コンビニで買える二郎系ラーメンを比較!おすすめレンジ麺のアレンジも紹介!

二郎系ラーメンは、大変人気で多くの人に愛されているラーメンです。コンビニでも二郎系のラーメンを購入することができます。セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートそれぞれのコンビニで買える二郎系ラーメンについて、まとめました。

コンビニで買える二郎系ラーメンを比較!おすすめレンジ麺のアレンジも紹介!のイメージ

目次

  1. 1コンビニの二郎系ラーメンを味わおう!
  2. 2二郎系ラーメンとは?
  3. 3コンビニで買える二郎系ラーメンとは?
  4. 4コンビニの二郎系ラーメン比較(1) セブンイレブン
  5. 5コンビニの二郎系ラーメン比較(2) ローソン
  6. 6コンビニの二郎系ラーメン比較(3) ファミリーマート
  7. 7コンビニの二郎系ラーメンだけじゃない!レンジ麺もおすすめ!
  8. 8人気のコンビニの二郎系ラーメンを購入してみよう!

コンビニの二郎系ラーメンを味わおう!

評判のラーメンの中でも二郎系ラーメンは、特に人気急上昇中であり、大変話題となっています。コンビニでも二郎系ラーメンを買うことができ、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート、それぞれによって特徴が異なります。コンビニの二郎系ラーメンについて、情報を集めました。是非、味わってみてください。

二郎系ラーメンとは?

二郎系ラーメンとは、東京都・目黒区に昭和43年に創業した「ラーメン二郎」で販売されたものを基本としたスタイルのラーメンのことです。

必ずしも基本となった「ラーメン二郎」のものと同じものでなければいけない、というわけではなく、そこから発想を得てつくられた似た雰囲気のラーメンの総称として使われています。

大変人気があり、熱狂的なファンもいることから、二郎系ラーメンを愛する人のことを「ジロリアン」とも言います。

二郎系ラーメンは、極太の麺が使われていることが多く、食べ応えが満点であるとがっつりと食べたい人からも好まれています。

スープは、こってりとした濃厚豚骨スープが多く、麺との絡みが良くて一度食べたら何度も食べたくなります。

二郎系ラーメンの一番の特徴は、インパクトが抜群であるということでしょう。提供されたラーメンは、麺が見えないほどの山盛りのもやしや野菜に覆われています。

たっぷりのもやしや野菜のさらに上には、分厚くてお腹いっぱいになれるチャーシューなどのお肉が乗っていて、より満腹感を増します。

さらには、トッピングとして、ニンニクや背脂などを選択することができるラーメンもあり、それらをより増やす「増し」にすることができるところもあります。

二郎系ラーメンは、全体的にガツンとくる印象的な味であるということから、男性を中心に好まれているラーメンであり、話題のラーメン店では、いつも長い行列となっていることもあります。

二郎系ラーメンと一口に言っても、それぞれのお店によって味や雰囲気は異なるので、あちこちと食べ歩きをしてお気に入りを見つけてみるのも楽しいでしょう。

コンビニで買える二郎系ラーメンとは?

誰もが気軽に買い物に行くことができるコンビニでも、二郎系ラーメンは販売されていて、棚に並べたらすぐに売り切れとなることもあるほどの人気となっています。

コンビニでも、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどは、独自ブランドの商品があり、それぞれがオリジナルの二郎系ラーメンを発売しています。

太麺に野菜がたっぷり、などの二郎系ラーメンの精神を基本としながら、それぞれのコンビニが人気の店舗と協力して開発をし、異なる味わいのラーメンとなっていて、どれも大変美味しいと話題です。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートのどのコンビニもレンジで温めるだけの簡単調理となっていますし、大変安い値段で購入することができるので、是非味の比較をして楽しんでみると良いでしょう。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートで販売されている二郎系ラーメンについて、それぞれの特徴を厳選し、比較をしてみました。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート、どのコンビニでも共通して言えることは、二郎系ラーメンは、超人気メニューなので、ランチタイムやディナータイムのピーク時間に行くと売り切れとなっていることも多いことです。

コンビニの二郎系ラーメンの比較をしたい時には、素早く行動をして早めに商品をGETしておくことをおすすめします。

コンビニの二郎系ラーメン比較(1) セブンイレブン

コンビニの二郎系ラーメンの比較その1は、「セブンイレブン」のラーメンです。「セブンイレブン」は、近くて便利がコンセプトとなっているコンビニであり、「セブンプレミアム」などの独自商品の販売があります。

「セブンイレブン」は、北は北海道から、南は沖縄県まで、47都道府県すべてに店舗が展開されています。

イートインスペースがあってすぐにその場で食べることができるようになっているところ、広い駐車場があるところ、無料のWi-Fiの利用ができるようになっているところなど、さまざまなタイプの店舗があります。

