コストコのフードコートを徹底攻略!イートインの人気メニューから使い方まで!

コストコは、大変人気の大型スーパーです。店内にはフードコートがあり、コーヒーやとても美味しいイートインメニューが勢ぞろいしています。コストコのフードコートやイートインメニューについての情報をピックアップして紹介していきます。是非、利用してみてください。

コストコのフードコートを徹底攻略!イートインの人気メニューから使い方まで!のイメージ

目次

  1. 1コストコのフードコートに行ってみよう!
  2. 2コストコとは?
  3. 3ピザやホットドッグを食べられるコストコのフードコートとは?
  4. 4コストコのフードコートが人気の理由
  5. 5コストコのフードコートの使い方
  6. 6コストコのフードコートのおすすめイートインメニュー
  7. 7コストコのフードコートのイートインメニューは持ち帰りできないの?
  8. 8コストコのフードコートにはドリンクメニューはないの?
  9. 9コストコのフードコートのスイーツもおすすめ
  10. 10コストコのフードコートを利用できる時間に制限があるの?
  11. 11コストコのフードコートを利用してみよう!

コストコのフードコートに行ってみよう!

大型の会員制スーパーである超人気のコストコには、フードコートがあることでも知られています。コーヒーや食事メニューなどのイートインメニューも充実していて、話題となっています。使い方もそれほど難しくないので、是非コストコに行ったらフードコートにも行ってみてください。コストコのフードコートについて、詳しく紹介します。

コストコとは?

コストコは、会員のみが利用することができるスーパーであり、大変大きな規模のスーパーとして有名です。

コストコは、ビッグサイズの超絶お得な商品が販売されていることでも知られていて、週末やゴールデンウィークなどになると、多くの人でいっぱいとなるほどの人気店です。

コストコは、飲食店を営んでいる人はもちろん、節約をしたい人や、大家族・パーティーなどを計画している人など、多くの人から愛されています。

近くにコストコがあったら、是非会員となって上手に利用してみると、大変リーズナブルにお買い物をすることができるでしょう。

ピザやホットドッグを食べられるコストコのフードコートとは?

人気のスーパーコストコには、コーヒーを飲んだり、ピザやホットドッグを食べたりしてゆっくりとした時間を過ごすことができるフードコートがあります。

フードコートは。それぞれの店舗によって大きさ・規模は異なりますが、イートインスペースもあり、広くてのんびりと食事や休憩ができると大変人気となっています。

フードコートは、ランチやおやつはもちろん、広大な店舗を巡る前にエネルギーチャージしたい時や、ショッピング後に足休めをしたい時などにもぴったりです。

フードコートには、さまざまなメニューがあり、使い方もらくらくなので、子どもと一緒のファミリーや高齢者と一緒の3世代などでも利用しやすいと評判です。

コストコに行く予定がある時には、是非少し時間を取ってフードコートで美味しいイートインメニューを味わってみるのをおすすめします。

コストコのフードコートが人気の理由

コストコのフードコートはとても人気であり、いつもたくさんの人でいっぱいの是非押さえておきたい場所の一つです。

コストコのフードコートがこれほどまでに人気があるのには理由があるからであるのではないか、とされています。

その人気の理由を選りすぐって2つだけ紹介します。少し知っておくとより楽しい時間を過ごせるでしょう。

多彩なメニュー

コストコのフードコートが人気の理由のその第一は、「多彩なメニュー」があるということにあるでしょう。

コストコのフードコートには、コーヒーやジュースなどのドリンク類の他にも、ホットドッグ・ハンバーガー・ピザ・サラダ・ソフトクリームなど、さまざまなジャンルの食事メニューがずらりと揃っています。

コストコのフードコートには、しっかりと食事をしたい時にぴったりなメニューや、小腹が空いた時におすすめなメニューなど、シーンや場面・お腹の好き具合によって自由に食べるものをチョイスすることができるメニューがたくさんあります。

また、いつもある定番のメニューの他にも、季節や期間限定のメニューも豊富であり、行くたびに違うメニューの堪能できることでも話題となっています。

イートインを利用できる

コストコのフードコートが人気の理由のその第二は、「イートインを利用できる」ということにあるでしょう。

コストコのフードコートには、椅子とテーブルがあるイートインスペースがあるので、ゆっくりと食事をしたりコーヒーを飲んだりすることができ、気分転換や歩き疲れたときの休憩にもぴったりです。

