ハンバーガーの食べ方ガイド!マナーや大きいものでも綺麗に食べるコツとは?

みなさん楽しいハンバーガーライフを送っていますか。日本では、さまざまなハンバーガーが楽しめますが、アメリカンサイズの大きいバーガーの食べ方に迷うことはありませんか。そんなアメリカンサイズのハンバーガーの食べ方マナーやナイフ・包紙の上手な使い方をご紹介します。

ハンバーガーの食べ方ガイド!マナーや大きいものでも綺麗に食べるコツとは?のイメージ

目次

  1. 1食べにくいハンバーガー!綺麗に食べるには?
  2. 2ハンバーガーの歴史について
  3. 3アメリカ人のハンバーガーの食べ方
  4. 4ハンバーガーにかぶりつく時に楽な食べ方
  5. 5大きいハンバーガーの綺麗な食べ方
  6. 6ピックが刺さっているハンバーガーの食べ方
  7. 7食べ方にこだわりすぎず美味しく食べよう

食べにくいハンバーガー!綺麗に食べるには?

今や、日本の食文化としてラーメンなどとともに欠かせないグルメとなっているのが、ハンバーガーではないでしょうか。リーズナブルに楽しめるハンバーガーチェーン店やこだわりの食材のハンバーガー、大きいアメリカンサイズのハンバーガーなどが楽しめます。

そんな数あるハンバーガーでアメリカンサイズの大きいハンバーガーの食べ方でいつも迷うことはないですか。どこから手をつけて食べたら良いのかと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

食べ方によっては、バンズから中身がはみ出してしまい、手が汚れてしまったりします。包紙やナイフをうまく使うことによって、スマートな食べ方をすることもできます。アメリカンサイズの大きいハンバーガーの食べ方マナーや包紙やナイフを上手に使う食べ方をご紹介します。

ハンバーガーを食べる時のコツやマナーを解説

子供から大人までに大人気のハンバーガーですが、最近ではアメリカンサイズの大きいハンバーガーを目にすることが多くなりました。大きいハンバーガーではありますが、素材にもこだわった美味しいハンバーガーを楽しむことができます。

大きいハンバーガーゆえに、困ったことがあるはずです。それは、やはり、アメリカンサイズで大きいということで、食べ方が難しいということではないでしょうか。男性はともかくとして、大きいアメリカンサイズのハンバーガーを少しでもスマートに食べたいはずです。

ここでは、そんな大きいアメリカンサイズのハンバーガーを食べる時のコツやマナーを解説していきましょう。

ハンバーガーの歴史について

大きいアメリカンサイズのハンバーガーのハンバーガーを食べる時のコツやマナーを解説する前に、ハンバーガーの歴史についてご紹介しておきましょう。ハンバーガー誕生には諸説あるようですが、1904年のセントルイス万国博覧会の会場内で販売されたことからハンバーガーの歴史が始まったようです。

そのほかにも、コネチカット州ニューヘイブンやウィスコンシン州シーモア、ニューヨーク州ハンバーグ村などアメリカでハンバーガーというグルメが誕生したようです。ただ、ハンバーガーの原型は、ハンブルクの船乗りが食べていたもののようです。

アメリカ

ハンバーガーの原型がヨーロッパからアメリカへと渡って、ハンバーガーとなり、今のハンバーガーへと繋がっていることは間違いなさそうです。アメリカのハンバーガーといえば、その歴史は、マクドナルド兄弟がカリフォルニアで立ち上げたマクドナルドが、ハンバーガーというグルメを広めたと言ってもいいでしょう。

その後、アメリカでは、大きなアメリカンサイズのハンバーガーが人気となり、通常のハンバーガーだけでなく、チーズバーガーやフィッシュバーガー、ハワイで人気のフラバーガーなどがあります。

アメリカのハンバーガーショップで、ハンバーガーを食べているとマナーなど気にせずに、かぶりついている人がほとんどです。

日本

日本では、ハンバーガーが持ち込まれたのは、第二次世界大戦が終戦を迎えた時に、米軍によって持ち込まれたのが始まりということです。初め、どこに持ち込まれたかというと、長崎の佐世保基地です。その後、佐世保バーガーというハンバーガーが誕生しています。

日本に初めて誕生したハンバーガーチェーン店をご存知ですか。マクドナルドと答える人も多いかと思いますが、実は、1963年に沖縄でオープンしたA&Wなんです。その10年後にマクドナルトやKFCが日本に入ってきました。

1990年以降には、大きいアメリカンサイズのハンバーガーも多くなり、素材にこだわったグルメバーガーも登場するようになりました。今では、どこでも気軽に食べられる日本の食文化に欠かせないグルメとなっています。

Thumbアメリカーハンバーガー店ランキング!迫力の大きさ!食べ方や値段も調査!
ハンバーガー天国のアメリカにはたくさんのハンバーガーチェーンがあります。日本未上陸で絶品のバ...

