業務スーパーの煮豚は超人気商品!カロリー・アレンジ術・冷凍保存方法は?

コスパの良いことで知られている人気の業務スーパーより、今回は超人気商品の煮豚についてご紹介したいと思います。業務スーパーの煮豚のカロリーやアレンジ術、冷凍保存方法などについてご紹介します。手軽に使うことのできる業務スーパーの煮豚の魅力に迫ります。

業務スーパーの煮豚は超人気商品!カロリー・アレンジ術・冷凍保存方法は?のイメージ

目次

  1. 1業務スーパーの煮豚は超人気商品!使い勝手が良い魅力をご紹介!
  2. 2業務スーパーの煮豚が人気なのはこの価格ゆえ!
  3. 3業務スーパーの煮豚は安心の国内生産
  4. 4業務スーパーの煮豚の栄養成分とカロリーについて
  5. 5業務スーパーの煮豚の使い方
  6. 6業務スーパーの煮豚アレンジ利用方法
  7. 7業務スーパーの煮豚の賞味期限
  8. 8業務スーパーの煮豚の反響は?
  9. 9業務スーパーのこんな商品もおすすめ
  10. 10業務スーパーの煮豚を使って料理の幅を広げよう!

業務スーパーの煮豚は超人気商品!使い勝手が良い魅力をご紹介!

コスパ抜群の商品が豊富にある人気の業務スーパーより、今回は超人気商品の「煮豚」に焦点をあててご紹介していきたいと思います。

業務スーパーで大人気の「煮豚」のカロリーやアレンジ術、冷凍保存方法などについてご紹介します。使い勝手が良いと人気の「煮豚」の魅力に迫りたいと思います。

業務スーパーの煮豚が人気なのはこの価格ゆえ!

業務スーパーの煮豚がこれほどまでに人気なのはなぜでしょうか。その人気の理由の一つといえるのが、業務スーパーの煮豚の価格です。あまりの安さに、業務スーパーを訪れる人たちは驚くようです。実際に使ってみて、そのコスパの良さにリピーターになる人たちも多い人気商品となっています。

なんと600gで税抜き460円!

業務スーパーで購入することのできる煮豚の価格はいくらなのでしょうか。人気の煮豚の価格についてこれからご紹介していきたいと思います。

業務スーパーの煮豚は1袋600g入っていて税抜き460円で購入することができます。たっぷりの量の煮豚がワンコインで購入することができるというわけです。

大家族の食卓に、一人暮らしの方などは何回かに分けていただくことができます。コスパ抜群の人気商品となる理由が良く分かるのではないでしょうか。

業務スーパーの煮豚は安心の国内生産

業務スーパーの煮豚が人気の理由として価格の安さがあることがわかりました。でも、人気の理由はそれだけでしょうか。いいえ、価格が安くても商品の安全性がなければ購入する人たちにとって、また利用したいと思うことはないでしょう。業務スーパーの煮豚は安心して購入することができるという点も人気の理由となっていえます。

業務スーパーの煮豚は国内自社関連工場製造の商品となっています。国内製造で安心、安全の商品であるということは、業務スーパーの煮豚が人気の理由となっているのではないでしょうか。

煮豚の原材料は「豚タンルート」

では、国内生産で安心していただくことができる業務スーパーの人気の煮豚の原材料は何でしょうか。どのようなお肉が煮豚には使用されているのでしょうか。業務スーパーの煮豚の原材料についてご紹介したいと思います。

業務スーパーの煮豚の原材料は、豚タンルート、砂糖、醤油(小麦・大豆を含む)、発酵調味料、食塩、醸造酢、香辛料、調味料(アミノ酸)、カラメル色素、甘味料(ソルビトール、アセスルファムK)、増粘剤(キサンタン)、酸味料、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)となっています。

