ブルホーンバーの特徴と乗り心地を解説!ハンドルのおすすめも紹介!

クロスバイクを街乗りでも快適にしてくれるブルホーンバーは知っていますか?ハンドルを取り替えるだけで乗り心地が快適になるのでおすすめ。ブルホーンバーについて、特徴や乗り心地などを詳しく紹介します。クロスバイクを快適に楽しめるので参考にしてください。

ブルホーンバーの特徴と乗り心地を解説!ハンドルのおすすめも紹介!のイメージ

目次

  1. 1ブルホーンバーは街乗り用に使いやすいハンドル
  2. 2クロスバイクのカスタマイズは楽しみ方の一つ
  3. 3ブルホーンバーの特徴
  4. 4ブルホーンバーの種類
  5. 5ブルホーンバーの取り付けで乗り心地が変わる
  6. 6ブルホーンバーの取り付け方法
  7. 7ブルホーンバーのおすすめのハンドル
  8. 8クロスバイクにブルホーンバーを取り付けてみよう

ブルホーンバーは街乗り用に使いやすいハンドル

ブルホーンバーの名前を聞いたことがありますか?トライアスロンなどの競技で使われることが多い自転車用のハンドルになるのですが、クロスバイクに取り付けることで快適な乗り心地を演出してくれます。街乗りにも最適になるのでおすすめ。

そこで、ブルホーンバーについて特徴や乗り心地などをまとめました。クロスバイクで街乗りを楽しむときに快適なハンドルとして参考にしてください。

当記事では、ブルホーンバーのブレーキについても紹介します。取り付け方法やおすすめのブルホーンバーのハンドルなどは、これからブルホーンバーに変えてみようと思った時にも便利な情報です。初めて聞いた人でもわかりやすく紹介していきます。

クロスバイクのカスタマイズは楽しみ方の一つ

クロスバイクを利用している人は多く、人気がある自転車として知られています。他の自転車と比べても軽快なのが魅力となっているのですが、クロスバイクにはカスタマイズする楽しみ方もあります。自分らしさも出せるのでおすすめです。

今回紹介するブルホーンバーのハンドルに取り替えるだけでも、ブレーキなどの違いを楽しみながらクロスバイクを楽しめるでしょう。

もちろん変更するのはハンドルだけとはかぎっていません。サドルやタイヤなども変更してカスタマイズをしていくと、より自分らしさを出して楽しめるでしょう。今回紹介するブルホーンバーはその一つになるので、カスタマイズを楽しみましょう。

ブルホーンバーの特徴

ブルホーンバーのハンドルを知らないという人もいるでしょう。冒頭で紹介したように、ブルホーンバーのハンドルはトライアスロンなどの競技用自転車に採用されていることが多いハンドルになっています。そのため、知らないと言う人も少なくありません。

そこで、はじめにブルホーンバーの特徴について紹介して行きます。クロスバイクをより快適にするために取り付ける場合には、どんな特徴があるのかは知っておくと便利です。ブルホーンバーを知らない人も、ぜひチェックしてみてください。

空気抵抗が小さくなりスピードが出る

最初に紹介するブルホーンバーの特徴は、空気抵抗が少ないことです。街乗りのクロスバイクにブルホーンバーを取り付けるだけで、空気抵抗が変わるのは最大の特徴とも言えるでしょう。空気抵抗は、クロスバイクの乗り心地にも影響する一つになります。

街乗りで空気抵抗はそんなに大事なの?と疑問を感じる人もいますが、ブルホーンバーの特徴である空気抵抗は街乗りやサイクリングなどで違いを体感できます。

空気抵抗は、少なければ少ないほどにペダルが軽くなるのを体感できます。坂道を登るときなども、クロスバイクの漕ぎ心地が違うのを、ブルホーンバーは感じられるでしょう。そのため、ブルホーンバーの特徴として空気抵抗となります。

ブルホーンバーの特徴である空気抵抗はスピードにも影響を出します。クロスバイクにブルホーンバーを取り付けると空気抵抗を感じなくなるので、自然にスピードを出して運転がしやすくなります。そのため、スピードが出ないと感じる人にもおすすめです。

と言ってもブルホーンバーは、過度にスピードが出るわけではありません。そのため、街乗りのクロスバイクでも十分に楽しめるスピード感を体感できるのでおすすめになります。快適な運転を楽しんでみたい方は、特徴を考慮して選択してみてください。

前傾姿勢で楽に運転できる

ブルホーンバーは、牛の角のような形をしているハンドルになります。そのため、クロスバイクに取り付け付けると自然な形で前傾姿勢が取れるのも特徴の一つです。これは、最初に紹介したブルホーンバーの特徴にも関連してくる内容です。

