コストコのプリペイドカードの使い方!メリット・チャージ方法・注意点など!

コストコで利用できる会計方法は限られているのですが、その中で気軽に使えるものとしてプリペイドカードがあります。コストコのプリペイドカードのメリットとはどのようなものでしょうか。そこで購入方法やチャージ方法などの使い方、メリットや注意点について紹介します。

コストコのプリペイドカードの使い方!メリット・チャージ方法・注意点など!のイメージ

目次

  1. 1コストコのプリペイドカードとは?
  2. 2コストコで使える支払い方法は何がある?
  3. 3コストコのプリペイドカードの購入方法
  4. 4コストコのプリペイドカードのチャージってどうするの?
  5. 5コストコのプリペイドカードの使い方
  6. 6コストコのプリペイドカードのメリット
  7. 7コストコのプリペイドカードの注意点
  8. 8コストコのプリペイドカードを紛失したら?
  9. 9コストコのプリペイドカードとクレジットカードはどちらがお得?
  10. 10コストコのプリペイドカードをチェックしてみよう!

コストコのプリペイドカードとは?

コストコは他ではなかなか売っていないような商品がお手頃な値段で購入できるということで、人気が高いスーパーですが、そこで使えるプリペイドカードがあります。コストコのプリペイドカードのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。使い方、注意点も含め紹介します。

コストコで使える支払い方法は何がある?

コストコはさまざまな商品が大容量で販売されており、コスパがよいということで人気が高いのですが、購入方法は普通の店といろいろと違う面があります。最も大きな注意点として挙げられるのは、会員制であるということです。

コストコで買い物をするためには、まず会員にならなければなりません。会員になるためには個人会員の場合で4400円の年会費を支払う必要があります。入ってみてあまりメリットがないというのであれば途中退会もできるものの、やはりいきなりのこの料金はハードルが高いという方も多いでしょう。

また、コストコは商品の購入方法が限られていることも注意点です。近年一般の小売店では、現金のほかにさまざまな電子マネーやクレジットカードを利用して会計をすることが可能なのですが、コストコでは限られた購入方法でしか商品の購入ができません。

コストコの商品の購入方法は、クレジットカードのうちのマスターカード、auPayプリペイドカード、コストコ商品券などがあります。そして唯一使えるプリペイドカードが、コストコプリペイドカードなのです。

このように、コストコで買い物をしたい場合に使える購入方法は他の小売店に比べかなり少ないです。その中の一つがコストコプリペイドカードなのです。コストコで使えるクレジットカードを持っていないという方には選択肢の一つとしてあがってくるものと言えるでしょう。

Thumbコストコでクレジットカードは使える!対応の種類や高還元のカードを調査!
コストコはまとめ買いで利用することも多く、金額が大きくなりがちなので、クレジットカードを利用...

コストコのプリペイドカードの購入方法

それでは、コストコのプリペイドカードの購入方法について紹介しましょう。あえて「購入方法」と述べたのは、コストコのプリペイドカードはコストコの店内で購入するためです。

コストコのプリペイドカードの購入方法では一つ条件があります。それは購入できるのは会員に限られるということです。後で述べますが、プリペイドカードを「利用」するのは非会員でも可能です。

コストコのプリペイドカードはコストコの店内にある、金券やギフトカードを取り扱っているコーナーで販売しています。購入方法はその厚紙のカードをそのままレジに持って行って購入するだけです。なお、プリペイドカードを購入後、本当のプリペイドカードを交換で渡してくれます。

ただ、購入方法と言っても、プリペイドカードを購入するということは、その代金をカードにチャージするということですから、自分で必要な金額を支払い、チャージしてもらうということになります。

コストコのプリペイドカードの購入ができたら、スタッフの方から本物のプリペイドカードを引き替えてもらい、チャージの方法などの使い方の説明を受けます。これで購入方法の手順は終了となります。

なお、最初のカードにはあらかじめ5000円が入金された状態になっています。つまりプリペイドカードの「値段」は5000円ということになります。購入ができたら後はそれを利用してコストコで買い物を楽しみましょう。

コストコのプリペイドカードのチャージってどうするの?

