オロフレ峠は展望台からの眺めが最高!雲海が見れる絶景ポイントもあり!

オロフレ峠は支笏洞爺湖国立公園の中にあって、洞爺湖と登別をつなぐ峠でオロフレ峠のオロフレの由来はアイヌ民族の言葉から来ています。標高が930メートルと高いので気温の変化が激しいため、いち早く紅葉が色づきます。雲海が観れる絶景ポイントなどの魅力を伝えます。

オロフレ峠は展望台からの眺めが最高!雲海が見れる絶景ポイントもあり!のイメージ

目次

  1. 1北海道にあるオロフレ峠の雲海の前に
  2. 2北海道にあるオロフレ峠の雲海を見る
  3. 3北海道にあるオロフレ峠の紅葉
  4. 4北海道にあるオロフレ峠の冬に見られる樹氷
  5. 5北海道にあるオロフレ峠の雲海を見るための温泉スポット
  6. 6オロフレ峠のスキー場
  7. 7北海道にあるオロフレ峠の手前にある洞爺湖温泉
  8. 8北海道のオロフレ山
  9. 9北海道にあるオロフレ峠を超えて行く登別温泉
  10. 10北海道にあるオロフレ峠のまとめ

北海道にあるオロフレ峠の雲海の前に

26186078 1970969596250736 5222405100625985536 n
taberemasuyan

オロフレ峠の展望台は壮瞥町(そうべつ)と登別市の境にあり、壮瞥町からはオロフレ峠を通らないと登別市にたどり着くことが出来なく、冬期には路面が積雪で凍りつくため尚一層、事故が多く難所として知られていました。標高が高いので初夏から秋にかけ霧が出やすく、絶景ポイントとして人気です。オロフレ峠のおすすめの四季の姿も紹介します。

北海道にあるオロフレ峠の雲海を見る

21149121 1659339517444438 4968844632495489024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hc571

オロフレ峠は北海道の南西部に位置し支笏湖洞爺湖国立公園の中にあり、雲海は4月下旬から秋頃に見られます。オロフレ峠の展望台が壮瞥町と登別市の境にあるため、それぞれ成り立ちが違った雲海を見ることができます。壮瞥側の雲海は洞爺湖で生まれた霧、山霧、噴火湾でできた海霧が入り込み一つとなって出来上がった霧です。

登別側の雲海は太平洋で生まれた海の霧、俱多楽湖(くったらこ)、橘湖で生まれた霧が一つとなって雲海ができあがります。雲海と一口に言っても全く異なる雲海が観れ、それが不思議で人々を引き付け虜にしてしまいます。気象条件が整はないと見ることが出来ない雲海だからこそ人々は見たがるのでしょう。人気のスポットでおすすめです。

アクセスは道央自動車道登別東インターチェンジから道道2号をカルルス温泉方面に約15km行きます。車なら約30分。オロフレ峠は標高930メートルで登別市カルルス町にあり、展望台から望む風景は山水画に出て来そうな険しい山が連なりモコモコとした雲海が見られ、壮瞥町側の雲海は柔らかな泡のような雲海が一面に広がったように見えます。

北海道にあるオロフレ峠の紅葉

22430271 255675434955857 967209261916487680 n
koimarikun

北海道のオロフレ峠では9月下旬から10月下旬にかけ紅葉が見られます。日中と夜の気温の差が激しいので鮮やかな紅葉が一足早く観られ、ダケカンバの白い幹や枝は降雪の重みでへし曲がり気持ち悪いような風体になり、なんとも不思議な景色が広がっています。紅葉の赤や黄色とコントラストが際立ち余計に目立ってしまっていますがおすすめです。

オロフレ峠から遠くを望めば、太平洋、洞爺湖、羊蹄山(ようていざん)、噴火湾、俱多楽湖が見え、ここでしか見られない風景に出会えます。ドライブウェイは曲がりくねった道の連続ですので注意が必要です。10月下旬から4月下旬まで17:00から9:00(翌日)迄通行止めです。またオロフレ峠展望台のある旧道は冬期の間終日通行止めです。

北海道にあるオロフレ峠の冬に見られる樹氷

26065480 195300971023950 2823529114051280896 n
ryoko_mountain

標高1230.8メートルのオロフレ山が壮瞥町と登別市の間に位置し、その稜線に絶景の景色が見えるオロフレ峠があります。昔は難所で知られていましたが、トンネルができたので今ではオロフレ峠の中をくぐるように抜けて車が行き交います。オロフレ峠の展望台に行くには、壮瞥町から入れる旧道を通って展望台に出るしか方法はありません。

