車中泊に使える暖房器具&おすすめグッズ15選!省エネのファンヒーターも!

みなさんは車中泊などをしたことがありますか?車中泊をする際に冬場などは暖房器具などがあるととても便利です。そこで今回は車中泊などにも使える暖房器具をご紹介していきます。これから車中泊をされる場合にもぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

車中泊に使える暖房器具&おすすめグッズ15選!省エネのファンヒーターも!のイメージ

目次

  1. 1車中泊に使えるおすすめ暖房器具やグッズをご紹介!
  2. 2車中泊に使える暖房器具やグッズ・ヒーター編
  3. 3車中泊に使える暖房器具やグッズ・断熱シート編
  4. 4車中泊に使える暖房器具やグッズ・あったかシート編
  5. 5車中泊に使える暖房器具やグッズ・人気寝袋編
  6. 6車中泊に使える暖房器具やグッズ・おすすめブランケット編
  7. 7100均で買える車中泊におすすめの便利グッズ
  8. 8車中泊に使えるおすすめ暖房器具やグッズをそろえて出かけよう!

車中泊に使えるおすすめ暖房器具やグッズをご紹介!

みなさんは車中泊を経験したことがありますか?夏と冬では車中泊をする環境もガラッと変わりますので、用意しておきたいグッズなどの種類も変わってくるものです。そこで今回は冬の車中泊などにもおすすめの暖房器具などを中心にご紹介していきます。

寒い時期には暖房器具などがないと、車中泊はできたものではありません。ぜひ冬に車中泊をされる際にはこちらを参考にされてみてください。車中泊で使えるヒーターなどはもちろんのこと、そのほかにもおすすめのグッズをご紹介していきます。便利なグッズがたくさんありますので、ぜひ暖房器具などをそろえてから車中泊をしてみましょう。

Thumb北海道で車中泊ができるおすすめの場所は?道の駅も観光客に人気!
国内・国外関わらずたくさんの観光客が訪れる北海道。最近では、ホテルなどに泊まらずにリーズナブ...
Thumb三重県のおすすめ道の駅ランキング・トップ11!車中泊に嬉しい温泉も!
三重県でおすすめの道の駅の情報を、独自のランキング形式でご紹介していきます。三重県内には車中...

車中泊に使える暖房器具やグッズ・ヒーター編

ではまず車中泊に使える暖房器具の中でもヒーターに関する情報からご紹介していきます。ヒーターがあるのとないのとでは快適さが大きく違います。車中泊などをされる場合には、車のエンジンをつけたままにするのはマナー違反となっています。

そのため車中泊をする際にはエンジンは切っておかないといけませんし、寒さ対策などをしっかり行っていないと一晩をこすことができないこともあります。ここではおすすめのヒーターなどについてご紹介していきますので、ぜひ冬などに車中泊をされる際には、下記の情報を参考にされてみてはいかがでしょうか。

steman-net 軽油カーヒーター

まずご紹介するのは「steman-net 軽油カーヒーター」です。こちらは車中泊などの場合でも使えるヒーターになっていまして、軽自動車から大型バスの中などでも使えるようになっています。冬用の軽油ヒーターになっていますので、車の中でも気軽に利用することができるようになっていまして、温まることができると話題になっています。

カーヒーターの取り付け作業は専用業者の方にやってもらうのがおすすめになっています。ご自身でやる場合にはどうしてもわかりにくいところなどもありますので、できるだけご使用の際には、専用業者の方に取り付けを頼むようにしてみてください。

YOSOO 車載ファンヒーター

続いてご紹介するのは「YOSOO 車載ファンヒーター」です。こちらも車の中で使えるヒーターになっていますので、寒い時期に車中泊される際にはとても人気のグッズになっています。少しヒーターの力が弱めではあるのですが、車のヒューズからでも電源をとることができるようになっていますので、取り付けも簡単になっています。

