「かしわぎ」は都内屈指の超人気ラーメン店!メニューのおすすめは?

東中野には都内屈指の人気ラーメン店と言われる「かしわぎ」があります。今回は「かしわぎ」のおすすめメニューはもちろん、気になる混雑状況や営業時間、詳しいアクセス情報を中心に東中野の人気ラーメン店「かしわぎ」について詳しく紹介していきます。

「かしわぎ」は都内屈指の超人気ラーメン店!メニューのおすすめは?のイメージ

目次

  1. 1東中野「かしわぎ」とは?
  2. 2東中野「かしわぎ」を徹底紹介!
  3. 3東中野「かしわぎ」のおすすめメニュー3選
  4. 4東中野「かしわぎ」の混雑状況は?
  5. 5東中野「かしわぎ」の店舗情報
  6. 6東中野「かしわぎ」のアクセス情報
  7. 7東中野「かしわぎ」で美味しいラーメンを食べよう!

東中野「かしわぎ」とは?

都内には個性豊かなラーメン店がたくさんありますが、東中野には都内でも屈指の人気と言われるラーメン店があります。今回紹介するラーメン店「かしわぎ」は東中野エリアでも特に美味しいラーメン店として知られています。

かしわぎの店名は関東在住のラーメンファンであれば一度は耳にしたことのあるお店かもしれません。オープンから数年経過した現在も、お昼の部の営業を中心に混雑が絶えないと言われるかしわぎの人気の秘密はどのようなところにあるのでしょうか。

東中野「かしわぎ」を徹底紹介!

今回は都内屈指の人気と言われるラーメン店、東中野のかしわぎのおすすめメニューはもちろん、かしわぎの混雑状況や穴場の時間帯、営業時間やアクセス情報の詳細などを詳しく紹介していきます。

これまで気になりながら足を運ぶ機会がなかった人や、これから来店する予定の人に必見の情報となっています。

東中野「かしわぎ」のおすすめメニュー3選

早速ここで特に美味しいと言われているかしわぎのおすすめメニューを紹介していきましょう。かしわぎを代表する人気のラーメンは基本的に2種類あると言われています。それは「塩ラーメン」と「醤油ラーメン」です。

シンプルで透き通ったスープが美しい2つのラーメンは、見た目だけでも食欲をそそられる一杯となっています。

どちらのメニューも根強いファンがいるラーメンメニューとなっていますので、もう一度足を運んででも味わう価値が十分にあるメニューと言えるでしょう。

ラーメンだけでなく、知る人ぞ知るかしわぎの名物「お昼のご飯」のメニュー情報についてもしっかりと網羅していきます。はじめてかしわぎに来店する前にぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

塩ラーメン

かしわぎを代表する2つのメニューのうちの一つ、「塩ラーメン」からまずは紹介します。塩ラーメンはクリアなスープと、すっきりとした塩ラーメンで使用されるのはめずらしい中太のストレート麺が特徴のメニューとなっています。

一杯680円と安いことが特徴のメニューですが、こだわりがたっぷりと詰まっているため十分な満足感が得られることでしょう。

近年の塩ラーメンと言えば煮干しを大量に使うことが主流となっていますが、かしわぎの塩ラーメンは煮干しを前面に押し出していないことが特徴です。

さっぱりとしながら塩本来の旨味が十分に溶け出しているため、見た目以上にしっかりとした味わいを楽しめるスープとなっています。麺は京都で有名な製麺所の麺を使用しており、塩ラーメンのしっかりとした味わいにも負けないことが特徴です。

小麦の風味を感じながらもスープとの絡みが良く、スープとのバランスを重視した麺となっています。のど越しもよくどんどん食べ進めたくなるような中毒性を持った麺と言えるでしょう。

シンプルな塩ラーメンですが細切りのメンマとシャキシャキとしたネギが食感のアクセントになり、最後まで飽きずに食べ進めることができるようになっています。

薄切りのチャーシューはホロホロとした食感で旨味がしっかりと溶け込んでおり、そのまま食べても美味しいことはもちろん、麺に巻き付けて食べても美味しいチャーシューとなっています。

シンプルな塩ラーメンだけにトッピングに関してもとてもシンプルですが、ラーメン店でおなじみのトッピングメニューももちろん用意されています。一緒に注文するのもおすすめです。特に味玉は美味しいと人気のためぜひトッピングに選んでみましょう。

醤油ラーメン

塩ラーメンと並びかしわぎの2大人気メニューとなっている「醤油ラーメン」を続いて見ていきましょう。醤油ラーメンも塩ラーメンに負けず劣らず美しいビジュアルが特徴のラーメンとなっています。

