八国山緑地(東京)はハイキングにおすすめ!トトロのモデル地の見どころ紹介!

東京都と埼玉県の県境にある八国山緑地は、有名なアニメ「となりのトトロ」のモデルになった場所と言われる、自然豊かな都立公園です。その八国山緑地について、この地の歴史とのかかわりやトトロとのかかわり、見どころやアクセス方法などについて紹介します。

八国山緑地(東京)はハイキングにおすすめ!トトロのモデル地の見どころ紹介!のイメージ

目次

  1. 1東京・八国山緑地のなだらかな大自然
  2. 2八国山緑地の歴史
  3. 3八国山緑地の見どころ
  4. 4八国山緑地のおすすめハイキングコース
  5. 5八国山緑地へのアクセス方法
  6. 6八国山緑地の周辺観光スポット
  7. 7八国山緑地へ行ってみよう

東京・八国山緑地のなだらかな大自然

東京に住んでいると緑が少ないとよく言われます。しかし東京都内で比較的アクセスがよいところにも緑地があり、ゆったりとハイキングなどを楽しみたいという方にとっては気軽にアクセスできるということで人気となっています。そんな緑地の一つ、八国山緑地について紹介します。

トトロのモデル地と言われる

「八国山」という名前を聞いて、どこかで聞いたことがあると感じる方もいるのではないでしょうか。実はこの八国山緑地というのは、あの人気アニメ「となりのトトロ」に関係があるスポットと言われています。

となりのトトロの中には「七国山」という名前が出てきます。この七国山というのはこの八国山がモデルになっていると言われています。となりのトトロに出てくるサツキとメイのお母さんが入院している病院も「七国山病院」となっています。

実は後でも触れますが、この八国山緑地の近くにも病院があります。その病院がとなりのトトロに出てくる七国山病院のモデルになっていると言われます。そのため、この八国山緑地はとなりのトトロの聖地として、聖地巡礼で訪れる方も多いスポットともなっています。

八国山緑地の歴史

さて、八国山緑地とはどのような歴史を持つどのような場所なのかについて紹介します。八国山緑地は東京都東村山市にある都立公園ですが、場所としては狭山丘陵の東端に位置しており、北側は埼玉県所沢市にかかる、東西約1.5キロ、南北約300メートルの細長い緑地となっています。

また、八国山緑地には標高89.4メートルの八国山という山があり、その山からなだらかな丘陵が広がります。緑地と述べてきましたが、東京の方は緑地ですが、埼玉側の方は住宅地となっています。

八国山という名前はどういう意味があるかというと、上野、下野、常陸、安房、駿河、相模、信濃、甲斐の8つの国がこの八国山から見ることができたからと言われます。現在の関東地方から静岡県、長野県、山梨県という、広い範囲の国を見ることができたということになります。

さらにこの八国山の近くには古代の律令時代には東山道武蔵路という官道が通っていたと言われており、近くにはその切通の跡と言われる遺跡や8世紀の須恵器なども発見されています。古くから交通の要衝であったと推測されているのです。

また、鎌倉時代の末期である1333年、鎌倉幕府勢と反幕府勢が戦った久米川の戦いの際、反幕府側の新田義貞がこの八国山に陣を張ったと伝わります。この戦では現在の東京都東村山市諏訪町にある久米川の南岸で幕府勢を迎え出たと言われています。

このように、八国山緑地の周辺は古くから歴史の舞台となってきた土地でしたが、現在ではクヌギやコナラなどが生い茂る武蔵野の雑木林が残っており、東京都民の方を中心にハイキングなどで利用する方が多く見られる整備された公園となっています。

加えて先ほども述べたように、「となりのトトロ」の舞台の一つとして知られるようになったことで、周辺にあるとなりのトトロに関係する場所と共に聖地巡礼の場の一つにも数えられており、映画のトトロの光景と比較して散策を楽しむ方も多く見られます。

Thumb埼玉「狭山丘陵」はトトロの森!ハイキングや野鳥観察ができる観光スポット!
埼玉にある狭山丘陵をご存知ですか?武蔵野台地のほぼ中央に位置し何度観ても飽きることのない不朽...

