スカイマークの搭乗手続き・チェックインは何分前まで?注意点もチェック!

快適な空の旅を楽しめるスカイマーク。搭乗手続きやチェックインの時間が何分前までなのか、意外に知らないという人も多いです。そこで、スカイマークをスムーズに利用できるように搭乗手続きやチェックインについて紹介します。注意点も一緒に紹介するので役立ててください。

スカイマークの搭乗手続き・チェックインは何分前まで?注意点もチェック!のイメージ

目次

  1. 1スカイマークの搭乗手続き・チェックインの情報をチェックしよう
  2. 2スカイマークとは?
  3. 3スカイマークの搭乗手続き・チェックインの開始は何分前?
  4. 4スカイマークの搭乗手続き・チェックイン締め切りは何分前?
  5. 5スカイマークの搭乗手続き・チェックイン手順
  6. 6スカイマークの搭乗手続き・チェックイン時に必要なもの
  7. 7スカイマークの搭乗手続き・チェックイン時の注意点
  8. 8スカイマークで旅に出よう

スカイマークの搭乗手続き・チェックインの情報をチェックしよう

日本の航空業界で人気を集めているスカイマーク。初めて利用する時には搭乗手続きやチェックインの時間は何分前までに行わなくてはいけないのか迷ってしまいます。手順や流れを知っておくと、時間に余裕を持って行動ができるのでおすすめ。

混雑時などには時間に余裕がなくなってしまうこともあり得る空港内で、スムーズにスカイマークを利用したいという方は必見です。

当記事では、スカイマークの搭乗手続きやチェックインの時間は何分前までか、搭乗手続きやチェックインの手順などを紹介していきます。また、スカイマークの搭乗手続きやチェックインを行うときの注意点も併せて紹介するので役立ててください。

スカイマークとは?

スカイマークの搭乗手続きやチェックインについて紹介していくのですが、まずはスカイマークについて触れていきましょう。日本国内には有名な全日本空輸や日本航空などの有名な航空会社があります。その中でも国内で3位の規模になるのがスカイマークです。

国内線のみの運行となっていますが、多くの人が利用している人気の航空会社の一つとなっています。サービスもしっかりしているので、満足度も高いと評判です。

平均搭乗率は80パーセントを記録していて、2018年には定時運航率1位を獲得しています。2020年1月には、2019年における世界航空会社定時運航率ランキングで世界で3位という記録も出しています。また、2020年11月では顧客満足度1位も獲得しています。

スカイマークの一番の魅力は、リーズナブルな料金になります。安い料金で利用できるのをスカイマークの割引などが利用できるので、さらに安くできると人気を集めています。高いと思われている航空券のイメージをスカイマークが変えたとも言えるでしょう。

ですが、安い料金で利用できるスカイマークは満席になってしまうのも早いと言われています。シーズン中などには、予約が取れないこともあるようです。これも、スカイマークが人気の航空会社であることの表れと言えるのではないでしょうか。

スカイマークの搭乗手続き・チェックインの開始は何分前?

スカイマークについて簡単に触れて来ましたが、ここからはスカイマークの搭乗手続きやチェックインについて紹介していきます。最初に紹介していくのは、スカイマークの搭乗手続きやチェックインの開始時間が何分前からなのかです。

スカイマークの搭乗手続きやチェックインの開始時間が何分前からなのかは、スカイマークを利用する空港によって変わります。そこで、空港別にスカイマークの搭乗手続きやチェックインの開始時間について紹介していきます。

羽田・神戸・名古屋・札幌・福岡・那覇の各空港

最初に紹介していくのは、羽田・神戸・名古屋・札幌・福岡・那覇の各空港でスカイマークを利用する時の搭乗手続きやチェックインの開始時間です。東京の場合には羽田空港と成田空港を間違える方もいますので、十分に注意するようにしましょう。

羽田・神戸・名古屋・札幌・福岡・那覇の各空港のスカイマークの搭乗手続きやチェックイン開始時間は、出発日当日はいつでも可能です。

空港カウンターの営業時間開始から当日にスカイマークを利用する人は、いつでも搭乗手続きやチェックインを行えるので時間に余裕を持って行動ができると言えるでしょう。出発時間の何分前?と慌てないで済むので、早めに行うのがおすすめです。

茨城・長崎・鹿児島の各空港

次に、茨城・長崎・鹿児島空港を利用する場合のスカイマークの搭乗手続きやチェックインの開始時間になります。茨城・長崎・鹿児島空港では、先述した羽田空港などと同じで、搭乗日の当日に空港カウンターの営業時間開始から利用が可能です。

