田端駅は山手線の穴場スポット!周辺のおすすめのグルメや名所を調査!

田端駅は山手線の中であまり目立たない駅ですが、鉄道の聖地や人気映画のロケ地、文士の街として知られています。田端駅周辺には鉄道ファンにおすすめの観光スポットがいくつもあり、散策を楽しむことができます。田端駅周辺のおすすめスポットやグルメを紹介します。

田端駅は山手線の穴場スポット!周辺のおすすめのグルメや名所を調査!のイメージ

目次

  1. 1鉄道の聖地!山手線田端駅を探検
  2. 2田端駅の様子
  3. 3田端駅は映画『天気の子』のロケ地
  4. 4田端駅周辺のおすすめ名所
  5. 5田端駅周辺のおすすめ観光スポット
  6. 6田端駅周辺の人気グルメスポット
  7. 7田端駅のある街を散策してみよう

鉄道の聖地!山手線田端駅を探検

東京都北区の田端駅は、山手線の中で最も地味な駅と言われています。山手線の駅の中で、鶯谷駅や目白駅に次いで最も乗降客数が少ない駅で、しかも駅の周りには商店街や大型ショッピングモールもなく、東京の他の駅のように若者が集まる街でもありません。

しかし田端駅は、鉄道ファンの間では人気がある街で、駅の北側には尾久車両センターやJR東日本 田端運転所、山手線で唯一の踏切など、鉄道関連の施設や名所がいくつもあります。また鉄道に関連するオブジェも多く、街歩きが楽しいスポットです。

東京の穴場散策スポット田端駅周辺をご案内

田端駅は東京の北東部にあり、山手線では西日暮里駅と駒込駅の間にあります。上野や巣鴨など東京でも人気のエリアに挟まれ、ひっそりと佇む穴場スポットです。

周辺の駅のようにレトロな街並みが楽しめるわけではありませんが、最近はその静かな雰囲気が注目されていて、山手線のおすすめ街歩きスポットとして人気上昇中です。今回は鉄道の聖地として有名な田端駅の魅力や、その周辺のおすすめの観光名所を紹介します。

田端駅の様子

東京に住んでいても、山手線の田端駅に降りたことがないという人が多いのではないでしょうか。そこでまず最初に、田端駅について詳しく紹介しましょう。

田端駅は、埼玉方面からの京浜東北線が山手線と合流する駅で、田端駅から品川駅までは山手線と並行するように走ります。京浜東北線は日中は快速運転になり停車しない駅がいくつかあるのですが、田端駅は合流駅なので快速列車の停車駅になっています。

駅構内

田端駅は上でも紹介したように山手線と京浜東北線が乗り入れていて、ホームが2つあります。田端駅は、山手線と京浜東北線の乗り換え駅として多く利用されています。

田端駅のホームは吹き抜けになっていて、開放感があります。ホームからはコンコースにあるスターバックスなどのカフェを見ることができ、東京の駅の中でも珍しいデザインとなっています。

田端駅には北口と南口の2つの改札口があります。北口には駅ビルのアトレヴィ田端があり、成城石井やTSUTAYAなどのショップが入っています。北口駅前は整備され、バスの停留所やタクシー乗り場などがあり、田端の町が広がっています。

南口の駅舎

田端駅の南口は、北口とは対照的な雰囲気です。南口の駅舎は東京の駅とは思えないほど小さな駅で、まるで田舎にあるような無人駅のような外観です。したがって田端駅で待ち合わせをする場合、必然的に北口が待ち合わせスポットとなるようです。

田端駅の南口は東京でも珍しい、駅員さんが常駐していない駅舎で、駅員さんと話すにはインターホンで北口の駅員さんを呼ばなくてはなりません。田端駅の南口周辺にはコンビニもなく、山手線の駅の中ではとても地味な存在となっています。

高低差のある街並み

田端駅は武蔵野台地の崖の上にあり、北口はちょうど崖の中腹あたりに作られています。田端駅を境に東側、つまり山手線の内側が低地、西側、つまり山手線の外側が台地になっているのが特徴です。

北口と南口は高低差があり、北口に広がる低地は海抜6メートル、南口の台地は24メートルあります。18メートルもの高低差は坂道を上ったり下ったりしながら行き来しなければならないので、田端駅周辺に住むのは足腰が強くないと大変かもしれません。

JR東日本 田端運転所

田端駅は1896年に開業しました。当時は山手線はなく後の東北本線が走っていて、田端駅は北の玄関口の役割を果たしていました。

1905年にそれまで田端駅を起点としていた常磐線が上野駅を起点とするようになり、田端駅は北の玄関口としての役割を終えます。以後、田端駅は鉄道貨物の要衝地としての役割を果たすようになりました。