原材料名は以上ですが、原材料の中にあり、業務スーパーの煮豚のメインともなっている原材料「豚タンルート」とはどのようなお肉なのでしょうか。

「豚タンルート」とは、豚のタンの根元裏側部分のことです。焼肉屋さんなどでは、希少部位として提供されることもあるお肉です。煮豚というと豚のバラ肉を買って作るという方も多いと思いますが、この業務スーパーの「豚タンルート」を使った煮豚も柔らかくて美味しいと人気です。

業務スーパーの煮豚の栄養成分とカロリーについて

業務スーパーの煮豚の栄養成分とカロリーについてもご紹介したいと思います。まず最初に、業務スーパーの煮豚の栄養成分についてご紹介します。

業務スーパーの煮豚の栄養成分は、100gあたりの推定値となっています。100gあたりエネルギー219kcal、たんぱく質15.0g、脂質14.7g、炭水化物4.4g、食塩相当量1.6gとなっています。

以上が業務スーパーの煮豚の100gあたりの栄養成分(推定値)となっていますが、これから特にカロリーについて焦点をあててご紹介したいと思います。

業務スーパーの煮豚の栄養成分のカロリーを見ると、100gあたりのカロリーは219kcalとなっています。スーパーで販売されている煮豚のカロリーなどは、調味料など使われる材料などによっても違いがみられますが、100gあたり250kcalからカロリーの高いものになると300kcalを超える商品もあります。

業務スーパーの「豚タンルート」を使った煮豚のカロリーが、他のスーパーなどで販売されている煮豚のカロリと比べて低いのは、使っているお肉の種類も関係しているといえます。

煮豚の材料として多く使われている部位豚バラ肉と豚のタンのカロリーを調べてみると、豚バラ肉のカロリーは100gあたり395kcalですが、豚のタンのカロリーは100gあたり221kcalとありました。

原材料に使われているお肉の部位の違いによっても、業務スーパーの煮豚のカロリーは抑えられています。ヘルシーにいただける業務スーパーの美味しい煮豚は、ぜひ、食卓に取り入れたい商品といえます。

業務スーパーの煮豚の使い方

業務スーパーの人気商品、煮豚の使い方についてご紹介したいと思います。業務スーパーの煮豚は使い方がとても簡単な商品です。手軽に利用できるという点も人気の理由となっています。

業務スーパーの煮豚は湯煎と電子レンジを利用して、手軽にいただくことができる便利な商品です。材料を買って初めから煮豚を作るというとそれなりの時間が必要となりますが、温めて簡単に美味しくいただけるというのはこの商品のおすすめポイントでもあります。

煮豚を湯煎で温める

業務スーパーの煮豚の使い方について1つ目にご紹介するのは、煮豚を湯煎で温めるという方法です。煮豚の封を切らずにそのまま熱湯の中に入れて温めることができます。煮豚を熱湯に入れて約5分温めるだけで美味しい煮豚をいただくことができます。

湯煎で温めた煮豚のパックはとても熱くなっていますので、火傷に気を付けてお湯から出します。封を切って取り出し、煮豚を切ってお皿に盛り付けて出来上がりです。業務スーパーの煮豚は、湯煎するだけでいただけるので、とても便利です。

煮豚を電子レンジで温める

業務スーパーの煮豚の使い方について2つ目にご紹介するのは、煮豚を電子レンジを使って温めるという方法です。電子レンジで温める場合は、封を開けて深めの耐熱容器に中身を移します。

煮豚の入った耐熱容器にラップをし、電子レンジ500Wの場合は約3分温めます。温めの時間はあくまでも目安となっています。電子レンジの種類などによってはもう少し時間をプラスして温める必要のある場合もあります。温まる様子を見ながら再加熱をします。

電子レンジで温めた煮豚の入った耐熱容器は、出す時にはとても熱くなっているので気を付けて取り出します。取り出したら切っていただくことができます。

因みに、電子レンジで温める場合、封を切って煮豚を取り出し、まず食べやすい大きさにカットしてから温めるなら便利です。温めの前のほうが切りやすいというメリットがあります。