と言うのも、前傾姿勢になると一般的な自転車の姿勢よりも空気抵抗を感じにくくなります。そのため、前傾姿勢は楽な姿勢となっています。

初めてブルホーンバーを利用する場合には、前傾姿勢での運転にも慣れていないので怖さを感じてしまう人も多いでしょう。ですが、慣れてくるとブルホーンバーでの前傾姿勢の楽さを体感できるようになります。そのため体の負担も少なく済みます。

また、ブルホーンバーは前傾姿勢になるときには腕を伸ばせるようになっています。そのため、腕を曲げて運転するよりも手首などの痛みも顕現できると言われてます。腕全体が疲れやすいと言うのも顕現できると言われているので楽に運転ができるでしょう。

街乗りで楽しむ場合には、そこまでの体の負担を感じることも少ないでしょう。ブルホーンバーの魅力を最大に感じられるのは長時間運転する場合などです。体が楽なのを体感できるので、サイクリングなどにはブルホーンバーはおすすめになります。

持ち運びも簡単

次に紹介するブルホーンバーの特徴は、持ち運びの便利さです。ブルホーンバーのハンドルは幅が短く作られています。そのため持ち運ぶ際にも移動させやすい、停めやすいという特徴があります。エレベーターなどに乗せやすいのも魅力と言えるでしょう。

また、駐輪場が混雑している場合でも周りの自転車にぶつかってしまうことも少ないと言われてます。狭い場所の駐輪場でも利用ができるのも、利用時には嬉しいポイントと言えるでしょう。ブルホーンバーの魅力を楽しんでみてください。

ブレーキが掛けやすい

最後に紹介するブルホーンバーの特徴は、ブレーキになります。ブレーキをどこに付けるのかで変わってきてしまうのですが、ロードバイクで使用されているブレーキレバーとシフトればーが一体化している、STIレバーを付けるのもおすすめです。

女性が運転する場合には男性と違い手の大きさなどの違いがあるので、ブレーキをかけやすい場所に設定するのがポイントになってしまいます。

ブレーキの使用がロードバイクになってしまうので、クロスバイクでもブレーキの間隔をロードバイクに寄せたい場合にはSTIレバーを使用するのがおすすめのポイントと言えるでしょう。また、操作性を重視する場合にも、おすすめのブレーキパターンです。

他にも、ブルホーンバーのブレーキ装着にはいろいろな種類があります。そのため、どこに装着をするのかによって、ブレーキ使用の間隔や見た目にも違いが出てきてしまいます。自分のスタイルにあったブレーキパターンを選ぶのがおすすめになります。

エアロブレーキを利用するやり方や、ギドネットレバーを使ったブレーキパターンなども人気があります。各種ブレーキパターンは、好みによって大きく分かれてしまいます。ですが、慣れるまでは使いやすさを重視してみるのもおすすめです。

ブルホーンバーの種類

ブルホーンバーを利用した音がない人の場合には、ブルホーンバーの種類についてわからないでしょう。ブルホーンバーには4種類あり、それぞれの種類によって特徴も分かれてきます。どんな種類かでも、乗り心地は変わってきてしまいます。

そこで、ブルホーンバーの種類によって紹介していきます。ブルホーンバーを購入する際にも、どんな特徴があるハンドルなのかを知っておくと選択がしやすいので便利です。では、ブルホーンバーの種類を順番に見ていきましょう。

スタンダードタイプ

ブルホーンバーの種類の中では、標準的たタイプとされているのがスタンダードタイプです。バーの先端のみにだけ角度がついているタイプなので、ブルホーンバーの中でも見かける機会が一番多いタイプと言えるのではないでしょうか。

小径者の自転車に取り付けている人が多いタイプのブルホーンバーになっているので、初めてブルホーンバーを利用する場合にもおすすめの種類と言われてます。さらにブルホーンバーのスタンダードタイプには、長さの種類も多数そろっています。

フラットタイプ

次に紹介するのは、ブルホーンバーのフラットタイプです。コの字型になっていて起伏のないフラットな種類になっています。ブルホーンバーの特徴でも紹介した前傾姿勢が取りやすいのが特徴と言える種類になっています。

シンプルなデザインになっているので、シングルギアの自転車などに利用する人が多いタイプです。先端部分は短いタイプになっていますが、前傾姿勢でスピードを出せるのでサイクリングなどを楽しむときにはおすすめのブルホーンバーになります。

なで肩タイプ

中央部分から肩下がりのようになっていることから、なで肩タイプと言われているブルホーンバーです。競技などでも目にするような深い前傾姿勢が取れるタイプのブルホーンバーになっているので、スポーティーなイメージがあります。

