タピオカドリーは札幌で美味しいと話題のお店!人気メニューや営業時間は?

札幌のタピオカドリーは、大粒のタピオカが2種類楽しめるということで評判になっているお店です。そこでタピオカドリーについて、人気のポイントやおすすめの人気メニュー、営業時間、アクセス方法などについて紹介します。加えて近くの観光スポットも紹介しましょう。

タピオカドリーは札幌で美味しいと話題のお店!人気メニューや営業時間は?のイメージ

目次

  1. 1札幌の人気店『タピオカドリー』とは?
  2. 2『タピオカドリー』のおすすめポイント
  3. 3『タピオカドリー』のおすすめメニュー
  4. 4『タピオカドリー』の口コミ
  5. 5『タピオカドリー』の店舗情報とアクセス
  6. 6『タピオカドリー』の周辺観光スポット
  7. 7人気の『タピオカドリー』へ行ってみよう!

札幌の人気店『タピオカドリー』とは?

タピオカドリンクは全国チェーンの店舗が人気となっていますが、近年ではその地域ごとに人気が高い店が増えてきました。その店ならではの魅力的なメニューが揃っていることも多く、新たなお気に入りを見つけることができたという方も多いです。そんな店の一つである札幌の「タピオカドリー」について、おすすめのドリンクなどを紹介します。

『タピオカドリー』のおすすめポイント

「タピオカドリー」は2019年4月に札幌の白石南郷にオープンしたタピオカドリンクのお店です。タピオカドリンクの店としても小さなお店であり、白石南郷ということで、札幌の中心街からは少し距離があるのですが、タピオカが特徴的ということもあって、オープン以来行列ができることも珍しくない、人気のお店となっています。

そこでまずは、タピオカドリーが他のタピオカドリンクの店と違う、特徴的な点がどこにあるのかということから紹介していきます。この特徴があるからこそ、タピオカドリーに足を運ぶお客さんがたくさんいるということになるからです。

2種類の生タピオカ

「タピオカドリー」の大きな特徴として挙げられるのが、タピオカのサイズと種類です。タピオカドリーは生タピオカを使っており、とても粒が大きいため、タピオカの食感が存分に楽しめるという点がおすすめポイントの一つです。

一般的にタピオカというのは、タピオカの形になったものを入手し、それを必要な時にゆでて作っていきます。一方生タピオカというのはタピオカの粉を入手し、自分でこねて形にし、それをゆでるので、手間がかかります。

自分で形を作ることができるため、メニューに合わせて粒の大きさを調節することができますし、さまざまな種類のものを作ることもできます。また普通のタピオカよりももちもちとした食感がより感じられるため、近年ではこのタイプが人気です。ただ、手間がかかるうえに日持ちがしないため、その場で作って入れてもらう形で提供されます。

また、タピオカドリーの珍しいのが、タピオカに種類があるということです。タピオカドリンクのタピオカというと、黒い色のものを思い浮かべることが多いでしょう。本来のタピオカは白いのですが、黒糖などを加えることで黒くなるわけです。

タピオカドリーのタピオカは定番の黒のほかにゴールドというものがあります。黒のほうは黒糖を入れていないそうですが、黒糖のような甘さが感じられるといいます。一方ゴールドのほうはその名の通り金色のような色をしています。こちらはシンプルな甘さが感じられます。

このタピオカですが、ドリンクを注文する際にブラック、ゴールド、そして両方入ったミックスを選ぶことができます。ミックスにし、この色がよくわかるドリンクを選び、SNSなどにアップする方も多いそうなので、ぜひおすすめします。

多彩なドリンクメニュー

札幌の白石南郷にある「タピオカドリー」のもう一つのおすすめポイントは、ドリンクの種類が多いということです。店舗にメニューが掲示されていますが、タピオカが今述べたように合計で3種類あるほかに、ドリンクは大きく分けて牛乳、豆乳、ジュース、ストレートの4つのタイプがあります。

その4つのタイプの中に定番の紅茶ベースにほうじ茶や抹茶ベース、コーヒーにチョコとさまざまなタイプのドリンクが揃っており、さらにサイズ、ホットかアイスか、タピオカの増量など、さまざまなカスタマイズができるのです。

これだけ種類が多いと、自分の好みにあったメニューを探す楽しみもありますし、行くたびに新しいメニューにチャレンジする楽しみもあります。わざわざ白石南郷の小さな店舗まで行くだけのメリットは大きく、それが人気につながっているのでしょう。

Thumb札幌でタピオカドリンクが人気のお店21選!おすすめの専門店もあり!
全国で爆発的な人気のタピオカドリンク。札幌にも美味しいタピオカドリンクの飲めるお店がたくさん...