季節や、行事などにあわせて商品がラインナップされていて、アニメやドラマなどとのコラボ商品なども大変多くなっています。

中華蕎麦とみ田監修のワシワシ食べる豚ラーメン

評判のコンビニ「セブンイレブン」で販売されている二郎系ラーメンが「中華蕎麦とみ田監修のワシワシ食べる豚ラーメン」です。黄色いパッケージが印象的な商品です。

「セブンイレブン」の「中華蕎麦とみ田監修のワシワシ食べる豚ラーメン」は、500ワットの電子レンジで約7分30秒温めるだけでらくらく食べることができる商品です。

「中華蕎麦とみ田監修のワシワシ食べる豚ラーメン」は、大変人気のラーメン店「中華蕎麦とみ田」が監修して作られた「セブンイレブン」オリジナルの豚骨醤油ラーメンです。

「中華蕎麦とみ田監修のワシワシ食べる豚ラーメン」には低加水配合で作られた硬めの噛み応えのある平打ウェーブ麺が使われています。

また、スープは、豚骨スープをベースとしてその中にキレを感じることができる醤油がたっぷりと入っています。

たっぷりのもやしと厚切りチャーシューがトッピング

「セブンイレブン」の「中華蕎麦とみ田監修のワシワシ食べる豚ラーメン」は、たっぷりのもやしとボイルされたきゃべつが乗っていて、麺はすぐには見えません。

さらには、厚切りの煮込みバラチャーシューやアブラニンニク玉もトッピングされていて、二郎系をたっぷりと感じることができるラーメンとなっています。

全体をがしがしとかき混ぜながら食べると、大変うまいと話題になっていて、SNSなどでも大変良い評価となっています。

値段・カロリー

「セブンイレブン」の「中華蕎麦とみ田監修のワシワシ食べる豚ラーメン」の料金は、550円となっています。

カロリーは、約822キロカロリーと高めなので、カロリーを気にしている人は気を付けておくと良いでしょう。

その他の栄養成分として、たんぱく質が38.8グラム・脂質が38.8グラム、炭水化物が83.0グラム(糖質が76.2グラム・食物繊維が6.8グラム)・食塩相当量が8.3グラムとなっています。

アレルギー物質としてたまご・乳・小麦などが使われているので、アレルギーがある人は注意をしておくと良いです。

Thumbセブンイレブンのとみ田監修「豚ラーメン」の評判は?美味しいアレンジも調査!
中華蕎麦の有名店とみ田が監修した「豚ラーメン」を味わってみませんか。セブンイレブンで販売され...

コンビニの二郎系ラーメン比較(2) ローソン

コンビニの二郎系ラーメンの比較その2は、「ローソン」のラーメンです。「ローソン」は、1939年にアメリカで開業されたミルクショップがはじまりであるとされています。

店舗は、北海道から九州・沖縄まで、すべての都道府県にあり、国内で店舗数としては第3位であると言われていて、新しい店舗もどんどんと増えています。

オリジナル商品の展開のジャンルも大変幅広く、「ローソン」でしか手にできない商品もたくさんあります。

さまざまなキャンペーンも多数行われていて、アニメなどのオリジナルグッズをGETすることができることもあります。

麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン

超絶人気のコンビニ「ローソン」で販売されている二郎系ラーメンが「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」です。

「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」は、電子レンジで1500ワットでは1分50秒、500ワットでは5分30秒温めればすぐに食べることができる大変便利な商品の一つです。

「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」は、2010年の6月に、東京の新小岩に初オープンし、現在は日本国内をはじめ海外にも新しい店舗を展開させている大変注目度が高くて名店としても知られている「麺屋一燈」が監修して作られた「ローソン」限定の商品です。

「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」は、全粒粉が入っている二郎系ならではのワシワシとした食感の強めのちぢれ麺が使われていて、とても濃厚でコクのあるどろどろとしたスープとのコラボレーションが見事であると評判です。

ワシワシと食べられる太麺が人気

「ローソン」の「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」は、他の2つのコンビニの二郎系ラーメンと比較してもより太麺となっていて、ワシワシ・がしがしとがっつり食べたい時や男性に大変人気となっています。

トッピング(具材)として、もやし・ねぎ・キャベツ・角煮チャーシュー・煮玉子・にんにく油などが乗っています。

「ローソン」の「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」は、二郎系のラーメンには入っていることが多い存在感抜群の厚めのチャーシューではなく、角煮チャーシューが入っているのが特徴であり、野菜も小さめにカットされています。

二郎系のラーメンに初めて挑戦する時には、「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」は比較的食べやすいでしょう。

値段とカロリー

「ローソン」の「麺屋一燈監修 濃厚豚醤油ラーメン」の料金は、598円となっていて、リーズナブルな値段設定となっています。

カロリーは、733キロカロリーとなっていて、他の二郎系ラーメンと比較すると低めですが、やはり高い数値なので、カロリー計算をしている人などはしっかりとスケジューリングをしてから食べると良いでしょう。

その他の栄養成分として、たんぱく質が44.0グラム・脂質が21.1グラム・炭水化物が95.4グラム(糖質が88.0グラム・食物繊維が7.4グラム)・食塩相当量が8.90グラムとなっています。

アレルギー物質としては、小麦や卵・乳成分・大豆・ゼラチン・鶏肉・豚肉・ごまなどが使用されています。

Thumbローソンの二郎系ラーメン「豚醤油ラーメン」の評判は?口コミや値段を紹介!
ボリュームたっぷりの二郎系ラーメンは、人気のコンビニエンスストアの一つであるローソンでも買え...

