吉野の観光スポット21選!季節ごとのおすすめの見どころ一挙紹介!

奈良県の吉野地方は桜で有名ですが、春以外にも観光が楽しめます。世界遺産である吉野山には歴史ある寺社仏閣が多くありますし、歴史に根ざした文化や自然の中でのアクティビティも魅力的です。今回は奈良・吉野のおすすめ観光スポットを季節ごとにご紹介します。

吉野の観光スポット21選!季節ごとのおすすめの見どころ一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1奈良・吉野の観光スポットをご紹介!
  2. 2奈良・吉野には魅力にあふれた見どころがいっぱい
  3. 3奈良・吉野のおすすめ観光スポット5選【春】
  4. 4奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【夏】
  5. 5奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【秋】
  6. 6奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【冬】
  7. 7奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【オールシーズン】
  8. 8奈良・吉野のおすすめグルメ
  9. 9奈良・吉野で四季を堪能しよう!

奈良・吉野の観光スポットをご紹介!

奈良県の吉野郡は桜の名所として全国的に有名な場所です。吉野山の麓に近いところから咲き始める桜は順々に上に上がって行き、約1か月という長い期間花見が楽しめます。

吉野の魅力は桜だけではありません。吉野山山全体が世界遺産に登録されていて、多くの由緒ある寺社仏閣を観光することができます。また、吉野一帯は歴史の舞台にも度々登場しますし、文学史跡も豊富なエリアです。

季節に関しても春だけでなく、夏、秋、冬それぞれ魅力にあふれています。今回は奈良・吉野の観光スポット21か所の見どころを、季節ごとにご紹介します。

奈良・吉野には魅力にあふれた見どころがいっぱい

吉野郡は奈良県のほぼ中央に位置していて、吉野町をはじめいくつかの町や村を含んでいます。「吉野駅」へは大阪や京都から近鉄が通っていて、特急の利用で大阪へは約1時間15分、京都へは約1時間40分の距離になります。

吉野山は2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」して世界遺産に認定されました。エリア内には吉野水分神社、金峯神社、金峯山寺、吉水神社といった世界遺産の建造物があり、徒歩で観光することができます。また、源義経ゆかりの地や南朝ゆかりの史跡、西行や芭蕉など文学に関する史跡などもあります。

吉野は修験道の霊場でもあります。吉野と熊野三山を結ぶルートでは今でも修行が行われています。四季折々の光景も美しい吉野は、このようにさまざまな切り口で観光することができる魅力的なエリアなのです。

奈良・吉野のおすすめ観光スポット5選【春】

ここから、季節ごとの吉野のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。まずは春が特におすすめ観光スポット5か所です。吉野の春と言えば何といっても桜。この5か所も桜が美しい見どころをピックアップしてあります。

吉野の桜は約1300年前から植えられてきたと伝わっています。約3万本といわれる吉野の桜のほとんどはシロヤマザクラという品種です。赤い葉をつけた後に花を咲かせる品種で、観賞用として有名なソメイヨシノに華やかさという点ではかないませんが、寿命が長く大木になります。

如意輪寺

奈良・吉野で、特に春に観光がおすすめのスポットの1番目は「如意輪寺」です。10世紀初めに建立された寺で、14世紀には後醍醐天皇の勅願寺という寺格になりました。楠正行が出陣前に参拝した寺で、境内には正行一行の髷塚があります。

「如意輪寺」の境内にも桜が植えられていますが、おすすめはお茶処からの景色です。ここからは中千本の桜の絶景が眺められる穴場なのです。

お茶処は宝物殿がある庭園内にあるので入場料が必要ですし、喫茶代もかかりますが、花見客であふれる下界をよそにのんびりとお茶とお菓子を頂きながら絶景を堪能できるおすすめスポットです。

吉水神社

奈良・吉野で、特に春に観光がおすすめのスポットの2番目は「吉水神社」です。「吉水神社」は以前は僧坊だったところですが、源義経が身を隠した場所、後醍醐天皇をお迎えした場所、そして豊臣秀吉が花見の本陣とした場所として知られる由緒あるスポットです。

吉野山には下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれ、千本の桜が見えると言われる絶景スポットが数か所ありますが、中でも「一目千本」という格段の眺めが楽しめる場所があります。それが「吉水神社」なのです。

「吉水神社」から如意輪寺方面を見ると中千本だけでなく上千本まで見渡すことができ、まさに息をのむような桜の光景です。また、反対の金峯山寺方面の光景も絶景と呼ぶに値します。まさに「吉水神社」は桜の吉野の中心地です。

天空の庭 高見の郷

奈良・吉野で、特に春に観光がおすすめのスポットの3番目は「天空の庭 高見の郷」です。ここは東吉野村にあるスポットで、山を背景に1000本のしだれ桜が眺められる絶景スポットです。