アメリカ人のハンバーガーの食べ方

ここでは、アメリカ人のハンバーガーの食べ方について少しご紹介しましょう。ハワイをはじめ、アメリカに行った方の中には、ハンバーガーショップに行かない人はほとんどいないくらいアメリカの食文化の一つにハンバーガーがあります。

みなさんもアメリカでハンバーガーショップに立ち寄った人も多いとは思いますが、アメリカン人の方の食べっぷりにびっくりしたことがあるのではないでしょうか。これぞ、アメリカのハンバーガーの食べ方の見本みたいな感じで食べています。

アメリカ人のハンバーガーの食べ方には、まずは、手掴みでかぶりつくというのが印象的です。そして、大量に紙ナプキンを使って食べています。包紙から具がはみ出ようと気にすることなく食べている印象です。

手づかみで豪快にかぶりつく

さきほどもお話を少ししましたが、アメリカ人はあまり食べ方のマナーなどを気にして食べているという方は少ないのではないでしょうか。アメリカのハンバーガーショップなどで見ていても、手掴みで豪快にかぶりついている人がほとんどです。

これは、男女問わず、豪快にかぶりついている印象があります。ハワイなどでもハンバーガーは人気のグルメですが、やはり、アメリカ人は豪快にかぶりついています。実際は、マナーを気にし過ぎても美味しく感じられないということもあるかもしれません。

紙ナプキンをたくさん使う

また、もうひとつに、紙ナプキンをたくさん使うということがあります。アメリカ人は豪快にかぶりつく人が多いため、やはり、紙ナプキンをたくさん使うことになります。包紙だけでは、アメリカンサイズの大きいハンバーガーには対応しきれないです。

その結果、どうしても紙ナプキンをたくさん使って巨大ハンバーガーを食べることになります。そのためか、アメリカやハワイなどのハンバーガーショップには、紙ナプキンがしっかりとテーブルに置いてあることも多いです。

ハンバーガーにかぶりつく時に楽な食べ方

ここでは、ハンバーガーにかぶりつく時に楽な食べ方についてご紹介しておきましょう。やはり、ハンバーガーは、豪快にかぶりつくのがもっとも美味しい食べ方です。ただ、やはり、食べ方を工夫しないと包紙からも具が溢れてきてしまいます。

そこで、ハンバーガーにかぶりつく時に楽な食べ方のコツについてお話をしましょう。簡単な食べ方のコツをお話をすると、まずは、ハンバーガーを「軽く潰す」ことや「裏返す」、「回転させる」などが挙げられます。これらのハンバーガーをつぶりつく際の食べ方のコツを一つひとつご紹介します。

食べ方①軽く潰す

まずは、ハンバーガーにかぶりつく時には、「軽く潰す」ということを覚えておきましょう。この軽く潰して食べるという方法をしたことのある人はどれほどいますでしょうか。この軽く潰すという方法をしている人は少ないかもしれません。

もちろん、軽く潰す前に、インスタ映えする写真を撮影しておくことは言うまでもありません。見栄えは多少悪くはなりますが、大きいアメリカンサイズのハンバーガーでも食べやすくなるのでおすすめです。

お腹に入ってしまえば、多少の見た目よりも食べやすさが優先されます。最近のビックサイズのハンバーガーは、バンズもふっくらとしているので、この軽く潰す食べ方でかなり食べやすくなるはずです。

食べ方②裏返す

ハンバーガーを軽く潰しましたら、次に、「裏返して」ください。この裏返しをすることで、どんないいことがあるかと言うと、ハンバーガーそのものが崩れにくくなります。要するに、型崩れがしづらくなります。

どうして、裏返しをすると型崩れがしづらくなるかと言うと、ハンバーガーのパテなど重い素材は、ハンバーガーの層でも下にあるので、重心が下になっています。そのまま食べると、どうしてもバランスが悪く型崩れを起こします。

裏返しをすることによって、この型崩れがしづらくなり、とても食べやすくなるのでおすすめです。騙されたと思って、次回、ハンバーガーを食べる時にはやってみてください。

食べ方③回転させる

そして、最後に、大きなアメリカンサイズのハンバーガーの食べ方で重要なのは、「回転」させながら食べるということです。回転させることで、やはり、型崩れがしづらくなり、食べやすくなります。

包紙の中で、ぐるぐると回す感じで食べてみてください。この回転させながら食べることで、味も均等に楽しむことができます。最後に、ソースが包紙の中にタレてしまって、美味しくないと言うことも防ぐことができるので試してみてください。

