コストコのワンデーパスの入手方法!お得に楽しむ方法や入れる人数を紹介!

コストコのワンデーパスは、非会員でもコストコで買い物を楽しめるお得なサービス。どんな感じかコストコを利用してみて会員になるか決めたい方にはおすすめ。コストコのお得なワンデーパスについて、入手方法や入れる人数、メリットなどを紹介するので参考にしてください。

コストコのワンデーパスの入手方法!お得に楽しむ方法や入れる人数を紹介!のイメージ

目次

  1. 1会員制のコストコのワンデーパスとは?
  2. 2ワンデーパスはコストコの1日体験
  3. 3コストコのワンデーパスの入手方法
  4. 4コストコのワンデーパスを利用するときの注意点
  5. 5ワンデーパスでコストコへ入場するメリット
  6. 6ワンデーパス以外でコストコに入場する方法
  7. 7ワンデーパスでコストコへ入場した人の感想
  8. 8お得にコストコへ入場できるワンデーパスをゲットしてみよう!

会員制のコストコのワンデーパスとは?

日本国内にも多くの店舗が並ぶコストコは、安い大容量の食品をはじめとして衣類や家電まで取り揃えていて人気があります。そんなコストコを利用しようと思っても、一般的なスーパーとは違いコストコ会員にならないと買い物ができません。

そこでおすすめになるのが、コストコが提供しているワンデーパス。お得にコストコを楽しめるので、利用したことがない方はワンデーパスをチェックしておくのがおすすめ。

当記事では、コストコに興味があるけどもいきなり会員になるのは抵抗がある方などにおすすめのコストコのワンデーパスについて紹介します。ワンデーパスの入手方法やメリット、人数の他にも、無料でコストコを利用する方法についても紹介します。

ワンデーパスはコストコの1日体験

冒頭でも紹介したように、コストコは会員制のお店になります。そのため、コストコで買い物を楽しむには会員にならなくてはいけないのですが、会員も無料ではないので年会費が発生します。個人で会員になった場合には、年会費は4400円かかります。

エグゼクティブメンバーになる場合には、お得なサービスが受けられる代わりに年会費は少し高くなってしまい9000円かかってしまいます。

そのため、コストコの人気は知っていて興味があるけども利用するのに躊躇してしまう人も少なくないでしょう。また、近隣にコストコがなく頻繁に利用ができない場合なども、コストコの会員になるのはもったいないと感じてしまう人が少なくないでしょう。

そんな時に便利なのが、お得なワンデーパスです。コストコがどんな店舗なのかを知ることができる、いわゆる1日体験となっています。年会費を払わずに無料で楽しめるのも、コストコが提供しているお得で嬉しいサービスと言えるでしょう。

無料でコストコがどんな雰囲気で、どんな商品が置いてあるのかなどをチェックできるのでコストコ会員になろうかの決断もしやすくなるでしょう。ワンデーパスは、コストコ初心者でも気軽に楽しめる無料でお得なサービスなのでチェックしておくのがおすすめ。

コストコのワンデーパスの入手方法

コストコをお得に楽しめるワンデーパスを利用して、無料でコストコを利用ができるのでコストコがどんな店舗か知りたい方は利用してみるのがおすすめ。そんなコストコのワンデーパスですが、利用するにはまずは入手方法を知らないといけません。

そこで、コストコのワンデーパスの入手方法について紹介していきます。コストコのワンデーパスの入手方法は2種類ありますので、無料でお得にコストコを利用してみたい方はワンデーパスの入手方法をしっかりとチェックしておくのがおすすめになります。

コストコ会員から招待してもらう

無料でお得に楽しめるコストコのワンデーパスですが、入手方法として最初に紹介するのはコストコ会員の方から招待してもらう方法になります。新規でコストコ会員になった場合には、友達や知人を招待できるワンデーパスを特典としてもらうことができます。

そのため、コストコ会員の方に招待してもらう形でワンデーパスを入手することができます。ワンデーパスの入手方法としては、一番定番の方法になります。

コストコ会員からの入手方法の場合には、ワンデーパスは招待券や優待券という形になります。友達や知人にコストコ会員の方がいる場合には、招待券か優待券がないか聞いてお願いしてみてはいかがでしょう。利用したことがない場合は、お得なのでおすすめです。

コストコのワンデーパスの入手方法には、金券ショップやオークションを利用する方法もあります。ですが、本来は無料でお得に楽しめるワンデーパスなのに、料金が発生してしまい損をしてしまうでしょう。そのため、入手方法としてはおすすめしません。

