スケートでの服装のおすすめは?子供やデート時のコーデや持ち物まとめ!

スケートをする際におすすめしたい服装の情報について、詳しくご紹介していきますデートやファミリーでスケートをする際に注意しておきたい服装のポイントや、子供や初心者向けのスケートの服装、さらにスケートにおすすめの持ち物情報も詳しくまとめています。

スケートでの服装のおすすめは?子供やデート時のコーデや持ち物まとめ!のイメージ

目次

  1. 1適切な服装でスケートを楽しもう!
  2. 2ウィンタースポーツの一つ・スケートのおすすめの服装とは?
  3. 3スケートのおすすめの服装〜子供編
  4. 4スケートのおすすめの服装〜女性編
  5. 5スケートのおすすめの服装〜初心者編
  6. 6スケートのおすすめコーデは?
  7. 7スケートの服装だけでなく、着替えも忘れずに!
  8. 8スケートへ行く時の持ち物
  9. 9デートでスケートへ行くときの注意点
  10. 10スケートリンクの種類
  11. 11スケートへ行くときの服装をチェックしておこう!

適切な服装でスケートを楽しもう!

ウインタースポーツといえば、スキーやスノーボードを始めとして、最近は新しいスポーツ・アクティビティもどんどん登場してきていて、冬のシーズンでも外でアクティビに遊ぶ人が増えています。そんな中でも定番・人気のスポーツの一つが、スケートです。そんなスケートを楽しむ上で知っておきたいおすすめの服装情報を詳しくご紹介します。

ウィンタースポーツの一つ・スケートのおすすめの服装とは?

人気ウインタースポーツのスケートでおすすめの服装には、一体どういった特徴・ポイントがあるのでしょうか。特にスケートの初心者さんだと服装がイマイチわかっていないという人が多いと思いますので、まずスケートの服装の特徴をチェックしてみてください。

アイススケートに限ったことではないですが、それぞれのスポーツにはそのスポーツの特性に合った服装・ファッションをするということが重要なポイントです。間違った服装をしていってしまうと、スポーツのパフォーマンスにも大きな影響が出てしまいます。

スケートの場合はおしゃれさにこだわったファッションもしやすい反面、身体を保護する意味もあるので服装選びは悩ましいところです。

実際、スケートの服装に毎回悩んでしまうという人もたくさんいらっしゃるようなのです。スケートに行く計画を立てる前に、早めに服装をイメージして、コーディネイトしてみてください。

スケートは服装選びが大事なスポーツ

野球やサッカー、マラソンなどスポーツは数えないほどありますが、中でもアイススケートは特に服装が重要なスポーツだと言われています。多くのスポーツだとスポーツによってある程度スタンダードなユニフォームが決まっていますが、アイススケートはあまり明確に服装が決まりきっていないということも特徴となっています。

テレビなどで中継されるような世界的なアイススケートのショーだと、派手で個性的なドレスのような服装をしているプロスケーターの方が多いですが、カジュアルなスケートの場合はそういった場とはまた違った服装・コーディネイトが一般的です。

多彩な服装が選べる

スケートは明確にウェアなどが決まっていないということもあって、バリエーション豊かな服装を自由に選んでコーディネイトすることができるということも大きな特徴です。多彩な服装の中から、自分が気に入ったスケートの服装をチョイスしてみてください。

同じウインタースポーツのスキーやスノーボードだと、専用のスキーウェアが販売されていて、スポーツショップなどでウェアを選んで服装をコーディネイトするのが一般的です。それに対して、スケートの場合は普段から冬のシーズンにきているような普段着のままでできてしまうスポーツです。

カジュアルなコートやパンツを組み合わせて服装を作り上げることができるので、選択肢が多くてファッション好きの方にとってはとても楽しいはずです。一方で、ファッションセンスにあまり自信がないという人は、しっかりと服装を研究するのが重要です。

怪我を防ぐ意味でも重要

アイススケートの服装で注意しておきたい大きなポイントの一つが、怪我を防ぐための服装を心がけるということです。スケートはとても楽しいウインタースポーツではありますが、怪我をしてしまうリスクも多いのでまずは服装でカバーしてみてください。

スケートリンクは固い氷で覆われていますし、周辺で滑っている人にも気をつけながらスケートをすることが求められてます。スケートリンクによっては、たくさんの人がいて混雑しているということもあるので、人とぶつかってしまうというリスクもあります。