『タピオカドリー』のおすすめメニュー

それでは次に、札幌の白石南郷にある「タピオカドリー」のおすすめのメニューについていくつか紹介していきましょう。タピオカドリンクというとやはり人気が高いのはミルク系のドリンクですが、今述べたようにタピオカドリーのメニューはミルク系もとても充実しています。

そこで、ミルク系のドリンクを使ったメニューを中心に、タピオカドリーでも人気が高い、おすすめのメニューについて紹介していきましょう。初めて行く場合にはこのあたりから選んでみるのがおすすめです。

ミルクティー

タピオカドリンクと言ったらまず頭に浮かぶのが「ミルクティー」ではないでしょうか。ミルクティーはどこのお店でも提供しているメニューということもあって、飲み比べをした経験がある方もいるでしょう。その点ではまずはおすすめしたいメニューです。

まずミルクティーに限らないのですが、実際に注文したメニューが提供されると驚くのがタピオカの大きさです。また生タピオカでゆであげたものがすぐに入れられるため、カップの底のタピオカの部分はなんとなく温かみが残っているような感覚があります。

ドリンクのミルクティーは、比較的あっさりした味わいとなっており、甘みが控えめです。中のタピオカが大粒でしかも甘みがあるため、タピオカドリンクの甘さが気になるという方にとってもバランスがよく、とても飲みやすいドリンクになっています。

まずは定番の美味しさを味わってみたいという方は、ミルクティーはおすすめのメニューです。色合いもタピオカの黒がよく映えるので、SNS映えを狙いたい方にもおすすめです。

豆乳ミルクティー

タピオカミルクティーは美味しいのですが、よりヘルシーに楽しみたいという方に人気なのが「豆乳ミルクティー」です。こちらもミルクティーなのですが、ベースが豆乳になっており、その分カロリーが抑えめでヘルシーになっています。

近年のタピオカブームに乗って、札幌にも多くのタピオカドリンクの店ができましたが、実は豆乳ベースのメニューを扱っている店はさほど多くありません。白石南郷まで来る意味はこの点でもあると言っていいでしょう。

豆乳ベースのタイプでは、黒ごまミルクティーも体にいいと評判が高く、特にこちらは黒ごまが底に沈むため、きれいに2層に色が分かれるのもきれいです。また飲むと黒ごまの粒々が感じられ、いかにも体によさそうという感じかすると人気となっています。

ほうじ茶ミルクティー

紅茶をベースにしたミルクティーはよく飲むという方は、日本茶ベースのものを試してみるのはいかがでしょうか。札幌の白石南郷にあるタピオカドリーでは、日本茶ベースのものということでほうじ茶や抹茶をベースにしたドリンクもメニューに用意しています。

中でもほうじ茶ミルクティーは、ほうじ茶の持つ香ばしさがミルクによく合い、とても飲みやすいドリンクです。味としてはあっさりめですが、この香ばしさが全体の美味しさを引き立てます。あっさりした甘み控えめが好きという方には特におすすめです。

抹茶ミルクティー

紅茶やほうじ茶はお茶そのものが茶色っぽいため、黒いタピオカはそれなりに映えるのですが、ゴールドの方は予測していたほど目立たないような印象があるかもしれません。そんな方には緑のドリンクである抹茶ミルクティーがおすすめです。

抹茶ミルクティーは抹茶の緑とミルクの白がうっすらと層を作っており、底にはタピオカが沈んでいます。ドリンクの色が緑色なので、黒はもちろん、ゴールドタピオカもきれいに映ります。味のほうも本格的な抹茶の味が楽しめるため、抹茶好きの方にも人気が高い一品です。

こちらを注文する際には、もし可能ならば、黒とゴールドのタピオカをミックスするのもおすすめです。抹茶の渋みやうまみもしっかり感じられる本格的な脚でミルクのまろやかさもよく合っています。

ココナッツミルクティー

ココナッツミルクティーはより白っぽいドリンクであり、SNS映えを狙う方に特に人気が高いメニューの一つです。なんといってもココナッツミルクなので、ドリンクの色がミルクティーなどに比べて白っぽいため、よりタピオカの色とのコントラストがきれいに出るためです。

また、ココナッツミルクは甘やかな香りを持っており、ちょっとオリエンタルな雰囲気も感じさせてくれるため、ふつうのミルクよりもより本格的な味わいが楽しめます。色合いがきれいにでるので、ぜひタピオカはミックスにするのがおすすめです。

『タピオカドリー』の口コミ

それでは次に、札幌のタピオカドリーの口コミはどんな感じなのか見てみましょう。最初に述べたように、タピオカドリーは札幌の中心街から少し離れた白石南郷にあります。そのため多くの場合、口コミなどで評判を聞いて訪れる方が多い傾向にあります。

