駐車場情報
  7. 7伊丹十三記念館の開館時間と入場料
  8. 8伊丹十三記念館での見学所要時間など
  9. 9伊丹十三記念館の建築はぜひ見ておきたい
  10. 10どうして愛媛の松山に伊丹十三記念館?
  11. 11カフェでのひとときも特別
  12. 12商業デザイナー伊丹十三のグッズや十三饅頭をチェックしたい
  13. 13ゆっくりとひとときを過ごしたい伊丹十三記念館

愛媛に行ったら訪ねたい伊丹十三記念館

10979679 781141665299694 1476511109 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
anan7200mac

愛媛県松山市にある伊丹十三記念館は、その名の通り故伊丹十三にまつわるミュージアムです。昭和から平成初期にかけて活躍した彼は愛媛県松山にゆかりがあり、彼の足跡とメッセージをいまも発信する記念館です。評価の高い建築やカフェ、グッズはここでしか手に入らないものばかりです。それではアクセスや駐車場情報も含めてご紹介します。

伊丹十三記念館でたどる足跡

13732365 315030968829909 1760042213 n
leeesaang

伊丹十三といえば「タンポポ」「マルサの女」「お葬式」「あげまん」「ミンボーの女」など女優で妻の宮本信子とコンビを組んだ映画作品の監督としてよく知られています。これらの作品は誰もが知りたかったが手つかずだったテーマに斬新に取り組んだもので、当時は大きな注目を集めました。

10547337 1519192315075134 1312773344 n
namio0105

機知にとんだ視点から切り込んだ作品は、社会風刺と辛辣さがありながらも伊丹十三流のユーモアにたっぷり包み込まれ、エンターテインメント性に溢れていました。伊丹監督の作品は映画界に新たな風を吹き込み、「伊丹ブランド」と称されるようになりました。こうして数々の作品が受賞し、国外からも注目を集めるようになりました。

映画に限らずもさまざまな才能を発揮した伊丹十三

11326804 1404368306556337 31658484 n
noripones

伊丹十三の個性は、監督としての名声を得る以前からさまざまな分野で発揮されていました。1997年に64歳で亡くなるまで俳優、商業デザイナー、エッセイスト、雑誌編集長などとして表現力を自由自在に発揮したのです。この記念館は妻の宮本信子を館長に2007年5月の伊丹十三の誕生日に開館しました。

カフェや回廊など見どころ満載の伊丹十三記念館

伊丹十三記念館の所蔵品8万点は著作物をはじめとして映像資料、直筆原稿、イラスト原画など貴重な記録ばかりです。神奈川県湯河原の住居から運ばれてきた愛用品などもあります。常設展示室ではこれらを伊丹十三の名前とかけて13のテーマに沿って紹介しています。企画展示室では毎回テーマを変えてさまざまな視点で紹介しています。

意外な伊丹十三の顔を発見

17438329 1635791819782871 8966640637319315456 n
champloo_life

伊丹十三は幼少期からイラストの才能を発揮するなど、生涯にわたる作品は膨大な数にのぼります。プライベートでは音楽、家庭、子供、精神分析を愛し、料理屋味にも精通するなど多くの分野で一流に達し、そのどれもが著作や作品として残っています。その才能は今も新たにファンをつくる魅力にあふれています。

伊丹十三記念館への交通アクセスおよび駐車場情報

14736204 1253443258030796 607526525633298432 n
sophie6latte

愛媛松山空港からのアクセスはタクシーで約25分です。伊予鉄松山市駅からは伊予鉄バス砥部方面に乗り約20分。「天山橋」で下車、徒歩2分です。車でのアクセスは松山自動車道から松山インターチェンジを降りて国道33号を松山方面に直進し、天山橋交差点信号で右折すぐです。なお駐車場は無料20台となっています。

道後エリアからのアクセス情報

11353017 807536019322351 831442334 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
noripones

道後エリアから行く場合は公共交通機関でのアクセスがおすすめです。市内電車「道後温泉」電停から市内電車「大街道」電停まで行き、徒歩約2分ののち路線バス(伊予鉄バス「森松・砥部線」)に乗り継ぎます。「大街道」バス停から「天山橋」で下車、徒歩約3分です。

伊丹十三記念館の開館時間と入場料

16583627 1357726514300986 418443949091323904 n
f_itoo

伊丹十三記念館の開館時間は10時から18時で入館は17時30分までとなっています。休館日は毎週火曜日ですが火曜日が祝日の場合は翌日が休館になります。なお、年末年始および保守点検日は休館です。入場料は、大人800円、高・大学生500円、中学生以下は無料です。

お得でファンには嬉しいメンバーズカード

17881595 1675395629427049 2460105633051967488 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
maricokoco

1年間有効のメンバーズカードは5000コース円で本人と同伴者が何度でも入場できます。3000円コースでは本人のみ何度でも入場可能です。特典として講演会など先着順イベントの優先案内や、宮本館長出勤日の案内などの情報ももらえます。年2回予定の限定で行われる、普段は見ることができない収蔵庫ツアーもファンなら参加したくなります。

伊丹十三記念館での見学所要時間など

館内はカフェやショップ、グッズが充実しており、建築自体を細部にわたって目を凝らしているとあっという間に時間が経っていくことでしょう。記念館へのアクセス事情も考慮すると、時間に余裕のある時にのんびりと訪問するのをおすすめしたい場所です。出勤日をチェックすれば宮本館長に会えるのもこの記念館ならではです。