ですが普通車などの場合ヒューズを使用しますと、10A程度では破断してしまいますのでご注意ください。なお稼働音などが少し大きめになっていますので、静かな場所でないと寝られない!という方には向いていませんのでご注意ください。

iFormosa 2KW 12V ガソリン FFヒーター エアパーキングヒーター

最後にご紹介するのは「iFormosa 2KW 12V ガソリン FFヒーター エアパーキングヒーター」です。こちらは10万円以上する商品になっていまして、口コミなどでも評価の高いグッズになっています。そのためしっかりしたヒーターが欲しい方におすすめです。

少し稼働音は気になるかもしれませんが、温める力なども強いですので温かい車内で安心して眠ることができるようになっています。また見た目などもいいと人気になっていますので、ぜひみなさんもiFormosa 2KW 12V ガソリン FFヒーター エアパーキングヒーターを使って快適な車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

車中泊に使える暖房器具やグッズ・断熱シート編

続いてご紹介するのは暖房器具の中でも断熱シートについてです。いくらヒーターなどを用意していたとしても、断熱シートなどがないと寒い夜をこすことは大変です。とくに車の窓ガラスなどは冷気を通しやすいですので、断熱シートなどを覆うことは大切です。

ここではそんなときに人気になっている断熱シートをご紹介していきます。まだ断熱シートを用意していない!という方は下記の情報を参考にして断熱シート選びをされてみてはいかがでしょうか。なお断熱シートは車中泊以外でも使い道がありますので、とてもおすすめのグッズになっています。ぜひみなさんも活用されてみてはいかがでしょうか。

マルチシェード

まずご紹介するのは「マルチシェード」です。こちらはとても人気の種類になっていまして、各車両に対応するサイズが販売していますので、だいたいのお車で使うことができるようになっています。またサイズなどもしっかり測定して作られていますので、サイズの合ったマルチシェードを利用することができ、暖房などの効き目もアップします。

また保温効果だけではなく、夏に冷気を逃がしたくないときなどにも使うことができますので、一年中を通して車中泊に人気のグッズになっています。ぜひまだ持ってない!という方は、こちらを購入されてみてはいかがでしょうか。

YELLO カーフロントカバー 車用遮光サンシェード

続いてご紹介するのは「YELLO カーフロントカバー 車用遮光サンシェード」です。こちらは外からカバーをつけていく断熱シートになっています。保温効果なども期待できるようになっていますし、外からということで窓ガラスに雪が積もるのを防止できます。

お値段もリーズナブルになっていまして、1400円程度で購入することができるようになっています。サイズなどもありますので、ぴったりのサイズを選んで使用されてみてください。なお少し大きめぐらいだと使えるのですが、小さめになってしまいますと断熱の効果が期待できなくなってしまいますので、充分に注意しておきましょう。

ニトムズ 冷気ストップパネル

最後にご紹介するのは「ニトムズ 冷気ストップパネル」です。こちらは家の窓ガラスなどの断熱シートとしても利用されているシートになっていまして、ホームセンターなどでも簡単に手に入りますし、もちろんネットショッピングでも簡単に購入できます。

そのためどなたでも手に入れやすいですので、とても人気になっています。お値段も1400円程度になっていますので、みなさんも購入されてみてはいかがでしょうか。なお吸水効果のあるシートなどもありますので、結露などを吸いながら断熱効果を期待したいときには、吸水効果のある断熱シートが人気です。ぜひ使い分けてみてください。

車中泊に使える暖房器具やグッズ・あったかシート編

続いてご紹介するのは冬の車内泊などで便利なあったかシートについてです。やはりあったかシートがあるかないかで寒さ対策も変わってきます。寒すぎますとやはりゆっくり寝ることもできず、次の日がとてもきつくなってしまうことも多いです。

そのためしっかり疲れをとって休むためにも、防寒対策をしておくべきなのです。そんなときあったかシートは人気になっていますので、ぜひみなさんも下記の情報を参考にされてみてはいかがでしょうか。もちろん車の中以外でも使うことはできますので、用途はさまざまですし持っていて損はしない便利グッズになっています。