ですから、タピオカドリーは混雑していることが多いと言われており、オープンすぐの時間に行っても行列ができていることも多いとのことです。多少待つ覚悟は必要でしょう。その分時間に余裕を持たせ、早めに行くのがおすすめです。

特にゴールドタピオカは、他のタピオカドリンクの店ではなかなか目にしないものということもあって特に人気が高く、ミックスやゴールドを選ぶ方が多いです。そのため、ゴールドは早く売り切れることが多いため、確実にゴールドタピオカを体験したい方は早めに行くことをおすすめします。

また、ドリンクは全体に甘さが控えめになっており、どのドリンクも味のバランスがよく、飲みやすいという評価が多く見られます。ちなみのストレートの場合は、ドリンクを無糖にすることもできるので、さらにカロリーなどを控えたい方はおすすめです。

なお、次の店舗情報のところでも改めて触れますが、タピオカドリーはテイクアウト専門のお店で、駐車場も2台程度しか停められません。いっぽうで人気があり、混雑していることも多いお店なので、休日などに行く方は地下鉄でのアクセスがおすすめです。

『タピオカドリー』の店舗情報とアクセス

次に「タピオカドリー」の店舗情報について紹介します。タピオカドリーは札幌の白石南郷と呼ばれるところにあり、先ほども述べたように、あまり大きな店舗ではありません。タピオカドリンクのテイクアウト専門店として営業しています。そこで店舗の営業時間やアクセス方法、駐車場情報などを中心に紹介していきましょう。

店舗情報

「タピオカドリー」があるのは、住所でいうと札幌市白石区にあります。一般的に白石南郷と呼ばれる地域で、中心部からは少し離れたところにあります。近くには東光ストアやツタヤなどがあり、ショッピングなどと組み合わせてくる方も多いです。

営業時間は原則として11時から19時までとなっています。しかし、タピオカやドリンクなどがなくなるとメニューが減っていき、完売すればそこで閉店となってしまうため、特に休みの日などは早い時間に閉店になることも多いです。また、タピオカが完売するとお休みになることもあります。

タピオカドリーはツイッターなどを利用して店舗の状況を告知しています。休みや完売になった情報なども告知されることが多いので、行く前にチェックすると安心です。また特にゴールドタピオカを飲みたい方は早めのアクセスをおすすめします。

南郷13丁目駅からのアクセス

次にタピオカドリーへのアクセスです。タピオカドリーは公共交通機関でのアクセスがおすすめです。最寄りは札幌市営地下鉄の「南郷十三丁目」駅となります。こちらの駅の三番出口をあがり、ローソンのある方に行き右折し50メートルほどのところです。駅からは徒歩で2分ほどでアクセスできます。

一方車の場合ですが、駐車場は店舗の前に2台分あるだけです。その隣は美容室の駐車場なので利用できません。ですから、車でアクセスする場合は駐車場が利用できない可能性が高いです。周辺のコインパーキングなどチェックしておきましょう。

住所 北海道札幌市白石区本郷通13丁目南5-16

『タピオカドリー』の周辺観光スポット

「タピオカドリー」のタピオカドリンクはテイクアウト専門なので、ゆっくり飲みながら近所を散策するのもおすすめです。タピオカドリーがある南郷十三丁目駅周辺には、「白石南公園」や「白石ふじ公園」などの公園があり、ゆっくりとタピオカを飲みながら過ごすのにはぴったりです。

また、寺社巡りに興味がある方におすすめなのが白石神社です。あまり大きな神社ではないのですが、北海道を代表するパワースポットの一つと言われています。実際に行ってみると、豊かな森と泉が多く、足を踏み入れただけでもパワーが感じられます。

白石神社には末社なども多く、縁結びをはじめとするさまざまなご利益が期待できる神社としてよく知られています。特に神武天皇を祀るため、国家安泰や艱難克服などのご利益が期待できると言われており、初詣に訪れる方もとても多いです。

Thumb白石神社はお祭りでも有名なパワースポット!初詣や厄払い参拝にも人気!
北海道の札幌にある白石神社は、札幌だけでなく北海道内でも人気のある神社で、毎年行われる白石神...

人気の『タピオカドリー』へ行ってみよう!

札幌の白石南郷にある「タピオカドリー」は他では珍しい大きな粒の生タピオカが2種類楽しめるお店であり、他ではあまり提供されていない豆乳ベースのドリンクがあるなど、ここならではのメニューが多く揃っています。ぜひタピオカドリーでSNS映えも楽しめる美味しいドリンクを味わってください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