旧道の突き当りがオロフレ峠の展望台で、オロフレ峠の展望台に行く途中の道を曲がって着いたところに黄渓展望台があり、ここの展望台からの樹氷が一番美しく見れます。ダケカンバと針葉樹に凍てついた吹雪が付いて晴れた翌日に樹氷は出現します。見頃は1月から2月の厳冬期で地元に伝わる樹氷の森の伝説の美しさは例えようがないほど人気です。

登別方面に行くオロフレトンネルの手前3キロメートルから4キロメートルでも樹氷が観れます。凍り付いた雪の衣をまとった木々の間を巡る「スノーシュー樹氷ウオッチング」ではディズニーの「アナと雪の女王」の物語の中にいるような気がして来ます。展望台に行かれる際は十分な冬山装備をし通行時間を厳守して観られることをおすすめします。

北海道にあるオロフレ峠の雲海を見るための温泉スポット

11189593 1600325133569515 1110023636 n
masatoshiohizumi

観光で訪れてオロフレ峠の雲海を見たいと思っていても、雲海は気象条件が整はないと見ることができないので、霧が出始めたらすぐにオロフレ峠に行く必要があります。そのためオロフレ峠の近くに滞在して待たなければなりません。うってつけの宿がカルルス温泉です。登別カルルス温泉とも言い、登別温泉のはずれに位置しています。

登別温泉に行かれる観光客は多いですが、登別温泉の外れにあるカルルス温泉にまで足を運ぶ観光客は多くありません。名前の由来はチェコの有名な温泉地カルルスバードの泉質と似ているところからカルルス温泉と名付けられ、泉質は単純泉でお湯は無色透明、硫黄の香りも微かで温泉から出ると身体が軽く爽快になるので最近人気が出て来ました。

源泉かけ流しの湯で名湯百選にも選ばれていて、効能は心身症、慢性リュウマチ疾患、消化器疾患、火傷など湯温は48°から68°。特徴は療養に適した温泉であるという点で他の温泉地に見られるような遊興施設はなく、自然豊かな山あいの旅館があるだけで、疲れた身体を癒す里です。そこが人気の出て来た所以でもありおすすめです。

住所:北海道登別市カルルス町7番地
電話番号: 0143-84-2861

オロフレ峠のスキー場

道道2号線洞爺湖登別線のオロフレ峠に行く手前にオロフレスキー場はあります。初心者から上級者まで滑れるコースは全5コースあります。ゲレンデにはハープパイプなども設置してあり、近くには有名なゲレンデもある中、混雑することなくスキーが楽しめるのでおすすめです。家族連れでも中級者上級者でも楽しめますがナイター設備はありません。

リフト券は1回券210円から1日券2910円まで各種あり選べます。営業時間は9:00から16:00で、土日は8:30から16:30迄です。レンタル料金はスキーが板、靴、ストックのフルセットで3000円スノーボードが靴と板で4000円ウエア3000円です。スキースクールも併設されており、又「スキー場入場者保険」にも加入しているのでおすすめです。

北海道にあるオロフレ峠の手前にある洞爺湖温泉

洞爺湖温泉

13261075 942011365898146 1183137398 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yosiy.mikey

オロフレ峠の手前に位置する洞爺湖温泉は北海道を代表する温泉地で観光地でもあります。洞爺湖サミットが開かれてからは世界の洞爺湖として年間300万人の観光客が訪れるようになりました。また、近くには昭和新山や有珠山などもあります。その歴史は1910年の噴火で洞爺湖温泉が更に1944年にげん骨のような形の昭和新山が誕生しました。

溶岩の粘土が粘り強いためにげん骨のような形になりましたが程よい粘土できれいな形をしている富士山とは異なります。今も噴火を続けている昭和新山は赤茶けて燃え続けて煙をあげています。有珠山は1977年の噴火で犠牲者が出ていて更に2000年にも大噴火を起こし噴煙は3500メートルにも及び噴火口は50個以上も生まれました。

噴火口は道路や住宅地にも出来ましたが犠牲者は出ませんでした。火山地震の予兆研究で噴火が起こることが事前に分かったので住民は避難を終えていたため全員無事で、奇跡と言われています。被害をそのまま残して次世代へ引き継ぐ取り組みがユネスコに評価されいち早くジオパークに認定され、観光客が見学できるように整備されています。

洞爺湖にあるパワースポット

20838437 337328320029202 5381985125904941056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sado_com

洞爺湖は約11万年前の大噴火で誕生したカルデラ湖で、円形に近い形で日本国内で3番目に大きく洞爺湖に浮かぶ4つの島を中島と呼びパワースポットとして最近人気が出て来ています。火山噴火から連想される「火」のパワーがあり、身体が暖まり、力が湧いてくると言われています。湖であることから「水」のパワーも合わせてあるとされています。