知人や友人にコストコ会員がいる場合には、招待券や優待券をお願いして受け取る入手方法の方がお得にコストコが利用できるでしょう。無料でお得なのがコストコのワンデーパスなので、入手方法にこだわり損をしないように注意しましょう。

チラシにてゲットする

コストコが近くにない地域の方などは、コストコ会員からワンデーパスを入手するのが難しい場合もあります。ですが、安心してください。そんな場合でもコストコのワンデーパスの入手方法はあるので、無料でコストコを体験することができます。

それが、コストコの発行しているチラシからワンデーパスを入手する方法になります。コストコのチラシには、高確率でワンデーパスが付いているのでおすすめ。

新聞を撮っている場合には、チラシのチェックを忘れずに行っておけば無料のワンデーパスをゲットできるでしょう。新しいコストコができる場合なども含めて、コストコがチラシを発行する時は要チェック。ポスティングも行う場合があるのでチェックしましょう。

また、稀に雑誌の付録でワンデーパスが付いている場合もあります。コストコの専門誌を購入しなくてはいけなくなるのですが、ワンデーパスが付録で付いている場合には表紙に書かれているので確認して購入するのもおすすめの入手方法になります。

ただし、チラシにしろコストコの専門誌にしろ必ずワンデーパスがセットになっているわけではありません。ワンデーパスが付いていない場合もあるので、ワンデーパスが付いていたらラッキーくらいの気持ちでチェックしておくのがおすすめになります。

コストコのワンデーパスを利用するときの注意点

コストコのワンデーパスは、コストコを無料で体験できるサービスになります。そのため、コストコがどんな店舗か知ってみたい方にはワンデーパスはおすすめと言えます。そんなコストコのワンデーパスには、利用について注意点もあります。

無料でコストコを体験できるとはいえ、ワンデーパスはコストコ会員とは違う形になってしまいます。ワンデーパスの利用時の注意点は、支払いなどにも関わってきてしまいます。そのため、コストコのワンデーパスを利用する前に知っておくのがおすすめです。

返品対応はない

コストコ会員のお得なサービスに返品があります。例えば衣類を購入したがサイズを間違って購入してしまった場合には、返品手続きをすると全額お金が返ってきます。一部の商品には返品期間が設けられていますが、基本的にはいつでも返品ができます。

返品制度はコストコ会員にとっては嬉しいサービスとなっていますが、コストコのワンデーパスは1日体験ができるサービスになります。

そのためコストコのワンデーパスで買い物をした商品は、返品対応をしていません。年会費で買い物をしている方と無料で1日体験をしている方の違いとなっています。購入した商品は、そのまま使わないといけないのでワンデーパス利用時は注意しましょう。

コストコで食料品を購入する場合には、返品することも少ないでしょう。衣類や家電などの購入時には想像と違ったと返品する方も多いです。特に衣類に関しては、アメリカ表記のサイズになっているのでサイズ間違いで購入する方も多いようです。

ワンデーパスで間違っても返品ができないので、特にサイズが異なる衣類は注意が必要です。試着室なども完備されていないので、その場で確認ができません。日本のサイズは表記がされてはいますが、しっかりと確認をして購入をするようにしましょう。

会員価格ではない

次にコストコのワンデーパスを利用した場合に注意しなくてはいけないのが、コストコの販売価格です。こちらもコストコ会員と1日体験のワンデーパスでは違いがあり、ワンデーパスの利用時には一番注意をしなくてはいけないポイントになります。

コストコと言えば安い値段で販売している店舗として有名になりますが、コストコで販売している商品の価格は全てコストコ会員の価格となっています。

そのため、ワンデーパスで入店した場合には販売価格が異なってしまいます。あくまでもワンデーパスは体験にはなるのですが、コストコ会員ではありません。そのため、販売価格は5パーセント上乗せされた料金での支払いになってしまいます。

コストコの販売価格で購入していたのに、高すぎる値段になってしまって失敗してしまわないようにしましょう。ワンデーパスでコストコを利用するときには、販売価格よりも常に5パーセントプラスで計算していると失敗しないで済むので覚えておきましょう。

ワンデーパスを利用した場合には5パーセント高くなるなら、コストコのお得感が感じられなくなってしまうかもしれません。ですが、大容量の商品で安い値段になっているので、ワンデーパスでもお得な料金で十分に楽しむことは可能になっています。