スケートに慣れているという人であっても、ちょっと転んでしまっただけで軽い怪我をしてしまう事例も多いようです。そんな時でも、しっかりと怪我をカバーするような服装を心がけてコーディネイトしておけば、怪我を最小限で抑えることができます。

暖かい格好をしよう

アイススケートが一般的なスポーツと違っているポイントとしては、氷が張っている寒い環境で行うスポーツであるということです。スケートをする場合には、見た目に気を使うということだけではなくて、防寒対策もしっかりと準備をしてみてください。

アイススケートは氷が溶けないように一定の温度に保たなければいけないということもあって、室内のスケートリンクであっても涼しい気温に設定されていることがほとんどです。軽装をしていくと、寒くて凍えてしまうなんてことになりかねないので服装には注意してみてください。厚めの上着を持っていくというのもおすすめです。

転んでしまったりして氷面と接触すると、急に寒くなってしまうということもあるので、暖かい格好は大切なポイントです。外のスケートリンクの場合は気温がとても寒いこともあるので、ダウン素材のジャケットなどを着込んでいくことをおすすめします。

動きやすさも大事

スケートの服装の特徴としては、動きやすさという面にも気を使っておくことがポイントです。アイススケートは体全体を使って滑るウインタースポーツです。動きずらい服装をチョイスしてしまうと、思うように滑れないことも多いので注意してみてください。

本格的にアイススケートをしている人であれば、動きやすい服装をしている人がほとんどだと思いますが、初心者の方だと動きやすさを軽視してしまう人が意外と多いようです。動きやいう服装は、思わぬ転倒を防止するという意味でもとても大事なポイントです。

インナーに体の動きをサポートするような服を着るのもおすすめですし、アウターはあまり重すぎない素材の服装にしておくということもポイントです。また、余計な紐や飾りがついている服を選ぶと、どこかに引っかかったりすることもあって危ないので、ファッション好きのひとも注意してみてください。

スケートのおすすめの服装〜子供編

実際に楽しくスケートをするためにしておきたい、おすすめの服装についてご紹介していきます。スケートの服装をしてまず解説していきたいのが子供さん向けのおすすめファッションです。小さな子供さんがいらっしゃるというご家庭や、子供さんにスケートデビューをさせてあげたいという人は、子供向けの服装を参考にしてみてください。

長袖と長ズボンは必須

子供さんむけのスケートの服装情報として、まずご紹介しておきたいポイントが長袖と長ズボンは必須であるということです。特に小さな子供さんの場合は、怪我を防ぐという意味できちんと体をガードできるような服装が重要となってきます。

まだ初心者の子供さんだと、思い切り転んでしまったり、思わぬ場所を擦りむいたりしてしまうことも多いです。全身をガードするような長袖と長ズボンにしておかないと、いろんな場所を擦りむいてしまいます。

靴下と手袋も忘れずに

子供さんのスケートの服装としては、靴下と手袋も忘れずに持っていくということもポイントです。特に手袋は持っていかないと、手が冷たくなってスケートどころではなくなってしまいます。

小さな子供さんがアイススケートをする上で多いのが、手を擦りむいてしまうということです。手袋がないと傷だらけになってしまいます。また、靴下も暖かいものをチョイスして防寒対策をしっかりしてみてください。

ニット帽かヘルメットを持っていこう

もう一つ子供さん向けのスケートの服装として注意しておきたいポイントが、頭を保護するような服装にするということです。スケート用にニット帽かヘルメットを持っていくというのがおすすめです。

スケートは誰でも簡単にできて楽しいウインタースポーツではありますが、転び方によっては頭を強打してしまうなんていうこともあり得ます。子供さんの場合は上手くスケートがコントロールできなくて大きく転んでしまう子も多いようなので、ニット帽かヘルメットを被って保護しておくことが重要です。

ヘルメットや帽子を忘れてしまったという人や、ヘルメットを持っていないという人であれば、スケートリンクによってはヘルメットなどの貸し出しをしているところも多いので、是非レンタルをしてみてください。

スケートのおすすめの服装〜女性編

スケートにいく前に準備しておきたいおすすめの服装として、次にご紹介していきたいのが女性の方向けのスケートの服装についてです。女性の場合はファッション性も含めて、男性よりもより一層服装にこだわるという人も多いはずです。女性の服装で気をつけたいポイントについていくつか解説していきます。