湖や沼などの「水」は流れていなため「陰の気を持つ水」とされ浄化作用の力があると言われています。更に恋愛運、結婚運をも高めると言われています。地形的に羊蹄山からもパワーが集まり洞爺湖の周りの火山からもパワーが出て、それらが全て一つとなって「金運」が上昇すると言われています。遊覧船が中島の一つ大島に出ていて上陸できます。

どことなくスピリチュアルな雰囲気が漂っています。上陸すると祠(ほこら)が3つ目に入り、大黒様、恵比寿様、菅原道真が祀られていて金運上昇、商売繁盛、学問上達の神様たちのパワーを頂き更に桟橋横のご神木「ウンクル・セトナの桂の木」にはアイヌの伝説が残り縁結びのパワーがあると言われています。上陸し「風穴」まで続く道を行きます。
 

周りの火山からパワーが集まり風が噴き出しているところだと言われており、確かに風が流れ頬を触って行きます。「風穴」を過ぎ更に不思議な力に導かれるように平原に出ると四神相応という地形で風水上最高の場所とされるスポットに出て来ます。健康、金運、繁栄など全て吉報に向かうとされ平安京の地形も四神相応だと言われています。

北海道のオロフレ山

14473977 1782757975270144 1537828214452256768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
maekenniseko

オロフレ山は壮瞥町と白老町にまたがって位置し、標高は1230.8メートルの活火山です。オロフレの起源はアイヌ語のウオロ・フレ・ペッから転じだと言われていて、意味は「水中の赤い川」というらしいです。登山口はオロフレ峠の展望台側で頂上までは300メートルほどで初心者にも登れる山です。岩がむき出しの迫力で上級者にもおすすめです。

オロフレスキー場から林道に入る際や道順には赤い布が木に縛り付けられていますので、それを目印に歩いてカルルス洞窟を目指します。洞窟はそれほど大きくはありませんが通称ニョロニョロ(氷筍)は厳冬期の間に3メートルぐらいまで大きくなっているものもあり、別世界にいるような感覚に陥り、氷筍を観るのが始めての観光客にはおすすめです。

北海道にあるオロフレ峠を超えて行く登別温泉

28154530 375677362898137 5425080230752550912 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
park_tae_hee_

登別温泉は洞爺湖温泉と並び北海道を代表する温泉です。明治時代に旅館ができてから観光地となり、アイヌ語のヌプル・ペツが語源で意味は「水色の濃い川」。自然湧出量は1日に1万トンの豊富な湯量が自慢で、泉質も9種類あり毎分3000リットルです。泉質は硫黄泉・食塩泉(塩化物泉)・明礬泉(含アルミニウム泉)・芒硝泉(硫酸塩泉)です。

緑礬泉(含アルミニウム泉)・鉄泉(含鉄泉)・酸性鉄泉・重曹泉・ラジウム泉。地獄谷は日和山が噴火してできた爆裂火口の跡で小さな火口や噴気孔・湧出孔ができガスと温泉が湧き出ています。1周15分ぐらいで廻れて地獄谷の様子が見られ、遊歩道も大湯沼まで整備され観光客が見学できるようになっています。個人が開発した温泉地です。

滝本金蔵氏は宿を建て道を造り、現在の登別温泉の基礎を築き、国の療養施設にもなり日本国内に登別温泉が知れ渡り、硫黄の採掘も国の保護政策で始まり発展しました。世界的にも9種類の泉質が一か所で楽しめるのは珍しく病気やケガの療養やリフレッシュなどに温泉が活用され、温泉の効能に注目が集まり始め人気もうなぎ登りです。

北海道にあるオロフレ峠のまとめ

20393800 926417117510944 3316283139894018048 n
miyo_ch.i_n

いかがでしたでしょうか?オロフレ峠の雲海や紅葉、樹氷それぞれの見れる季節に訪れてみたくなりましたか。オロフレ峠の横顔をお伝えしましたが、まだまだ不思議な魅力のあるオロフレ峠です。日の出も一見の価値がありそうだし、日の入りもまたノスタルジックだし、ニョロニョロも見てみたい、あなたの目で確かめに来て下さい。

Thumb東京から北海道(札幌)までの飛行機料金を徹底比較!早割が安くておすすめ!
観光地として人気の北海道。東京から北海道(札幌)に向かうには飛行機の利用が早くて便利です。東...
Thumb北海道の日本酒はお土産にも人気でおすすめ!限定の地酒もあり!
北海道はさまざなグルメを堪能できますし、多くの観光スポットがあります。北海道の日本酒はお土産...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
マッシュ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