そのため、時間に余裕を持ってスカイマークの搭乗手続きやチェックインを行うことができるようになっています。

ですが、茨城・長崎・鹿児島空港では、手荷物のお預かりのみが出発時間の2時間前からの受付となっています。スカイマークの搭乗手続きやチェックインを行った流れで手荷物を預けたい場合には、出発時間の2時間前から行うようにしましょう。

成田・仙台・奄美大島・宮古(下地島)の各空港

最後に紹介するのは、成田・仙台・奄美大島・宮古(下地島)の各空港です。こちらの空港でスカイマークの搭乗手続きやチェックインを行う場合には、出発時間の2時間前からとなっています。空港に早く着き過ぎてしまうと時間を持て余してしまう場合があります。

余裕を持って行動する場合でも2時間前に到着できれば十分なので覚えておくと便利です。ですが、シーズンによっては混雑する場合もあります。スカイマークの搭乗手続きやチェックインの開始時間には、十分に注意するのがおすすめになります。

スカイマークの搭乗手続き・チェックイン締め切りは何分前?

各空港でのスカイマークの搭乗手続きやチェックインの開始時間について紹介しましたが、空港によっての違いがあるので注意が必要です。特に旅行で行きと帰りの空港によっては、スカイマークの搭乗手続きやチェックイン時間が変わる場合もあります。

そのため、どこの空港からスカイマークの搭乗手続きやチェックインをするのかで確認をしておくのは必須になります。

では、各空港によって違うスカイマークの搭乗手続きやチェックインは何分前に行わなければいけないのでしょうか。搭乗手続きやチェックインの開始時間と同じく、締め切りが何分前なのかもチェックしておくと便利です。

スカイマークの搭乗手続きやチェックインの締め切り時間に関しては、各空港が共通になっています。スカイマークでは、遅くても20分前までの搭乗手続きやチェックインが必須になっています。と言うのも、搭乗口に行くまでの時間もあるからです。

締め切り時間まではまだ余裕があると搭乗手続きやチェックインを終わらせてないと、間に合わないと言うこともあり得ます。特に、混雑が予想される連休や夏休み、冬休みなどには搭乗手続きやチェックインが混雑するので気をつけるようにしましょう。

スカイマークの搭乗手続き・チェックイン手順

スカイマークの搭乗手続きやチェックインの締め切りが何分前までかについてチェックをしたら、次にスカイマークの搭乗手続きやチェックインの手順について押さえていきましょう。スカイマークの搭乗手続きやチェックインの手順は難しくはありません。

初めて利用する場合には手順が分からずに迷ってしまいますが、一度行ってしまえば手順は覚えてしまえるでしょう。ここでは、スカイマークの搭乗手続きやチェックインの手順を順番に紹介していくので、利用前にチェックしていきましょう。

チェックインカウンター・自動チェックイン機でチェックイン

スカイマークの搭乗手続きやチェックインの最初の手順は、チェックインカウンターか自動チェックイン機を使うことからスタートします。自動チェックイン機を利用する場合には、該当する項目をタッチして進んでいく形になります。

順番に項目ごとに進んでいくと搭乗券が発行されます。この時に受託手荷物があるを選択すると、手荷物タグも発行されます。

自動チェックイン機の手順も簡単ですが、苦手な方はチェックインカウンターを利用するのがいいでしょう。係員が行ってくれますので、間違ってしまうのが不安な方や苦手な方は直接チェックインカウンターで搭乗券をもらいましょう。

受託手荷物があればバゲージカウンターへ

航空機では空港内に持ち込める荷物は限られています。そのため手荷物を預ける流れになります。手荷物タグは、預ける手荷物の取っ手に自分でつけなくてはいけません。手荷物タグを付けた荷物は、バゲージカウンターに持っていきます。

バゲージカウンターで手荷物を預けると、搭乗口へ向かう手順になります。時間に余裕がある場合には、時間を潰したりしてもいいでしょう。また、預ける手荷物が無い方の場合には、この手順を飛ばして次の項目へと進んでいきましょう。

保安検査場に進む

搭乗口へ向かう前に行うのが手荷物や身体検査を行う保安検査場です。保安検査場では手荷物の検査の他にも、上着を着ている場合には脱がないといけません。また、靴の種類によっては靴もトレーに乗せて検査をします。

また、爆発物などの検査の強化も行っています。金属探知機を通る形になりますので、ベルトや時計、携帯電話やアクセサリーなどは外しておくとスムーズに通過できるので覚えておくと便利です。ナイフなどを持ち込む場合には、受託手荷物に移動させましょう。