コストコのプリペイドカードの購入方法で述べたように、コストコのプリペイドカードには最初5000円がチャージされた状態です。しかし先ほども述べたようにコストコにはたくさんの商品があり、しかもそれぞれが魅力的ですから、5000円のチャージだけではあっという間に足りなくなってしまうかもしれません。

プリペイドカードというくらいですから、チャージが足りなくなった場合はカードにチャージをしないとそれ以上は使えなくなってしまいます。では、コストコのプリペイドカードのチャージがたりなくなったらどうしたらいいのでしょうか。

専用端末で1,000円からチャージできる

一般的なプリペイドカードと同様に、コストコのプリペイドカードもチャージをすることで繰り返し利用することができます。コストコのプリペイドカードのチャージは、店内に専用の端末があり、そこで行います。

購入方法のところで述べたように、コストコのプリペイドカードには最初5000円がチャージされた状態であり、この金額はどのカードでも同じです。しかしチャージに関しては1000円単位で自分で決めてすることができます。

ですから、コストコに行ってこれからたくさん買い物をするだろうという場合は最初から多めにチャージしておけば、安心して買い物をすることができます。一方、毎月の家計管理を考えて、コストコでの買い物は一定金額と決めているというなら、その金額をチャージすればいいわけです。

買い物の金額を計画的に決められるのはプリペイドカードの大きなメリットです。コストコのプリペイドカードの場合も同じことが言えます。コストコで計画的に買い物がしたいという方にとっては、使い方が自由にできる面は大きいでしょう。

ただし、後で詳しく触れますが、非会員の方の場合はこのチャージができません。購入時に入っていた5000円を使い切った段階でそのカードは無効となります。また会員の方の場合もチャージされた金額には有効期限があります。ここが注意点と言えるでしょう。

最大49,000円までチャージできる

このように、コストコの会員になっていれば、プリペイドカードは購入後は自分で必要な金額をチャージしつつ使い続けることができます。では逆に最大いくらまでチャージをすることができるのでしょうか。

プリペイドカードの場合、カードの種類によってチャージできる上限金額はまちまちです。また、自分で設定を変えることができるというものもありますので、ふだん利用している方はそれを考えて使っていることが多いでしょう。

コストコのプリペイドカードの場合、一度にチャージできるのは1000円単位で49000円までとなります。1枚のカードには10万円分までチャージをすることができます。これだけチャージが可能であれば、コストコでよく買い物をするという方でも不自由なく利用することができるでしょう。

先ほども述べたように、いくらチャージするかは自由に決められますから、自分の使用頻度や予算に合わせて必要な金額をチャージすれば、自由に使い方を決められます。コストコは欲しいものがたくさんあり、ついつい使いすぎてしまうという方も多いですから、使い方をうまくコントロールすることをおすすめします。

コストコのプリペイドカードの使い方

購入方法、チャージ方法がわかったら、次は使い方です。コストコのプリペイドカードの使い方は、特に難しいことはありません。普通に買い物をし、レジで金額がチャージされているプリペイドカードで支払いをすればいいだけです。

なお、コストコのプリペイドカードのメリットとも言えるのは、コストコの専用WEBサイトを利用すれば、そのプリペイドカードの利用履歴や残高をチェックすることができることが挙げられます。

ですからコストコのプリペイドカードの使い方としては、前もって残高や利用履歴を確認し、その日の買い物の計画を立てるというのがおすすめです。

コストコのプリペイドカードのメリット

コストコのプリペイドカードの購入方法、チャージ方法、使い方をマスターできたわけですが、では、コストコのプリペイドカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。コストコのプリペイドカードには他のカードにはない特別なメリットがあるので、そのあたりを紹介しましょう。

招待券として使える

コストコのプリペイドカードならではのメリットとして挙げられるのが「招待券として使える」というものです。コストコの非会員である方がコストコを体験したいという時に、このプリペイドカードは威力を発揮します。

最初に触れましたが、コストコは会員でなければ買い物をすることはできません。しかし非会員の場合でも買い物ができる条件がいくつかあります。その一つがコストコプリペイドカードを購入した際にもらうことができる「一日招待券」を利用して入るということなのです。

コストコプリペイドカードを購入すると、「一日招待券」がもらえます。コストコに行きたい非会員の方がいる場合は、このカードと招待券を相手に渡しましょう。過去に招待券やコストコの商品券を使ったことがない方であれば、それを利用してコストコに入店し、買い物をすることができるようになります。