1回のみの利用

最後にコストコのワンデーパスを利用するにあたって注意しなくてはいけないのは、使用回数です。コストコのワンデーパスは、何度もお伝えしているようにコストコを1日体験できるサービスとなっているので、何度も利用ができるわけではありません。

ワンデーパスの使用期限内のうちに、どこかで1度だけ利用することが可能なサービスとなっています。そのため、ワンデーパスの利用には十分に注意しましょう。

また、ワンデーパスの利用には人数制限も設けられています。ワンデーパスで入場ができるのは18歳以上は3人までとなっているので、ワンデーパスを利用する場合には注意が必要になります。一度きりでも、コストコの雰囲気などを体感できるのでおすすめです。

また、ワンデーパスは何度も入手したら利用できるわけではない点も注意しましょう。例えばワンデーパスで1日体験をした後で、別の友人からワンデーパスをもらったとしても利用することはできません。あくまでも1回きりの体験と覚えておきましょう。

コストコのワンデーパスには、氏名や住所などを記入しなくてはいけません。たとえ1日体験のワンデーパスでも、利用者の情報はコストコで管理されています。一度利用した人はすぐにわかってしまうので、貴重な1日体験としてコストコを楽しみましょう。

ワンデーパスでコストコへ入場するメリット

ワンデーパスを利用した時の注意点について触れてきましたが、注意点だけを見るとメリットを感じられない方もいるのではないでしょうか。コストコのワンデーパスは、もちろん利用して1日体験をする上でメリットもしっかりとあります。

そこで、ワンデーパスでコストコに入場した場合のメリットについて紹介していきます。コストコのワンデーパスを利用してアクセスしてみようと検討中の方はもちろん、これからワンデーパスを入手する方でもお得なメリットなのでしていきましょう。

買い物

ワンデーパスを利用する最大のメリットは、なんと言っても無料でコストコを利用できる点でしょう。本来は年会費を払ってコストコ会員にならないと利用ができないのですが、1日を1回限りとはいえワンデーパスで利用できるのはメリットとなります。

もちろん、先述したようにワンデーパスは非会員になってしまうのでコストコの販売価格は高くなってしまうのですが、それでもお得なので利用できるメリットはあります。

コストコで販売している商品は、コストコ会員ではないと購入できないというわけではありません。ワンデーパスでコストコに入場した場合でも、コストコで販売している商品は全て購入することが可能になっています。

事前にどんな商品が欲しいのかなど、コストコ情報をチェックしておくとワンデーパスを利用してのコストコもスムーズに楽しむことができるでしょう。大容量の食品なども、ワンデーパスで利用して購入しても決して高いわけではありません。

ワンデーパスのメリットを最大限に活用して楽しむのはおすすめになります。コストコの会員価格や、どんな商品があるのかも事前にチェックできるのもメリットになるので、気にいった場合にはそのまま会員になることも可能になっています。

フードコートでの食事

コストコには買い物だけではなくフードコートも完備されているので、利用して楽しめるのもメリットの一つと言えるでしょう。時間帯によっては行列ができるコストコのフードコートは、コストコユーザーから高い評価を得ていて人気があります。

コストコにアクセスしたときには、必ずフードコートを利用するという方が多いです。そんなフードコートを利用ができるのもワンデーパスのメリットと言えるでしょう。フードコートは5パーセント値段が上がることがないので、おすすめになります。

ホットドックなど人気メニューが多数

コストコのフードコートには多くのメニューがあるのですが、ホットドックやピザなど人気商品がたくさんあります。例えば、クォーターパウンドホットドックは180円でドリンク付きになっています。値段も安いのが魅力なのでおすすめになります。

また、ボリュームもあるのでワンデーパスでアクセスした時には、メリットを活かしてフードコートを利用しないともったいないです。ドリンクメニューなども揃っているので、ぜひコストコのフードコートもワンデーぱsで満喫しましょう。

Thumbコストコのフードコートを徹底攻略!イートインの人気メニューから使い方まで!
コストコは、大変人気の大型スーパーです。店内にはフードコートがあり、コーヒーやとても美味しい...

