スタバのチャイティーラテの値段やカロリーは?人気のカスタマイズ方法も!

ピリッとスパイスの効いた感触と、ミルクのまろやかな味わいが織りなすドリンク、スタバのチャイティーラテ、冬に飲むホットのチャイティーラテで、心も体も芯から暖まります。今回は、そんなスタバで人気のチャイティーラテのカスタマイズ方法や値段、カロリーに迫ります。

スタバのチャイティーラテの値段やカロリーは?人気のカスタマイズ方法も!のイメージ

目次

  1. 1スタバで人気のチャイティーラテをご紹介
  2. 2スタバで人気のチャイティーラテとは?
  3. 3スタバのチャイティーラテが人気の理由
  4. 4スタバのチャイティーラテの値段
  5. 5スタバのチャイティーラテのカロリー
  6. 6スタバのチャイティーラテを頼んだ人の感想
  7. 7スタバのホットチャイティーラテのおすすめカスタマイズ
  8. 8スタバのアイスチャイティーラテのおすすめカスタマイズ
  9. 9カスタマイズ可能なミルクやシロップの種類
  10. 10スタバのチャイティーラテを注文してみよう!

スタバで人気のチャイティーラテをご紹介

ジンジャーブレットラテやバタースコッチラテを始め、3種のティーラテが現在冬限定で販売されているスタバですが、寒い冬に欠かせないもう1つのドリンク、チャイティーラテという香りの良いドリンクがスタバには存在します。今回は、ハマる方続出の人気ドリンク、チャイティーラテをご紹介します。

スタバで人気のチャイティーラテとは?

スタバで人気のドリンク、チャイティーラテとは、インドを原産国とした粉末状の細かい茶葉であるチャイを使用したラテです。

チャイとはヒンディー語でお茶という意味になり、シナモンやジンジャー、カルダモン、クローブなどのスパイスを効かせた「マサラ・チャイ」(ロイヤルミルクティー)の事を指しています。

チャイの特徴は紅茶と違い、沸騰したお湯で茶葉を蒸らすのではなく、直接お茶の葉を沸騰させて作られるという点です。

茶葉を水で煮たてて沸騰したところに砂糖とミルクを加え再沸騰させ、茶こしを通して器に注がれるため紅茶よりも濃厚な味になります。

このように茶葉の甘みが十分に引き出されたところでさらに香辛料を加え、コクと強い旨みが引き出されていきます。

スタバのチャイティーラテは、このように引き出されたチャイ独特の強い香りや味が、ラテのミルクによって緩和されているためチャイが苦手な人でも飲みやすく、口あたりもマイルドなものに仕上がっています。

チャイティーではなくラテという名称がつけられていますが、コーヒーが加えられているわけではなくミルクベースのお茶であるチャイを、「カフェラテのように楽しむ」という意味です。

スタバのチャイティーラテが人気の理由

チャイやチャイティーラテ、紅茶とチャイの違いについて理解できたところで、次はスタバのチャイティーラテが人気の理由を見ていきましょう。

まず、スタバのチャイティーラテは期間限定のメニューではないため、誰でも1年を通して手軽に飲めるというメリットがあります。

いつでも注文できる

通常飲み慣れた甘めのラテやシンプルなブラックコーヒーとは違い、甘さの中にも目がさめるようなスパイスが効いていて刺激があるため飽きずに何度でも注文できます。

それにチャイティーラテにはアイスもホットも用意されているため、夏に作業続きで疲れてしまった日や凍えそうな寒い日にも、季節を問わずいつでも注文する事が可能です。

カスタマイズもしやすい

スタバではカスタマイズもしやすいため、その日の状況や気分に合わせて様々なものをカスタマイズとして追加して楽しむことが可能です。

例えば、ミルクを無脂肪または低脂肪に変更してもらうことやチャイティーラテにもともと入っているジンジャーシロップの増量です。

さらにチョコレートソースなどを追加してもらうことも無料でできるので、これを機にカスタマイズを楽しんで見るのもおすすめです。

そのほか、スタバに昔設置されていたコンディメントコーナー(調味料)のシナモンや蜂蜜、ココアパウダー、オレンジシュガーも口頭での注文でかけてもらう事ができます。

スタバのチャイティーラテの値段

ミルクの変更方法やシロップの増量、ソースを追加するなどカスタマイズの仕方や調味料の使い方が把握できたところで、次は気になるスタバのチャイティーラテの値段を見ていきましょう。

スタバが提供する「チャイティーラテ」のサイズにはSサイズであるショート、Mサイズのトール、Lサイズでのグランデ、さらに大き目のXLサイズのベンティがあり、これらサイズにより値段が異なります。

英語読みのショートサイズ「チャイティーラテ」の値段は400円、トールサイズ「チャイティーラテ」の値段は440円となっています。

イタリア語で表記されているグランデサイズ「チャイティーラテ」の値段は480円、ベンティサイズ「チャイティーラテ」の値段は520円です。

「チャイティーラテ」ショートサイズにホイップやチョコチップなどを追加しカスタマイズを行った場合の値段はプラス50円の450円になり、もともと入っているジンジャーシロップの増量は無料です。

「チャイティーラテ」トールサイズにホイップやチョコチップなどを追加しカスタマイズを行った場合の値段はプラス50円の490円になり、もともと入っているジンジャーシロップの増量は無料です。

「チャイティーラテ」グランデサイズにホイップやチョコチップなどを追加しカスタマイズを行った場合の値段はプラス50円の530円になり、もともと入っているジンジャーシロップの増量は無料です。

「チャイティーラテ」ベンティサイズにホイップやチョコチップなどを追加しカスタマイズを行った場合の値段はプラス50円の570円になり、もともと入っているジンジャーシロップの増量は無料です。

これら上記でご紹介した値段は、消費税が含まれていない場合の値段となっており、持ち帰りをした場合は8%の軽減税率、店内でドリンクを召し上がる場合は10%の消費税がかかります。

スタバのチャイティーラテのカロリー

「チャイティーラテ」ショートサイズホットのカロリーは149kcal、「チャイティーラテ」ショートサイズアイスのカロリーは159kcalとなっています。

「チャイティーラテ」トールサイズホットのカロリーは221kcal、「チャイティーラテ」トールサイズアイスのカロリーは202kcalとなっています。

「チャイティーラテ」グランデサイズホットのカロリーは292kcal、「チャイティーラテ」グランデサイズアイスのカロリーは273kcalとなっています。

「チャイティーラテ」ベンティサイズホットのカロリーは370kcal、「チャイティーラテ」ベンティサイズアイスのカロリーは315kcalとなっています。

これら数値は、カスタマイズを何も加えていない通常のミルクを使用した場合のカロリーで、「チャイティーラテ」のアイスよりもホットの方がカロリーがやや高めとなっているのが特徴です。

スタバのチャイティーラテを頼んだ人の感想

スタバのチャイティーラテを頼んだ人の感想は、チャイティーラテはもともと甘みのあるミルクティーの中にシロップが加えられているため、かなり甘めのドリンクとの事です。

スパイスは多少加えられているものの、甘さ控えめのドリンクではないので、ダイエット中の方や甘さを控えたドリンクが好きな方には少々甘すぎるとの事です。

他の方の感想では、ホイップをトッピングしたりチョコレートソースを加えることでアジアン調の変わった味わいが体感できたという意見もあります。

また、スタバの中でもチャイティーラテは好き嫌いが別れるドリンクという感想や、この独特の味わいが癖になるという意見もあります。

スタバのホットチャイティーラテのおすすめカスタマイズ

ホットの「チャイティーラテ」は試してみたいけれど、スタバで提供している「チャイティーラテ」独特の風味や味がまだ気になってしまうという方は多いでしょう。

そこで今回は、おすすめのカスタマイズを知る事で通常の「チャイティーラテ」をよりヘルシーに美味しく飲んでもらえるおすすめのカスタマイズ方法をご紹介していきます。

豆乳に変更

まずは、チャイのベースとなっているミルクを豆乳に変更して見ましょう。豆乳はホットとの相性が良く、無脂肪や低脂肪ミルクでは味が薄くて少々物足りないという方におすすめです。

豆乳の原料である大豆には健康と美容にも良いイソフラボンが含まれていて、豆乳ならではの健康的な風味がチャイ独特の香りをカバーしてくれています。

ミルクを豆乳にカスタマイズした場合、プラス50円がかかりますが豆乳であればブラべミルクやアーモンドミルクなどその他のミルクに比べ味わいもさらっとしています。

フォームミルク多め・シナモンパウダー

チャイ独特の風味を緩和するのにおすすめなもう1つのカスタマイズ方法は、フォームミルクを多めに注文しシナモンパウダーをかける事です。

フォームミルクとは、通常のミルクを泡だててつくられたふんわりとした口あたりのミルクで、ホットの「チャイティーラテ」に入れて飲むとロイヤルさとクリーミーさが増します。

シロップや豆乳のようにどこか味の残るような感覚や甘み、ミルク独自の旨味が苦手な方にはおすすめのカスタマイズです。

スパイスの聞いたチャイとフォームミルクの上にさらにシナモンをふりかける事で、チャイのスパイスが引き立ち、いつもとはまた違った心地よい香りが口の中に広がります。

蜂蜜やシロップなど甘めのトッピングではなく、頭をスッキリさせたい時や大人の味を楽しみたい方にはシナモンパウダーがおすすめです。

スタバのアイスチャイティーラテのおすすめカスタマイズ

ホットのチャイティーラテにおすすめのカスタマイズを見てきましたが、次はアイスのチャイティーラテと相性の良いおすすめカスタマイズを見ていきましょう。

まずアイスのチャイティーラテであれば、できる限り口あたりや喉越しをスッキリさせるためにミルクを低脂肪に変更するという方法があります。

また、アイスのチャイティーラテはホットのチャイティーラテと比べカロリーも低めとなっているため健康志向の方やスイーツと合わせて楽しみたい方にもおすすめです。

低脂肪ミルクに変更

スタバのカスタマイズで低脂肪ミルクに無料で変更をするというのは、通常のミルクを無脂肪ミルクで割るというかたちになります。

低脂肪ミルクであれば味もかなりあっさりとしていて通常のミルクに比べカロリーも低めとなるため美意識の高い方にはおすすめです。

チャイティーラテのチャイはすでに濃厚で強めの味に仕上げられているため、低脂肪ミルクによりあっさりした飲みやすい味に変わります。

エスプレッソショットを追加

最後にエスプレッソショットを追加するカスタマイズの方法ですが、シングルショットチャイティーラテとも呼ばれています。

気温が高い日に飲む、スパイスと香りの聞いたアイスのチャイティーラテと、苦味を効かせたエスプレッソショットは相性がよくスムーズな喉越しです。

朝の早い時間帯や作業、仕事の前などにエスプレッソショットを効かせたアイスのチャイティーラテで口の中に刺激が広がります。

チャイのスパイス感が好きな方や、エスプレッソの苦味が好きな方、シロップなどの甘みが苦手な方、切り替えをしたい方にはおすすめです。

エスプレッソショットはプラス50円で追加が可能、普段見慣れたスタバのシロップやトッピングとは一味違った組み合わせに挑戦して見てはいかがでしょう?

Thumbスタバの注文の頼み方を完全攻略!メニュー・サイズ・カスタムの伝え方など!
人気カフェチェーンのスタバでは、さまざまなメニューやカスタム方法があり、初心者にはとんな頼み...

カスタマイズ可能なミルクやシロップの種類

現在スタバでは、季節限定のジンジャーシロップが登場していますが、この他にも迷ってしまうほど実に様々な種類のミルクやシロップが存在します。

まずスタバで提供してもらえるシロップの種類ですが、バニラシロップやキャラメルシロップの他、ホワイトモカシロップやモカ(チョコ)シロップがあります。

さらにアーモンドとフィーシロップやクラシックシロップ、チャイアシロップに夏限定のバレンシアシロップです。

2018年に人気を博したヘーゼルシロップは販売停止となってしまいましたが、その代わりにアーモンドとフィーシロップがスタバに新たに加わっています。

中でもバニラシロップはスタバの定番シロップとも言われ、加えるだけでバニラの優しい香りと豊かな風味が全体に漂う男女問わず人気のシロップです。

キャラメルシロップは、ミルクを使用するドリンクやフラペチーノと相性がよく、肌寒い日には気分を盛り上げてくれる女性や子供に人気のシロップです。

次にリッチなカカオの香りと甘みが自慢のモカシロップですが、ミルクとコーヒーどちらとも合う人気のシロップです。

カフェモカやココア、ミルクを無脂肪に変えた時など、コーヒーの苦味と同時に甘みも楽しみたい方におすすめです。

口あたりが一番まろやかで上品、女性に人気の高いシロップがホワイトモカシロップ、スタバでは1番甘みの強いシロップになっています。

少し欲張りアーモンドの香ばしい風味とスタバのドリンクの融合を楽しんで見たい方にはアーモンドトフィーシロップが人気があります。

このシロップの味のベースには、バター入りのイギリスの伝統菓子であるトフィーそのままの風味が使用されています。

焦がしたアーモンドの濃厚な味わいは、キャラメル系のドリンクやチョコ系のドリンク、紅茶との相性が抜群です。

通常のガムシロと似たベーシックな味わいに人気があるのが、スタバのクラシックシロップです。このシロップはガムシロより少し質の高い味に仕上がっているのが特徴です。

シンプルなため、どのドリンクのお味も邪魔しない優れもののシロップで、ほうじ茶ティーラテや抹茶ティーラテを注文する方に人気があります。

チャイシロップとは、インド発祥のチャイに似たスパイス感が多めのシロップです。紅茶に入れるイメージがありますがコーヒーにも使えるそうです。

バレンシアシロップも名前の通りオレンジの風味が豊かなシロップ、スタバでは毎年夏限定で登場するシロップでアフリカ産のアイスコーヒーを注文される方に人気があります。

スタバで提供してもらえるミルクの種類は、通常のミルクと無脂肪や低脂肪、豆乳とアーモンドミルク、ブラべミルクの6種類です。

ラテにのっているふわふわのフォームミルクも増量はプラス50円で可能、減量も無料ででき、もともとフォームミルク入りのドリンクを注文している場合の増量も無料です。

スタバのチャイティーラテを注文してみよう!

スタバのチャイティーラテの値段やカロリーの他、カスタマイズ可能なミルクの種類やコンディメントコーナー(調味料)にあるシナモンやエスプレッソショットをご紹介してきました。早速、お近くのスタバでスパイス感溢れる人気のチャイティーラテに、トッピングや変更をを加えて見てください。

関連記事

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