伊丹十三記念館の建築はぜひ見ておきたい

伊丹十三記念館は、その建築としての魅力でも注目を集めています。日本の美術館ベスト100に選ばれたこの建築は、自称イタミストで熱烈なファンである建築家の中村好文による設計で、伊丹作品に造詣が深い氏ならではの理解に満ちたスペースでることがまたとない魅力となっています。

入場パンフレットにもあふれる情熱

11251954 476612622501760 20274657 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
gojunko

入場するともらえるパンフレットは、設計者中村好文の手によるイラスト入りの解説書になっています。建物全体を俯瞰するその図は、館内のすみずみまでを見渡すように詳しい説明がされており、空間全体で伊丹十三を感じられる稀有な場所、それがこの記念館なのです。

黒い建物が醸し出す異空間

11248988 928246693885725 327902144 n
yuckey2q

遠くからでも目に留まる、黒くて四角いその建物は、入場者をどこか異空間にいざなう、そんな雰囲気を醸し出しています。しかし建物に近づけば、木製の黒い壁が落ち着いた色と質感で優しく静寂に満ちた様子です。黒い建物に入る瞬間には、なにか敬虔な気持ちが湧いてくるような気がします。

中庭は必見

11378810 1620770411526372 1938243232 n
yuckey2q

伊丹十三の家をイメージして設計されたその建物の内部は暖かみを感じさせる木を生かしています。ぜひ足を運びたいのが中庭です。ヨ-ロッパの修道院をほうふつとさせる回廊は、中世だったなら僧侶が、瞑想しながらぐるぐると歩き続けたであろう、そんな静かで特別な空気に満ちています。

伊丹十三愛用のベントレ-はいまだ健在

14596752 1158054004271012 3119332737316552704 n
sophie6latte

伊丹十三記念館の敷地の片隅には、黒い車ベントレ―が、記念館の建物と同じく立派な黒い屋根を乗せた駐車場に展示されています。これは伊丹十三が愛用していたもので、まるで主人がこれから乗って出かけるかの如くに、まったく自然に駐車場に収まっています。ベントレ―の横にたたずむ伊丹十三の姿が目に見えるようです。

どうして愛媛の松山に伊丹十三記念館?

14705168 189689434773458 3784145957650694144 n
heitankob

それにしてもどうしてこの愛媛県松山市に伊丹十三記念館があるのかというと、松山市は父・万作の出身地であるからです。万作は日本映画界の黎明期に活躍しました。十三はそんな父の影響を色濃く受けました。父の仲間に幼いころに絵の才能を認められたというエピソードもあります。十三自身は高校時代を松山で過ごしました。

駐車場に誕生した伊丹十三記念館

その後、伊丹十三は愛知の名産品である「一六タルト」のCMで活躍し、地元の人々の記憶に大きなインパクトを与えました。以来、十三と一六本舗社長との親交が以来深まりました。十三は生前この一六本舗の駐車場スペースに父・万作の記念館を作りたいと考えており、こうしてこの地に伊丹十三記念館が誕生することになったのです。

カフェでのひとときも特別

10986023 1037104062973401 1411376590 n
anan7200mac

伊丹十三の世界の展示を堪能した後は、ぜひカフェ、タンポポで一休みしてみてください。ヨーロッパやハリウッドとも往来のあった伊丹十三はシャンパンを好みました。このカフェでは、シャンパンや日本酒などのアルコールをたのしむことができます。ただし、あくまで伊丹を偲ぶためなので、販売はおひとり様1杯までとなっています。

チョコレートケーキやみかんジュースがおすすめ

カフェでやっぱり注文してみたくなるのが、話題のチョコレートケーキです。記念館の建築をかたどったケーキで、上空から建物俯瞰する鳥になったかのような気分が味わえます。愛媛みかんジュース飲み比べも当店ならではです。店内には映画「タンポポ」制作時に伊丹が描いたデッサンや父・万作の油彩も見ることができます。

商業デザイナー伊丹十三のグッズや十三饅頭をチェックしたい

23161056 1557907007565324 8613031611857895424 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
wakasyachi

商業デザイナーでもあった伊丹十三ならではのグッズが揃っています。大の猫好きが高じて描いた猫のモチーフのTシャツやポストカードなどのオリジナルグッズ、生前の伊丹十三の貴重な映像を含むDVD「13の顔を持つ男」も人気です。一六本舗製造の「十三饅頭」は懐かしく優しい味わいでパッケージも素敵です。

グッズもいいけど言葉もおみやげとして持って帰ろう

グッズもさることながら、家庭を愛し精神分析を愛し、父の温かい目線から若者に向けて書き下ろした本など、多彩な執筆者である伊丹十三の作品も手に入ることができます。20年たっても色あせない、心にずしんと響く言葉の数々をおみやげに持って帰るのも、また伊丹十三記念館ならではといえるでしょう。

ゆっくりとひとときを過ごしたい伊丹十三記念館

12568344 186322185058455 1383515858 n
takao_hideki

伊丹十三記念館のご紹介はいかがでしたか。亡くなって20年以上が経ったいまでも、伊丹十三は記念館を通してそのユニバーサルな視点で語り掛けてくれています。国内外からの人々を惹きつけてやまない伊丹十三の記念館にあなたもぜひ一度行って感じてみてください。

Thumb松山市観光スポット21選!穴場から名所まで!子供におすすめの場所も調査!
愛媛県松山市は日本でも屈指の観光地として知られます。歴史ファンにはたまらない松山城を筆頭に多...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
YCB

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