特に、この回転させる食べ方は、口の小さな女性にもおすすめな食べ方になります。大きな口を開けてかぶりつくと言うこともありません。

大きいハンバーガーの綺麗な食べ方

こちらでは、大きいハンバーガーの綺麗な食べ方についてご紹介しましょう。ここでは、豪快にかぶりつくのではなく、綺麗なハンバーガーの食べ方について伝授していきます。特に、女性は、友達同士ならともかく、彼氏とのデートで、人前で大きな口を開けてハンバーガーにかぶりつくことができないこともあります。

大きいハンバーガーの綺麗な食べ方として、まずは、「ソースがこぼれにくい持ち方」をマスターして、ナイフなどで半分にカットして食べるととても綺麗にハンバーガーを食べることができます。

それでは、大きいハンバーガーの綺麗な食べ方をひとつ一つみていきましょう。目から鱗のハンバーガーの食べ方を伝授いたします。

ソースがこぼれにくい持ち方

まずは、ソースがこぼれにくい持ち方ですが、ハンバーガーチェーンのハンバーガーは、包紙で巻かれていることが多いです。この包紙の持ち方がソースがこぼれにくくするポイントになります。

どのように持つかと言うと、まず、包紙をめくって、包紙の両端をつかんでください。こうすることで、ソースがこぼれにくくなるはずです。とにかく、包紙からハンバーガーが飛び出ないようにすれば、ソースも溢れないと言うことになります。

アメリカンサイズの大きいハンバーガーには、ピックがついていることが多いですが、その食べ方については、この後詳しくご紹介します。

半分にカットすると具が崩れにくくなる

また、大きいハンバーガーを綺麗に食べるには、半分にカットすると具が崩れにくくなるのでおすすめです。ハンバーガーチェーンでもプラスチック製のナイフなどもあるので、店員さんに聞いて見てください。

ナイフがあれば、簡単にハンバーガーを半分にカットすることもできるのでおすすめです。半分にカットさえできれば、具も崩れにくくなり、女性でも食べやすくなります。

ピックが刺さっているハンバーガーの食べ方

最近では、大きなアメリカンサイズのハンバーガーを提供するハンバーガーショップがとても増えてきました。そのため、そのアメリカンサイズの大きいハンバーガーがテーブルへと運ばれてきたときに、あまりの大きさに友達と顔を見合わせたこともあるのではないでしょうか。

この大きいハンバーガーをいったい、どこから食べたら良いのかしばらく思案することになります。そんな時でも、大きなハンバーガーを食べやすくする秘策があります。

大きいアメリカンサイズのハンバーガーには、ピックが刺さっていることが多いです。このピックも上手に使うことで、スマートな食べ方を実現することができるのでおすすめです。

ピックが刺さっているハンバーガーの食べ方の手順を簡単に説明すると、ナイフ&フォークで食べやすく切り分けると言うことです。ピックを上手に使って、食べやすくする方法についてご紹介します。

ナイフ&フォークで食べやすく切り分けよう

大きいアメリカンサイズのハンバーガーには、ナイフやフォークが付属していることが多いです。そんな大きなハンバーガーには、ピックが刺さっていることが多いので、そのピックとナイフ・フォークを上手に利用して、切り分ける方法があります。

まずは、真ん中に刺さっているピックを抜き取り、半分に切る反対のハンバーガー中心にピックを差し替えてください。その上で、真ん中からナイフとフォークを使って半分に切り分けてください。女性の方は、さらに、その半分をピックを差し替えて、中身がズレないようにして半分に切り分けましょう。

このようにすることで、大きなハンバーガーを四分の一にすることができて、とても食べやすくなるはずです。四分の一であれば、かぶりつくことなくきれいに食べることがでできます。

このように、ピックのついている大きいハンバーガーの場合には、ピックを上手に利用して切り分けるようにしましょう。

Thumb東京・ハンバーガーおすすめランキング・トップ17!でかい有名店などを厳選!
東京は、美味しい人気のハンバーガー店が数多く集まる一大激戦区です。今回はそんな東京のハンバー...

食べ方にこだわりすぎず美味しく食べよう

ハンバーガーの食べ方をマナーやナイフを使った食べ方とともにご紹介してきましたが、いかがでしたでしょう。アメリカンサイズの大きいハンバーガーは、どこから食べたら良いか迷う方も多いです。

そんな時には、ハンバーガーに刺さっているピックやナイフなどをうまく使って、切り分けて食べるとスマートに食べれます。ただ、そもそもハンバーガーを食べるのにマナーなどはありません。あまり食べ方のマナーを気にし過ぎると美味しくないので、豪快にかぶりついて食べてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