コストコのベーグルは売れ筋の人気商品!おすすめの種類や食べ方をチェック!

コストコのベーグルが気になっている人へ。当記事では、コストコに販売されているベーグルのカロリーや値段、おすすめの食べ方などをまとめています。これを見れば、コストコのベーグルの魅力がよくわかり、美味しくいただけます。コストコへよく行く人は必見です。

コストコのベーグルは売れ筋の人気商品!おすすめの種類や食べ方をチェック!のイメージ

目次

  1. 1コストコで買えるベーグルの魅力を大公開!
  2. 2コストコで買える人気のベーグルとは?
  3. 3コストコのベーグルが人気の理由
  4. 4コストコで買えるベーグルの種類
  5. 5コストコで買えるベーグルの値段
  6. 6コストコで買えるベーグルのカロリー
  7. 7コストコで買えるベーグルのおすすめの食べ方
  8. 8コストコで買えるベーグルの保存方法
  9. 9コストコで買えるベーグルの評判
  10. 10コストコでベーグルをチェックしてみよう

コストコで買えるベーグルの魅力を大公開!

『コストコ』は会員制の大型スーパーマーケットで、全国各地に店舗を構えています。大型スーパーマーケットなだけあり、販売している商品のジャンルは多岐にわたります。

今回は、そんな『コストコ』に販売されているパンの人気商品・ベーグルの魅力をご紹介します。『コストコ』に販売されているベーグルの種類、種類ごとの値段、おすすめの食べ方や冷凍保存方法などについてです。

これを見れば、『コストコ』のベーグルの魅力が詳しくわかり、店舗へアクセスする際に買ってみたくなることでしょう。近いうちに『コストコ』へアクセスする機会がある人や、『コストコ』でショッピングするのが好きな人はぜひご覧ください。

Thumbコストコの人気パンを厳選して紹介!おすすめのアレンジ方法やカロリーも!
世界的に大人気の倉庫型業務スーパーの「コストコ」でおすすめの美味しいパンの情報について、詳し...

コストコで買える人気のベーグルとは?

会員制の大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルは、定番パン商品の「ディナーロール」「クロワッサン」と肩を並べるほどの人気があります。

そんな『コストコ』のベーグルの特徴は2つあります。1つはサイズが大きいことです。『コストコ』のベーグルのサイズは直径約11~12センチと、一般的なベーグルに比べてやや大きめ。そのため食べ応えが十分にあります。

そしてもう1つの特徴は、種類が豊富なことです。『コストコ』には様々な種類のベーグルがあり、それぞれで違った味わいを楽しめます。詳細は次の項目をどうぞ。

コストコのベーグルが人気の理由

会員制の大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルは大人気。「ディナーロール」や「クロワッサン」と引けを取らないほど人気を集めている理由は、主に2つあります。

2つの人気な理由については、以下の項目で1つずつわかりやすく紹介しています。『コストコ』でベーグルを購入したことがなく、このパンの魅力をまだよく理解していないという人は、ぜひ参考にしてください。

多彩な種類

会員制大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルが人気な理由、1つ目は種類が豊富に用意されているからです。

『コストコ』で購入できる「ディナーロール」「クロワッサン」に種類などは特になく、基本的に1種類のみの用意となっております。これに対し、ベーグルの種類は「プレーン」をはじめ、5種類以上のバリエーションが揃えられているのです。

同じベーグルでも味の異なる5種類が用意されていますので、食べ比べ感覚で好みの味を探すことができます。

値段

会員制大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルが人気な理由、2つ目は値段設定が低くてお買い得だからです。

『コストコ』のベーグルは6個単位で販売されており、1個あたりの値段が非常にリーズナブルなのです。どれくらいリーズナブルかというと、1個あたりたったの53円。

一般的に、ベーグルはパン専門店などでも単価が高いことで知られています。そのため1個53円で購入できるのは、正直かなりお得といえるでしょう。

コストコで買えるベーグルの種類

こちらの項目では、日本全国に店舗がある会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルの種類をまとめています。

会員制大型スーパーマーケットの『コストコ』には、様々な種類のベーグルが販売されています。その中でも定番の5種類についてご紹介します。

定番5種のベーグルは、『コストコ』へアクセスした人の多くが手に取る人気種類です。そのため『コストコ』のベーグル選びで悩んだ時は、この項目で紹介している種類の中から選べば失敗しにくいでしょう。それではまず、1種類目の詳細からご覧ください。

