スマートボールの遊び方とは?昭和のレトロゲームができるスポットも紹介!

スマートボールは昭和の頃に流行ったレトロゲームですが、大阪の新世界や関東周辺の温泉街などに今でもスマートボールで遊べるお店がいくつか存在しています。スマートボールの遊び方やスマートボールで遊べるおすすめスポットなどをご紹介します。

スマートボールの遊び方とは?昭和のレトロゲームができるスポットも紹介!のイメージ

目次

  1. 1昭和のレトロゲーム「スマートボール」をご紹介!
  2. 2スマートボールとは
  3. 3スマートボールは年齢制限があるので注意
  4. 4スマートボールの遊び方
  5. 5スマートボールが遊べるおすすめスポットをご紹介
  6. 6スマートボールが遊べる関西の人気スポット
  7. 7スマートボールが遊べる関東の人気スポット
  8. 8温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポット
  9. 9スマートボールで遊ぼう

昭和のレトロゲーム「スマートボール」をご紹介!

みなさんはスマートボールをご存じでしょうか?スマートボールは、昭和の頃に人気だったレトロゲームです。スマートボールの設置店舗や設置台数は年々減っていて、最近はなかなか見かけることのないレアな存在となっていますが、大阪の新世界や関東周辺の温泉街などには現在でもスマートボールで遊べるスポットがいくつか残っています。

この記事では、昭和のレトロゲーム・スマートボールについて詳しくご紹介します。スマートボールの遊び方やスマートボールで遊べるおすすめスポットなどもご紹介しますので、スマートボールで遊んでみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

スマートボールとは

スマートボールの遊び方やスマートボールで遊べるおすすめスポットなどをご紹介する前に、まずはスマートボールがどんなゲームなのかということをご紹介しておきましょう。

スマートボールはピンボールの一種で、レバーを操作して盤上でボールを発射して、点数の書かれた当たり穴に入れるゲームとなっています。当たり穴にボールが入ると、書かれている点数に応じて5個や15個のボールを獲得することができます。

パチンコと似ていますが、パチンコよりもボールが大きく、ボールのサイズは直径3センチほどです。また、パチンコ台が垂直に設置されているのに対して、スマートボールは斜めに傾斜させた状態で台が設置されているのが特徴です。

1777年にフランスのバガテル城で開かれた、国王ルイ16世も出席したというパーティーで、ピンを立てたビリヤード台を使ったバガテルというゲームが披露されました。スマートボールは、このバガテルが起源ともいわれています。

19世紀にバガテルが欧米に広まり、アメリカで改良されてピンボールに発展した後、昭和初期に日本にも輸入されました。そして、アメリカから入ってきたピンボールゲームがさらに進化して、スマートボールが誕生したのです。

スマートボールの設置店舗は減っていますが、大阪の新世界や関東周辺の観光地・温泉街などでは、現在でもスマートボールで遊ぶことができます。全日本遊技事業協同組合連合会のホームページによると、2019年12月31日時点でスマートボールの設置台数は全国に合計179台(ゲームセンターは含めない)のみとなっています。

とてもレアな存在のゲームというわけです。将来的には絶滅してしまう可能性も考えられます。大阪の新世界や温泉街などに出かけるときには、ぜひスマートボールの設置店舗にも立ち寄ってみてください。昭和レトロなものが好きな方にもおすすめです。

スマートボールは年齢制限があるので注意

ここで注意しておきたいのが、スマートボールは店舗によっては年齢制限があるということです。スマートボール設置店には、風営法により4号営業に分類されている店舗と4号営業以外の店舗が存在していて、4号営業の店舗はパチンコ店と同じ扱いになります。

4号営業の店舗では、パチンコ店と同様に獲得したボールを景品と交換することができますが、保護者同伴の場合でも18歳未満の入場は不可となっています。一方で、4号営業以外の店舗であれば、ゲームセンターと同じ扱いになるため、18歳未満でも入場は可能です。ただし、ボールを獲得しても景品との交換はできませんので注意しましょう。

4号営業のスマートボール設置店は、入り口のところに「18歳未満入場禁止」などの注意書きが掲示されている場合があります。もし4号営業なのか4号営業以外なのかわからない場合には、遊び始める前に店員さんに確認することをおすすめします。