八国山緑地の見どころ

それでは次に、八国山緑地の見どころについて紹介します。前に述べたように、八国山は東京でありながらなかなか他では体験できないような雑木林などがそのまま残されており、その自然そのものが現在ではおすすめの見どころとして挙げられます。

現在八国山緑地は東京都の都立公園として整備が行われているため、広いエリアの中に広場などが点在しており、そこでのんびりと散策を楽しんだりピクニックやハイキングを楽しむことができるようになっています。まずはそのあたりの見どころから紹介していきましょう。

ころころ広場

アクセスについては後で詳しく述べますが、最寄り駅を降りて少し歩くと、八国山緑地の西入口広場があります。その西入口から中に入るとすぐに到着できる広場が「ころころ広場」になります。

ころころ広場は日当たりがよく、緩やかな斜面の広場となっています。名前のとおり、おむすびがころころと転がりそうな斜面になっており、日当たりもよいため、ハイキングなどの際にお弁当を食べたり、ピクニックを楽しんだりするのにもおすすめです。

また、後で述べますが、八国山緑地の尾根道はハイキングコースとしても知られています。ころころ広場はある程度人が集まっても邪魔にならないので、そのハイキングコースに行く際の待ち合わせ場所としてもよく使われています。

ほっこり広場

ころころ広場で集まってから尾根道を東に進んでいくと、「ほっこり広場」に到着します。このほっこり広場は広場が大きく三段に分かれており、とても日当たりがよく明るいのがおすすめポイントです。

こちらのエリアには縁台やベンチなども設置されており、ハイキングの途中で一休みしたいという場合にもおすすめの場所です。草むらになっているので景色もよく、もちろんさまざまな植物やいきものもたくさん見て楽しむことができる、見どころいっぱいのエリアです。

このあたりで見られるいきものの中には、なんと絶滅危惧種になっているという珍しいいきものもいるとのことで、案内板もチェックしながら歩くと、見どころを見落とさずに済みそうです。ぜひ案内板のチェックも忘れずにしていくことをおすすめします。

また、このほっこり広場のところからは新山手病院という病院が見えます。これが前に述べた、「となりのトトロ」でお母さんが入院していた病院のモデルと言われています。もともとこの病院は首都圏郊外にある結核の病院として知られていたそうです。

1939年に皇后陛下の令旨により作られた結核予防会によってこちらの病院は作られており、現在も結核の療養などに力を入れているということです。となりのトトロでお母さんが入院するサナトリウムの雰囲気もここから来たのかもしれません。

ちなみに、映画をよく見ると、最初にサツキがトトロと会う「稲荷前」のバス停には「七国山行」と書かれています。また七国山病院に向かうねこバスが途中で別のねこバスとすれ違います。そのねこバスの行き先は「八国山」となっています。

八国山緑地はトトロの「七国山」の舞台となっているようですが、このようにして見ていくと八国山もまた、トトロの世界の中に存在している場であるようです。このような見どころも一緒に見ていくとさらに楽しめそうです。

ふたつ池

ころころ広場からほっこり広場に移動する途中、ころころ広場の近くには「ふたつ池」があります。八国山緑地には上池、下池からなるふたつ池と、その池の下流側にある湿地のところにある無名池があります。

このふたつ池はお互いに水路でつながっており、水中に生息するいきものや植物などが多く見られます。江戸時代の絵図などを見ると、既に四角い池があることから、人工的に作られたため池であり、水田用水などとして使われていたことが知られます。

現在は地下水路を通じて近くの水田に水を供給するほか、八国山緑地にある池として、多くのいきものに豊かな水を供給し続けているのです。

もともとこの池は鍛冶谷、鍛冶谷小池と呼ばれていたようで、1964年に東京都東村山市が誕生するまでこの池の名前は「鍛冶谷」という地名として残っていたようです。しかし、その後いつのまにかこの名前がというなくなり、「ふたつ池」と呼ばれるようになったと言われます。

またこのふたつ池の周辺は貴重な水場であり、バードウオッチングのスポットとして知られています。コサギなどが水辺で餌を取ったり、水浴びや水飲みなどにも珍しい鳥がやってきます。この鳥こそがこの地の見どころと言えるでしょう。

将軍塚

八国山緑地のハイキングを楽しみながら東に進んでいくと、尾根の東部に「将軍塚」という石碑が立っているのに気づきます。この将軍塚というのは、先ほど八国山の歴史のところで述べた「久米川の戦い」の際に新田義貞が陣を張った場所と言われます。

また、この地にはもともと塚があり、富士塚、もしくは古代の古墳があった場所ともいわれます。このそばにはこの戦で亡くなった家臣の霊を供養するために作られた「元弘の板碑」がありました。この板碑は戦史を今に伝えるものとして、現在国の重要文化財になっており、ふもとの徳蔵寺の板碑保存館で見ることができます。

なお、ここからそのまま南に山を下りると、その戦が行われた久米川古戦場に出るのですが、道がないため、東から降りて迂回していく必要があります。現在は住宅地の中にある小さな公園となっていて、中に石碑だけがあります。