プレーン

日本全国に店舗がある会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルの種類、1つ目は「プレーン」です。プレーン味は、『コストコ』で最もポピュラーなベーグルです。ベーグルの代表ともいえる種類ですので、迷った時はこちらを選びましょう。

プレーン味はふんわりとした生地からほのかな甘みが感じられる、淡泊な味わいのベーグルとなっております。誰でも美味しくいただけるのがプレーン味の魅力です。

淡泊な味わいのプレーン味は、そのまま食べても十分に美味しいです。ちょっと味の変化を楽しみたいのでしたら、バンズのように半分にカットし、ハムや野菜などをサンドしてサンドイッチ風にするのもおすすめです。

サンドイッチ風にすることにより、通常とはまた違った美味しさを満喫できます。淡泊な味わいだからこそ、いろんな食べ方を楽しめるのも、プレーン味の良いところでしょう。

セサミ

日本全国に店舗がある会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルの種類、2つ目は「セサミ」です。『コストコ』に販売されているセサミのベーグルはゴマが付いていることが特徴。側面や底までびっしりとゴマが付いています。

ゴマたっぷりのセサミは、ゴマのほのかな風味を楽しめるベーグルです。基本的な味は先ほどご紹介した「プレーン」と変わりません。そのためセサミのベーグルは、プレーンと同じように食べ方の自由度が高いです。

セサミはそのまま食べても美味しいのはもちろん、ハンバーガーショップでよく見かけるセサミバンズのハンバーガーのようにして食べても美味しいです。野菜やハム、チーズなど、お好きなものをサンドして食べてみてください。

チーズ

日本全国に店舗がある会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルの種類、3つ目は「チーズ」です。表面にチーズがたっぷりかかっており、チーズに程よい焼き色が付いているベーグルとなっています。

いい感じに焦げ目が付いているチーズ味のベーグルは、他のベーグルの種類に比べ、風味が香ばしいことが特徴です。チーズ特有の一度食べ始めたら手が止まらない美味しさですので、チーズ好きな人は食べてみて損がないでしょう。

惣菜パンとしてバグバグ食べられるチーズ味のベーグルですが、トースターで少しだけ焼くとより美味しくなります。トースターで焼くことにより、出来たてほやほやのようなチーズの風味が感じられるからです。ぜひ実際に購入して試してみてください。

ブルーベリー

日本全国に店舗がある会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルの種類、4つ目は「ブルーベリー」です。こちらは、生地の中にブルーベリーがたっぷり練りこまれたベーグルとなっております。惣菜パンというより、菓子パン寄りでしょう。

『コストコ』のベーグルには、甘酸っぱめのブルーベリーが使用されています。そのためブルーベリーのベーグルは酸味と甘味が絶妙で、トースターで焼くなどのアレンジを用いらずとも美味しくいただけます。

なお、ブルーベリーのベーグルをアレンジして食べるのでしたら、「クリームチーズ」と一緒に食べるのがおすすめです。フルーティーなブルーベリーと、味わい深いクリームチーズの相性は完璧。失敗しようのない組み合わせで、味わってみる価値は高いです。

オニオンポピーシード

日本全国に店舗がある会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルの種類、5つ目は「オニオンポピーシード」です。

オニオンとは「玉ねぎ」のこと。ポピーシードとは「ケシの実」のことを指します。『コストコ』に販売されているベーグルのオニオンポピーシードは、表面に乾燥させたオニオンとポピーシードがたっぷりかかっています。

オニオンポピーシードの風味ですが、オニオンの香ばしい匂いが強いです。味もオニオンの主張が強めで、ベーグルのやさしい味わいによく合います。ポピーシードのつぶつぶ食感もいい感じ。惣菜パンとしてクオリティの高い一品でしょう。

コストコで買えるベーグルの値段

会員制の大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルは、美味しいのに値段が安いことで人気を集めています。この項目では、『コストコ』に販売されているベーグルの種類ごとの値段について詳しくお話しします。

『コストコ』のベーグルは、12個単位で販売されています。同じ種類のベーグル6個を2種類という形で、一度に合計12個のベーグルを購入できます。

気になる12個のベーグルの値段ですが、630円に設定されております。12個630円と聞いてピンと来ないかもしれませんが、この値段設定はかなりリーズナブルです。

1個あたりの値段をチェックすれば、『コストコ』のベーグルがいかに安いかわかります。ベーグルの1個あたりの値段はわずか53円。単価が高くなりやすいベーグルを1個あたりこの値段で購入できるのは、コストパフォーマンスに優れた商品といえるでしょう。