醤油ラーメンも塩ラーメン同様シンプルなトッピングですが美しいいろどりのメニューとなっており、塩ラーメン同様一杯680円で楽しむことができるリーズナブルなメニューでもあります。

中国産のたまり醤油を使用する事でスープは濃い醤油の色をしていますが、たまり醤油は見た目ほど塩分が高くなくむしろ甘味すら感じられることが特徴となっています。一口スープを飲めば見た目以上に優しい味わいが口いっぱいに広がることでしょう。

麺については塩ラーメンと同様、京都にある有名な製麺所の中太ストレート麺を使用しています。太くも細くもない絶妙な太さの麺が美味しい麺となっており、のど越しが良くスープとよく絡むことが魅力となっています。

トッピングについても塩ラーメンと同様、シンプルな構成です。シャキシャキとしたネギと細切りのメンマの食感が良く、最後まで食感のアクセントを楽しむことができるでしょう。

薄切りでありながら大きさが嬉しいチャーシューも、塩ラーメンと同様にしっかりと2枚トッピングされています。そのままでも十分に美味しいかしわぎの醤油ラーメンですが、お好みでトッピングを追加注文してみるのもおすすめです。

お昼のご飯

かしわぎのおすすめメニューの最後に紹介するのは、インパクトのある名物メニュー「お昼のご飯」になります。お昼のご飯は日替わりで内容の異なるご飯メニューを味わえるサービスメニューです。

わずか120円で美味しいご飯メニューを一品追加できるため、ラーメンだけでは少し物足りないという人や、ラーメンにはいつもライスをセットにする人はぜひ注文してみましょう。

日替わりの内容はさまざまですが、お昼のご飯を代表するメニューはたまごかけご飯です。卵黄の色の濃いたまごを使用したいかしわぎのたまごかけご飯は、普通のたまごで作るたまごかけご飯とは違う美味しさを楽しめます。

かしわぎのお昼のご飯は、代表メニューのたまごかけご飯「紅玉のTKG」「てつやとのりこの玉子のTKG」「彩美卵のTKG」「黄味子のTKG」だけでなく、その他にもさまざまなメニューを展開しています。

特に多いのがカレーメニューとなっており、「牛スネ肉カレー」「インドのチキンカレー」「おうちのカレー」「麻婆カレー」「チキンキーマ」「ポークビンダルカレー」など豊富なメニューはカレー専門店も顔負けの美味しさとバラエティの豊富さです。

その他にもかしわぎの美味しいチャーシューを使用した「チャーシューご飯」や「炙りチャーシュー飯」、さらにラーメン専門店としては珍しいメニュー「深川ご飯」にオリジナリティのある「激辛フィンラン丼」といったご飯メニューが登場したこともあります。

ラーメンと一緒に味わうと美味しいことはもちろん、そのまま食べても美味しいご飯メニューばかりとなっていますので、かしわぎの昼の部の営業に訪れた時はぜひお昼のご飯を堪能してみてはいかがでしょうか。

Thumb東中野のラーメン屋ベスト7!ミシュラン掲載の人気店や深夜営業もあり!
東中野は、都内でも隠れたラーメンの激戦区と言われています。ミシュラン掲載の人気店や深夜でもO...

東中野「かしわぎ」の混雑状況は?

東中野で大人気となっているラーメン店、かしわぎの混雑状況について気になっている人も多いかも知れません。かしわぎは東中野エリアにあるラーメン店の中でも、特に美味しいと評判のお店です。

そのため連日多くのリピーターが訪れており、店内はいつも混雑しています。2017年のオープン当時は行列は避けられないとされていたかしわぎですが、2021年1月時点の混雑状況はどのようになっているのでしょうか。ここではかしわぎの混雑状況についてチェックしていきましょう。

穴場の時間帯はあるの?

オープン当初は行列の絶えないラーメン店として知られていた東中野のかしわぎですが、オープンから数年が経過した2021年1月時点では、待ち時間なしで入店できるケースもあります。

もちろん曜日や天候などによっても混雑状況は大きく変わりますので注意が必要となりますが、ファンの間では穴場と言われる時間帯が存在するようです。

それはお昼の部の営業なら平日の14時から15時までの間の時間帯、夜の部の営業であれば18時から19時までの間です。特に混雑するお昼の部の時間は混雑を避けることは難しいですが、14時から15時までの間であれば比較的空いていることも多いようです。

お昼の部の営業に比べて夜の部の営業は空いている傾向にあります。これらの時間帯を狙って来店すれば、かしわぎの美味しいラーメンを待ち時間なしで食べることもできるかも知れません。

