バーガーキングの「ワッパー」とは?大きさや価格・気になるカロリーも調査!

バーガーキングのワッパーはビーフパティを直火焼きした美味しいバーガーで、とても人気があります。バーガーキングのワッパーは通常のバーガーより一回り大きく、食べごたえがありますが、ボリュームがある分カロリーが高めです。価格についてもチェックしてみましょう。

バーガーキングの「ワッパー」とは?大きさや価格・気になるカロリーも調査!のイメージ

目次

  1. 1話題のバーガーキングの「ワッパー」とは?
  2. 2バーガーキングの「ワッパー」が人気の理由
  3. 3バーガーキングの「ワッパー」の大きさ
  4. 4バーガーキングのおすすめメニューと価格
  5. 5バーガーキングの「ワッパー」のカロリーってどうなの?
  6. 6バーガーキングの「ワッパー」はカスタマイズできる
  7. 7バーガーキングの「ワッパー」を食べてみよう!

話題のバーガーキングの「ワッパー」とは?

バーガーキング(Burger King)は、フロリダ州マイアミに本社を持つ大手バーガーチェーンで、世界73か国で店舗を展開しています。日本には1933年に上陸し、一度撤退。2006年に再上陸し、2020年現在、首都圏を中心に約100店舗があります。

日本ではマクドナルドの約2,900店舗やモスバーガーの約1,290店舗、ケンタッキーフライドチキンの約1,130店舗に比べると店舗数が少ないのですが、アメリカではマクドナルドと人気を二分しています。

バーガーキングといえばボリュームたっぷりのワッパーです。他のバーガーチェーンと比べても一回り以上大きく、食べごたえがあります。サイズだけではなく味も格別で美味しいと評判です。

バーガーキングの「ワッパー」が人気の理由

バーガーキングでは、大きいサイズのハンバーガーのことをワッパーと呼びます。英語で「Whopper」とは「とてつもなく大きい」という意味で、4オンス(約113g)のビーフパティをサンドしています。

最近はファーストフードでもカロリーオフのバーガーが増える傾向にありますが、バーガーキングのワッパーは、カロリーなど気にせずに大きなバーガーを食べたいという人に人気があります。

バーガーキングのワッパーが人気の理由は、大きさもさるごとながら、その美味しさです。バーガーキングのワッパーはバーガーチェーンでは珍しい直火焼きで、ジューシーで香ばしい仕上がりになっています。

ボリューム

バーガーキングのワッパーが人気なのは、ボリュームがたっぷりとあるからです。マクドナルドなど人気バーガーチェーンのハンバーガーと比べると、ワッパーの大きさは約1.5倍はあるでしょう。

小さなバーガーでは物足りないという人や、アメリカンサイズの美味しいバーガーを食べたいという人にたいへん人気があります。

ジュニアサイズも提供

バーガーキングのワッパーはとても美味しいのですが、カロリーが高く、ダイエット中の人はもちろん、ダイエットをしていない人でも気になるほどです。そこで、登場したのが少し小さいサイズのワッパージュニアです。

ワッパージュニアはワッパーよりも少し小さく、その分カロリーも控えめになっています。それでも、マクドナルドのハンバーガーよりはカロリーが高いので気を付けましょう。

バーガーキングの「ワッパー」の大きさ

バーガーキングのワッパーやワッパージュニアはボリュームがあると言われていますが、実際、どのくらいの大きさがあるのでしょうか。

マクドナルドなど一般的なハンバーガーの大きさと比べてみるとよくわかるでしょう。そこで、バーガーキングのワッパーやワッパージュニアの大きさをチェックしてみることにします。

マクドナルドのハンバーガーよりも大きい!

大きさを比べる際、分かりやすいのはバーガーの直径でしょう。バーガーキングのワッパーの直径の大きさは約13センチ、ワッパージュニアの大きさは約9センチです。

マクドナルドのハンバーガーの大きさは、直径約9センチなので、ワッパージュニアとマクドナルドのハンバーガーのサイズはほぼ同じといえるでしょう。ただしワッパーは、マクドナルドのハンバーガーより一回り大きいことになります。

大きさを比べたところで、次に重さを比べてみましょう。バーガーキングのワッパーの重さは278g、ワッパージュニアの重さは145g、マクドナルドのハンバーガーの重さは106gです。バーガーキングのワッパーやワッパージュニアのほうがずっしりとした重さがあります。

ワッパーやワッパージュニアが重量があるのは、パティの大きさやサンドされている野菜の量の違いによります。ワッパーのパティは約113g、マクドナルドのバーガーのパティは約45gです。

バーガーキングのおすすめメニューと価格

バーガーキングは、マクドナルドやロッテリアと比べると価格が高めです。バーガーチェーンの中では価格が高めのモスバーガーと比べても、バーガーキングのほうが高く感じることでしょう。