Leacree 12V車用ホットシートヒーター 座席用ホットシート

まずご紹介するのは「Leacree 12V車用ホットシートヒーター 座席用ホットシート」です。こちらはホットシートになっていますので、座席にセットする暖房器具となっています。そのため普段座っているときなども効果を感じることができ便利になっています。

シガーソケットから電源をとることができるタイプになっていまして、12V専用となっていますので対応Vなどはしっかり確認されてみてください。こちらはエンジンをきったあとなどは車のシガーソケットを利用することはできませんので、別に電源を確保しておく必要などもあります。そこの準備は忘れないように注意しておきましょう。

Winhi エア-マット エアーベッド

続いてご紹介するのは「Winhi エア-マット エアーベッド」です。こちらは簡単に空気を入れることができるエアーマットになっていますので、簡単に準備することができるようになっています。電源などを必要としないマットなのですが、防寒対策にもなる優れものになっていまして、車中泊をされる際にはとても便利な器具になっています。

寝ている間暖房などをかけておくことはできませんので、冬などは暖房のない状態で寝るしかないのです。ですがこのマットは防水、防湿、防寒などの対策ができるようになっていますし、丈夫な造りになっていますので安心です。

暖房のない車中泊は慣れていない人にはとても過酷な環境になってしまいがちです。このような便利グッズなどを上手に使って暖房のないところでも、快適に眠れるように努力しておきましょう。

車用 ホットカーシート 座席シート ヒーター内蔵

最後にご紹介するのは「車用 ホットカーシート 座席シート ヒーター内蔵」です。こちらは車のシート専用の暖房器具になっていまして、ヒーター内臓していますのでポカポカで座ることもできますし、シートを倒してそこにマットなどを敷くことで、あたたかいシートの上で体を休めることなどもできるようになっています。

そのため暖房器具がなくても比較的あたたかい状態で寝ることができると人気になっています。またもちろん普段から使うことができるようになっていますので、冬のドライブなどの際でも暖房では温まらないシートなども温めることができるようになっています。

車中泊に使える暖房器具やグッズ・人気寝袋編

では続いて車中泊でおすすめの寝袋についてご紹介していきます。車中泊などをする際冬はエンジンを消して休みますので、暖房などが使えないことが多いです。そのため寝袋などがあると、防寒対策にもなりますので便利になっています。

そこでここではおすすめの寝袋についてご紹介していきます。人気のポイントなども詳しくご紹介していきますし、寝袋があるかないかで、暖房などがなくても快適に過ごすことができますので、ぜひみなさんも参考にされてみてはいかがでしょうか。また寝袋はテントなどでキャンプを楽しむ際にも使えますのでぜひ用意してみてください。

モンベル アルパイン ダウンハガー 650 #1

まずご紹介するのは「モンベル アルパイン ダウンハガー 650 #1」です。こちらはモンベルの人気商品になっていまして、33000円程度で購入できるようになっています。糸ゴムを使用していますので、無駄に空気を入れることがなく、保温効果なども期待できるようになっていまして、とても人気の寝袋の一つとして話題になっています。

ダウン専用の洗剤で手洗いできるようになっていますので、使用したあとも清潔に保つことができるようになっています。暖房のないところでも快適に眠ることのできる便利アイテムになっています。

モンベル ダウンハガー800#0

続いてご紹介するのは「モンベル ダウンハガー800#0」です。こちらは先ほどご紹介した寝袋よりも機能性のいい寝袋になっていますので、お値段も少し高めになっていまして、50000円程度で購入できる寝袋となっています。

同じモンベルの製品になっていますので、キャンパーなどの間でも話題になっている寝袋で、防寒対策などもしっかりしてありますので、暖房のないところでも快適に休むことができます。また軽量なのに高い保温性を期待できますので、女性などにもおすすめです。

