登山の服装・必要な装備まとめ!初心者向けに春夏秋冬別に徹底ガイド!

「登山を始めたいけれど、どんな服装や装備をすれば良いのか分からない」と感じている登山初心者の人も多いのではないでしょうか。今回は登山初心者の人に人気の服装や装備に関する情報を詳しく紹介しています。これから登山を始める人、おしゃれに登山を楽しみたい人は必見です。

登山の服装・必要な装備まとめ!初心者向けに春夏秋冬別に徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1登山に必要な装備とおすすめの服装とは?
  2. 2登山の服装の基本は「重ね着」?
  3. 3春の登山の服装・必要な装備
  4. 4夏の登山の服装・必要な装備
  5. 5秋の登山の服装・必要な装備
  6. 6冬の登山の服装・必要な装備
  7. 7登山の服装・必要な装備で気になるポイント
  8. 8登山の服装・必要な装備をチェックしておこう!

登山に必要な装備とおすすめの服装とは?

激しい運動を伴うアウトドアの定番「登山」は、サッカーや水泳、テニスなどの本格的なスポーツと同様の運動量を消費すると言われてます。

山によって登山の難易度は大きく異なりますが、普段着のまま登山をすれば危険に直結する可能性があります。特に標高の高い山での登山を快適に楽しむためには服装や装備を充実させておく必要があるでしょう。

今回は季節によって異なる登山の服装や装備について詳しく紹介しましょう。日本には美しい四季があり、登山を楽しむ人にとって四季を意識した服装や装備をすることはとても大切です。

登山初心者でも分かりやすいよう、季節ごとに適したメンズ・レディースの服装や装備を一つ一つ紹介していきますので、普段登山を楽しんでいる時の服装や装備と照らし合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

登山の服装の基本は「重ね着」?

ここではメンズとレディースどちらの服装や装備のおすすめアイテムについて紹介します。春夏秋冬それぞれの季節に適したおすすめの服装や装備について紹介しますが、どの季節においても登山では基本とされる服装があることをご存じでしょうか。

登山では「重ね着」をすることが大切と言われています。別名「レイヤリング」とも言われますが、登山では体温をいかに上手に調整するかが快適に登山を楽しめるかのポイントとなります。もし体温調整に失敗すると夏には熱中症などを発症する恐れがあります。

標高の低い場所にある登山口のから厳重な服装や装備をして挑む登山者が多いのは、簡単に脱ぎ着できる服装をしている人ことも大きな理由です。

登山ならではの激しい縦走や長い寒暖登りをしていくうちに体温がどんどん上がっていきますが、そこですぐに一枚脱げる服装をしていないとたくさんの汗をかくことになります。

汗は身体を冷やすため体温調整をより難しくさせるだけでなく、身体から水分を奪ってしまいます。登山には水分補給が欠かせませんが、できれば重い荷物や装備を持ちたくないというのも事実ではないでしょうか。

レイヤリング、つまり重ね着を上手にすることで体温調整をすれば、無駄なく登山を楽しめるようになるでしょう。寒くなったらすぐに一枚羽織る、暑くなったらすぐに一枚脱ぐようにするためには、服に使用されている素材にも気を付けておきたいものです。

登山時の服装に適した素材とは?

登山者の間で人気の高い服の多くは化繊素材を使用したものです。綿を使用した服装では汗が乾きにくく、また化繊素材を使用した服装よりも重いため登山には適さないとされています。

その点、化繊素材を使用した服装というのは軽くて暖かいことが登山に非常に適しています。独特の軽さとソフト手触りで、コンパクトに収納できるモデルが多いことも化繊素材を使用した服装の大きな特徴といえるでしょう。

暑くなったらすぐに収納、寒くなればすぐに着ることのできる化繊素材を使用した服装を着ていくことが、登山を快適に楽しむためのポイントの一つです。

すぐに汗を発散してくれるのも化繊素材の大きな特徴でもあるため、ムレが気になるという人からの人気が高いことも特徴です。登山の際は化繊素材を使用した服装を装着して出かけることがおすすめです。

春の登山の服装・必要な装備

まずは春の時期に登山を楽しむ人におすすめの服装や人気の装備について紹介をしてきます。梅や桜の花が咲く春は、登山者の間でも特に人気の高い登山の季節と言えるでしょう。

冬の寒さを超えて、厳しい暑さが訪れる手前の時期でもある春は、天候が変わりやすい時期でもあります。暑さが来る前に思い切り登山を楽しみたいと考える人も多いかも知れませんが、春の登山は山によって散策路にまだ雪が残っている可能性があります。

また春は風が強く吹く日も多いことが特徴となっていますので、標高の高い山で登山を楽しむ人は服装や装備など防寒対策が必要と言えるでしょう。場所によって多く虫が発生する可能性がありますので虫対策も併せて行っていきましょう。

それらをふまえても春は秋と同様、登山に適した季節のため登山初心者であれば春または秋に登山に挑戦してみることをおすすめします。続いてはメンズ、レディースごとに気を付けたい春の登山対策を紹介していきます。

メンズ

春は気軽に登山が楽しめる季節と言えるでしょう。標高の高い本格登山を楽しみたい人はしっかりとした服装と装備、そして知識を蓄えて万全の状態で挑むことがおすすめですが、登山初心者であれば気軽に春の訪れを感じることのできる低山で気軽に登山を楽しむというのもおすすめです。

標高の低い山で登山を楽しめば、春ならではの植物と触れ合いながら登山のスリルも同時に味わうことができて一石二鳥です。標高1,000メートル以下の山の場合でも、登山を楽しむのであれば基本的に登山靴やトレッキングシューズは必須アイテムです。

春や冬といった季節に関わらず登山靴やトレッキングシューズはいつでも履くことがおすすめです。

春の防寒対策についてはそこまで神経質にならなくても良いパターンが多いため、中厚ほどの厚みを持った肌着やフリースをその日の気候に合わせて装着していくと良いかもしれません。

レディース

機能性ばかりを重視した服装ではおしゃれに登山を楽しむことができないという女性も多いのではないでしょうか。春という季節を考えると、女性はおしゃれも取り入れた服装をして登山に挑むのも良いかもしれません。

冬を超えたばかりの時期に登山を楽しむ際は、足元に雪が残っている可能性があります。そのため登山靴やトレッキングシューズ、場合によってはアイゼンのような雪山用の装備を装着する必要が出てくるかもしれません。

とはいえ標高の高い山でなければ最低限の装備だけでも十分に登山は楽しめます。春は天気が変わりやすい季節でもありますので、標高の高い山での登山ではなくてもレインウェアも必須のアイテムと言えるでしょう。

その他の服装については状況次第ですがおしゃれも楽しみたい人であれば深刻に考えず、お気に入りの服装でおしゃれに登山を楽しむというのもおすすめです。

Thumbパタゴニアのフリースおすすめ21選!メンズ・レディース・キッズサイズも!
デザインと機能性が高いアイテムが揃うと言われるパタゴニアでは、パタゴニアならではのフリースも...

夏の登山の服装・必要な装備

夏は冬に次いで登山が難しい季節と言われています。同時に達成感も味わえる人気の季節でもありますので、夏の登山の服装や装備をしっかりと準備して登山を楽しむことがおすすめです。

夏であっても標高の高い山であれば山頂に近づくにつれ気温がどんどん下がってきます。これは地上からの地熱が山頂まで届かないためです。

夏でも冬に積もった雪が残っているような山も中にはありますので、そういった山での登山を楽しむ際は靴や靴周りの装備品については特に気を付けましょう。夏の標高の高い山にはもう一つ覚えておきたいポイントがあります。

山頂に近づくにつれて寒さが厳しくなりますが、太陽にも近づいていくため紫外線が地上よりも強くなります。

そのため人によってはサングラスなどの目を保護する装備を装着する必要があるでしょう。続いては夏の登山ならではの服装や装備のおすすめや注意点をメンズ、レディースに分けて紹介していきましょう。

メンズ

夏の標高の低い山で登山を楽しむ際は、熱中症対策が欠かせません。里山や標高の低い山は登山初心者の練習の場としてうってつけの場所でもありますが、外気温の高さをダイレクトに感じてしまううえに登山ならではの服装や重い装備がそこに加わります。

そして登山ならではの激しい運動によってたくさんの汗をかくことでしょう。水分不足に陥ると脱水症状まで出てきてしまう場合があります。

夏であれば標高の高い山に挑戦する絶好の機会と言えるでしょう。標高の高い山であれば山頂に近づくにつれ涼しくなり、防寒対策が必要なほど寒い場所にも出会えるでしょう。

山頂近くまで来るやロープウェイなどでアクセスできる場合は、防寒対策をした状態でアクセスしても良いでしょう。

標高の高い山の夏場は特に天候が変わりやすいため、たとえ予報が晴れでも必ずレインウェアを持っていくようにすることが大切です。

山頂近くまで山やロープウェイを使ってアクセスできない山の場合は、汗をかいた時の替えのシャツやタオル、水分など普段よりも多くの荷物を持つ事になるため、ザックも必須アイテムとなってることでしょう。

男性でも虫刺され防止の意味でサポートタイツなどを履いて行くことを併せておすすめします。

レディース

夏場の登山の場合、女性の場合も基本的に男性と同様の服装や装備が求められるでしょう。おしゃれを楽しみたい人も夏場の登山ではすこしおしゃれを抑えて、暑さ対策や脱水症状対策に専念することがおすすめです。

化繊素材を使用した半袖のシャツを中に着込んで、ザックには着替えと水分、防寒対策のための服装を入れておくことをおすすめします。夏の防寒対策には吸収性の高いポリエステル生地を使用した服装を着用することが人気です。

例えばポリエステル生地を使用したチェックのシャツを着て登山をすれば、紫外線対策とおしゃれを同時に楽しむことができるため女性からの人気が高くなっています。もちろん女性であれば紫外線対策をばっちりしていくことは説明するまでもありません。

日焼け止めクリームが汗で流れ落ちた場合のために持参していくことはもちろん、髪を紫外線から守るためにキャップを被ることもおすすめです。

キャップは熱中症対策になるだけでなく、髪をまとめる効果もあるため傾斜の激しい場所で登山をする際の事故防止にも繋がるでしょう。

おしゃれがあまり楽しめなくなってしまうのが夏場の登山の残念なポイントですが、ほんの少しおしゃれを我慢するだけでグッと登山がしやすくなるでしょう。

秋の登山の服装・必要な装備

続いては少し過ごしやすくなった秋の登山で人気の服装やおすすめの装備について紹介していきましょう。多くの紅葉スポットが待ち受ける山で楽しむ登山は格別なものがあります。

年間を通じて最も登山の醍醐味を味わえる瞬間であるという人も多いのではないでしょうか。秋は登山者にとって最も人気の高いシーズンの一つです。

そんな秋の登山のおすすめの服装や人気の装備については、春の登山と大きく変わりません。日本では春と秋がもっとも快適に登山を楽しめる季節と言われています。

ただし春よりも秋の方が虫が出にくくなるため、よりおしゃれを重視した服装を楽しめるかも知れません。夏を過ぎた秋の方が山頂付近に雪が残っているという可能性が少ないことも、秋の登山がおすすめの理由でもあります。

メンズ

秋の山は天候が変わりやすいため、レインウェアを最初の必須アイテムとして挙げることができるでしょう。男性だけでなくもちろん女性にも必須のアイテムです。レインウェアを持ちあわせていないと突然の雨に見舞われた際、身動きが取れなくなってしまいます。

また急激に体温が下がる恐れがありますので、天候の変わりやすい春や秋はもちろん、標高の高い場所に登山に行くのであれば年間を通じての必須アイテムと言えます。登山靴やトレッキングシューズも季節を問わず一足持っておくようにしましょう。

足の疲れを大幅に軽減してくれるだけでなく、底冷えからも守ってくれる効果があります。体温調整が重要な登山において登山靴やトレッキングシューズはいつでも必須アイテムです。

グリップ力によって快適な歩行をアシストしてくれることも登山靴やトレッキングシューズをおすすめする理由です。

その他にはレイヤリング、つまり重ね着できる服装をしていけば基本的にどのような服装でも問題ありません。秋は男性も思い切りおしゃれを楽しめる季節です。

レディース

秋ならではの美しい紅葉と涼しめの気候は、おしゃれを楽しみたい山ガールにも人気です。春と比べて秋は虫などもあまり出なくなるため、おしゃれな登山を楽しみたい女性に最適な季節と言えるでしょう。

登山初心者であれば春や秋に登山に挑戦してみることをおすすめします。春同様、中厚での肌着やおしゃれなフリースを着用して登山をおしゃれに楽しみましょう。

標高1,000メートル以下の山や里山でトレーニングをすれば、登山初心者でも快適に山登りの醍醐味を味わうことができるでしょう。

秋でも比較的寒い日に登山を楽しむのであればキャップではなくニット帽を被るなどして、防寒対策と同時におしゃれも楽しんでみてはいかがでしょうか。

冬の登山の服装・必要な装備

続いては本格登山の代名詞ともいえる冬場の登山で人気の服装や装備、防寒対策などについて紹介してきましょう。

雪山の登山は登山初心者にはハードルが高いとされていますが、雪山でしか出会うことのできない絶景が楽しめることも冬の登山が人気となっているポイントです。

春や秋などの登山に快適なシーズンに練習を積んでおき、ぜひ登山初心者の人も雪山での登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。冬の登山に必要な服装や装備はどれも防寒対策がしっかりしたものです。

シンプルですが頭から首回り、手を防寒対策することはもちろん袖などの冷気が入り込みやすい場所もしっかりと防寒対策をしていくことが大切です。

冬場の登山とは言え防寒対策をしっかりとした状態で縦走を繰り返すと身体は暑くなってきます。タオルや着替えも準備することを忘れないようにしましょう。

メンズ

寒さの厳しい冬に標高の高い山に登るのであれば、ここまでに紹介してきたような服装や装備に加え、男性であっても厚手の手袋やニット帽、ネックウォーマーといったアイテムが必須となります。

凍結するような場所を歩くのであればアイゼンを持っていくことも重要と言えるでしょう。

ダウンジャケットももちろん防寒対策には欠かせませんが、冬場の登山であっても激しい運動量により身体が熱くなることがあるため、サッと収納できてすぐに着れるようなタイプのモデルを準備しておくと良いかもしれません。

反対に低山や里山に登るのであれば冬場とはいえ特別な防寒対策は必要ありません。その場合も登山靴やトレッキングシューズは必須アイテムですが、予報が晴れであればレインウェアも必要ないでしょう。冬場はその他の季節と違って天候が変化しにくいためです。

ジャケットも厚みのあるタイプではなく、インナーウェアダウンなど重ね着に適したタイプのものを用意しておけば十分と言えるでしょう。

低山や里山での登山は、夏を除くすべての季節でおすすめです。冬の低山は登山初心者でも十分に登山の醍醐味を感じられることでしょう。

レディース

冬の標高の高い雪山を登る場合、女性の場合も男性の場合と同様厳重な防寒対策をすることが重要となります。

女性が風が強くなる場所で冬の山を登る際、男性の服装などで紹介した装備に加えウィンドブレーカーや冷え対策にアンダータイツなどが人気のアイテムとなっています。

雪に反射した紫外線で肌が日焼けする可能性が高いので、紫外線対策もばっちりしておきたいところです。また冬の冷たい風は乾燥しているため、人によってはリップクリームやハンドクリームなどでの乾燥対策も必要と言えるでしょう。

乾燥対策は標高の高くない山、里山も同様に必要となるでしょう。先ほども紹介したように低山であれば冬も安心して登山を楽しめる場所も少なくありません。低山と言われる場所であれば、雪山ほど十分な防寒対策も必要ありません。

冬場に普段来ているような服装にプラスして、重ね着しやすい服装と登山靴を装備すれば十分と言えます。

そのためおしゃれもしっかりと楽しみたい女性でも十分に登山を楽しむことができます。登山初心者の女性も低山であれば簡単な防寒対策だけで気軽に登山を楽しむことができるでしょう。

Thumbモンベルのダウンジャケットおすすめ15選!アウトドアや普段使いにも人気!
モンベルというアウトドアブランドはどこの国のブランドだと思われますか。実は、モンベルは日本生...

登山の服装・必要な装備で気になるポイント

最後に、これまでに紹介してきた登山で人気の服装や装備について詳しくまとめておきましょう。

「登山初心者はどのように服装や装備を選べば良いのか」「冬場の防寒対策はどのようにすれば良いの?」、そして「登山でおしゃれをしても大丈夫なの?」という、特に登山初心者にとって気になる3つの疑問について詳しく解説していきます。

初心者はどう選べばいいの?

登山はどの季節やどの山でも服装や装備に気を付けなければなりませんが、中でも気をつけたいのは夏場の低山と冬場の雪山の服装や装備と言われています。

その他の季節については重ね着しやすい服を選ぶこと、化繊素材を使用したモデルを着用すること、そして登山靴やトレッキングシューズはしっかりと履くことを守りましょう。

レインウェアは大きな役割を持つ重要なアイテムですが、冬場の低山は例外で必ずしも必要ではありません。夏場の低山は暑さとの戦いとなりますので、今後は熱中症対策が欠かせません。汗を素早く逃がすシャツが重要なアイテムです。

冬の防寒は?

冬の防寒対策のカギを握るのは、どの山に登るのかという点です。低山であれば春や秋の登山よりもさらに重ね着をしていき、必要であれば手袋やニット帽などの装備をしてみてはいかがでしょうか。雪が降った直後などを除けば通常通り登山を楽しめるはずです。

本格的な防寒対策が必要となるのは標高の高い山で登山をする場合です。地上から100メートル高くなる場所では温度が0.6度下がるとされています。

例えば標高1,700メートルの山に登る場合、地上よりも気温が約10度下がるため冬場は氷点下であることも珍しくありません。また標高が高い山は上昇気流の影響で天候が変わりやすく、雪が降る場所も良くあります。

先ほどの「冬の登山の服装・必要な装備」で紹介した防寒対策をしていくことをおすすめします。

Thumbアウトドア向けのブランケットおすすめ21選!防寒対策の必需品を紹介!
アウトドアのお出かけに持って行くのにおすすめのブランケットの情報について、詳しくご紹介してい...

おしゃれをしてもいいの?

雪山や夏の低山など厳しい環境の登山でなければ、基本的に登山ではおしゃれを楽しんで問題ありません。

ただし、例えばアクセサリーなどを装着して岩場や枝などに引っかかるなどして思わぬトラブルとなる可能性がありますので、過度なおしゃれはしないことも重要です。

アウトドアで人気となっているブランドの多くでは、機能性が高くおしゃれなアイテムを安く手に入れることができます。

おしゃれさと機能性を併せ持つモデルのフリースやダウンジャケット、レインウェアなどをリーズナブルな価格で販売しています。

リーズナブルな価格で全身をおしゃれにコーディネートできるような人気ブランドがたくさんありますので、おしゃれを楽しみたい人はブランドにこだわってみるのも面白いでしょう。

Thumbアウトドアブランドのダウンジャケット25選!コスパの良い人気商品も!
多彩なシーンで使うことができて暖かいということで大人気となっている、アウトドアブランドのおす...

登山の服装・必要な装備をチェックしておこう!

標高の高い山・低い山、また季節に関わらず登山をする際は登山靴またはトレッキングシューズを履くことが重要です。登山には化繊素材を使用した服装が適しています。すぐに脱ぎ着できるよう重ね着をして、体温調整をしましょう。

冬の防寒対策は厳重にすることが大切ですが、汗をかいた際のケアも同じく大切です。意外なのが夏場の低山を登る時です。もっとも熱中症にかかりやすい場面でもあるため、熱中症対策を十分にした上で楽しむようにしましょう。

おしゃれに登山を楽しむには秋がもっともおすすめの季節です。お気に入りのアウトドアブランドで身を包み、おしゃれに登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