スマートボールの遊び方

続いては、スマートボールの遊び方についてご紹介しましょう。スマートボールにチャレンジしてみたいけれど、遊び方がわからないという方も多いはずです。

とはいえ、スマートボールの遊び方はとても簡単ですので、遊び方がわからないという方でもすぐにコツを掴むことができるでしょう。

料金1回100円のレトロゲーム

スマートボールの料金はお店によって異なりますが、中には大阪・新世界の「ニュースター」や和歌山の「ニューホープ」のように1回100円で遊べるお店もあります。

観光地や温泉街にあるスマートボール店は、料金が少し高めに設定されている場合が多く、1回500円ほどのお店もあります。

遊び方①お金を投入する

スマートボールの遊び方としては、まず最初に好きな台を選びます。台の横に100円硬貨の投入口がありますので、料金分の枚数の100円硬貨を投入します。隣の台の投入口と並んでいますので、間違えて隣の台の方に入れてしまわないように注意してください。

パチンコやゲームセンターでの遊び方と同じく、ゲームを始めるときに店員さんにいちいち声をかける必要はないです。もし100円硬貨を持っていない場合には、両替機で両替を済ませておきましょう。お金を入れると、台の上部から料金分のボールが出てきます。

遊び方②レバーでボールを打つ

その後の遊び方も至って簡単で、ボールが出てきたら発射口にセットして、台の右下にあるレバーでボールを打つだけです。盤上に5や15といった点数が書かれた穴がありますので、穴にボールが入るとその数字の数だけボールを獲得できます。

獲得したボールを使って、どんどんボールの数を増やしていきましょう。ボールが穴に入らないと、打ったボールは戻ってきません。慎重に穴を狙って、ボールを打つのがポイントです。ボールの数が増えすぎると盤面が見えなくなり、穴を狙いづらくなりますので、その場合はボールを箱に移しましょう。以上がスマートボールの遊び方です。

景品も貰える

4号営業のスマートボール設置店では、獲得したボールを景品と交換することも可能です。景品はお菓子やぬいぐるみなどがあり、ボールの数に応じて好きなものと交換できます。

5号営業の店舗はゲームセンターと同じ扱いになりますので、景品との交換はできません。すべてのボールがなくなるまでひたすら遊ぶか、メダルゲームのように獲得したボールをお店に預けることになります。

スマートボールが遊べるおすすめスポットをご紹介

ここからは、スマートボールが遊べるおすすめスポットについてご紹介していきましょう。前述しましたように、スマートボールの設置台数は年々減っています。全日本遊技事業協同組合連合会のホームページによりますと、設置台数の全国の合計が1999年には561台、2009年には267台だったのが、2019年には197台となっています。

スマートボールの設置店舗がある都道府県も限られていて、現在は関東地方の神奈川・群馬、中部地方の長野・静岡、関西地方の大阪・和歌山などにしかありません。

愛知・豊橋の「スマートボールアサクラ」は2018年8月に、東京・浅草の「三松館」は2020年1月に惜しまれつつ閉店してしまいました。スマートボールを体験してみたい場合には、関東の神奈川・群馬、関西の大阪・和歌山などの店舗へ行く必要があるのです。

スマートボールが遊べる関西の人気スポット

それでは、スマートボールが遊べる関西の人気スポットについてご紹介しましょう。スマートボールの設置店舗の中でも特に人気となっているのが、大阪を代表する繁華街・新世界にあるスマートボール専門「ニュースター」です。

また、和歌山市のぶらくり丁商店街にも「ニューホープ」という人気のスマートボール専門店があります。各店舗について順番にご紹介していきますので、関西のスマートボールが遊べる人気スポットを知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

新世界(大阪)

関西でスマートボールを体験したいときに、まず足を運びたいのが大阪の新世界です。新世界は大阪の浪速区にある下町で、大阪らしい賑やかな雰囲気を存分に味わうことができるため、観光名所としてもとても人気となっています。

新世界のシンボル「通天閣」をはじめ、新世界の南東部に位置する「ジャンジャン横丁」、大阪名物串カツ発祥の店として知られる「だるま 新世界総本店」など、新世界には人気の観光スポットが目白押しです。大阪の新世界へ出かけるなら、新世界観光のついでにスマートボールも楽しんじゃいましょう。

ニュースター

「ニュースター」は、大阪の新世界にある人気のスマートボール専門店です。お店の外観も内観もレトロな雰囲気が漂っていて、店内に入るとスマートボール台がズラリと並んでいます。常連に人気の「ドラゴン」をはじめ、全部で6種類の台が揃っています。