コールマン トレックマミー

続いてご紹介するのは「コールマン トレックマミー」です。コールマンも人気のブランドになっていますので、キャンパーの方々などは知っている方も多いです。その中でもコールマン トレックマミーはおすすめになっていまして、防災グッズとしても人気になっています。

そのため車中泊だけではなく防災グッズの備えとして購入した!という方も多いです。保温効果なども期待でき車中泊でも快適に眠ることができます。また暖房のない環境でも比較的暖かい状態で寝ることができるようになっています。

イスカ エア 700SL

続いてご紹介するのは「イスカ エア 700SL」です。こちらも税抜38000円程度で購入できる寝袋になっていまして、足元がゆったり設計になっていますので、男性の方でも寝やすいと人気になっています。また3Dシルエットになっていますので、保温性なども高いのですが軽量化されていて、使いやすいモデルになっています。

車中泊だけではなく、冬キャンプや冬山などにも使える寝袋になっていますので、機能性なども抜群になっています。もちろん災害時などにも使うことができますので、ぜひみなさんも購入されてみてはいかがでしょうか。

YOGOTO 寝袋 シュラフ ダウン

最後にご紹介するのは「YOGOTO 寝袋 シュラフ ダウン」です。こちらは比較的リーズナブルな価格で購入できるようになっていまして、10000円以内でも購入可能になっています。きちんと防寒対策もしてありますので、暖房なしの車中泊でも安心です。

また丸洗いなどもできるタイプがありますので、清潔に保つことができるようになっていますし、もちろん車中泊だけではなく登山などの際にも便利になっています。またご自宅で暖房器具が壊れてしまった際でも、寝袋があるだけで寒さをしのいで休むことができるようになっていますので、ぜひみなさんも活用されてみてはいかがでしょうか。

車中泊に使える暖房器具やグッズ・おすすめブランケット編

続いてご紹介するのは電気毛布やブランケットについてです。やはり車中泊では暖房などを使えないことなどもありますので、電気毛布やブランケットがあるとより暖かさを保つことができ便利になっています。

ここでは車中泊におすすめのブランケットなどをご紹介していきますので、ぜひみなさんも参考にされてみてはいかがでしょうか。寒さ対策をしておくことで、お子様が一緒に車中泊をされる際にも安心です。またこちらは普段使いできるアイテムも多いです。

Dorcy ひざ掛け電気毛布 電気ブランケット 電気毛布 USBブランケット

まずご紹介するのは「Dorcy ひざ掛け電気毛布 電気ブランケット 電気毛布 USBブランケット」です。こちらはUSBから電源をとることができるタイプになっていますので、充電器などとセットで持ち運んでおくと便利になっています。

お値段は2700円程度となっていますのでリーズナブルですし、もちろんご自宅などでも気軽に使うことができるようになっています。タイマーなどもついていますので、消し忘れなどを防止することもでき、安全に使用することができるようになっています。ぜひ車中泊などを快適にするために用意してみてはいかがでしょうか。

ヒート クラッカー アドバンス

続いてご紹介するのは「ヒート クラッカー アドバンス」です。こちらはさまざまなサイズ展開がありますので、必要なサイズに合わせて購入できるようになっています。サイズによるのですがお値段は10000円を超える場合もあり、その分しっかりした造りになっていますので、朝まで温かいまま眠ることができると話題になっています。

また電磁波の心配もありませんので、お子様に使うにもおすすめのグッズになっています。電源が必要になりますので使う際には充電器などを持っておく必要があります。切り忘れても12時間後には勝手に消えますので安心してください。

洗える電気毛布 フランネル調 アイリスオーヤマ

最後にご紹介するのは「洗える電気毛布 フランネル調 アイリスオーヤマ」です。こちらは洗える電気毛布になっていますので、いつでも清潔に利用できるようになっています。またダニ対策などもできますし、ご自宅で普段使いするにもおすすめです。

もちろん車中泊にも使うことができるようになっているのですが、電気を使う際には充電器などを持っておかなければなりません。充分に温かくとても便利になっていますので、ぜひみなさんも購入されてみてはいかがでしょうか。