八国山緑地のおすすめハイキングコース

それでは次に、ハイキングを楽しみたいという方のために、八国山緑地のハイキングコースについて紹介しましょう。ここまで述べてきたように八国山緑地には豊かな自然があり、見どころも多くなっています。そこで尾根道のハイキングコースを中心におすすめのポイントと見どころを紹介します。

ウォーキングや初心者におすすめの尾根道

八国山緑地には、ちょうど東京都と埼玉県の県境にあたる部分が尾根道にとなっており、東西1.9キロほどのハイキングコースとなっています。道そのものは舗装されているわけではないのですが、あまり起伏は大きくなく、なだらかな道になっています。

そのため、実は八国山緑地のハイキングコースは幼稚園や小学校の遠足でも使われるほど初心者向けのコースとなっており、見どころを楽しみながゆっくりとハイキングを楽しみたいという方にはまさにおすすめのルートとなっています。

特別な登山の装備などはもちろん必要ありませんし、ハイキングを楽しめる恰好であれば十分に歩くことができます。しんどい時は途中の広場などで休憩を取りながら進むのがおすすめですが、ゆったりと武蔵野の自然を楽しみたい方にはぜひおすすめします。

なお、最初に、関東周辺の8つの国が見えるから八国山という名前になったと述べましたが、現在は一面の雑木林になっているため、景色を見ることはあまりできません。しかし途中の一ヶ所、只見幹線500号鉄塔のあたりからは松ヶ丘団地と鳩峰公園の森が見えるポイントがあります。

あとは途中で適宜休憩を取りながら、将軍塚のほうまで進んでいき、久米川の古戦場跡を見てくるというのも歴史ファンの方には人気のルートと言えるでしょう。いかにもトトロが出てきそうな雑木林の風景を存分に楽しんでください。

Thumbハイキングに最適な服装とは?春夏秋冬別にコーデのポイントを紹介!
自然を満喫できるハイキングが人気です。ハイキングは春から冬まで1年と通して楽しむことができま...

八国山緑地へのアクセス方法

それでは次に八国山緑地へのアクセス方法について紹介します。一般的にこのような雑木林があるところに行く場合、車を利用してアクセスすることが多いのですが、八国山緑地は電車でアクセスするのがおすすめの場所です。

先ほど見どころのところで、最寄り駅と出しましたが、八国山には電車で行くことができます。西武西武園線「西武園」駅が最寄りとなり、この駅から徒歩で5分ほどのところに西入口があるのです。

この西武園駅は東村山駅から延びるルートであり、東京都心などからアクセスする場合は西武鉄道の新宿線や国分寺線を利用し、東村山駅で乗り換えてアクセスすることになります。いずれにしても電車でのアクセスはさほど大変なことはないでしょう。

一方車でアクセスしたい場合ですが、八国山緑地そのものには駐車場がありません。そのため車の場合は駐車場を探しておく必要があります。多くの場合は近くにある西武園競輪場の駐車場を利用することができますが、競輪が行われる日は満車になることも多いです。

ですから車で休日にアクセスする場合は、その日に競輪があるかどうかを前もって確認しておくことをおすすめします。もし行われるならば、近くのコインパーキングなどを確認しておくことをおすすめします。

八国山緑地の周辺観光スポット

最後に、八国山緑地の近くにある、周辺観光スポットを紹介します。最寄り駅の名前が示す通り、八国山緑地周辺には西武園があり、西武園ゆうえんちなどで遊ぶこともできます。子供連れでアクセスするならばこちらと組み合わせるのもおすすめです。

もし季節的に合えば、おすすめしたいのが「北山公園」です。この公園は西武西武園線の線路をはさんで八国山緑地と隣接しているのですが、この北山公園は有名な菖蒲の名所として知られます。6月上旬から中旬にかけ、約10万本の花菖蒲が開花します。

この時期には、「東村山菖蒲まつり」も行われ、野点などのイベントも行われます。八国山のハイキングにもいい季節なので、ぜひこちらも楽しんでください。

Thumb西武園ゆうえんちのイルミネーションの期間や時間は?駐車場や混雑回避のコツも!
埼玉県にある、子供から大人まで楽しむことのできる西武園ゆうえんちをご存じでしょうか。西武園ゆ...

八国山緑地へ行ってみよう

八国山緑地は東京でありながら、豊かな雑木林が今に残っており、有名な「となりのトトロ」に出てくるモデルとなった地ともいわれるなど、アニメファンにも人気の観光スポットです。気軽にハイキングを楽しむことができるため、だれでも豊かな自然を体験することができます。ぜひ豊かな自然の恵みを存分に楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