JR東日本 田端運転所はJR東日本の車両基地の1つで、田端駅北口より徒歩7分のところにあります。田端運転所には運転士が常駐しているので、車両センターとは呼ばずに運転所と呼ぶのだそうです。

田端運転所は普通の車両はなく、主に寝台列車や貨物、電気機関車などが停車しています。おすすめの撮影スポットは道路沿いで、鉄道ファンにたいへん人気があるスポットです。

田端駅は映画『天気の子』のロケ地

新海誠監督による「天気の子」は2019年に上映された大ヒット映画です。「天気の子」の重要な場面に田端駅と思われるシーンがあり、ファンの聖地としてたいへん人気があります。

田端駅の南口を出てすぐのところにある坂道は、2人の主人公が出逢う重要な場面に使われています。不動坂と呼ばれる場所で、雨の中、傘を差した2人が出逢うシーンです。今も「天気の子」ファンが訪れる人気スポットとなっています。

田端駅周辺のおすすめ名所

ここからは田端駅周辺のおすすめの名所を紹介しましょう。田端駅からは少し距離がありますが、旧古河庭園は東京都北区の人気スポットです。

また列車が通る様子を眺めたい人は田端ふれあい橋もおすすめです。周辺には鉄道に関するオブジェもたくさん置かれています。

旧古河庭園

旧古河庭園は京浜東北線上中里駅から徒歩7分のところにある都立公園です。もと古河財閥の古河虎之助氏の邸宅だった館を公園として整備したもので、国の名勝に指定されています。

武蔵野台地の斜面を利用して作られており、小高い丘に洋館、斜面には美しい洋風庭園が広がっています。また低地には日本庭園があり、さまざまな景観が楽しめる人気スポットです。ドラマの撮影スポットにもよく利用されています。

旧古河庭園はチューリップや菖蒲、紅葉と年間を通して楽しめます。特にバラ園が有名で、約100種類200株のバラが植えられています。春と秋の見頃を迎える時期にはバラフェスティバルが開催され、多くの人が訪れます。

大正時代に建てられたレトロな洋館の中にはカフェがあり、バラを眺めながらゆっくりと過ごすことができます。デートにもおすすめのスポットです。

住所 東京都北区西ヶ原1-27-39
電話番号 03-3910-0394

東灌森稲荷神社

東灌森稲荷神社(とうかんもりいなりじんじゃ)は田端新町の東田端公園の前にある小さな神社です。創建は不明ですが、太田道灌公が方除け守護神として江戸城の周辺に作った神社の一つとされています。

十数本並ぶ赤い鳥居は、地元の鉄工会社が鉄パイプを使って作ったもので、他の神社ではあまり見られない珍しいものです。境内にはお稲荷さんが鎮座しています。

住所 東京都北区東田端1-11-1

田端ふれあい橋

田端ふれあい橋は、山手線田端駅北口の駅前にあります。1935年(昭和10年)に山手線と京浜東北線にかかる跨線橋「田端大橋」として建設されましたが、1987(昭和62年)に新田端大橋が作られて役目を終えました。

旧田端大橋は取り壊される予定だったのですが、地域の人々から強い要望があり、歩行者専用の橋として残されることになりました。名前は「田端ふれあい橋」と変わり、散策や待ち合わせスポットなどに利用されています。

田端ふれあい橋は、鉄道ファンの撮影スポットとしてもとても人気があるスポットです。橋の上には北陸新幹線や上越新幹線、橋の下には山手線や京浜東北線が通っていて、橋を通過する列車を見ることができます。

また、田端ふれあい橋には昔使われた連結器カバーやレバー、列車の車輪などがモニュメントとして設置されていて、写真撮影をするのもおすすめです。

住所 東京都北区東田端17

田端駅周辺のおすすめ観光スポット

「何もない」と言われている田端ですが、田端駅周辺は一部のファンから鉄道の聖地や文豪の街として言われているおすすめの観光地です。

ここからは鉄道ファンや文豪ファンにおすすめの人気観光スポットをいくつか紹介しましょう。田端駅周辺にはいくつもの魅力的なスポットがあります。

田端文士村記念館

田端はもともと田畑が広がるエリアだったのですが、明治の中頃に東京美術学校(現・東京藝術大学)が開校され、多くの芸術家が住むようになりました。

また大正から昭和にかけて芥川龍之介や萩原朔太郎、菊池寛、堀辰雄など若き日の文士が多く集まり、「文士村」と呼ばれることもありました。田端にゆかりのある芸術家や文豪を紹介する資料館として1989年に設立されたのが田端文士村記念館です。

