早川港の釣りポイント・禁止エリアまとめ!アオリイカやアジ・イワシも釣れる?

みなさんは小田原の早川港にあります釣りポイントをご存じでしょうか。早川港には釣りポイントなどもあるのですが、禁止エリアなどもあります。禁止エリアでの釣りはやめましょう。ここでは早川港での釣りにおすすめの情報をご紹介します。ぜひ参考にされてみてください。

早川港の釣りポイント・禁止エリアまとめ!アオリイカやアジ・イワシも釣れる?のイメージ

目次

  1. 1早川港は小田原の人気釣りスポット
  2. 2早川港で釣れる魚の種類・釣果
  3. 3早川港のおすすめ釣りポイント
  4. 4早川港の禁止エリア
  5. 5早川港へのアクセス方法
  6. 6早川港で釣れた魚のおすすめ調理方法
  7. 7早川港へ釣りに行こう

早川港は小田原の人気釣りスポット

みなさんは神奈川県小田原にあります早川港で釣りを楽しんだことがありますか?小田原といえば彫刻の森美術館などもありますし、小田原城などもありますし、小田原魚市場なども人気の観光スポットになっています。そんな小田原には早川港という釣りのポイントなどもありまして、アジやイワシにクロダイやアオリイカなどが釣れると人気です。

そこで今回は小田原でも人気の釣りポイントになっている早川港についてご紹介していきます。ぜひみなさんも小田原で釣りを楽しみたい!というときには早川港に立ち寄ってみてください。なお禁止エリアの情報などもありますので、ルールは守りましょう。

Thumb冬でも釣りを楽しもう!釣れる魚や堤防から釣るコツなどを徹底解説!
釣りが楽しいのは夏だけではありません。釣りにくいと言われている冬でも、堤防釣りなどが楽しめま...

早川港で釣れる魚の種類・釣果

ではここでは小田原にあります早川港で釣れる魚についてご紹介していきます。早川港では下記でご紹介する4種類の魚のほかにも、メバル、カマス、サバ、カサゴなども釣れるようになっていますし、コノシロやウミタナゴなども釣れるようになっています。

いろいろな魚が釣れる人気スポットになっていますので、ぜひ釣りを楽しみたい!というときには訪れてみてはいかがでしょうか。また小田原には先ほどもご紹介しましたように、小田原魚市場などもありますので、市場で新鮮な魚を追加で買って帰るのもおすすめです。ぜひみなさんも海の幸を満喫されてみてはいかがでしょうか。

アジ・イワシ

早川港では4月から10月の間にアジやイワシが釣れるようになっています。そのためアジやイワシの釣果が期待できる釣りポイントとしてもおすすめになっています。アジやイワシはさまざまな調理方法などで食べることもできますので、ご自宅に帰って調理することでいろいろなメニューを楽しむことなどもできるようになっています。

また早川港で釣ったアジをエサにしてアオリイカ釣りを楽しむということもできるようになっています。1日を通して釣りを楽しめるようになっていますので、ぜひみなさんも早川港で釣りを楽しんでみてください。アジやイワシは比較的釣りやすい魚です。

クロダイ

続いてご紹介するのは「クロダイ」です。クロダイもだいたい春によく早川港で釣れる魚として知られていまして、クロダイではなく「チヌ」と呼ばれて親しまれています。35cm以上のクロダイなどを釣ることもできるようになっていますし、クロダイは釣り方のバリエーションも多いですので、さまざまな方法で釣れる魚としても人気です。

そのためクロダイを狙っている方なども多く、釣果なども期待できますのでぜひみなさんもご自身の好きな釣り方でクロダイ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。また鯛という名前がついていることも、インパクトが大きいですので人気の魚になっています。

アオリイカ

最後にご紹介するのは「アオリイカ」です。アオリイカの特徴としましては、平均的に胴の長さは40cm程度になっていまして、2kgから3kgまで成長しているのが一般的です。イカの中でも甘みのあるイカになっていますので、幅広い年代の方々に人気です。

またお刺身などにするにもおすすめですし、煮つけやいかめしなどにするにもおすすめですし、どんな調理方法でも美味しく食べられるというのがアオリイカの魅力でもあります。基本的にはエギングと呼ばれる釣り方でアオリイカは釣るようになっていまして、この釣り方は幅広い年代の方々におすすめの釣り方にもなっています。

早川港のおすすめ釣りポイント

では早川港でおすすめの釣りポイントについてご紹介していきます。早川港と言いましても広いですし、どこで釣りを楽しんでも大丈夫というわけではありません。昔利用したことがある!という方が気を付けていただきたいのは、昔は釣りポイントとして利用できていたエリアが、現在は禁止エリアになっていることなどもあります。