ちなみに12個630円というベーグルの値段は、プレーンやセサミなど、どの種類であっても変わりません。なので『コストコ』でベーグルを選ぶ時は、値段を気にする必要がなく、純粋にあなたの好みで選べばOKです。

コストコで買えるベーグルのカロリー

会員制大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルの種類ごとのカロリーをご紹介します。記事で紹介した5種類のベーグルは、それぞれ使われている素材が違いますので、当然カロリーも異なります。

どのベーグルのカロリーが特に低くてヘルシーなのか、健康や体脂肪を気遣っている人は必見です。まず、プレーンのカロリーですが、1個あたり296キロカロリーします。

セサミのカロリーもまた、1個あたり296キロカロリー。高カロリーなことが予想されるチーズは、1個あたり327キロカロリーです。

そしてブルーベリーのカロリーは、1個あたり285キロカロリーとやや低め。最後に、オニオンポピーシードは1個あたり302キロカロリーです。このことから『コストコ』のベーグルはブルーベリーが1番低カロリーで、チーズが1番高カロリーとわかります。

コストコで買えるベーグルのおすすめの食べ方

会員制大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルは、種類ごとに違った美味しい食べ方があります。

まず、プレーンとセサミのベーグル。この2種類は淡泊な味わいですので、いろんな食べ方で美味しくいただけます。おすすめはベーグルを半分に切り、サンドイッチ風にして食べる食べ方。野菜やハムなど、サンドイッチに使う具材をサンドしてみましょう。

チーズのベーグルの場合は、別の具材を加えるというわけではなく、トースターで焼くという食べ方がおすすめです。これによりチーズの香ばしい風味が強くなります。

甘酸っぱいブルーベリーのベーグルは、コクのあるクリームチーズと一緒に食べる食べ方がいいでしょう。お互いがお互いの良さを引き立てる組み合わせで、いくらでも食べ進められます。

そしてオニオンポピーシードは焼いて食べることで、甘みと香ばしさがプラスされて更に美味しくなります。

コストコで買えるベーグルの保存方法

会員制大型スーパーマーケット『コストコ』に販売されているベーグルは、賞味期限が3日程度とあまり長くありません。

そこで当項目では、ベーグルのおすすめ保存方法をお話しします。保存方法というと冷凍庫や冷暗所に入れるなどが定番です。ベーグルを長持ちさせるには、どういった保存方法が1番なのでしょう。

冷凍保存がおすすめ

結論からいいますと、『コストコ』に販売されているベーグルを保存するなら冷凍庫に入れるのが1番。冷凍保存するのです。

冷凍庫に入れるといっても、冷凍保存方法はいろいろあります。最も簡単なのは、ジップロックのような食材保存袋にそのまま入れて冷凍保存する方法。切り分けずに冷凍保存するこちらの保存方法では、ベーグルが約1ヶ月持ちます。

ベーグルを切り分けてから冷凍保存する方法もあります。あらかじめ切り分けておくことで、解凍して食べる際の手間を減らせるのがメリットです。なお、この冷凍保存方法の賞味期限は約2週間となります。

コストコで買えるベーグルの評判

最後に紹介しますのは、会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルを実際に購入した人の口コミ評判について。

結論ですが、『コストコ』のベーグルの口コミ評判はなかなかに良いです。実際に購入した人の間では、「サイズが大きい」「値段がリーズナブル」の2つの意見が特に多いように感じられます。

したがって、『コストコ』に販売されているベーグルは安いうえに美味しく、コストパフォーマンス面での満足感を得やすい商品といえるでしょう。

コストコでベーグルをチェックしてみよう

日本全国に店舗がある会員制大型スーパーマーケット『コストコ』のベーグルの魅力、お分かりいただけたでしょうか。『コストコ』には「プレーン」をはじめとしたベーグルが全部で5種類販売されており、それぞれで違った美味しさを楽しめます。

『コストコ』のベーグルはそのまま食べるという食べ方でもOKですが、フレンチトーストやサンドイッチにするのも全然アリです。冷凍して保存すれば長期間食べられますので、『コストコ』へアクセスした際にはぜひベーグルを手に取ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