100均で買える車中泊におすすめの便利グッズ

では最後に100均でも買える車中泊であると便利なグッズについてご紹介していきます。初めて車中泊などをされる場合や、急に車中泊が必要になってしまった場合など、完璧に車中泊グッズが手元にあるわけありません。

そんなとき100均で少しでも車中泊グッズをそろえることができれば便利ではないですか?ここでは車中泊であると便利なグッズをご紹介していきますので、ぜひ参考にされてみてください。なおもちろん普段から使える便利グッズなどもありますので、ぜひ100均に行った際にはストックしておいてみてはいかがでしょうか。

保温シート

まずご紹介するのは「保温シート」です。こちらは100均でも購入できるようになっていまして、大きめのサイズですと、150円から300円程度で購入できるようになっています。こちらは実はホームセンターなどで購入する保温シートと変わらない性能を持っていますので、100均などで見かけた際には買っておくといざという時に便利です。

窓ガラスに張り付けておくのもいいですし、凍結の心配がある場合には、外側から張るのもおすすめになっています。窓ガラスはご紹介しましたように、冷気を通しやすいですので気を付けましょう。またシートの上に敷くことで下からの冷気を防げます。

レジャーシート

続いてご紹介するのは「レジャーシート」です。現在100均でもさまざまな大きさのレジャーシートが販売されています。レジャーシートは防水効果などもありますし、少しの熱であれば耐えることができるものも多いです。そのためランチシートとして使用することもできますし、お子様がシートを汚すのを防止するために使うこともできます。

そのため座席などの上に敷いておくだけでもいいですし、外から見えないように窓ガラスに張り付けることもできます。使い道がさまざまですのであると便利なグッズの一つです。ぜひ見かけたら買っておいてみてください。

プラスチックのコップ

続いてご紹介するのは「プラスチックのコップ」です。こちらは割れる心配などもないですので、お子様用としてもおすすめになっていますし、車中泊などの際にはあると便利なグッズになっています。紙コップなどではゴミが増えてしまいますし、割れないプラスチックのコップを持っておくようにしましょう。

ウェットティッシュ

続いてご紹介するのは「ウェットティッシュ」です。100均でも簡単に手に入れることができるようになっていまして、ウェットティッシュはどこで活用できる便利アイテムになっています。

汚れを拭くことにも使えますし、除菌シートなどもありますので、除菌目的で使用することもできます。清潔に楽しむためにもウェットティッシュは常備しておきましょう。そのためこちらは車中泊以外でも使い勝手のいい便利アイテムになっています。

結露取り

最後にご紹介するのは「結露取り」です。冬などは外と車内の温度の違いから結露が発生することも多いです。窓ガラスに保温シートなどを張る際に、まず結露取りで窓をきれいにしてから張ることも大切です。なお暖房のない場合でも結露は発生しますのでご注意ください。

そのため結露取りを持っておくと便利になっています。現在結露取りは100均でも購入できますし、大きさも小さめのものがありますので、車内泊などの際にも便利になっています。ぜひ活用されてみてください。

Thumb渋谷の100均おすすめ7選!大型店や駅近の便利な店・人気グッズも紹介!
渋谷はかつて100均不毛の地と呼ばれるくらい100均がない街でしたが、現在は100均も増えて...
Thumb大阪駅周辺の100均まとめ!ダイソーなどの大型店やおしゃれなお店も人気!
大阪駅周辺で、100均ショップを探してみませんか?ダイソーやセリア、他にもキャンドゥなど、1...

車中泊に使えるおすすめ暖房器具やグッズをそろえて出かけよう!

いかがでしたでしょうか。車中泊が好きという方もいらっしゃいますが、急に車中泊をせざる負えない場面に遭遇される方もいます。車中泊では暖房器具なども使えないことが多いですので、事前に防寒対策などをしておかないと大変です。ぜひ車中泊をされる際には、しっかりと暖房設備に変わる防寒対策をとっておくようにしましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