ですので初めて訪れるという方はもちろんのこと、久しぶりに早川港で釣りを楽しもうとしている方なども、釣りポイントと、禁止エリアについてはしっかり知っておくことが大切です。ルールをみなさんが守ることでより釣りをみなさんが楽しめるようになります。

釣りポイント①小田原ちょうちん灯台

ではさっそく早川港でおすすめの釣りポイントをご紹介していきます。まずご紹介するのは「小田原ちょうちん灯台」です。小田原ちょうちん灯台を眺めている方なども多いのですが、今回はちょうちん灯台の前で釣りを楽しむようになっています。

釣りを楽しむことができるだけではなく、フォトスポットとしても人気になっていますので、ぜひ釣りと一緒に写真で景色も収めてみてはいかがでしょうか。ここもよく釣れる釣果スポットになっていますし、足場も悪くないですので、釣りをあまりしたことがない!という方などにもおすすめのポイントになっています。ぜひ立ち寄ってみてください。

釣りポイント②バイパス下

次にご紹介するのは「バイパス下」というポイントです。こちらも早川港では人気の釣りポイントになっていまして、休日などは朝早くから多くの方々が釣りを楽しんでいます。西湘バイパスの下になっていまして、駐車場からアクセスのいい釣りポイントです。

またこちらではアジや小サバなど釣果ポイントになっています。ですので釣った魚をご自宅でゆっくり楽しむのもおすすめになっています。アジなどの青魚は鮮度がいいほどより美味しく食べることができます。青魚が苦手という方も多いのですが、意外に鮮度のいいアジなどは美味しい!という方も多いです。ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

早川港の禁止エリア

では早川港の禁止エリアについてご紹介していきます。早川港には釣りが禁止されているエリアなども存在します。昔釣りができていたポイントでも現在は禁止になっているということなどもありますので、ご注意ください。早川港はとても広いのですが大堤防などはすべて釣りが禁止されているエリアになっています。

そのため基本的には先ほどご紹介した2つのポイントで釣りを楽しむようにしておきましょう。また釣りが楽しめる時間なども決まっていますので、ちょうちん灯台前などで釣りを楽しみたい場合には、午前4時から11時の間を避けるようにしましょう。

早川港へのアクセス方法

では早川港へのアクセス情報をご紹介していきます。電車などでアクセスされる場合は、JR東海道線の早川駅で降りていただき、そこから徒歩で約5分程度となっています。そのため車がない方でも比較的アクセスは便利ですが荷物などもありますので少し大変です。

お車の場合には東名高速道厚木などを経由する場合には、小田原西ICで降りていただきそこから国道135方面進んでいきます。そしてつきあたりまで進みますと港の入り口がありますので、駐車場に車を停めるようにしましょう。西湘バイパス早川ICからの場合も国道135号線を熱海方面に進んでいただき、早川交差点を目指していきます。

早川交差点を左折すると早川港にアクセスできるようになっていますので、駐車場に車を停めていくようにしましょう。なお駐車場は基本的には市場関係者の駐車場になっています。路駐ポイントなどがありますので、そちらに駐車するようにしましょう。

早川港で釣れた魚のおすすめ調理方法

ではここからは早川港で釣れた魚をより美味しく食べるためのおすすめ調理方法をご紹介していきます。魚といえばいろいろな食べ方などを楽しむことができますし、魚の種類によってもおすすめの調理方法などは変わってくるものです。

新鮮なお魚だからこそお刺身で楽しむのもいいですし、生魚が苦手という方は火を通した調理方法などもあります。ぜひみなさんも下記のレシピなどを参考にして、いろいろな調理方法で食べてみてはいかがでしょうか。簡単に作れるコツや、美味しく作れるコツなどもご紹介していきますので、ぜひ参考にされてみてください。

お刺身

まずご紹介するのは「お刺身」です。新鮮な魚だからこそ楽しめる食べ方になっていまして、特別なものはいりません。その日の釣果次第でお刺身用と火を通して食べる用とわけてみるのもおすすめになっています。その日その日で釣果などは変わってきますので、必ずすべてをお刺身で食べるというのは難しいときなどもあるものです。

アジやイワシなどはもちろんのこと、アオリイカなどもお刺身として食べることができます。またクロダイをお刺身として楽しむ際には、皮を残して皮を炙って食べるのもおすすめになっています。旨味がより深まり身の食感と皮の香ばしさを楽しむことができます。

フライ

続いてご紹介するのは「フライ」です。イワシやアジなどはお刺身として食べきれないときには、冷凍保存などをしておき、後日フライにして食べるのもおすすめになっています。青魚などは栄養素なども豊富になっているのですが、なかなか青臭さなどもありますのでお刺身で食べるのは苦手という方も多いです。そんな方はフライはおすすめです。

パン粉に乾燥パセリなどを混ぜることで、彩り豊かなフライにすることなどもできますし、レモンなどを添えておくことでより青臭さを消してくれる効果もあります。釣果が期待できたときなどは、冷凍保存しておきフライにしてみてはいかがでしょうか。

天ぷら

続いてご紹介するのは「天ぷら」です。アオリイカなどを天ぷらにすると甘みなども増して、さらに美味しく食べることができるようになっています。またただの天ぷらではなく、イワシなどは青のりなどと一緒に天ぷらにするのもおすすめになっています。

アオリイカの場合ふっくらとした食感を楽しむことができますし、アジやイワシなどでも美味しい天ぷらを楽しむことができ、お酒の肴としても人気になっています。天ぷらはご自宅で作る場合少しめんどくさいのですが、野菜なども一緒に揚げることで豪華な食卓にすることなどもできるようになっています。

また天ぷらを美味しく揚げるコツとして、まず食材の水分などはしっかり切っておきます。水が残っていますと油はねの原因になったり、衣がべちゃつく原因になってしまいます。衣を作る際も冷水を入れ軽く混ぜるだけにすることが大切です。

アオリイカのゲソ炒め

続いてご紹介するのは「アオリイカのゲソ炒め」です。歯ごたえのあるゲソ炒めはとても人気になっていまして、味付けなどもお好みで変えることができますのでレパートリーが増えること間違いなしになっています。たとえばバター醤油などでも美味しいですし、コチュジャンなどでピリ辛の味付けにするのも人気になっています。

またシンプルに塩コショウだけで味付けしても美味しいといわれていまして、とても人気になっていますので簡単に作れる肴として用意されてみてはいかがでしょうか。お子様なども一緒に楽しむ場合にはバター醤油などで味付けするのがおすすめになっています。

イワシの味噌煮

続いてご紹介するのは「イワシの味噌煮」です。こちらは青魚が苦手という方にもぜひ食べてみていただきたいメニューの一つになっています。ショウガなどをたっぷり入れることで臭みを消してくれる効果を期待することができるようになっていますので、とてもおすすめの食べ方になっていますし、体にもいいメニューとして人気です。

釣果がいいときなどイワシが大量になったときなどにも、冷凍保存しておくことで、後日作ることができますし、ご飯との相性も抜群のおかずになります。もちろんお酒との相性もいいですし、お子様などの場合チーズを上から乗せて焼いても美味しいです。

アジの南蛮漬け

続いてご紹介するのは「アジの南蛮漬け」です。お酢を使いますので体にもいいですし、夏場など疲れがたまったときなどにもおすすめのメニューになっています。小鯵などでも美味しく食べることができますので、小鯵の釣果がよかったときにもおすすめです。

また低温でじっくりアジを揚げることで、骨まで柔らかく一緒に食べることができますので、カルシウムなどをたっぷり摂ることができるようになります。幅広い年代の方々に愛されるメニューになっていますし、野菜も一緒に食べることができますので、ぜひアジの釣果がよかったときなどには試してみてはいかがでしょうか。

クロダイの煮つけ

続いてご紹介するのは「クロダイの煮つけ」です。甘辛い煮汁でじっくり煮込んだ煮魚はお子様などでも食べやすいメニューになっています。またご飯との相性も抜群になっていますので、晩御飯のおかずなどにもぴったりの一品になっています。

こちらも醤油ベースの煮汁で煮込むのがポイントになっているのですが、ショウガなどをたっぷり入れることで、体の芯から温まることなどもできるようになっています。クロダイはコラーゲンなどもたっぷりの白身魚ですので、女性の方などにもおすすめになっています。ぜひ釣果がよかったときには煮つけにして食べてみてはいかがでしょうか。

アクアパッツァ

最後にご紹介するのは「アクアパッツァ」です。アクアパッツァは家で簡単に作れないのでは?と考える方もいらっしゃるのですが、フライパンなどで簡単に作ることなどができるようになっています。そのため手軽に豪華なメニューを味わうことができます。

お好みでアサリなどの貝類や、トマトやパセリ、オリーブの実などを入れて手軽に作ることができますし、アルミホイルを使ってグリルなどで作ることもできるようになっています。バーベキューなどに行った際にも作れるメニューになっていますので、クロダイなどを使って美味しいアクアパッツァを作ってみてはいかがでしょうか。

Thumb小田原漁港の朝市・食堂ランチのおすすめ店まとめ!名物のアジフライとは?
小田原漁港(早川漁港)は、神奈川県小田原市にある漁港で朝市で賑わう他、食堂では新鮮な海鮮を使...

早川港へ釣りに行こう

いかがでしたでしょうか。今回は小田原の早川港での釣りを楽しむための情報をご紹介しました。早川港ではさまざまな魚を釣ることができるようになっていますので、ぜひたくさんの魚を釣って美味しいご飯を楽しんでみてはいかがでしょうか。基本的に早川港は足場もいいですので、お子様と一緒に釣りを楽しむ際にもおすすめのスポットです。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