ワンデーパス以外でコストコに入場する方法

コストコのワンデーパスのメリットや注意点、入手方法などを紹介してきましたが、コストコはワンデーパスを入手しないと利用することができないのか気になるポイントでしょう。コストコのワンデーパスはお得ですが、入手が困難な灰があります。

そこで、コストコのワンデーパスを入手できないがコストコにアクセスしてみたい方におすすめの入場方法について紹介します。コストコを楽しめるポイントでもあるので、ワンデーパスがない場合や利用したことがある方は参考にしてみてください。

会員との同伴

コストコにワンデーパスを利用せずにアクセスする方法は、コストコ会員と一緒に行くことです。コストコの日会員であっても同伴者としてコストコを利用することは可能になっているので、友人などコストコに一緒に連れて行ってもらうのがおすすめ。

コストコ会員証は誰か1人持っているだけで、持っていない方は同伴者として認められます。近くにコストコがなくて頻繁にコストコを利用できない方などは、コストコ会員の友達とアクセスして楽しむ人も多いようです。

ワンデーパスで入場するのとは違って、コストコ会員の同伴として入場する場合には回数制限がないのでいつでも利用することが可能です。ただ、コストコ会員の同伴で入場をする場合には、支払いで注意点があります。

コストコでは支払いができるのはコストコ会員となっているので、同伴者としてコストコにアクセスした場合にはコストコ会員に支払いをお願いしなくてはいけません。前後でお金を渡す形になってしまうので、支払いは少しめんどくさくなってしまいます。

無料で入場できると人気

コストコの会員に同伴する形を取るのは、年会費を払わなくて済むので無料で利用ができると人気があります。先述したように、ワンデーパスとは違い入場するのに回数制限もないのは魅力と言えるでしょう。

支払いに関してはまとめて精算をしてから計算するので、めんどくさくなってしまう部分はあります。ですが、無料で利用できる点は頻繁にコストコを利用する機会がない方には嬉しいサービスと言えるのではないでしょうか。

友達だけではなく家族でも同伴で入場できるので、親子で別々に住んでいる場合などには無料で利用ができるので同伴する方も多いようです。コストコは会員制にはなりますが、会員以外でも利用方法があるのは嬉しいサービスです。

友人や知人にコストコ会員の方がいる場合には、コストコの同伴者としてお願いしてみてはいかがでしょうか。無料で入場ができるので、ワンデーパス同様にお得になります。また、支払いが会員になるので、5パーセント料金が上がらないのも魅力です。

人数制限があるので注意が必要

コストコの同伴としての入場ですが、こちらは人数制限が設けられています。コストコの会員カード1枚につき、同伴者として認められるのは2名あでとなっています。人数制限が設けられているのは、18歳以上となっているので注意しましょう。

18歳未満の子供の場合には、特に人数制限は設けられていないそうです。人数に計算されてしまうことがないので、コストコに行くときの人数には注意しましょう。また、コストコの会員カード1枚につきの人数制限になっています。

コストコの人数制限は、友人や知人に限定したものだけではなく家族でも同じです。家族でコストコを利用する場合も人数は会員カード1枚につき制限がされてしまいます。無料で利用できる方法ですが、コストコのルールとして人数はチェックしておきましょう。

コストコで同伴者の人数を制限しているのは、コストコが会員制というのを維持するためでもあります。人数に関係なく同伴ができたなら、会員制としている意味がなくなってしまいます。そのため、コストコの人数制限に注意して楽しむようにしましょう。

ワンデーパスでコストコへ入場した人の感想

ワンデーパスを利用したことがある人の口コミ情報も、気になるポイントではないでしょうか。どんな感想だったのかは、知っておくと参考になるのでおすすめです。そこで、最後にコストコのワンデーパスを利用した方の感想を紹介していきます。

コストコのワンデーパスを利用した中で初めてコストコに入場した方では、料金の安さや種類の多さなどコストコ自体を体験できて嬉しかったという方が多いようです。5パーセント上乗せでも、安くお得な買い物が楽しめたと人気があります。

インターネットの情報だけでなく店舗で実際に販売されている値段などを確認できたので、ワンデーパスを利用後にコストコ会員になったという方も多く見受けられます。

コストコのワンデーパスに関しては、利用は1度きりとなっているので口コミ情報もたくさんあるわけではありません。それでも、コストコに対しては好印象の口コミが多く見受けられます。まだ利用したことがない方は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

お得にコストコへ入場できるワンデーパスをゲットしてみよう!

お得な買い物が楽しめるコストコは会員制のお店です。そのために行っているサービスが今回紹介したワンデーパスなので、コストコの販売している商品や値段、雰囲気など1日体験して会員になるのかを決めるのはおすすめのポイントです。

まだコストコを利用したことがない方は、当記事のワンデーパスの入手方法を参考にしてコストコを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