スカイマークの搭乗手続き・チェックイン時に必要なもの

スカイマークの搭乗手続きやチェックインの手順について紹介しましたが、搭乗手続きやチェックインを行う上で忘れてはいけないものがあります。忘れてしまうと搭乗手続きやチェックインができなくなってしまいます。

そのため、事前に荷物をチェックする際には忘れていないかのチェックが必須になるでしょう。そこで、ここではスカイマークの搭乗手続きやチェックインに必要なものについて紹介していきます。必須になってくるので、チェックしておくのがおすすめです。

チェックイン用バーコードまたは予約番号

スカイマークの搭乗手続きやチェックインを行う際には、予約番号かチェックイン用のバーコードが必要になります。スカイマークの予約番号は、予約を取得した時に予約便ごとに付与される4桁の番号です。予約方法に限らずに必ず発行されます。

予約番号は登録したメールアドレスに送られてくる形になりますが、間違って消去してしまった場合などや予約番号がわからない場合などは、メールの再送信をホームページよりリクエストすることにより、予約番号を確認することも可能になっています。

もしも予約番号を消去してしまったり、わからなくなった場合には慌てずにスカイマークに問い合わせをして確認するようにしましょう。

チェックイン用のバーコードは、予約確認書の控えなどに記載されています。そのため、予約番号がわからなくなってもチェックイン用バーコードが記載されている控えを持っている場合には問題なく搭乗手続きやチェックインを行えます。

また、搭乗日の前日午前10時までに予約を行っていて、メールアドレスを登録している場合には、搭乗日の前日12時に予約案内メールを受け取れます。こちらには予約内容やチェックイン用バーコードのURLが発行されます。

メールアドレスの設定によっては受信ができない場合もありますので、事前にメールアドレスを登録する場合には注意するようにしてください。

Thumbスカイマークの機内持ち込み手荷物ガイド!個数・サイズ・重さの条件は?
スカイマークは1996年設立で、今や日本第三位の航空会社です。観光やビジネスで利用する人も多...
Thumbスカイマークの座席ガイド!指定する方法やおすすめシートを詳しく紹介!
スカイマークの座席に関する疑問について答えていきます。座席の指定方法や料金などと、スカイマー...

スカイマークの搭乗手続き・チェックイン時の注意点

最後にスカイマークの搭乗手続きやチェックイン時の注意点について紹介します。ここまでの手順や流れを押さえておくとスムーズに利用できますが、それと同時に注意点も押さえておくと便利です。スカイマークが発表している注意点もあります。

より快適な空の旅を満喫したい方や、初めてスカイマークを利用する方の場合には要チェックになります。ここで紹介する注意点は、手荷物検査場と搭乗手続きに関する内容です。では、順番に注意点についてチェックしていきましょう。

手荷物検査場が混雑することもあるので早めに空港に行こう

最初に紹介っする注意点は、手荷物検査場の混雑です。手荷物検査場は1人ずつ順番にチェックしていくので混雑してしまうことが多いです。そのため、時間ギリギリになってしまうと搭乗口に向かうのに間に合わないと言う事態になりかねません。

そこで、手荷物検査場は混雑する場所と考えて行動するのがポイントになります。シーズンに関係なくいつでも混雑しているとして時間に余裕を持つと安心です。

特に、保安強化となった空港内では厳重なチェックが行われています。15分前に搭乗口に到着しなくてはいけないので遅くても30分前には手荷物検査を終わらせるのがベストと言われています。また、休み期間はさらに混雑するので注意しましょう。

複数名での搭乗手続きは全員揃ってから

次に紹介する注意点は、搭乗手続きに関する注意点です。1人分の予約の場合には自分だけなので、別段問題なくスムーズに手続きを進められるでしょう。ですが、2名以上で予約を取った場合には、先にみんなの分の搭乗手続きを済ますということはできません。

予約時の全員が揃った状態でないと、スカイマークでは搭乗手続きを行えない形になっています。そのため、まとめて予約する場合には注意が必要です。

こちらの2名以上での搭乗手続きに関しては、スカイマークの公式サイトでも注意を促している内容になります。と言うのも、揃ってない状態で搭乗手続きを行い出発時間に間に合わなかった場合などの危険性の回避のためになるので、気をつけるようにしましょう。

スカイマークで旅に出よう

2020年11月の発表で顧客満足度1位を獲得したスカイマーク。利用者数も増えていく中で、初めて利用する人も多いです。スカイマークの搭乗手続きやチェックイン方法の手順や流れは、知っておくとスムーズに行動できるようになります。

また、搭乗手続きやチェックインの開始時間や締め切り時間、注意点も知っておくと時間に余裕を持って動けるので便利です。初めて利用する場合には迷ってしまうこともありますが、当記事を参考にして役立てて空の旅を楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