基本は、長袖と長ズボン

女性が気をつけておきたいスケートの服装のポイントとして、まずご紹介しておきたいのが、基本的には長袖と長ズボンの服装にしておくということです。

特に女性の場合は肌が繊細だという人も多いと思いますし、綺麗な肌に傷をつけたくないという人がほとんどのはずです。長袖と長ズボンでしっかりと綺麗な肌を守ってみてください。

靴下と手袋も必須

女性のスケートの服装でも、靴下と手袋をしっかりと準備しておくということは重要なポイントです。しっかりと小物も準備してからスケートにいってみてください。

手袋をしておけば、転んで手をついてしまったという時でも手を保護することができます。手袋がないと綺麗な手もすぐに傷だらけになってしまうので注意してみてください。靴下は、冷え性だという女性には必須です。

スケートのおすすめの服装〜初心者編

スケートの服装の情報として、次にご紹介していきたいのが、初心者の方向けの服装についてです。アイススケート初心者のかたは、上手く滑ることができなくて転んでしまったり、人や壁にぶつかってしまうことが多いので、特に服装に注意してみてください。初心者ならではの怪我にも注意が必要です。

基本的に子供と女性と同じ服装

スケートの初心者の方の服装についてですが、初心者だからといってすごく特別な服装が必要というわけではなくて、基本的には初心者さんも子供と女性と同じ服装をしておくのがおすすめです。

アイススケートの初心者さんも、しっかりと長袖と長ズボンを着込んだ上で、手袋などの体を保護するような服装を心がけてみてください。

スケートのおすすめコーデは?

女性や初心者の方に向けたスケートの服装のポイントについてご紹介してきましたが、次におすすめのファッション・コーデについて解説していきます。一つ一つのアイテムはよくても、組み合わせ次第では見栄えが悪かったりスケート向きではない服装もあるので、コーデ情報もチェックしてみてください。

女性向けコーデ

スケートのおすすめコーデ情報としてまずご紹介しておきたいのが、デートにも使える女性向けのコーデです。おしゃれを意識しながらも女性はシンプルで動きやすいコーデがおすすめです。

女性の場合はトップスはシンプルなニットのセーターやワンピースを着て、下はスカートはNGなので、伸縮性のあるレギンスなどがおすすめです。また、髪が長い方はポニーテールなどで結んでおくと動きやすいです。勝負デートなら、マフラーなどの小物で差し色を入れてもおしゃれになります。

子供向けコーデ

アイススケートの子供さん向けのコーデをご紹介していきます。お子さんのコーデとしては、健康や安全面を重視して暖かいコーデがおすすめです。

あまりスケートに慣れていない子供さんや初心者さんであれば、転んでしまうことも多いので、服の上にプロテクターなどを装着したコーディネイトもおすすめです。ヘルメットと手足にしっかりとプロテクターをしておけば、打撲なども防ぐことができます。

子供さんの場合は、スキーやスノーボード用のウェアを着てしまうのもおすすめです。スキーウェアはとても暖かくてしっかりとした生地の作りになっているので、壁などに当たってしまった時でも安心です。フワフワの手袋やニット帽もつけておくと、見た目にもとても可愛いです。

スケートの服装だけでなく、着替えも忘れずに!

具体的なスケートの服装についてご紹介してきましたが、忘れてはいけない重要なポイントとしてもう一つ解説していきたいのが、着替えについてです。スケートを滑る時の服装はしっかりと準備をしているという人でも、着替えは準備をしていなかったという人が多いようなので、スケートに行くならきちんと着替えも持っていってみてください。

着替えを持っていこうとすると、ちょっとした荷物になってしまうので面倒だから持っていかない人もいるようです。ただ、着替えがないと汗をかいてから一気に冷えて風邪を引いてしまったり、体調を崩してしまうこともあるので注意が必要です。

アイススケートは周囲の気温自体は寒いですが、あくまでもスポーツなので滑っていると暖かくなって汗をかいてきます。滑っている最中は良いですが、滑り終わった後の帰り道で体が一気に冷えてしまいますし、汗をかいた後は着心地も悪くて不快になりがちです。

スケートへ行く時の持ち物

スケートの持ち物情報についてご紹介していきます。スケートは滑っている時にはそこまでたくさんの道具を使うスポーツではないですが、快適さを求めるなら持ち物を充実させておくのがおすすめです。持ち物をちょっと追加するだけでスケートが楽しくなります。

服装ばかりに気を使ってしまっていて、スケートの持ち物を深く考えたことがないという人も多いのではないでしょうか。スケートは持ち物を少し気にするだけでも、圧倒的に快適さが違ってきます。100円ショップで売っているようなグッズであっても、是非スケートリンクに持って行って活用してみてはいかがでしょうか。