「天空の庭 高見の郷」には展望台があり、しだれ桜が風になびく優雅かつ豪華絢爛な様子を眺めることができます。園内には飲食店や園内シャトルバスなど、観光客に配慮した設備もあります。

「天空の庭 高見の郷」は季節限定、有料の施設ですが、桜のピンクにユキヤナギの白、レンギョウの黄色と春色に包まれる光景が圧巻の見どころです。

吉野山ロープウェイ

奈良・吉野で、特に春に観光がおすすめのスポットの4番目は「吉野山ロープウェイ」です。1929年に開通し現存する日本最古のもので、機械遺産にも登録されているロープウェイです。

「吉野山ロープウェイ」の吉野山駅は 下千本の桜に囲まれ、ロープウェイが桜の木の間を通ります。眼下に桜を眺めたり、桜の中を通ったりと、まさに桜の世界を移動する稀有な体験ができます。

夜桜ライトアップ

奈良・吉野で、特に春に観光がおすすめのスポットの5番目は「夜桜ライトアップ」です。吉野山では毎年3月下旬から4月下旬の桜の時期にライトアップが行われます。

ライトアップの時間は18:00から22:00、上千本エリアの竹林院付近、中千本エリアのごろべえ茶屋、下千本エリアの七曲り坂が主な見どころになります。昼間とはまた違った妖艶な雰囲気の桜を堪能してください。

Thumb奈良・吉野山の桜の見ごろやアクセスを徹底解説!駐車場の混雑回避方法は?
3万本の桜が密集するという奈良の吉野山。見ごろは絶対に桜のころと、多くの観光客が春になると奈...

奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【夏】

この項では、奈良・吉野で特に夏に観光をおすすめしたいスポット4か所をご紹介します。自然豊かな吉野では、夏は緑に囲まれ、流れる川の清らかさが楽しめます。

ピックアップした4か所は、夏ならではの花や景色が楽しめる所、行事のある所、アクティビティができるところなどバリエーションに富んでいます。

七曲がりあじさい園

奈良・吉野で、特に夏に観光がおすすめのスポットの1番目は「七曲がりあじさい園」です。吉野山の入口に位置する七曲坂(ななまがりざか)には約4000株のアジサイが植わっていて、6月下旬から7月上旬にかけ見頃を迎えます。

毎年アジサイの季節には「あじさいまつり」が開催され、スタンプラリーやライトアップのイベントが行われます(ライトアップは実施されない年もあり)。

アジサイは最大の見どころである「七曲がりあじさい園」に限らず、吉野山のあちらこちらで見られますので、初夏の1日をアジサイ鑑賞に出かけるのもおすすめです。

金峯山寺

奈良・吉野で、特に夏に観光がおすすめのスポットの2番目は「金峯山寺(きんぷせんじ)」です。吉野山周辺で最も有名な見どころともいえる「金峯山寺」は修験道の聖地とされる寺院で、蔵王堂、仁王門は世界遺産の構成要素になっています。

吉野山では、毎年7月7日に「蛙飛び」というユニークな行事が行われます。山伏を侮辱した仏罰でカエルになった男が、悔い改めて人間に戻る、という言い伝えに基づいて行われるもので、アオガエルを乗せた神輿が威勢よく練り歩きます。

そのカエルを人間に戻す法要が行われるのが「金峯山寺」の本堂蔵王堂の前です。奇祭ともいわれるこの「蛙飛び」の熱気を感じに夏の吉野を訪問するのもおすすめです。

谷瀬の吊り橋

奈良・吉野で、特に夏に観光がおすすめのスポットの3番目は「谷瀬の吊り橋」です。この吊り橋は十津川村で大人気の見どころです。

「谷瀬の吊り橋」は297メートルで、日本有数の長さを誇ります。高さは54メートルで歩くと揺れてかなりの迫力ですが、下を流れる十津川の清らかさや緑の山々の景色は爽快です。

この吊り橋は1954年に完成したものですが、当時の生活に不可欠なものとして集落の人々が大金を出し合って完成させました。現在は無料で渡れますが、そのような故事にも思いをはせながら歩きたいものです。

奥吉野エリア

奈良・吉野で、特に夏に観光がおすすめのスポットの4番目は「奥吉野エリア」です。豊かな自然が残るこのエリアでは、夏に楽しめるアクティビティがたくさんあります。

川遊びやBBQは地元の人たちの定番ですが、観光なら津風呂湖でのクルージングやボートはいかがでしょうか。釣りスポットでもあるので、周囲の景色を楽しみながらのんびりと釣り糸を垂れるのもおすすめです。

アクティブ派には川上村エリアでのキャニオニングがおすすめです。沢を上ったり、渓谷でスライダーや川へのジャンプを楽しんだりと、森と水に癒される時間が過ごせます。

Thumb金峯山寺(きんぷせんじ)アクセスや駐車場は?蔵王堂御開帳や御朱印を調査!
奈良の金峯山寺は、皆さんはご存知でしょうか。金峯山寺のある吉野山は、山全体が「紀伊山地の霊場...

奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【秋】

この項では、奈良・吉野で特に秋に観光をおすすめしたいスポット4か所をご紹介します。秋の観光のメインは紅葉狩りになります。吉野ではサクラの紅葉のあと、モミジの紅葉が楽しめます。

紅葉の華やかさに比べると地味ですが、秋の草花も趣があります。ここでピックアップした4か所のうち3か所は紅葉スポットですが、残りの1つは花の名所です。

みたらい渓谷

奈良・吉野で、特に秋に観光がおすすめのスポットの1番目は「みたらい渓谷」です。渓谷には多くの滝があり、新緑と紅葉の美しさは近畿一とうたわれています。

「みたらい渓谷」の川沿いにはハイキングコースが整備されていて、滝が見える吊り橋などもかかっています。コースの全長は7.4キロ、2時間半ほどの所要時間です。

紅葉は例年11月上旬が見頃です。ハイキングコースのゴールは洞川温泉ですので、歩いた後は温泉でリラックスするのも気持ちの良いものです。

高城山

奈良・吉野で、特に秋に観光がおすすめのスポットの2番目は「高城山」です。春は桜でも人気の「高城山」ですが、秋はモミジが色づき、紅葉の名所となります。

「高城山」の標高は702メートル、奥千本地区に展望台があり、その付近が特に紅葉が美しいスポットです。紅葉の美しさもさることながら、苔むした石垣とのコントラストや赤いじゅうたんになっている敷き紅葉など、トータルの美しさが何ともいえません。

吉野神宮

奈良・吉野で、特に秋に観光がおすすめのスポットの3番目は縁結びで有名な「吉野神宮」です。1889年明治天皇により創建されたこの神社の御祭神は後醍醐天皇です。

「吉野神宮」の参道は紅葉が美しいことで知られています。境内にもモミジの木がたくさんあり、秋には紅葉狩りを楽しむ人たちが多く訪れます。鳥居の前にある立派なモミジの木は必見です。

世尊寺

奈良・吉野で、特に秋に観光がおすすめのスポットの4番目は「世尊寺」です。ここはヒガンバナで知られるスポットで、中庭や本堂の裏に群生が見られます。珍しい白いヒガンバナも見られ、秋に訪れる人の目を楽しませています。

「世尊寺」周辺の田んぼにもヒガンバナが咲きます。ヒガンバナの見頃は9月中旬から10月にかけてですが、境内にはコスモスやモミジ、イチョウなど秋に楽しめる植物が他にもあります。

奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【冬】

この項では、奈良・吉野で寒い冬でも観光をおすすめしたいスポット4か所をご紹介します。寒さの厳しい吉野の冬はあまり観光に向いていないイメージですが、冬ならではの美しさを見せるスポットもありますし、寒い方がより楽しめるスポットもあります。冬の行事もありますので、日程を合わせて観光に訪れるのも思い出に残ることでしょう。

面不動鍾乳洞

奈良・吉野で、特に冬に観光がおすすめのスポットの1番目は「面不動(めんふどう)鍾乳洞」です。奈良県の天然記念物になっているこの鍾乳洞は、関西には珍しい大規模なものです。

「面不動鍾乳洞」の内部は幻想的にライトアップされ、さまざまな形の鍾乳石を見ながら地中探訪をすることができます。

「面不動鍾乳洞」の観光が冬におすすめの理由はその気温です。内部の気温は1年を通して約8度、夏は寒く感じますが、洞窟の中は風も吹かないので外が寒い冬ならかえって生温かく感じます。

西行庵

奈良・吉野で、特に冬に観光がおすすめのスポットの2番目は「西行庵」です。西行は平安時代から鎌倉時代かけて活躍した人物で、武士としてよりは歌人として広く知られています。

その西行が武士を捨て、僧侶となって3年間住んでいたという小さな庵が「西行庵」で、中には彼の像が安置されています。侘し気なその佇まいは四季折々に情緒がありますが、白い雪に包まれる冬の趣は格別です。日本人の心を打つ侘び寂びが感じられることでしょう。

十津川温泉

奈良・吉野で、特に冬に観光がおすすめのスポットの3番目は「十津川温泉」です。江戸時代に炭焼き人夫が発見したというダム湖畔にある温泉地で、多くの旅館や商店があり賑わっています。

塩分を含み、湯冷めしにくいという「十津川温泉」のお湯は、特にきりきずなど外傷に効能があると言われています。温泉街には3か所の日帰り入浴施設があり、宿泊しなくても温泉が楽しめます。冬の観光で冷えた身体を温めるのにおすすめです。

