よこはま動物園ズーラシアへのアクセス方法まとめ!バス・電車・車で比較!

よこはま動物園ズーラシアは、JRと相鉄の間のあたりにあるため、アクセスが気になるところです。そこでズーラシアのアクセス方法について、公共交通機関を利用する場合、車を利用する場合に分けて紹介します。あわせておすすめのアクセス方法についても紹介していきましょう。

よこはま動物園ズーラシアへのアクセス方法まとめ!バス・電車・車で比較!のイメージ

目次

  1. 1よこはま動物園ズーラシアのアクセス方法をご紹介
  2. 2よこはま動物園ズーラシアまでのアクセス方法(1)電車
  3. 3よこはま動物園ズーラシアまでのアクセス方法(2)バス
  4. 4よこはま動物園ズーラシアまでのアクセス方法(3)車
  5. 5よこはま動物園ズーラシアまでおすすめのアクセス方法は?
  6. 6よこはま動物園ズーラシアの周辺観光スポット
  7. 7よこはま動物園ズーラシアへのアクセスは公共交通機関で!

よこはま動物園ズーラシアのアクセス方法をご紹介

「よこはま動物園ズーラシア」は1999年に横浜動物の森公園の中にオープンした動物園です。日本最大級の都市型動物園と言われており、特に動物が実際に生活している地域の環境を再現していることから、人気も高い動物園です。ズーラシアへのアクセス方法について紹介していきましょう。

よこはま動物園ズーラシアとは?

よこはま動物園ズーラシアは、敷地内を世界の気候帯にあわせて分け、そこにそれぞれの気候帯に住む動物を配置するという方法を取っています。そのため、動物たちが実際に生活している環境に近い中で見学することができるようになっています。

さらに、動物と見学者との間にはモートという溝で仕切られているところも多く、より自然に近い状態の動物を見ることができるという点でも人気があります。生態展示と呼ばれるこのような方法としては日本トップの動物園を目指し、作られたのです。

展示動物は約70種400点にものぼり、特に世界三大珍獣の一つと言われる「オカピ」や、日本ではズーラシアにしかいない「モウコノロバ」「テングザル」などを見学できるのもおすすめのポイントです。

一方、ズーラシアが計画された時、同じ横浜にある野毛山動物園の動物のほとんどはこちらに移される予定でした。そのために広い敷地を確保し、大きな動物園にする予定だったのです。しかし横浜市民の反対により、野毛山動物園はそのまま存続されることになりました。

その結果、ズーラシアは日本最大級と言われる規模を持つ動物園となった反面、アクセスの面では横浜にあるにもかかわらずやや不便な場所になってしまいました。では、ズーラシアにはどのようなアクセス方法があるのか、具体的に紹介していきましょう。

よこはま動物園ズーラシアまでのアクセス方法(1)電車

それでは、ズーラシアへのアクセス方法について紹介していきましょう。まずは公共交通機関を利用してのアクセスということで、電車を使って最寄り駅まで行く方法から紹介していきます。ズーラシアは複数の最寄り駅があるのですが、それらの駅の真ん中にあるため、電車だけでは少し遠いです。

JR・地下鉄「中山駅」および相鉄線「鶴ヶ峰駅」が最寄り駅

ズーラシアは住所で言うと、神奈川県横浜市旭区にあります。公式サイトにあるアクセスマップを見るとわかるように、ズーラシアがある場所はJR横浜線と相鉄線にはさまれたところになります。そのためJRもしくは相鉄で近くの最寄り駅まで行き、アクセスすることになります。

距離的な意味で最寄り駅と言えるのは、JRでは「長津田」駅、「中山」駅、相鉄では「鶴ヶ峰」駅、「二俣川」駅、「三ツ境」駅の5つが挙げられます。ズーラシアの北側をJR、南側を相鉄が走ります。

駅から近いのであれば、これらのうちの都合がいい駅が最寄り駅ということで解決するのですが、ズーラシアの場合そう簡単にはいきません。次に述べますが、ズーラシアはこれらの最寄り駅から徒歩でアクセスすることは難しいためです。

ですから、ズーラシアへのアクセスということを考え合わせた場合の最寄り駅はもう少し限られます。JRと横浜市営地下鉄を利用する方は「中山」駅、相鉄線を利用する方は「鶴ヶ峰」駅、「三ツ境」駅が最寄り駅となります。

横浜方面から来る方は、JR、横浜市営地下鉄、相鉄いずれを利用する場合でも最寄り駅までは一本で行くことができます。遠方から新幹線を利用する方は「新横浜」駅で下車し、JR横浜線で「中山」駅に出るといいでしょう。

逆に藤沢方面から来る場合は、「大和」駅で相鉄に乗り換え、「三ツ境」駅に出ると近いですし、横浜から相鉄利用なら「鶴ヶ峰」駅が最寄り駅となります。いずれにしても電車の場合は、複数の路線が使えますから、使いやすい電車を利用して最寄り駅まで移動しましょう。

最寄り駅からはバスを利用しよう

電車でアクセスする場合、最寄り駅からはバスに乗り換える必要があります。相鉄の「鶴ヶ峰」駅、「三ツ境」駅からは北口に、JR「中山」駅からは南口に降りて、そこから「よこはま動物園」行きのバスを利用してアクセスします。

バスの運行状況などについては、後から詳しく紹介しますが、これらの最寄り駅からのバスは比較的本数も多く、また所要時間も15分ほどと、さほど遠くはありません。それでもバスで15分ですから、徒歩でアクセスするのは難しいでしょう。

よこはま動物園ズーラシアまでのアクセス方法(2)バス

次に、ズーラシアへのアクセス方法であるバスについて紹介します。今述べたように、ズーラシアは電車の駅から距離があり、電車だけでアクセスすることは難しいです。公共交通機関を利用してアクセスする場合、どうしても電車だけでなくバスでのアクセスが必要となります。

電車のアクセス方法のところで、ズーラシアへバスでアクセスできる電車の駅を最寄り駅として紹介したのですが、実はもう一つ、ズーラシアに電車を使わずにアクセスする方法もあります。そこでその路線から次に紹介していきましょう。

横浜駅から直通バスが運行

ズーラシアにアクセスする方法でもう一つあるのは、「横浜」駅から直通のバスを利用する方法です。横浜駅は何と言っても横浜の中心駅でもあり、先ほど電車で紹介したJR、横浜市営地下鉄、相鉄などを利用する場合でも横浜駅を経由します。

ですから、横浜駅から直接バスを利用してアクセスできれば、電車を乗り換えしなくていい分、楽にアクセスできるというメリットもあります。

一方、ズーラシアのある場所は横浜駅から距離があります。そのため、横浜駅からの直通バスを利用してアクセスしようとするとどうしても時間がかかります。横浜駅からの直通バスを利用してアクセスしようとすると、バスで約1時間かかります。

横浜駅から先ほど紹介した最寄り駅まで電車で移動し、それからバスに乗り換える場合と比べると、利用する路線にもよりますが、トータルの所要時間は30分程度です。つまり横浜駅から直通バスを利用する方が時間がかかるということになります。

また、バスはどうしても渋滞などの影響を受けやすいという問題もあります。特にズーラシアに行く時は休日を利用する方が多いでしょう。休日は渋滞しがちなので、予定時間以上に時間がかかる可能性も否定できません。

本数が少ないので注意が必要

横浜駅から直通バスを使う場合、もう一つのデメリットとして挙げられるのは、バスの本数が少ないという点です。横浜駅からの直通バスは途中で鶴ヶ峰駅を経由するバスなのですが、横浜駅からのバスは平均すると1時間に1本程度といったところです。

平均するとですから、時間帯によってはバスがない時間帯もあります。多い時には2時間近くバスがない時間帯もあるようなので、もし利用するとすればしっかりと時間を確認して横浜駅に行くことが必要です。

ズーラシアまでの所要時間、バスの本数などを考え合わせると、このルートはあまりおすすめできません。ズーラシアに行くのであれば、次に紹介するように、最寄り駅まで電車でアクセスし、そこからバスに乗り換える方がいいでしょう。

中山駅・鶴ヶ峰駅からのバスは運行本数が多いため便利

次に、先ほど紹介した最寄り駅まで移動して、そこからバスを使ってズーラシアまでアクセスする方法について紹介します。先ほど述べたように、ズーラシアには「中山」駅、「三ツ境」駅、「鶴ヶ峰」駅からバスが出ており、多くの方はこれらのバスを使い、ズーラシアにやってきます。

降りるバス停は「よこはま動物園」ですが、土日祝日などの場合は北門まで行くバスもあります。サバンナエリアなどを見たいという方はこちらからアクセスするのがおすすめです。ただし平日は正門からしか出入りはできません。

この3つの駅からのバスですが、どのバスを使ってもズーラシアまでの所要時間は15分ほどと変わりません。そのため、一番便利のいい駅からバスを利用すればいいということにはなるわけですが、路線によって本数が多少違うので、そのあたりも確認するとよいでしょう。

電車の駅そのものはどの駅を使ってもあまり変わらないというのであれば、おすすめなのは「中山」駅と「鶴ヶ峰」駅を経由する方法です。理由は「三ツ境」駅よりもバスの本数が多いからです。

時間帯によっても違いますが、営業時間帯のバスの本数を見ると、三ツ境駅のバスは1時間に2本程度です。それに対して中山駅、鶴ヶ峰駅のバスは平日で3本から4本、土日などは5本程度ある場合もあります。これだけあればさほど待ち時間も気にならないでしょう。

ただし、ズーラシア行きのバスで注意してほしいのが、鶴ヶ峰駅からのバスです。先ほど少し触れたように、鶴ヶ峰駅からのバスの中には横浜駅から来る直通バスが含まれています。このバスは特に休みの日は遅れる可能性があります。

もし鶴ヶ峰駅からのバスを利用する予定ならば、可能ならば横浜駅からのバスを外すことをおすすめします。とはいえ、指定席などではありませんから、来たバスに乗ればいいと考えればさほど気にしなくてもよいかもしれません。

よこはま動物園ズーラシアまでのアクセス方法(3)車

家族でズーラシアに行く方など、車を利用するという方も多いでしょう。ズーラシアには車を利用してアクセスすることもできます。次に車を利用してアクセスする方法について紹介します。

車を利用する場合の最寄りICは2つあります。1つは「下川井」ICで、千葉や東京方面、また静岡などからアクセスする方の場合は保土ヶ谷バイパスを経由して下川井ICで降りるのがおすすめです。ICからは2キロほど、約5分でズーラシアまでアクセスすることができます。

一方、第三京浜道路を利用してアクセスする方は「港北」ICを利用してアクセスすることもできます。この場合はICからは7キロほどあり、約20分かかります。こちらもさほど時間はかからずにアクセスすることができます。

よこはま動物園ズーラシア駐車場情報

ズーラシアに車でアクセスする場合に気になるのが駐車場です。ズーラシアには大きな駐車場があり、車でアクセスしたばあいはそちらを利用することになります。

ズーラシアの駐車場は約2200台が収容できます。利用できるのは開園時間1時間前から閉園時間1時間後までで、入場は閉園時間の30分前までとなっています。ですから、閉園時間いっぱいまでズーラシアを楽しみ、絵土産などを購入することもできます。

これだけ収容台数が多いので、基本的には問題なく利用できますが、休日は混雑することが予想されます。ズーラシアまでのアクセスも考えると、休日に行く予定の方は時間に余裕をもってアクセスすることをおすすめします。また、駐車場は有料となっており、車の場合1日1回1000円かかります。

Thumb「よこはま動物園ズーラシア」は横浜の人気スポット!料金や駐車場は?
横浜の人気動物園かつ有名観光スポットでもある「よこはま動物園ズーラシア」。横浜の中心地からは...

よこはま動物園ズーラシアまでおすすめのアクセス方法は?

以上のように、ズーラシアまでのアクセス方法にはバスや車などがあります。電車でアクセスする場合でもバスを利用する必要があるため、後はどのルートが便利かによって決めることになります。

バスを使ってアクセスしようという場合、おすすめなのは「鶴ヶ峰」駅、もしくは「中山」駅を経由する方法です。この2つのルートはバスの本数が多く、電車から乗り継ぎがしやすいためです。

車でアクセスする場合は、休日など時間に余裕を持たせる必要はありますが、乗り換えがないので家族連れなどの場合は便利かもしれません。駐車場も長時間停めても料金が上がることがないので、ゆっくりズーラシアを楽しむことができるでしょう。

よこはま動物園ズーラシアの周辺観光スポット

最後に、ズーラシアに行った時に一緒におすすめしたい周辺観光スポットを紹介します。ズーラシアは最初に述べたように横浜動物の森公園の中にあり、広い緑地地域が広がっています。この中に動物園のほか、「里山ガーデン」という植物園などがあります。

里山ガーデンのほうは、美しい花に関係したイベントなどがよく行われています。場所としてはズーラシアの北門に近いほうにあり、基本的に土日祝日や里山ガーデンでイベントが行われている場合はこちらの方までバスが延長して運転されます。

また、同じくズーラシアの隣に「フォレストアドベンチャーよこはま」という施設があります。こちらは名前の通り、豊かな森林の自然を体験しながら体を動かすことができる施設であり、樹を渡り歩いたり、地上までジップを使い滑り降りたりといった、ダイナミックなアスレチックが楽しめます。

子供はもちろんですが、大人でも十分に楽しめる施設であり、午前中にこちらで遊び、午後からズーラシアに行って動物を見学して楽しむというプランもおすすめです。都心から近くで、存分に自然体験したい方には楽しみが多いスポットです。

よこはま動物園ズーラシアへのアクセスは公共交通機関で!

よこはま動物園ズーラシアは、豊かな自然と、その中で生活する動物の姿を見ることができると評判の動物園です。最寄り駅からのアクセスはやや遠いですが、そこまでの電車や駅からのバスの便は比較的よく、特に休日ならば公共交通機関を利用してアクセスすると楽でしょう。ぜひズーラシアで珍しい動物を存分に楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