業務スーパーの煮豚アレンジ利用方法

業務スーパーの煮豚は湯煎で温めたり、電子レンジで温めたりしてそのままいただくことができる便利な商品ですが、他にも使い方があります。業務スーパーの煮豚にひと手間加えてアレンジすることができます。アレンジすることによってさらに料理のレパートリーを増やすこともできます。

業務スーパーの煮豚にひと手間加えたアレンジによって見栄えもする、そして美味しい料理になります。アレンジを加え、色々な料理にして業務スーパーの煮豚の美味しさの変化を楽しむのはいかがでしょうか。

これから、業務スーパーの煮豚を使ったアレンジ方法についてご紹介したいと思います。ご紹介するアレンレシピは、「煮豚丼」、「煮豚炊き込みご飯」、「煮豚チャーハン」、「煮豚ラーメン」の4つのアレンジです。

ご紹介する他にも、業務スーパーの煮豚は色々な料理にアレンジすることができます。ぜひ、業務スーパーの煮豚を購入してアレンジに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

ご飯の上に温泉卵か卵黄をのせて「煮豚丼」

これから、業務スーパーの煮豚を使ったアレンジ利用方法についてご紹介したいと思います。まず最初にご紹介するのは、「煮豚丼」です。簡単に作れる丼で、たれがご飯と合うおすすめのアレンジです。

予めスライスしておいた業務スーパーの煮豚をレンジで温め、温かいご飯の上にのせていきます。煮豚の上に温泉卵、または卵黄をのせて出来上がりです。タレも少しかけるとより美味しいです。上にのせた温泉卵、または卵黄を割って煮豚と絡めてご飯と一緒にいただきます。

業務スーパーの煮豚を使った「煮豚丼」は、手軽に作れてボリュームたっぷり、そして時短にもなるアレンジ方法です。忙しい時などに、ぜひおすすめです。

煮豚を使ってしっかり味の「煮豚炊き込みご飯」

業務スーパーの煮豚を使ったアレンジ利用方法の2つ目にご紹介するのは、「煮豚の炊き込みご飯」です。煮豚のタレも使って作ることができるこの炊き込みご飯は、煮豚の旨みたっぷりの味がしっかり染みた絶品の炊き込みご飯です。

「煮豚の炊き込みご飯」の材料をご紹介します。2人分の材料ですので、作る量に合わせて調整してください。業務スーパーの煮豚を50g、米1合、生姜5g、彩りに人参25gを用意します。調味料として、煮豚のタレを50cc、顆粒の鶏ガラスープの素小さじ1/2、塩をひとつまみ用意します。

「煮豚の炊き込みご飯」の作り方です。お米は普段炊くように用意してください。角切りにした煮豚と千切りにした生姜、人参を用意します。炊飯器の中にお米を入れ、調味料を全て入れます。その後1合目のところまでお水を入れてください。少し混ぜます。

お米の上に、切った煮豚と人参、生姜を入れて炊飯します。炊けたら出来上がりです。ご飯とおかずが一緒になったような食べ応えのある炊き込みご飯は、忙しい時に大活躍するおすすめのアレンジ料理です。

味付け簡単「煮豚チャーハン」

業務スーパーの煮豚を使ったアレンジ利用方法の3つ目にご紹介するのは、「煮豚チャーハン」です。この煮豚を使ったチャーハンは、煮豚のタレを使って味付けをするので、とても簡単なアレンジ料理となっています。

「煮豚チャーハン」を作るのに用意する材料は、温かいご飯を1合、業務スーパーの煮豚を80g、卵1個、長ネギ1/4本、他に組み合わせたい野菜がありましたらご自由に用意してください。ごま油大さじ1/2、煮豚のタレ大さじ2、中華だしの素小さじ1、塩コショウ 少々も用意します。

「煮豚チャーハン」の作り方です。まず、使用する具材の煮豚を一口サイズに切り、長ネギと他の野菜もみじん切りにして置いておきます。温かいご飯には溶き卵を混ぜておきます。