水分神社

奈良・吉野で、特に冬に観光がおすすめのスポットの4番目は「水分(みくまり)神社」です。子宝のご利益が有名な神社で、桃山時代の美しい建築で知られています。

吉野では2月1日から3日にかけて「鬼フェス」が行われます。1000年以上続いている金峯山寺の節分会に関連する行事なのですが、その一環として節分会前日に鬼の練り歩きがあります。

練り歩きのルートは2つあり、どちらも金峯山寺蔵王堂に向かいますが、ルートの1つの出発点が「水分神社」となっています。この日に当てて訪問できるのでしたら、神社と共に鬼の練り歩きも逃さず観光してください。

奈良・吉野のおすすめ観光スポット4選【オールシーズン】

この項では、奈良・吉野で季節を問わず観光をおすすめしたいスポット4か所をご紹介します。美術工芸品や建築物の鑑賞は1年を通して楽しむことができます。また、特産物を購入するのも季節ごとの楽しみがあります。それらに加えてここでは吉野で体験できる創作活動もピックアップしました。

大日寺

奈良・吉野で1年を通して観光が楽しめる見どころの1番目は「大日寺(だいにちじ)」です。中千本エリアにある天武天皇ゆかりのスポットで、吉野山で最も古いと伝わる寺院です。

「大日寺」の御本尊は高さ約1メートルの大日如来像ですが、周囲にやや小さめの4体の仏像があり、5体合わせて「五智如来」と呼ばれ重要文化財になっています。

平安時代の像ですが、美しい透かし彫りの光背を含め5体完全な形でそろっているのは珍しく、また肉眼で金箔が見えるほど保存状態も良いもので、ファン必見の仏像として知られています。

義経隠れ塔

奈良・吉野で1年を通して観光が楽しめる見どころの2番目は「義経隠れ塔」です。源平合戦のヒーローである源義経は、平家の滅亡、鎌倉幕府成立の立役者になった人物ですが、やがて兄である頼朝に追われる身となります。

義経が逃避行の折に隠れていたと伝わるのが「義経隠れ塔」です。追手に囲まれ逃げた際には屋根を蹴破ったことから「蹴抜(けのけ)の塔」との呼ばれています。

現在の建物は大正期に再建されたものですが、小さく質素な建物に悲劇の人・源義経が偲ばれます。

道の駅 吉野路大淀iセンター

奈良・吉野で1年を通して観光が楽しめる見どころの3番目は「道の駅 吉野路大淀iセンター」です。名産である吉野杉を多用し、木のぬくもりが感じられる造りで、屋根にある2つのトップライトは修験者の頭巾(ときん)をイメージしています。

店内では特産品や新鮮な野菜や花などが販売されていますが、パン工房が併設されていて焼きたてのパンも人気商品です。

「道の駅 吉野路大淀iセンター」にはレストランもあり、柿の葉寿司など地元の名物を食べることができます。番茶を練りこんだソフトクリームや田舎こんにゃくなども人気です。

国栖エリア

奈良・吉野で1年を通して観光が楽しめる見どころの4番目は「国栖(くず)エリア」です。国栖エリアは吉野町の一角にあり、ものづくりの里として知られています。中でも割り箸と和紙の生産が有名です。

「国栖エリア」ではマイ割り箸づくりや紙漉き、陶芸などの体験ができます。特に電熱ペンで名前やイラストが入れられるオリジナルの割り箸づくりは珍しく、おすすめです。体験活動は季節や天候に左右されずにできるので、旅行計画を立てる時に組み入れると良いでしょう。

Thumb面不動鍾乳洞のアクセス・駐車場は?トロッコ予約やランチ情報解説!
奈良の吉野郡にある面不動鍾乳洞は県の天然記念物の指定を受けた鍾乳洞。トロッコで移動することも...

奈良・吉野のおすすめグルメ

吉野を代表するグルメといえば何といっても「柿の葉寿司」です。柿の葉で包んだ押し寿司で、柿寿司に移ったの葉の香りが食欲をアップさせます。吉野に行くとたくさんの柿の葉寿司のお店を見つけることができるでしょう。お土産にもおすすめの品です。

「葛(くず)」も吉野の名産品で、葛で作ったうどんはのど越しが良く、いくらでも食べられそうです。また、桜の花を散らした「桜羊羹」、桜の葉を使った「桜もち」などは、お花見の季節に現地で食べたい甘味です。

奈良・吉野で四季を堪能しよう!

以上、奈良・吉野のおすすめ観光スポットを、春、夏、秋、冬、オールシーズンの5つの季節に分けてご紹介しました。

里山の風情の中に歴史や文化を感じられる吉野は、自然、体験、歴史探訪など興味に従って色々な切り口で観光ができる魅力的なエリアです。それぞれの季節の良さを堪能しながら、充実した吉野観光を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

新着一覧

最近公開されたまとめ