イートインスペースには限りがあるので、ランチタイムのピーク時間からおやつタイムまでの時間などには特に譲り合いの気持ちを持っての利用を心がけるようにしましょう。

コストコのフードコートの使い方

コストコのフードコートの使い方について、簡単に紹介します。それほど難しくないので、ルールやマナーをしっかりと守って行動することを大切にすればそれほど怖がらずに動いて大丈夫です。

ただし、それぞれの店舗で、独自の使い方などがあるところもあるので、きちんと張り紙や案内看板などを見るようにしましょう。

コストコのフードコートの使い方ステップその1は、「ショッピングカードを指定の場所に置く」ということです。

コストコは大型のスーパーなので、買い物をショッピングカートを用いてあちこち回るという人も多いでしょう。

ショッピングカートを使っての買い物の途中や帰りなどにフードコートに寄りたい時には、きちんと指定された場所にショッピングカートを置いてからフードコートに食事やドリンクを買いに行きましょう。

もちろん、一度車などに荷物を積み込んでから、フードコートに再度行くということもOKとなっています。

コストコのフードコートの使い方ステップその2は、「フードコートの列に並んで待つ」ということです。

コストコのフードコートは大変人気のため、商品を購入することができるまで時間がかかることがあります。自分の順番が来るまでできるだけ落ち着いて静かに待ちましょう。

コストコのフードコートでは、レジのところにメニュー表が置いてありません。あらかじめ大きい看板で掲示されているメニューを見て購入したい商品をしっかりと決めてからレジに向かうようにしましょう。

コストコのフードコートの使い方ステップその3は、好きなメニューを「注文して支払いをする」ということです。

注文のコーナーに到着したら、決めたメニューを注文し、料金の支払いをします。コストコのフードコートでの支払いで利用することができるのは現金のみとなっています。クレジットカードや電子マネーなどは利用することができないので、あらかじめ現金を準備しておくことが重要です。

コストコのフードコートの使い方ステップその4は、「好きな場所を選んで食事をする」ということです。

空いているイートインスペースを見つけて座って食べるのはもちろん、自分の車の中や家などに持ち帰ってから食べてるのも良いです。

コストコのフードコートの使い方ステップその5は、「ごみなど使ったものを捨ててから帰る」ということです。

コストコとのフードコートはすべてセルフ方式となっているので、自分が食べたもののごみや包装紙などはきちんと所定の場所に捨て、使った場所をきれいにしてから帰るようにしましょう。

コストコのフードコートのおすすめイートインメニュー

コストコのフードコートには大変多くの種類のメニューがあり、あれもこれもといろいろ食べたくなることでしょう。

コストコのフードコートにある充実したメニューの中でも特に人気でおすすめのイートインメニューを厳選して紹介してみます。コーヒーなどとともにゆっくりと味わってみることをおすすめします。

季節や時期によってメニューの内容は変化しますし、料金も変動することがあることを事前に知っておくと良いでしょう。

おすすめイートインメニュー(1) ホットドック

コストコのフードコートで人気でおすすめのイートインメニューの一つ目は、「ホットドッグ」です。料金は、飲み放題のドリンク付きで180円となっています。

コストコのフードコートの「ホットドッグ」は、約20センチと食べ応え満点の大変大きなバンズの中に、極太でジューシーさ抜群のソーセージが入っています。

そこに、それぞれの好みに応じてオニオンやサワークラフト・ピクルス・ケチャップ・マスタードなどのトッピングを自分で好きなだけ乗せていくようになっています。

コスパが大変良く、好みのものだけをトッピングすることができるという自由さもあって、一番人気の商品となっています。

おすすめイートインメニュー(2) ピザ

コストコのフードコートで人気でおすすめのイートインメニューの二つ目は、「ピザ」です。料金は、カット(スライス)ピザが300円、ホールピザが1580円となっています。

コストコのフードコートの「ピザ」には、ミートボールと野菜がたっぷりの「コンボ」・こしょうのアクセントが絶妙な「ペパロニ」・濃厚チーズがたっぷりの「チーズ」などが基本のメニューとなっていて、その他に新商品や限定商品が登場することもあります。

大きめで具材がたくさん入っている「ピザ」は、大変評判であり、多くの人がこれを目当てにフードコートを訪れます。

ファミリーなどにおすすめのホールピザは、段ボールのBOXに入ったタイプとなっているので、持ち帰りにもぴったりです。焼きあがるまでに少し時間が必要なので、気持ちと時間には特に余裕を持って注文するようにしましょう。