非会員の方でもコストコのプリペイドカードの使い方は会員の場合と同じです。普通に買い物をし、コストコのプリペイドカードで会計をすればいいということになります。

先ほど購入方法のところで述べたように、コストコのプリペイドカードを購入するためには5000円がかかりますから、コストコに興味があり、試しに行ってみたいという方はぜひ会員の方にお願いしてプリペイドカードと招待券を手にいれてもらいましょう。

なお、2020年現在、このプリペイドカードを使ってコストコに入ることができるのは、招待券を持っている方と同行する家族2名までということになっています。また、非会員の方のプリペイドカードにはチャージができません。残高が0になったところで回収されます。

ガソリンスタンドでも利用OK

最初の方で述べたように、コストコの購入方法で使える手段はあまり多くありません。とはいえ、現金をもっていれば買い物はできるわけですから、無理にクレジットカードやプリペイドカードを持つ必要はないという方も多いでしょう。

確かに、コストコの店舗での買い物そのものは現金でもプリペイドカードでもどちらでも可能です。しかし、コストコで現金が使えない場所があります。それがガソリンスタンドです。

コストコのガソリンスタンドであるガスステーションはセルフ給油になりますが、地域の最安値に合わせていると言われるほど値段が安いことで知られています。ところがこのガスステーションの会計では現金で支払いをすることができません。

コストコに買い物に行った時に最安値のガソリンを入れることができるというのは、コストコの大きなメリットと言っていいのではないでしょうか。そのためにプリペイドカードが必要なわけですから、車を利用する方にはメリットが大きいです。

コストコのガスステーションでのプリペイドカードの使い方は、会員カードを読み取らせた後、支払いのところでプリペイドカードを選びます。後は普通のセルフ給油と同じように給油をするだけです。使い方についても画面に指示が出るので、迷うことはないでしょう。

コストコのプリペイドカードの注意点

このように、コストコのプリペイドカードにはさまざまなメリットがあり、ガソリンスタンドを利用する方などの場合はカードがなければ利用ができないなど、持って損はないと言っていいのではないでしょうか。しかしメリットがある反面、利用する際の注意点もあります。次に注意点を紹介します。

有効期限

コストコに限らず、プリペイドカードで最も気になることは、チャージした金額の有効期限です。有効期限はプリペイドカードによりまちまちなので、うっかりと無効にしてしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。

コストコのプリペイドカードの場合の有効期限は1年間となります。1年の間にコストコのチャージ機でチャージをするか、もしくは会計などで利用しなかった場合、中のチャージしたお金が無効になってしまうのです。

コストコの近くに住んでいて、頻繁に利用することが可能という方であれば、買い物をしないまでもチャージ機で確認をしに行くことができるわけですから心配はいりませんが、あまり行く機会がないという方はここが一番の注意点と言っていいでしょう。

ただし、ふだんなかなかコストコに行けないという方におすすめの方法があります。それは先ほど触れた、WEBで残高照会ができるという点です。実はこの「1年間」の間にはWEBで残高照会をするというのも入ります。

コストコまで行かなくても、WEB残高照会などをすればそこからまた1年有効期限が伸びますから、時々残高照会をしておくことで無効にしないようにすることができます。ふだんあまり行けない方にはおすすめの方法です。

また、もう一つの注意点としては、他のプリペイドカードもそうですが、いったんチャージしたお金は返金ができないということが挙げられます。コストコのプリペイドカードはコストコでしか使えないので、コストコが近くにないと無駄になってしまう可能性が高いです。

ですから、コストコにあまり行く機会がないという方は、まめにWEBで残高照会をすることと、使う分だけチャージすることを心掛けることをおすすめします。これはプリペイドカードのメリットである、使い過ぎを防ぐことにもつながります。

招待の回数

先ほど、コストコのプリペイドカードのメリットとして、非会員の方が利用できる招待券がもらえるということを述べました。コストコの近くに住んでいると、コストコ体験をしたいお友達などに招待を頼まれるという方も多いのではないでしょうか。

ところが、この招待券にも注意点があります。それは、招待券は1人1回しか使えないということです。招待券をもらってコストコに行く方は、入り口で身分証明書などの提示が必要になるため、同じ住所の方が再度非会員の状態でコストコに行くことはできません。

ですから、プリペイドカードでお友達などを招待する場合は、本当にコストコに興味があり、一度体験してみたいという方に利用してもらえるように慎重に相手を決めることが必要です。

会員より割高

非会員の方がコストコのプリペイドカードを利用する際の注意点として忘れてはならないのが、コストコの商品の値段のことです。実はコストコの商品の値段はいわゆる「会員価格」であり、非会員の方には適用されないのです。