記念館には芥川龍之介が田端で暮らした家の模型や、文士・芸術家たちの作品、オリジナル映像などを展示しています。また定期的に企画展を行っていて、田端ゆかりの文士たちの活躍を知ることができます。

住所 東京都北区田端6-1-2
電話番号 03-5685-5171

尾久車両センター

尾久車両センターは、JR田端駅の北側、尾久(おく)駅と田端駅の間に位置するJR東日本の車両基地です。鉄道ファンにはたまらないスポットで、尾久駅の入場券を買って駅構内に入ると、寝台列車カシオペアやディーゼル機関など多彩な列車を見ることができます。

駅は広く、また常に車両が留置されているわけではないので、お目当ての車両が見たい人は下調べをしておくのがおすすめです。田端運転所に隣接しているので、合わせて訪れることができます。

住所 東京都北区昭和町1

第二中里踏切

第二中里踏切は駒込駅と田端駅の中間にある踏切です。山手線で唯一の踏切で、鉄道ファンに人気スポットになっています。1925年(大正14年)に作られた歴史のある踏切で、撮影スポットとしてもおすすめです。

実はこの踏切、「開かずの踏切」としても有名で、ラッシュ時には1時間あたり合計40分間も遮断機が下りているそうです。第二中里踏切は廃止が決まっていて、陸橋が作られる予定です。見学に行きたい人は、早めに訪れるようにしましょう。

住所 東京都北区中里3-1-2

JR東日本ホテルメッツ 田端

JR東日本ホテルメッツ 田端は、電車好きにおすすめのスポットです。トレインビュールームがあり、宿泊をすると部屋の中から田端駅を通る新幹線や貨物列車を眺めて過ごすことができます。はやぶさの時刻表も用意してあるので、はやぶさを間近に見ることもできます。

トレインビュールームはシングルルームのみですが、上越新幹線や東北新幹線などが一度に見ることができるレアなスポットとして人気があります。鉄道グッズ付きの宿泊プランもおすすめです。

ホテルに宿泊をしなくても、館内のカフェ&バー「PRONTO」から列車を見ることができ、鉄道ファンの人気スポットとなっています。

住所 東京都北区東田端1-17-20
電話番号 03-3810-2255

田端駅周辺の人気グルメスポット

ここからは田端駅周辺の人気グルメスポットを2選紹介しましょう。田端駅周辺には居酒屋や大衆食堂があります。

ランチやディナーにおすすめのスポットもたくさんありますが、ここではその中から厳選し、特に人気があるお店を紹介します。

動坂食堂

動坂食堂は千代田線千駄木駅から徒歩10分ほど、北区の動坂下交差点にある大衆食堂です。田端駅周辺で60年以上続く老舗で、昭和レトロな外観のお店です。全部で40以上席があり、早い時間帯から地元の人で賑わう人気店です。

ミックスフライや生姜焼きなど定食は20種類、単品は60種類を超えるメニューがあり、毎日食べても飽きることはありません。ランチはもちろんのこと、夜はお酒を飲みながら、もつ煮込みなどの一品料理をつまむのもおすすめです。営業時間は10:00~22:00で、日曜・祝日定休です。

住所 東京都文京区千駄木4-13-6 アドリーム文京動坂1F
電話番号 03-3828-4498

ケムリ 参

ケムリ 参(さん)は、田端銀座商店街にたたずむ焼き鳥店です。世田谷区代田の人気店「ケムリ本店」からのれん分けした人気店で、本格炭火焼鳥が堪能できます。

新鮮な国産の鶏肉を使った美味しい焼き鳥を味わうことができ、特製のタレも美味しいと大評判です。昭和歌謡が流れるレトロなお店で、お酒もビールや地酒、焼酎とたくさん揃っています。営業時間は17:00~21:30で、火曜定休です。

住所 東京都文京区本駒込5-47-5
電話番号 03-3823-5155

Thumb田端のおすすめ居酒屋を厳選して紹介!女子会やデート向けのお店もチェック!
田端にはおすすめの居酒屋がたくさんあります。おしゃれな感じがあり、女子会やデートに利用できる...
Thumb田端の人気ランチ特集!ボリュームやコスパ重視派も大満足の名店揃い!
東京都北区の田端には安くて美味しいランチが食べられるスポットがたくさんあります。ここでは大衆...

田端駅のある街を散策してみよう

田端駅周辺には歓楽街がなく、落ち着いた雰囲気の街並みが広がっています。治安もよく、家賃が安いのも特徴で、東京の穴場スポットとなっています。

最近田端駅周辺は少しずつ開発が進み、昔ながらの街並みが変わってきていますが、まだまだ魅力的な観光スポットがたくさん残っています。田端駅周辺をのんびりと歩いて、散策を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