コンビニの二郎系ラーメン比較(3) ファミリーマート

コンビニの二郎系ラーメンの比較その3は、「ファミリーマート」です。「ファミリーマート」は、1970年代位に日本で作られたコンビニです。

店舗展開は、47都道府県すべてであり、店舗数は全国では第2位、鹿児島県・沖縄県地方では第1位となっていて、大変多くの店舗があちこちにあります。

「ファミリーマート」独自のお惣菜であり大変話題となっているお母さん食堂をはじめ、オリジナリティあふれる商品がたくさんあり、絶品であると評判のファミチキなども人気です。

さまざまなキャンペーンやフェア・セールなどが行われていて、コンビニに行くなら「ファミリーマート」という人も大勢います。

千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)

話題のコンビニ「ファミリーマート」で販売されている二郎系ラーメンが「千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」です。

「ファミリーマート」の「千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」の調理方法は、500ワットの電子レンジで約7分加熱となっています。

「ファミリーマート」の「千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」は、食べ応えも噛み応えも満点の太麺が使われています。麺の量は300グラムと他のコンビニの二郎系ラーメンより大変多いです。

スープは、白湯ガラをベースとして、しょうゆとにんにくがしっかりときいていて、ラードと背脂がたっぷりと加えられた少しクセのあるスープとなっています。

トッピングは、もやし・キャベツ・豚ばらチャーシュー・にんにく・辛揚玉・ねぎなどとなっていて、麺を覆い隠すようにたっぷりと乗っています。

人気店監修の二郎系ラーメン

「ファミリーマート」の「千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」は、東京の駒場にある二郎系の人気ラーメン店である「千里眼」が監修としてつくられました。

二郎系のラーメンと言ったらここと言われるほどの話題のお店であり、「ファミリーマート」の「千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」は、日本全国どこにいても「千里眼」の味わいを堪能することができることで評判となっています。

値段とカロリー

「ファミリーマート」の「千里眼監修 濃厚マシマシラーメン(ニンニク醤油)」の料金は、554円と大変安い料金設定となっています。

カロリーは、約1134キロカロリーと、群を抜いて多いカロリーとなっているので、しっかりと気にしておくことをおすすめします。

その他の栄養線分としては、たんぱく質が41.4グラム・脂質が58.2グラム・炭水化物が114.8グラム(糖質が107.5グラム・食物繊維が7.3グラム)・食塩相当量が11.5グラムとなっています。

アレルギーの物質としては、小麦・たまご・乳成分・いか・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンなどとなっています。

コンビニの二郎系ラーメンだけじゃない!レンジ麺もおすすめ!

コンビニの二郎系ラーメンをそのまま味わうのももちろん良いのですが、レンジ麺を自分オリジナルにアレンジをすることもできます。

レンジ麺は、電子レンジがあればどこでも自由に調理をすることができるので、大変楽々であり、便利です。

コンビニの二郎系ラーメンににんにくやマヨネーズ・ラードなどを加えたりして自己流にアレンジしてもOKですし、二郎系以外のコンビニのラーメンをアレンジして、トッピングに好みのものを追加したり、味を変化させたりして二郎系に近づけることもできます。

また、スーパーなどでは電子レンジでのみで調理が終わる袋入りのレンジ麺が販売されているので、それを利用してアレンジして自分だけの二郎系ラーメンをつくって楽しむこともできます。

自分の好みや気分にあったアレンジ方法をチョイスして、あれこれと食べ比べをしてみるのも良いでしょう。

コンビニやスーパーで買える自宅でアレンジしたい人におすすめ

自宅で本格的な二郎系アレンジラーメンを作りたいと考えたときにおすすめの商品が「豚園 背脂醤油豚ニンニク」です。

「豚園 背脂醤油豚ニンニク」は、極太の麺と液体スープ・チャーシュー・にんにく・背脂がセットとなっているので、これにあとはもやしや野菜などを準備するだけで簡単に二郎系アレンジラーメンをつくることができます。

「豚園 背脂醤油豚ニンニク」を使えば、自由に好みのスープの濃さ・トッピングの種類などをアレンジすることができ、オリジナリティあふれる二郎系アレンジラーメンとすることができます。

「豚園 背脂醤油豚ニンニク」の料金は、368円となっているので、二郎系アレンジラーメンを試したい人は、是非探してみてください。

人気のコンビニの二郎系ラーメンを購入してみよう!

二郎系ラーメンは、大変人気で人気店にはいつも長い行列ができまています。コンビニにも二郎系ラーメンが販売されていて、気軽に味わうことができると評判となっています。自分流にアレンジをすることもできるので自由度が高いです。コンビニでラーメンを購入する時には、是非二郎系ラーメンも候補に入れてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