熱したフライパンにごま油を入れ、ネギと野菜を炒めます。だいたい火の通ったところで煮豚とご飯を入れ炒めます。パラパラになってきたら煮豚のタレ、中華だしの素を入れ、最後に塩コショウをして出来上がりです。

「煮豚のスライス」をラーメンに載せて「煮豚ラーメン」

業務スーパーの煮豚を使ったアレンジ利用方法の4つ目にご紹介するのは、「煮豚ラーメン」です。「煮豚ラーメン」はお好きなラーメンを作って、出来上がったラーメンの上に、スライスして温めておいた業務スーパーの煮豚をトッピングするという簡単なアレンジ方法です。

この業務スーパーの煮豚をラーメンの上にトッピングするだけのアレンジですが、煮豚がのるだけで一段とラーメンが豪華になり、ボリュームもたっぷりになります。

因みに、ラーメンに煮豚をトッピングする時に、煮豚のタレで作った味付け卵を一緒にトッピングするアレンジもおすすめです。

味付け卵は、ゆで卵を作って煮豚のタレに漬けておくだけでできます。冷蔵庫で保存してください。煮豚の美味しいタレを余すところなく活用することができます。業務スーパーの煮豚のタレも旨みがたっぷりで美味しいので、アレンジに加えていただいてみるのはいかがでしょうか。

業務スーパーの煮豚の賞味期限

使い勝手が良く、コスパ抜群の業務スーパーの煮豚の賞味期限についてこれからご紹介したいと思います。煮豚の賞味期限をご紹介するとともに、保存方法などについてもご紹介します。

業務スーパーの商品は量もたっぷりで美味しいものがたくさんあります。あれもこれも購入したいと思うでしょう。でも、商品を購入する際には賞味期限についても気になるところです。賞味期限が短いとあっという間に賞味期限切れになってしまい、せっかく買ったのに残念ということになる可能性もあります。

その点、コスパ抜群の業務スーパーの煮豚は賞味期限の面からみてもおすすめ商品といえます。賞味期限も購入する人たちの人気の理由ともなっています。

業務スーパーの煮豚の賞味期限はどのくらいあるのでしょうか。パッケージに記載されている保存方法を守って開封しなければ約2ヶ月半の賞味期限があります。

業務スーパーの煮豚は賞味期限が長めなので便利と人気の理由ともなっています。賞味期限が長いので冷蔵庫にストックしておくのにも便利な商品です。

開封後は賞味期限にかかわらず、早めに食べきることがおすすめです。しかし、一人暮らしの方など量が多くて一度に食べれないという方はどうすれば良いのでしょうか。便利な方法について後ほどご紹介したいと思います。

1~10度の冷蔵保存で大丈夫

業務スーパーの煮豚の保存方法についてご紹介します。この保存方法にも煮豚の使い勝手の良さを感じることができます。パッケージには保存方法として1度から10度の冷蔵で保存するようにとあります。業務スーパーの煮豚は冷凍ではなく冷蔵保存です。賞味期限を守って冷蔵保存ができる便利な商品です。

業務スーパーの煮豚は冷凍保存でななく冷蔵保存なので、使いたい時に冷凍庫から出して解凍する手間もなく便利に使うことができます。冷蔵保存ができる使い勝手の良い業務スーパーの煮豚は食卓の強い味方になるに違いありません。

小分けして冷凍保存しておけばいざというときに便利

業務スーパーの煮豚は賞味期限までは冷蔵保存していつでも使うことができるようにストックしておくことができます。そして、いつでもお好きな時に必要な量を温めていただくことができます。

開封したら賞味期限にかかわらず早めにいただくことができますが、一度に食べきれないと分かっている場合は開封した時に、小分けにして冷凍保存するのがおすすめです。冷凍保存しておけば、いざという時に便利に使うことができるのでおすすめです。

業務スーパーの煮豚を冷凍保存する際には、ラップで1食分ずつ包んで、保存袋に入れて冷凍するのがおすすめです。1食分ずつ冷凍しておくと、次に解凍していただく時に便利です。

食べきれないため冷凍した煮豚についてですが、長く冷凍しておくのではなく、冷凍したものもなるべく早くいただくのがおすすめです。ちょい足しなどをして美味しくいただくのはいかがでしょうか。

業務スーパーの煮豚の反響は?