ドリンク

スケートに持っていきたいおすすめの持ち物情報として、まずご紹介しておきたいのが、喉が渇いた特にピッタリのドリンクです。

長い間滑っていたり、ちょっと激しく滑っていると汗をかいて体の水分が発散されてしまいがちです。スポーツドリンクやお茶など、飲みやすいドリンクを持ち物として持って行くのがおすすめです。

タオル

スケートをする際に持っていきたい持ち物としては、汗をかいたりした時にすぐに使えるような、ちょっとしたタオルを持っているというのもおすすめです。

意外と忘れがちなタオルですが、持っていると汗を拭く以外にも使い道があってとても便利です。小さめのハンドタオルであれば、そこまで荷物にもならないので持ち物としてバッグに入れておいてみてください。

ホッカイロ

スケートをもっと快適に楽しみたいという人におすすめしたい持ち物としては、寒いスケートリンクでも暖かさを感じられる、ホッカイロもおすすめです。

体が冷えてしまいがちのアイススケートでは、ホッカイロを貼って行くと体を温めることができて快適です。実際に腰や膝、背中などにホッカイロを貼ってスケートに行く人も多いようです。

絆創膏

特に初心者の方におすすめしたいスケートに持っていく持ち物としては、「絆創膏」もあります。初心者だと転んで軽く擦りむいたりすることも多いので、絆創膏を持ち物として持っておくと応急処置ができます。

絆創膏はそこまで荷物になるような持ち物というわけでもないので、ポケットやピーチなどに入れて置いてみてください。思わぬ怪我の際にも、きっと絆創膏が活躍するはずです。

デートでスケートへ行くときの注意点

アイススケートはファミリーやお一人でも楽しめるウインタースポーツですが、デートでスケートをしに行くという人も多いのではないでしょうか。そんなデートでスケートをしたいという人が気をつけておきたいポイントを解説しますので、デートでスケートを計画している人や、デートでカッコいい姿を見せたい人はチェックしてみてください。

デートでスケートに行く場合に気をつけないといけないので、服装のおしゃれさと機能性のバランスです。デートだから張り切って見た目が華やかなコートやドレスを着て行く人も多いと思いますが、思わぬ怪我でデートが台無しになることもあるので要注意です。

カップルでスケートデートをする場合も、動きやすくて体を保護する服装をして、デートにいってみてください。最近はデートにピッタリのファッション性を機能性を備えているジャケットやコートも多数販売されています。

スケートリンクの種類

スケートの服装情報に付随して、次にご紹介していきたいのが、スケートリンクについてのおすすめ情報です。アイススケートのリンクは、実はいくつかのタイプのリンクがあって、それぞれで気温などの環境は異なっています。スケートリンクのタイプによっても、服装を検討してみてください。

屋外スケートリンク

スケートリンクの情報としてまずご紹介していきたいのが、新鮮な空気を感じながらのびのびとスケートを楽しむことができる「屋外スケートリンク」です。

屋外スケートリンクは天候に左右されるということが大きなポイントです。雪が降っているような人、太陽が出て快晴の日だと服装も全然違ってくるので注意してみてください。

屋内スケートリンク

天候に左右されてしまう屋外スケートリンクとは違っていて、天候に関係なく楽しくアイススケートをすることができるのが「屋内スケートリンク」です。

屋内スケートリンクの場合は、ある程度室温が一定に保たれているので、服装も天気に合わせる必要はなくて、いつも決まった服装を用意しておけば良いので便利です。

オールシーズンスケートリンク

アイススケートというと、ウインタースポーツなので冬のシーズンでないと出来ないと思っている人も多いようですが、実は「オールシーズンスケートリンク」ならいつでもスケートができます。

オールシーズンスケートリンクは昔は少なかったようですが、最近は全国的にも増えてきているようで、人気が高まっています。オールシーズンスケートリンクなら、夏でも涼しい環境でスケートができて快適です。

スケートへ行くときの服装をチェックしておこう!

スケートを楽しむ時に気をつけておきたい、おすすめの服装の情報はいかがでしたでしょうか。スケートは小さなお子さんでも楽しめるカジュアルなウインタースポーツですが、服装に注意しておかないと怪我をしてしまったりすることもあります。

きちんと服装を整えた上で、デートでも子連れのレジャーとしても、スケートをしに行ってみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