おすすめイートインメニュー(3) プルコギベイク

コストコのフードコートで人気でおすすめのイートインメニューの三つ目は、「プルコギベイク」です。料金は、450円となっています。

コストコのフードコートの「プルコギベイク」は、コストコで売られているプルコギビーフがふんだんに使われていて、チーズが入ったピザ生地で包んで焼いたものです。

ずっしりとした大変ボリューミーな逸品であり、表はカリッとしていて、中はしっとりもちもちで、とてもうまいと評判で、一度は是非食べてみて欲しい商品です。

おすすめイートインメニュー(4) クラムチャウダー

コストコのフードコートで人気でおすすめのイートインメニューの四つ目は、「クラムチャウダー」です。料金は、クラッカー付きで350円となっています。

コストコのフードコートの「クラムチャウダー」は、まろやかな味わいとなっていて誰もが食べやすいメニューとなっています。

身体を温めたい寒い冬の時期や、ほっこりとしたい時などに特におすすめであり、リピーターも多くなっています。

コストコのフードコートのイートインメニューは持ち帰りできないの?

コストコのフードコートのイートインメニューは、持ち帰り・テイクアウトをすることもOKとなっています。

テイクアウトしたイートインメニューを買い物をした帰りの車の中で食べるのも、家に持ち帰ってほっと落ち着いてから食べるのも大丈夫です。

それぞれが好きな場所を選んで、自由に美味しいイートインメニューを味わうことができるので、持ち帰りは大変好評です。

また、特に週末やゴールデンウィーク・年末年始などの11時から14時頃のランチタイムのピーク時間や、17時から18時などの帰宅ラッシュ時間を中心としてイートインスペースに空きがないほどたくさんの人で賑わっていることがあります。

多くの人で混みあっている時には、より積極的に持ち帰り・テイクアウトを利用してみることをおすすめします。

コストコのフードコートにはドリンクメニューはないの?

コストコのフードコートには、コーヒーなどのドリンクメニューも大変豊富にあり、自由に飲みたいものを選択することができるようになっています。

食事メニューと合わせて、コーヒーなどのドリンクをゆっくりと飲みながら家族や仲間とおしゃべりをしてまったりとした時間を楽しむことができます。

おかわりできるドリンクやコーヒーを販売

コストコのフードコートのドリンクメニューには、100円のホットコーヒー・150円のアイスコーヒーの他にも、150円のカフェラテ・ソフトドリンクなどがあります。

コーヒーなどは単品メニューとなっていますが、ソフトドリンクは、60円でおかわり自由・飲み放題となっていて、約600ミリリットル入る大きめカップをもらえるので、自分で好みのドリンクを注ぎに行くようになっています。

ソフトドリンクの種類には、ウーロン茶・コーラ・オレンジジュースなど約5種類の中から好きなように選ぶことができるようになっています。

コストコのフードコートのスイーツもおすすめ

コストコのフードコートには、スイーツメニューもあり、食後のスイーツを堪能したい人や、休憩時間に甘いものが食べたい人などに特に評判となっています。

コストコのスイーツメニューには、バニラ・季節によって変わるフレーバー・バニラと季節のフレーバーのミックスのそれぞれ240円の3種類のソフトクリーム、同じく240円の季節のフレーバーのスムージーなどがあります。

季節にあったフレーバーがどんどんと登場し、行くたびに違う味のソフトクリームやスムージーが味わえると子どもや若者を中心として大変注目されています。

その他にも、サンデーなどの季節・期間限定メニューがあることもあるので、気になったスイーツがあったらその時に食べておくことをおすすめします。

コストコのフードコートを利用できる時間に制限があるの?

コストコのフードコートを利用できる時間は、それぞれの店舗の営業時間と同じであり、10時から19時までのところが多くなっています。

店舗の営業時間内であれば制限がなく、いつでもフードコートを利用することができますが、閉店時間が少し早めとなっているので、夜遅い時間にコストコに行こうと思っている場合は、少し気にしておくと良いでしょう。

それぞれの店舗の営業時間などの詳しい情報については、ホームページから検索をすることができるので、行く前にしっかりとチェックをしておくとより充実したコストコでの時間を過ごすことができるでしょう。

コストコのフードコートを利用してみよう!

コストコは、人気急上昇中の大型スーパーであり、いつも多くの人で混雑しています。フードコートもあるので、ランチやコーヒータイムなど、それぞれのスタイルにあわせた使い方をしてみることをおすすめします。コストコに行こうと考えている人は、是非フードコートにも寄ってみることを考えてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