しかしセットにすると安くなることや、ワッパーのボリュームがあることを考えると、コスパがいい商品といえるでしょう。バーガーキングではお得なクーポンが多く発行されているので、利用すると価格を抑えることができます。

ワッパー

ワッパーはバーガーキングの看板メニューです。セサミバンズに100%ビーフのパティをサンドし、トマト・レタス・スライスオニオン・ピクルスを加え、ケチャップとマヨネーズで味を付けています。ワッパーの価格は490円、ジュニアは360円です。

お好みでチーズやベーコンなどをサンドすることもできます。ワッパーは地域限定のソースが多く、その土地ならではの味を楽しむことができます。

ワッパーチーズ

ワッパーチーズは、上記のワッパーにチーズをトッピングしたものです。同じようにセサミバンズに野菜とパティがバランスよく入っています。ワッパーチーズの価格は590円、ジュニアは410円です。

パティとトマトの酸味、パリパリとしたサラダ、コクのあるチーズとの相性がよく、甘酸っぱいピクルスがアクセントになり、とてもおいしいバーガーです。バーガーキングの中でも特に人気があるメニューといえるでしょう。

ダブルワッパーチーズ

ダブルワッパーチーズは、パティが2枚サンドされたボリュームのあるワッパーです。ワッパーだけでは物足りないという人におすすめで、食べごたえが十分にあります。ダブルワッパーチーズの価格は830円、ジュニアは570円です。

セサミバンズの中に113gのビーフパティが2枚、トマト・ピクルス・チーズがそれずれ2枚ずつ、レタスとオニオン、そしてマヨネーズとケチャップで味付けをしています。

価格は少し高めになりますが。合計226gものビーフパティがサンドされていて、チーズも野菜もたっぷりなので、コスパがいい商品といえるでしょう。

香ばしく焼きあがったパティは美味しく、トマトの甘酸っぱさやパリッとしたレタスとの相性も良く、バーガーキングの人気商品の一つになっています。

スパイシーワッパー

バーガーキングのスパイシーワッパーは、ワッパーにマヨネーズと特製ソースで味を付けています。オリジナルのソースは、唐辛子とニンニク、そして豆板醤を隠し味に使っていて、ピリッとした辛さの中にもスパイシーな味わいが楽しめます。

スパイシーワッパーの価格は520円、ジュニア3は90円です。普通のワッパーとは一味違ったピリ辛のソースを楽しみたい人におすすめです。スパイシーと言っても激辛ではなく、食べやすい辛さになっています。

DXハッシュブラウンワッパー

デラックスハッシュブラウンワッパーは略して「デラハッシュ」と呼ばれていて、バーガーキングのデラックスワッパー シリーズ第2弾となります。

100%ビーフパティの上に、チェダーチーズ2枚たっぷりとからめたハッシュブラウンをトッピング。さらにスモーキーな美味しいベーコン4枚・レタス・トマト・オニオン・ピクルスを加え、最後にケチャップとマヨネーズで味付けしています。

デラックスハッシュブラウンワッパーの価格は840円、ジュニアは640円です。カリッとしたハッシュブラウンとビーフパティという最強の組み合わせが人気です。

テリヤキワッパー

テリヤキワッパーは、照り焼きソースを使ったワッパーです。ビーフパティのレタス・トマト・ピクルス・ベーコンをサンドし、照り焼きソースをたっぷりとかけています。価格は520円、ジュニアは390円です。

照り焼きソースはコクがあり、甘味と旨味のバラナスも抜群。パティともよく合って食べやすく、バーガーキングの中でも人気商品となっています。

デラックスチキンワッパー

デラックスチキンワッパーは、バーガーキングのワッパーの中でも最もボリュームがあるメニューで、2020年3月から販売されています。大きさは大人の手のひらに乗るくらいで、重量は440gもあり、ボリュームたっぷりです。

セサミバンズの中には、100%ビーフパティの上にクリスピーチキン、スモークベーコンと合わせて200gに近いお肉がサンドされています。その上にレタス・トマト・スライスオニオン・ピクルス・チェダーチーズがトッピング。最後にケチャップとマヨネーズがかかっています。

厚みがあるので少し食べにくいのですが、ビーフパティとサクサクとしたチキン、ベーコンの3種類のお肉の組み合わせが美味しく、パリッとした野菜との相性も絶妙です。デラックスチキンワッパーの価格は940円、デラックスチキンワッパージュニアは740円です。

クアトロチーズワッパー

クアトロチーズワッパーは4種類のチーズを使ったワッパーで、チーズが好きな方におすすめのワッパーです。チーズは、チェダーチーズ・コルビーチーズ・モントレージャックチーズを合わせたコルビージャックチーズ、そしてチーズソースの合計4種類です。

セサミバンズの中には、ビーフパティとトマト・オニオンスライス・レタス・ピクルス、そして4種類のチーズとなっています。濃厚なチーズ味が美味しいと評判で、普通のワッパーとは異なる味わいが楽しめます。クアトロチーズワッパーの価格は680円、クアトロチーズワッパージュニアは460円です。

