沖縄こどもの国は動物園など子供も大人も楽しめる!料金や見どころは?

沖縄観光の数多くあるおすすめスポットの中から、今回ご紹介するのは「沖縄こどもの国」です。「沖縄こどもの国」は動物園をはじめ、子供から大人までが楽しめる充実した施設となっています。料金や見どころなどとともに「沖縄こどもの国」の魅力をご紹介したいと思います。

沖縄こどもの国は動物園など子供も大人も楽しめる!料金や見どころは?のイメージ

目次

  1. 1「沖縄こどもの国」は見どころいっぱい!家族で楽しめる魅力をご紹介!
  2. 2「沖縄こどもの国」ってどんな施設?
  3. 3「沖縄こどもの国」は3つの施設から成っている
  4. 4「沖縄こどもの国」内にある「ふるさと園」は国登録有形文化財
  5. 5「沖縄こどもの国」の「乗り物コーナー」は子どもたちの笑い声でいっぱい
  6. 6「沖縄こどもの国」は「バードウォッチングデッキ」で釣り堀も楽しめる
  7. 7「沖縄こどもの国」の口コミ
  8. 8「沖縄こどもの国」の入場料金と基本情報
  9. 9「沖縄こどもの国」へのアクセス方法
  10. 10「沖縄こどもの国」に家族みんなで出かけよう!

「沖縄こどもの国」は見どころいっぱい!家族で楽しめる魅力をご紹介!

沖縄の地元の人たちをはじめ、観光にも人気のおすすめスポット「沖縄こどもの国」についてご紹介したいと思います。「沖縄こどもの国」は動物園をはじめ、見どころ満載のおすすめスポットです。

子供から大人までが楽しむことができる「沖縄こどもの国」の魅力について、料金や見どころなどを含めご紹介したいと思います。

「沖縄こどもの国」ってどんな施設?

地元の人たちをはじめ、訪れる人たちに人気のスポット「沖縄こどもの国」とはどのような施設なのでしょうか。「沖縄こどもの国」は、沖縄本島中部、沖縄市にあります。動物園を含め、いくつかの施設からなっている見どころ満載の魅力あふれるおすすめスポットです。

「沖縄こどもの国」は沖縄県内唯一の動物園がある

「沖縄こどもの国」は沖縄県内唯一の動物園があります。沖縄で動物園といったら「沖縄こどもの国」というように、子供連れで訪れる地元の人たちも多く、人気のスポットとなっています。

沖縄県唯一の動物園のある「沖縄こどもの国」では、たくさんの種類の動物を見るだけではなく、他にも色々な楽しみがあるので、ぜひ訪れ、ここでしかあじわうことができない充実した時間を過ごすのはいかがでしょうか。

「沖縄こどもの国」は3つの施設から成っている

「沖縄こどもの国」は3つの施設から成っています。これからその3つの施設を1つずつ取り上げご紹介していきたいと思います。

ご紹介する「沖縄こどもの国」の3つの施設とは、「動物園」、「ワンダーミュージアム」、「チルドレンズセンター」です。それぞれの施設の特徴や魅力などについてご紹介します。

1:動物園

「沖縄こどもの国」の施設1つ目にご紹介するのは「動物園」です。沖縄県唯一の動物園、そして日本最南端にある動物園では、子供たちに人気のたくさんの動物たちが飼育されています。

動物園には大型の動物たちを見ることができる他にも、小動物たちに触れ合うことができるふれあい広場もあります。ふれあい広場は10時から17時まで利用することができます。

ふれあい広場には休憩時間もあります。休憩時間は1回目が12時から13時、2回目は14時30分から15時までです。また、園内では動物が食事をしている様子などを見ることもできます。

また、動物園内には乗馬のできるエリアもあります。土曜日と日曜日、祝日限定で乗馬や馬にエサやりの体験ができます。乗馬体験は馬に乗って広場を1周することができます。乗馬体験の料金は500円です。14時30分から15時30分と16時から17時の1日2回開催時間が設けられています。

馬にエサをあげて触れ合うこともできます。14時30分から17時まで開催されています。エサあげ体験は200円です。馬との触れ合いを楽しむことができるおすすめの体験です。

琉球弧の動物や世界の生き物など200種近くの生き物に会える

「沖縄こどもの国」の動物園の特徴は、世界の生き物など200種近くの生き物に会えることに加え、琉球弧の動物に会えるということです。動物園の中にある「アークおきまる」には、琉球列島に生息している貴重な動物たちが飼育されています。

「アークおきまる」のそばには在来家畜コーナーがあります。この土地ならではの動物たちと会える動物園内でもおすすめのコーナーです。

ぜひ、足を運んでこの動物園でしか会うことができない琉球弧の動物たちと会ってみるのはいかがでしょうか。思い出に残る貴重な時間となるに違いありません。

大人も子供も楽しめる人気施設「ライオン舎」がおすすめ

「沖縄こどもの国」の動物園には、大型の動物、象やキリンカバや小動物に至るまでたくさんの種類の動物たちが飼育されていますが、中でも人気なのが「ライオン舎」です。

ライオンがより自然に近い環境で生活できるように工夫された「ライオン舎」は、岩山があり、「沖縄こどもの国」の地形をいかした高低差のある造りになっています。

そして、「ライオン舎」には回遊デッキがあって360℃様々な角度からライオンを観察できるようになっています。ライオンを横から上からと様々な姿を見ることができ、子供から大人までが楽しめる施設です。

「沖縄こどもの国」の「ライオン舎」では、茶色のライオンとホワイトライオンを見ることができるというのもこの動物園のおすすめポイントです。

「ライオン舎」は高低差のあるところに建っていますが、バリアフリーになっているのもおすすめポイントです。ベビーカーなどでお越しの際もスロープを使って気軽にお子様と一緒に「ライオン舎」を訪れ、ライオンを観察して楽しむことができます。

「ライオン舎」の楽しみはライオンを観察するだけではなく、「ライオン舎」の頂上にある休憩所もおすすめです。沖縄の街並みや海を眺めながらゆっくりと休憩することができるスポットとして「ライオン舎」を訪れる人たちに人気です。

2:ワンダーミュージアム

「沖縄こどもの国」の施設2つ目にご紹介するのは、「ワンダーミュージアム」です。「ワンダーミュージアム」は子供たちが実際に触れたり、遊んだりしながら様々な発見や驚きなどを感じることができる体験型ミュージアムです。ワークショップで色々な体験をすることもでき、訪れる子供たちに人気です。

「ワンダーミュージアム」では、様々な企画展なども開催されます。「ワンダーミュージアム」のイベントなどについての情報は、「沖縄こどもの国」のホームページよりご覧いただくことができます。

「ワンダーミュージアム」の入館料は、大人200円、4歳以上から高校生までは100円になります。3歳までは無料となっています。想像力をたくさん働かせて楽しむことができる「ワンダーミュージアム」は「沖縄こどもの国」の人気施設です。

3:チルドレンズセンター

「沖縄こどもの国」の施設3つ目にご紹介するのは、「チルドレンズセンター」です。「チルドレンズセンター」は無料で利用することができる人気の施設です。

「チルドレンズセンター」では、定期的に写真展や企画展の開催があります。また、沖縄に関係した本がたくさんあるので、子供たちから大人までがゆっくりと本を読んで楽しむことができます。

「沖縄こどもの国」内にある「ふるさと園」は国登録有形文化財

「沖縄こどもの国」内には「ふるさと園」があります。「ふるさと園」は、国登録有形文化財として登録されています。どのような施設なのでしょうか。

「ふるさと園」では、沖縄の気候や風土などに適するように造られた農家の建物を復元したものを見学することができます。この地ならではの建築様式などを実際に見て、貴重な文化遺産から沖縄について知識を深めるとともに、歴史を感じることができる学びの場ともなっています。

「沖縄こどもの国」の「乗り物コーナー」は子どもたちの笑い声でいっぱい

子供と一緒に「沖縄こどもの国」を訪れるという方におすすめのスポットをご紹介します。それは「乗り物コーナー」です。「沖縄こどもの国」の中でも子供たちに人気のコーナーです。

「乗り物コーナー」には、メリーゴーランドや機関車、ミニカーなどがあります。乗り物に乗って、わいわいと楽しく過ごすことができる「乗り物コーナー」はいつも子供たちの笑い声であふれています。

「乗り物コーナー」の営業時間は、4月から9月の期間は10時から17時30分までです。10月から3月の期間は、10時から17時までになります。受付は、終了時間の15分前までとなっています。

「沖縄こどもの国」は「バードウォッチングデッキ」で釣り堀も楽しめる

「沖縄こどもの国」には園内の中心部分にステージやあずまやなどのある水とみどりの広場があります。そこには「バードウォッチングデッキ」があり、釣り堀で釣りを楽しむことができます。また、ボートに乗って池から周囲の景色を眺めたりすることもできます。

釣り堀や貸しボートを利用することができるのは、毎週土曜日と日曜日、祝日となります。釣り堀で釣りを楽しむには料金が200円かかります。

営業時間は、4月から9月までは10時から17時30分までです。10月から3月までは10時から17時までの営業となります。受付は営業終了の30分前までです。悪天候の場合は利用することができない場合もありますので、ご確認ください。

「沖縄こどもの国」の口コミ

ここで、「沖縄こどもの国」の口コミをご紹介したいと思います。沖縄へ旅行に行かれる際には、口コミも参考に、ぜひ「沖縄こどもの国」へ足を運んでみるのはいかがでしょうか。

口コミには、動物たちを見ながら花や木などを見て楽しめる、珍しい動物もたくさんいて楽しめる、小さい遊園地もあるのでゆっくり1日楽しむことができる、ふれあい広場もあって子供たちが動物をさわって楽しんでいた、実験や体験のできる場所は子供と一緒に大人も楽しむことができるなどの口コミがあります。

また、ライオンがまじかで見れるので特におすすめ、敷地内は広々とのんびりしている、適当な場所でお弁当を広げていただくことができるのも良い、ワンダーミュージアムは雨の日にも楽しめるので便利などの高評価の口コミもあります。

さらに、入場料金についてはコスパが良い、敷地内については高低差があるがエレベーターや休憩場所、ベビーカーなどの通路なども整備されているので良いなどの口コミもあります。

口コミからも、「沖縄こどもの国」を訪れた人たちの満足している様子をうかがい知ることができます。雨の日にも遊べる便利なところや子供から大人まで夢中になって遊ぶことができる場所としてワンダーミュージアムが口コミでも多く取り上げられていました。施設の中でも、特に人気が高いことがわかります。

「沖縄こどもの国」の入場料金と基本情報

たくさんの魅力の詰まった「沖縄こどもの国」に行ってみたいと思いませんか。ここで、「沖縄こどもの国」の入場料金と基本情報についてご紹介したいと思います。

まず「沖縄こどもの国」の入場料金についてご紹介します。一般入場料金は、大人500円、中学生と高校生は200円、4歳以上から小学生までは100円、3歳までの幼児は無料となっています。入場料金が安いというのもおすすめポイントです。

また、有料入場者20名以上で適用されるお得な団体入場料金もあります。入場料金の他に、園内の施設利用時に料金がかかることがあります。

さらに、入場料金のお得な事前購入チケットというものもあります。「沖縄こどもの国」の公式ホームページより詳しい料金や購入方法などについてご確認ください。

次に、「沖縄こどもの国」の基本情報についてご紹介したいと思います。「沖縄こどもの国」の営業時間についてです。営業時間は、4月から9月までは夏時間となっています。9時30分から18時までです。入場は17時までとなります。10月から3月までは冬時間です。営業時間は、9時30分から17時30分までです。入場は16時30分までとなります。

「沖縄こどもの国」の営業時間について、ゴールデンウイークや夏休み、クリスマスファンタジーなどのイベント開催時には時間が変更になる場合があります。

「沖縄こどもの国」の休業日についてもご紹介します。休業日は毎週火曜日です。火曜日が祝日の場合は営業しています。翌日の水曜日が代わりに休業となります。

また、ゴールデンウイーク、春休み、夏休み、冬休み期間の火曜日は営業しています。台風の暴風域に入った場合には臨時休業となります。

住所 沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号
電話番号 098-933-4190

「沖縄こどもの国」へのアクセス方法

「沖縄こどもの国」へのアクセス方法についてもご紹介したいと思います。電車でお越しの際は、ゆいレールの旭橋駅より那覇バスターミナルへ行き、23、27、31、90系統のバスに乗って中の町バス停でバスを降ります。バスを降りてから徒歩約15分で「沖縄こどもの国」へアクセスすることができます。

車でお越しの際は、沖縄自動車道を利用して那覇南インターチェンジより車で約5分でアクセスすることができます。「沖縄こどもの国」は車でお越しの方が利用することができる無料の広い駐車場があります。

Thumb「ミニミニ動物園」は沖縄の穴場スポット!たまご屋のシュークリームも人気!
沖縄の動物園と言えば「ネオパークオキナワ」や「沖縄こどもの国」等が有名ですが、沖縄中部のうる...
Thumb沖縄中部の観光スポット9選!定番の名所やドライブにおすすめの穴場も!
沖縄中部の観光スポットには、人気の絶景スポットやドライブで行きたい穴場まで、おすすめの観光ス...

「沖縄こどもの国」に家族みんなで出かけよう!

沖縄の地元の人たちや観光に訪れる多くの人たちに人気の「沖縄こどもの国」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。「沖縄こどもの国」は動物園をはじめ、様々な楽しみの詰まっている施設、エリアによって成っている人気のスポットです。

「沖縄こどもの国」は、琉球ならではの動物を見ることができたり、自然にふれながら園内を散策したり遊んだり、ミュージアムなどの施設を利用して体験や遊びを通して色々なことを学ぶこともできます。国登録有形文化財も見学することができます。

ぜひ、沖縄観光に行かれる際には、様々な楽しみの詰まったおすすめスポット「沖縄こどもの国」へ家族で行き、楽しい時間を過ごすのはいかがでしょうか。沖縄観光での良い思い出を作ることができるに違いありません。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