業務スーパーの煮豚は使い勝手の良いおすすめ商品ですが、ここで実際に業務スーパーの煮豚の反響はどうなのか口コミをご紹介したいと思います。

これから業務スーパーで煮豚を買ってみようと思っておられる方、商品に興味がある方などは、ぜひ、口コミも参考にお店を訪れてみてはいかがでしょうか。

業務スーパーの煮豚の口コミには、業務スーパーの煮豚はカロリーが控えめなのが良い、トロトロの食感がいい、賞味期限が長めなのが良い、脂の部分がトロトロで赤身もしっかりとした食感がある、色々な料理にアレンジできるのが良いなどの口コミがあります。

また、価格が安くコスパが良い、たくさん入っていてアレンジが無限大、時短料理にもなる、湯煎や電子レンジで温めるだけで美味しくいただくことができるのが良い、賞味期限が長く長期保存がきくのでストックにおすすめの商品などの高評価の口コミも多くみられます。

業務スーパーの煮豚は使い勝手が良く人気の商品であるというのが、口コミを通しても知ることができます。業務スーパーの煮豚はリピーターの人たちが多いおすすめの商品です。

業務スーパーのこんな商品もおすすめ

業務スーパーの人気商品、煮豚の魅力をご紹介してきましたが、業務スーパーには同じように手軽にいただける商品がまだまだたくさんあります。今回は、同じようなパッケージのお肉を使った使い勝手の良いおすすめ商品をご紹介したいと思います。

業務スーパーには煮豚と同様、国内自社関連工場製造の「煮込みハンバーグ(デミグラスソース)」があります。煮豚と同じように国内製造の安心・安全な商品でおすすめです。

煮込みハンバーグは1パックに5個入っていて、こちらの使い方も煮豚と同じように湯煎や電子レンジで温めるだけで美味しくいただくことができる便利な商品です。

そして、煮込みハンバーグ(デミグラスソース)の保存方法も1度から10度の冷蔵保存です。冷凍保存ではないので、使いたい時にすぐに使える手軽さも、煮豚同様おすすめポイントとなっています。

ふっくらジューシーなハンバーグに特製のデミグラスソースが良く合うこの商品は、食卓のメインやお弁当などにも便利に使うことができます。手軽に利用して時短料理にもなります。

さらに、この煮込みハンバーグに手を少し加えてアレンジをすることもできます。煮込みハンバーグも色々使うことができる使い勝手の良い業務スーパーのおすすめ商品です。

Thumb業務スーパーのおすすめ商品ランキング!人気の売れ筋アイテムを一挙紹介!
現在最も勢いのあるスーパーの一つともいわれる「業務スーパー」には数えきれないほどの数の商品が...
Thumb業務スーパーの肉団子はコスパ良し!弁当用のアレンジや人気の食べ方を紹介!
全国各地にある人気の業務スーパーより、今回はコスパ抜群の肉団子をご紹介したいと思います。業務...

業務スーパーの煮豚を使って料理の幅を広げよう!

業務スーパーの大人気商品「煮豚」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。業務スーパーの煮豚はなんと言っても美味しくて価格が安いというのが人気の秘密となっています。

また、業務スーパーの煮豚は湯煎で温めたり、電子レンジで温めるだけで美味しくいただくことができる手軽さも人気の理由となっています。そのままでも美味しいですが、ひと手間加え、アレンジしていただくことができる使い勝手の良い商品でもあります。さらに、冷蔵保存ができ、賞味期限が長いのもおすすめポイントです。

ぜひ、業務スーパーに行かれた際には、使い勝手の良い煮豚を購入して、美味しくいただいてみるのはいかがでしょうか。煮豚を使ってアレンジを楽しみ、料理の幅を広げてみるのもおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