オニオンリングチーズワッパー

オニオンリングチーズワッパーは、普通のワッパーになんとサイドメニューのオニオンリングをサンドした豪華なメニューです。オニオンリングは甘味の強い「スイートスパニッシュ」という玉ねぎを衣をつけて揚げたもので、サクサクとした食感が人気です。

バンズの中身は、100%ビーフパティにトマト・レタス・チェダーチーズで、特製バーベキューソースをかけています。バーベキューソースは果汁を使っているためフルーティーで、シナモンやナツメグなどのスパイスも効いています。

オニオンリングとバーベキューソースの組み合わせが美味しいと好評です。オニオンリングチーズワッパーの価格は670円、オニオンリングチーズワッパージュニアは460円です。

Thumbバーガーキングでデリバリー注文!おすすめメニューや注文方法など紹介!
「バーガーキング」といえば、美味しいハンバーガーメニューが充実したハンバーガーチェーンです。...

バーガーキングの「ワッパー」のカロリーってどうなの?

バーガーキングのワッパーはパティのサイズも大きく、カロリーが気になります。そこでワッパーのカロリーをチェックしてみましょう。

ワッパーのカロリーは750kcal、ワッパージュニアのカロリーは394kcalにもなります。マクドナルドのハンバーガーのカロリーは256kcalです。

マクドナルドのチーズバーガーでも307kcalなので、ワッパージュニアのほうがマクドナルドのハンバーガーよりもカロリーが高いことが分かります。

その他のワッパーのカロリーもチェックしてみましょう。テリヤキワッパーは794kcal、スパイシーワッパーは797kcal、ワッパーチーズは872kcal、ダブルワッパーチーズは942kcal、DXハッシュブラウンワッパーは1,105kcalです。

さらに、デラックスチキンワッパーは1,207kcal、クアトロチーズワッパーは942kcal、オニオンリングチーズワッパーは907kcalにもなります。

ジュニアワッパーのカロリーはどうでしょうか。テリヤキワッパージュニアは405kcal、スパイシーワッパージュニアは408kcal、ワッパーチーズジュニアは439kcal、DXハッシュブラウンワッパージュニアは619kcal、ダブルワッパーチーズジュニアは577kcalです。

さらにデラックスチキンワッパージュニアは721kcal、クアトロチーズワッパージュニアは485kcal、オニオンリングチーズワッパージュニアは503kcalです。

このようにバーガーキングのワッパーはカロリーが高めです。当然ながら糖質も高いので、ダイエット中にはあまり向かないようです。

Thumbバーガーキングのカロリーを調査!ダイエット中に安心の低いメニューも紹介!
バーガーキングをはじめ、ハンバーガーは高カロリーではないかといった疑問があります。バーガーキ...
Thumbバーガーキングはモーニングも充実!おすすめメニューや提供時間まとめ!
人気ハンバーガーチェーン「バーガーキング」では、一部の店舗限定でモーニングが提供されているの...

バーガーキングの「ワッパー」はカスタマイズできる

バーガーキングの特徴は、他のバーガーチェーンと異なり、ハンバーガーカスタマイズできることです。「HAVE IT YOUR WAY」と呼ばれているシステムで、中にサンドする具材を増量したり抜いたりすることができます。

特にオニオンやピクルスは気になる人が多く、あらかじめ作るときに抜いてもらうことができます。また、具材やソース、ケチャップなどは無料で1.5倍まで増量することができます。野菜を多めにしてもらったり、トマトのみを増量してもらったりと、お好みでカスタマイズできます。

ソースを含め、すべての具材を無料で増量してもらいたい時はオールヘビーと注文します。もともとボリュームのあるハンバーガーなので、増量するとかなりの大きさになり、お得感があります。

もともとワッパーに入っている具材は1.5倍まで無料で増量できますが、それ以外の増量は有料になります。あまり見かけませんが、パティを増量することもできます。

Thumbバーガーキングのオールヘビーとは?裏メニューの注文方法やボリュームを調査!
アメリカ本場の味が味わえ、ダイナミックなボリュームと素材で知られる「バーガーキング」、肉汁が...
Thumbバーガーキングでおすすめメニューは?人気のバーガーやセットなど13選!
美味しいハンバーガーを味わうことができるということで大人気の、「バーガーキング」でおすすめの...

バーガーキングの「ワッパー」を食べてみよう!

バーガーキングのワッパーは食べごたえがあり、その上とても美味しい人気があります。カロリーは高めですが、がっつりと食べたい時におすすめです。

マクドナルドなどと比べると価格も高めとなりますが、ドリンクやサイドメニューとセットにしたりクーポンを使ったりするとお得になります。バーガーキングのワッパーはカスタマイズできるので、お好みでアレンジして楽しんでください、

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