料金は1回100円(25玉)で、獲得したボールの数に応じてお菓子やぬいぐるみなどの景品と交換できます。18歳未満は入店不可です。営業時間は11:30~22:00、土日祝10:00~22:00で、月6回の不定休があります。動物園前駅から徒歩5分です。

住所 大阪府大阪市浪速区恵美須東3-5-19
電話番号 06-6641-1164

ニューホープ(和歌山)

次にご紹介するスマートボールが遊べる関西の人気スポットは、和歌山の「ニューホープ」です。ニューホープは、様々な店舗が立ち並ぶ東ぶらくり丁商店街の一角にあります。看板に大きな文字でスマートボールと書かれていますので、初めてでもわかりやすいです。

昭和32年創業で、店内にはスマートボール台が所狭しと並んでいます。料金は1回100円(35玉)で、ボールが50個集まるとチョコと交換してもらえます。18歳未満は入場禁止です。営業時間は11:00~22:00で、定休日は月曜日です。

住所 和歌山県和歌山市新雑賀町27
電話番号 073-431-5689

Thumb大阪新世界エリアは散策も楽しい!行っておきたいおすすめスポット紹介!
大阪のディープな観光スポットとしても人気を集めている、新世界エリアの観光でおすすめの情報につ...

スマートボールが遊べる関東の人気スポット

続いては、スマートボールが遊べる関東の人気スポットについてご紹介しましょう。約72年間にわたって営業を続けていた浅草の「三松館」が2020年1月に閉店してしまったため、東京にはスマートボール専門店が存在しません。関東で営業を続けているスマートボール設置店があるのは神奈川と群馬だけで、関東のそれ以外の県にはないのです。

関東でスマートボールを体験したいのであれば、神奈川や群馬の店舗へ足を運びましょう。群馬の店舗はまた後程ご紹介しますので、ここでは関東のスマートボールが遊べる人気スポットの中から神奈川の「朝日軒」と「富士スポーツランド」をご紹介します。

朝日軒(神奈川)

最初にご紹介するスマートボールが遊べる関東の人気スポットは、「朝日軒」です。朝日軒は、神奈川の江の島の近くにあるスマートボール設置店です。片瀬江ノ島駅から徒歩3分、江ノ電江ノ島駅から徒歩5分、湘南江の島駅から徒歩6分ほどでたどり着けます。

店内は昔ながらの雰囲気で、スマートボールだけでなく、射的も楽しめます。スマートボール台は全部で7台あり、料金は1回200円(30玉)です。景品との交換はできません。営業時間と定休日は不定となっています。

住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-13-18
電話番号 0466-26-6018

富士スポーツランド(神奈川)

次ににご紹介するスマートボールが遊べる関東の人気スポットは、「富士スポーツランド」です。富士スポーツランドは、神奈川の相模湖公園にあるスマートボール設置店となっています。レトロなゲームセンターで、昭和20年代から続いているそうです。

30台のスマートボールをはじめ、ピンボール、射的、インベーダーゲームなど、昭和レトロなゲームをいろいろと楽しめます。スマートボールの料金は1回200円となっています。営業時間は11:00~17:00で、定休日は不定休です。相模湖駅から徒歩10分ほどです。

住所 神奈川県相模原市緑区与瀬385-1
電話番号 042-684-2260

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポット

スマートボール設置店舗の数は年々減っていますが、関東周辺の温泉街を中心に、スマートボールで遊べるお店が現存している温泉街は今でも多いです。

温泉旅行へ出かけるときには、浴衣姿で温泉街に繰り出し、スマートボールに挑戦しましょう。最後に、温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットをご紹介します。

娯楽センター七福(神奈川・箱根温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの1軒目は、「娯楽センター七福」です。娯楽センター七福は、箱根の温泉街大平台にあるレトロな遊技場です。

スマートボール台が10数台ほど設置されていて、1回300円で楽しめます。他に、パチンコや射的などもあります。箱根登山鉄道大平台駅から徒歩7分ほどです。

住所 神奈川県足柄下郡箱根町大平台331
電話番号 0460-82-2513

昭和駄菓子とあそびの広場 ともえや(群馬・草津温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの2軒目は、「昭和駄菓子とあそびの広場 ともえや」です。昭和駄菓子とあそびの広場 ともえやは、草津温泉の湯畑前にある遊技場です。

関東の群馬を代表する温泉地・草津温泉でもスマートボールが楽しめます。料金はビンゴ式スマートボールが1回500円(15玉)、ジャンボスマートボールが1回1000円(20玉)です。回転射的や名物のそばソフトクリームなどもあります。

住所 群馬県吾妻郡草津町草津108
電話番号 0279-82-1194

柳屋遊技場(群馬・四万温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの3軒目は、「柳屋遊技場」です。柳屋遊技場は、四万温泉の落合通り沿いにある遊技場です。

50年の歴史があり、レトロな曲が流れる店内に、所狭しとスマートボール台が並んでいます。営業時間は10:00~18:00で、定休日は木曜日(祝日の場合は営業)です。

住所 群馬県吾妻郡中之条町四万4145
電話番号 0279-64-2520

かめや遊技場(群馬・水上温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの4軒目は、「かめや遊技場」です。かめや遊技場は、水上温泉にある遊技場です。スマートボールと射的で遊べます。

土日祝日だけオープンし、たくさんのお客さんで賑わいます。スマートボールの料金は1回200円(50玉)です。ボールを100個集めると、景品がもらえます。

住所 群馬県利根郡みなかみ町湯原721
電話番号 0278-72-2155

湯田中ゲームセンター(長野・湯田中温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの5軒目は、「湯田中ゲームセンター」です。湯田中ゲームセンターは、長野県の北部に位置する湯田中温泉にある遊技場です。

スマートボールの他に射的もあり、レトロなゲームを子供と一緒に楽しめます。営業時間は15:00~17:30、19:30~21:00で、定休日は不定休です。

住所 長野県下高井郡山ノ内町平穏
電話番号 0269-33-3666

ゆしま遊技場(静岡・熱海温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの6軒目は、「ゆしま遊技場」です。ゆしま遊技場は、熱海銀座商店街にある熱海温泉唯一の遊技場です。

射的とスマートボールで遊ぶことができ、スマートボールの料金は1回500円(15玉)となっています。獲得したボールの数に応じて、景品と交換してもらえます。営業時間は13:00~22:00で、定休日は木曜日です。熱海駅から徒歩15分のところにあります。

住所 静岡県熱海市銀座町5-9
電話番号 0557-81-2807

レジャーセンター柳川(静岡・修善寺温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの7軒目は、「レジャーセンター柳川」です。レジャーセンター柳川は、修善寺温泉街にある遊技場です。

スマートボールをはじめ、射的、パチンコといった昔ながらのゲームを体験することができます。営業時間は9:00~21:00で、定休日は不定休となっています。アクセスは修善寺駅から中伊豆東海バスに乗車し、バス停「修善寺温泉」から徒歩6分ほどです。

住所 静岡県伊豆市修善寺3459-1
電話番号 0558-72-0046

初音遊技場(静岡・修善寺温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの8軒目は、「初音遊技場」です。修善寺温泉街には複数の遊技場があり、こちらの初音遊技場でもスマートボールを楽しめます。

スマートボールの料金は1回500円で、スマートボール以外に射的も500円(10発)となっています。営業時間は9:00~21:00で、定休日は不定休です。

住所 静岡県伊豆市修善寺3458
電話番号 0558-72-0070

きよみホール(静岡・熱川温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの9軒目は、「きよみホール」です。きよみホールは、昭和レトロな雰囲気の熱川温泉街にある遊技場です。

店内の中央にスマートボールの台が並んでいて、スマートボールや射的、パチンコといった温泉街らしい遊びを満喫できます。スマートボールの料金は1回500円です。

住所 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1520-1
電話番号 0557-95-2470

センター遊技場(兵庫・城崎温泉)

温泉街のスマートボールが遊べるおすすめスポットの10軒目は、「センター遊技場」です。センター遊技場は、外湯めぐりで有名な城崎温泉にある遊技場です。

スマートボールや射的、パチンコなどのゲームを外湯めぐりの合間に楽しめます。スマートボールの料金は1回200円です。営業時間は19:00~22:00で、定休日は不定休です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島394
電話番号 0796-32-2474

スマートボールで遊ぼう

昭和のレトロゲーム・スマートボールの遊び方やスマートボールで遊べるおすすめスポットなどをご紹介しました。

スマートボールで遊べるお店は限られていて、大阪の新世界や関東周辺の温泉街など全国に10数箇所しかありません。スマートボールを見かけたら、ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
Hayakawa

新着一覧

最近公開されたまとめ