具体的に言うと、コストコの商品を招待された非会員の方が購入する場合、値段は5パーセントプラスとなります。コストコを利用するメリットの一つは値段が安いことですから、それをイメージしていくとなんだか割高に感じる方もいるかもしれません。

なお、招待券でコストコに行って実際に買い物を経験して、会員になりたくなる方も多いでしょう。その場合はそのまま店舗で会員になることができます。もし非会員として会計を終わらせた後でやっぱり会員になるという場合は、その5パーセント分は返金となります。

先ほども述べたように、コストコの非会員の方が招待をしてもらってコストコに行く場合、コストコに興味があって行くわけですから、もし会員になろうと決めたら、会計の前に会員登録をしてしまったほうがスムーズかもしれません。

Thumbコストコの年会費はいくら?無料になる裏ワザや更新方法をレクチャー!
「コストコ」は、年会費を支払うことで買い物ができる会員制スーパーです。少し高いイメージがある...

コストコのプリペイドカードを紛失したら?

コストコのプリペイドカードの使い方として最も重要な注意点が、紛失をしないことです。コストコのプリペイドカードは、いわゆる盗難保険などがついているカードではありません。会員規約を見ると、紛失や盗難に遭って不正使用されても停止や返金、再発行などはしないと明記されています。

つまり、コストコのプリペイドカードを紛失したり盗まれたりして、第三者が中身を使ってしまった場合でも返金や再発行などの対応は一切ないということです。

よく言われますが、プリペイドカードはカードそのものが現金のようなものです。カードを落とすということは現金を落とすのと同じこと、誰に使われても文句は言えないという点が注意点と言えるでしょう。

ですから、これはコストコのプリペイドカードの使い方にも通じるのですが、あまり多額のチャージをしておかないことがリスク軽減につながります。また、コストコの場合はWEBで残高照会や履歴がチェックできるので、まめにチェックしておくこともリスク軽減の面では重要です。

また、プリペイドカードは磁気カードでもありますので、何らかの事情で磁気情報が壊れると、カードの残高などが読み取れなくなるなどの事態もあり得ます。これもカード類を扱う際の注意点として知られていますが、強い磁気を発するところなどには近づけないようにしましょう。

万が一そうなった場合、カードの磁気情報やカード番号などが判別できる場合に限っては、新しいカードの再発行や中の現金の返金が行われるとのことです。ただし、わざと近づけて破損するなど、故意にやったとみられると対応はしてもらえません。

コストコのプリペイドカードはメリットも多く、便利なカードではありますが、いろいろと注意点もあります。注意点などを守り、安全に買い物をお楽しみください。

コストコのプリペイドカードとクレジットカードはどちらがお得?

最後に、コストコを利用する方におすすめしたい支払い方法として、クレジットカードとプリペイドカードのそれぞれにおすすめの方を紹介しましょう。

まず、プリペイドカードはコストコを年に何回か使うという程度のライトユーザーの方におすすめします。ここまで触れていませんが、プリペイドカードはポイントが付くというわけではなく、あくまでも買い物の手間を軽減するカードということになります。

最初に述べたように、コストコで使うことができるクレジットカードは限られます。あまりコストコに行かない方ならば、そのためにクレジットカードまで作る必要はないかもしれません。それならばプリペイドカードで気軽に買い物をするほうがいいでしょう。

逆にコストコによく行くという方ならば、クレジットカードを使うことでコストコのポイントであるリワードを貯めることができるため、よりお得に買い物を楽しむことができます。またクレジットカードの場合は紛失の際の保証もあるので、その点でも安心です。

コストコで使えるクレジットカードは、マスターブランドであれば使うことができますので、自分がふだん使う店のクレジットカードでマスターが使えるなら、そちらを作ってコストコでつかうというのもおすすめです。

Thumbコストコのエグゼクティブメンバーはお得?会員になる方法やメリットを調査!
コストコで最上級とされているエグゼクティブメンバーカード。実際にエグゼクティブメンバーになる...

コストコのプリペイドカードをチェックしてみよう!

コストコのプリペイドカードは、会員しか持つことができませんが、非会員の方を招待できるなどさまざまなメリットがあります。また車を利用する方にとってはガソリンスタンドで使えるというメリットもうれしいところです。コストコを利用する方はぜひ一度、プリペイドカードもチェックしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