なで肩となっている部分には、緩やかさで種類があるので購入時にはチェックしておくのもポイントです。スピード感の乗り心地を重視する場合には、ブルホーンバーのなで肩タイプはおすすめ。ブレーキレバーの装着によっては操作性も安定します。

エアロタイプ

最後に紹介するブルホーンバーは、エアロタイプです。トライアスロンなどの競技用で使用されているブルホーンバーが、エアロタイプとなっています。競技で使用されている分、見た目のかっこよさは一番と言われているタイプになっています。

ただ、クロスバイクに設置する場合にはブルホーンバーが目立ってしまいバランスが悪くなってしまう場合があります。そのため、見た目を重視で選択してしまうと失敗する可能性があるので注意しましょう。アウトドアにも向いているのでおすすめです。

ブルホーンバーの取り付けで乗り心地が変わる

ブルホーンバーのハンドルを取り付けると、それだけでも乗り心地は格段に変わると言われています。快適な乗り心地を楽しみたい方は、ブルホーンバーを利用してみるのがおすすめ。街乗りの場合には、最初に紹介した特徴が活かされ楽しめます。

坂道を利用する場合などにも楽な姿勢でスムーズに進めるので、ブルホーンバーを利用すると姿勢も合わせて乗り心地を楽しめるでしょう。

また、サイクリングなど長時間運転する場合でも先述した特徴を乗り心地で体感できるでしょう。また、自然な形で前傾姿勢が取れるブルホーンバーは、体への負担が少なくなります。そのため、長時間でも快適な乗り心地を体感できるのが魅力です。

また程よいスピード感も、ブルホーンバーの魅力になります。そのため、程よいスピード感を重視した乗り心地を求める場合にもブルホーンバーはおすすめです。

クロスバイクで乗り心地を重視する場合には、ブルホーンバーにハンドル部分を取り替えてみてはいかがでしょうか。種類はたくさんありますが、自分にあった種類を選択すれば快適な乗り心地で自転車ライフを楽しむことができるでしょう。

ブルホーンバーの取り付け方法

ブルホーンバーを購入した後には、取りつけを自分で行う場合の方法について紹介します。自分ではできないと言う場合には自転車屋でもおこなってくれるので持っていくようにしましょう。無理をして自分で行うと事故のもとになってしまう可能性もあります。

ここでは、ブルホーンバーのハンドルを交換する場合に必要な工具や手順について紹介して行きます。実際に自分でブルホーンバーに交換する場合には、どんな準備が必要なのかも含めて参考にしてみてください。では、順番に見ていきましょう。

取り付けに必要な工具

元々のクロスバイクに付いているハンドルの取り外しから取り付けまで、必要な工具があります。と言っても、自転車のハンドルに使用する工具はたくさんあるわけではありません。そのため、工具を用意するのは難しく考えなくてもいいでしょう。

必要とされているのが、ワイヤーロープカッターと六角レンチになります。ワイヤーロープカッターは、ブレーキなどの線を切るために必要になります。

同じセットアップの場合には、カットしたケーブルを取っておくと長さを合わせられるので便利です。長さに失敗してしまうともったいなくなってしまうので、フラットバーハンドルに戻す可能性がある場合には捨てずに保管しておくようにしましょう。

六角レンチは、ハンドルを取り外しや取り付けに必要な工具の一つになります。六角レンチは大きさの異なる種類がセットになって販売されているので、使いやすさを重視して選択するのがおすすめです。工具で用意するのは2つだけとなっています。

自宅に工具がないと言う場合には、ホームセンターなどでも購入することが可能な工具になっています。そのため、どこでも気軽に用意ができる工具となっています。自分でハンドル交換を行う場合には、用意しておくようにしましょう。

取り付けの手順を簡単に解説

ブルホーンバーの取り付けの手順を簡単に説明していくと、まずはブルホーンバー自体をセットします。最終的な位置は考慮して設定するようにしましょう。角度などは、後からでも調整ができるので違和感がある場合には後から変更しましょう。

セットが終わったら、ブルホーンバーにブレーキアウターケーブルを通して行きます。この際にシフトレバーを先端につけたい場合はシフト用のアウターケーブルを通します。

実際に通す場所ですが、こちらはブルホーンバーにケーブルを通すための穴があるので利用しましょう。その後にブレーキインナーワイヤーを通して行きます。そこにブレーキアウターケーブルを左h仕込んでいく形になっています。

ブレーキレバーの設置が済んだ後には、ブレーキの調整も忘れずに行いましょう。サムシフターの取り付けと調整なども終わらせていくのですが、全て終わったらフロントディレイラーへのシフトワイヤーの取付けを行って行きます。

元々のハンドルと同じ仕組みなので、ブルホーンバーでも取り外しの逆で行えば問題ありません。そのため、事前に元々の状態の写真を取っておくのがおすすめと言われてます。実際には、もっと細かい作業なども出てくるので注意しましょう。

ブルホーンバーのおすすめのハンドル

最後にブルホーンバーを購入する際に、おすすめのハンドルを紹介して行きます。先述したブルホーンバーの種類の中の商品になっていますが、初心者にもおすすめと言われているのなどピンキリです。どんな種類でどんなタイプがいいのかで変わってきます。

実際にブルホーンバーを持ってみた時の感触や持ちやすさなどでも、選択するブルホーンバーのハンドルは変わってきてしまいます。そこで、ここから紹介するのを参考にして選択してみると選びやすくなってくるのでおすすめです。

HELMZ/Bullhorn Bar

最初に紹介するのはHELMZ(ヘルムズ)のブルホーンバーです。レバー類の変更などの手間が入らないので、ブルホーンバーへの交換が楽と言われている種類になります。そのため、特に初心者の方でも気軽に取り替えられるのでおすすめになります。

ただHELMZ商品は、2020年12月末で販売終了となっています。現在の在庫も無くなり次第に廃盤と発表されているので購入をする場合は早めにするのがおすすめです。新品ではなく中古で出ている商品を購入する場合には注意しましょう。

Cinelli/Mash Bullhorn Bar

イタリアのバイクメーカーCINELLI(チネリ)と、サンフランシスコのMASH(マッシュ)がコラボして作成したブルホーンバーです。シルエットの美しさから人気を集めている商品の一つで、デザイン性を重視して選択する場合にはおすすめです。

握りやすさも重視されて作られているブルホーンバーになっているので、それぞれのメーカーの良さが集まった商品になっています。街乗り使用にも利用ができますし、長距離の利用にもおすすめになります。選択の一つとして検討してみてください。

TNI/T.T Bar

タイムトライアルなどの競技で使用されるハンドルを手掛けている、有名なブランドTNI。その中でもタイムトライアル用に作られたブルホーンバーで、なで肩使用で低い前傾姿勢が取りやすい商品です。内臓型のブレーキバーも利用できるようになっています。

タイムトライアル用で作られたブルホーンバーですが、さまざまなシーンで利用ができるのが魅力です。街乗りにクロスバイクに取り付けても、楽しめる使用になっています。スピード感を重視て選択する場合には、おすすめのハンドルになります。

プロファイルデザイン/エアウィング OS ブルホーンバー

トライアスロン用のブルホーンバーで有名なプロファイルデザインが提供するのが、エアウィングOSブルホーンバーです。なで肩使用になっているので、先述したハンドルのように低い前傾姿勢が取りやすい形状になっているのが特徴です。

見た目はトライアスロンで使われることが多いので、スポーティーな感じに仕上がります。街乗りでもシルエットの美しさと合わせて楽しめるのが魅力でしょう。スピードも出せるので、長時間運転でサイクリングなどにもおすすめのハンドルです。

SOMA/ エルトロ パシュートバー

うるホーンバーにはアルミ製が多いのですが、SOMAのエルトロパシュートバーはスチール製になっています。街乗りで利用するクロスバイクをカスタマイズするには最適と言われているハンドルになり、内径にはエアロブレーキレバーが入ります。

さりげなく独自性を楽しめるのも魅力と言われていて、パーツなども含めてカスタマイズを楽しみたい方にはおすすめのハンドルの一つになります。

EASTON/デルタフォースアルミニウムブルホーン31.8

最後に紹介するのは、EASTONのデルタフォースアルミニウムブルホーン31.8。街乗り使用はもちろんですが、エアロフォースシリーずと組み合わせて使用するとタイムトライアルやトライアスロンの競技にも利用できるハンドルです。

スタイリッシュなデザイン性が人気があるので、小径車でも利用ができるので人気を集めています。幅広く利用可能になっているので、ブルホーンバーを探している人はチェックしてみてください。

クロスバイクにブルホーンバーを取り付けてみよう

クロスバイクをオシャレに楽しめるブルホーンバーは、トライアスロンなどの競技だけではなく街乗りも快適にしてくれるのでおすすめ。何よりも、体の負担を顕現してくれ楽な形で前傾姿勢が取れるのは魅力の一つと言えるでしょう。

そして、自分でクロスバイクをカスタマイズしていくのも楽しめる要素です。ですが、ブルホーンバーの取り付けに自信がない方は、自分では行わないで自転車屋に頼むのをおすすめします。いろんな種類があるので、まずはチェックしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