「評判のかしわぎのラーメンを食べてみたいけど、並ぶのは苦手」と感じている人はぜひこの時間帯を狙って、かしわぎの美味しいラーメンを味わってみてはいかがでしょうか。

東中野「かしわぎ」の店舗情報

ここでは東中野行列ができるラーメン店、かしわぎの店舗情報のご案内をしていきます。東京屈指の人気を誇るラーメン店とされるかしわぎの店内情報はもちろん、知っておきたい営業時間や定休日についてもチェックしていきます。

特に営業時間についてはやや注意点がありますので、はじめてかしわぎに訪れる際にはぜひチェックしておきたい情報と言えるでしょう。

店内の様子は?

東中野で大人気のラーメン店、かしわぎの店内情報を紹介します。かしわぎは決して大きなラーメン店ではありませんが、カウンター席だけでなくテーブル席も用意されているため大人数でなければ複数人でも気軽に訪れることができるようになっています。

カウンター席については全5席分の用意、テーブル席については4人掛けが1脚となっており最大9人まで同時に入店できます。

注文については店内に用意された券売機で食券を購入するシステムとなっていますので、着席前には食券の購入をあらかじめ済ませておきましょう。

営業時間と定休日

続いてはかしわぎの営業時間や定休日についての情報を見ていきましょう。かしわぎの定休日は毎週火曜日となっています。

火曜日を除くすべての日で11時30分から15時までの昼の部の営業を開催していますが、夜の部の営業については毎週月曜日と日曜日がお休みとなります。水曜日から土曜日限定で営業している夜の部の営業時間については18時から21時までとなります。

住所 東京都中野区東中野1-36-7
電話番号 03-6874-2536

東中野「かしわぎ」のアクセス情報

最後に今回紹介してきた東中野の名店、かしわぎのアクセス情報について紹介していきます。かしわぎには専用駐車場が用意されていないため、できれば電車からアクセスすることがおすすめです。

ここでは最寄駅からのアクセス方法だけでなく、周辺にあるコインパーキングの中でもおすすめのコインパーキング情報を併せて紹介します。かしわぎはラーメン店というよりも、まるでお蕎麦屋さんのような外観が目印のお店となっています。

紫色の外観と大きく書かれた「かしわぎ」の文字が目印としなりますので、それを目指してアクセスしてみましょう。

JR東中野駅東口から徒歩4分

東中野の人気ラーメン店、かしわぎに公共交通機関を使ってアクセスする場合のアクセス情報についてまずは紹介していきましょう。今回紹介しているかしわぎの最寄駅となるのはJR東中野駅となります。

かしわぎはJR東中野の東口から徒歩4分ほどの場所にあるお店となります。アクセス方法についてはJR東中野の東口1から出て駅を背にして区検通りをまっすぐあるくだけです。2つ目の信号を渡って少し歩いた先にあるセブンイレブンの手前にかしわぎがあります。

アクセスの良い場所にあるため電車からであれば迷うことなく足を運べるのではないでしょうか。バスなどを使わず簡単にアクセスすることができるため、かしわぎにアクセスする際は電車を使ってのアクセスはおすすめです。

車の場合は近くのコインパーキングに

JR東中野からアクセスするのがおすすめのかしわぎですが、車で来店する場合の駐車場情報についても併せて紹介しておきましょう。人気のJR東中野駅からアクセスも抜群の場所ということもあってか、かしわぎには専用駐車場が用意されていません。

そのため車でかしわぎにアクセスする際は周辺のコインパーキングに駐車する必要があります。おすすめのコインパーキングについては「コインパーク東中野1丁目第2」になります。

コインパーク東中野1丁目第2はかしわぎの向かいにあるコインパーキングとなっているため、駐車後すぐにお店へと足を運ぶことができるでしょう。

12分200円という駐車料金は周辺のコインパーキングと比較しても決して安くありませんが、かしわぎの周辺のコインパーキングはどれもかしわぎにアクセスをする際に少しわかりづらい場所にあります。

コインパーク東中野1丁目第2の駐車スペースは4台に限られますので、車でかしわぎにアクセスをする際はできるだけ早くお店に向かうことがおすすめです。

東中野「かしわぎ」で美味しいラーメンを食べよう!

東中野にあるかしわぎは、塩ラーメンと醤油ラーメンが、そして日替わりのお昼のご飯が名物となっている人気店です。

昼の部の営業は混みますが、一部の時間帯や一部の夜の時間帯であればスムーズに入店できる可能性が高いです。都内屈指の人気ラーメン店と言われるかしわぎで美味しいラーメンを食べましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